« 下戸(げこ)3 上戸(じょうご)1 | トップページ

2018年10月27日 (土)

映画 日日是好日

映画、「日日是好日」を観てきました。

樹木希林さんの気負わない穏やかな演技もあり、内容共々
良い作品でした。

          N_2

禅語から来てるそうで、にちにちこれこうじつと読み(日々(ひび)是好日とも)
毎日毎日がすばらしい…という意味らしいです。

原作者のお茶を習う25年間ほどの月日と
その中での人との出会いや、別れ、季節の移ろいを
狭いお茶室を通して淡々と描いてます。

実は私も結婚を機に中断してたお茶の稽古を
子供が学校に上がるようになってから再開した事を思い出しました
(結局10年ほどで、難しさに頓挫…)。

平日の仕事を終えて、家族に食事を用意してからなので
夜だったけど、まだ5、6才?の娘のコブコが時々付いてきたんです。

          A

もちろん、小さいので、お点前の練習は出来ないので、
先生はお月謝も取らず、
毎回美味しいお菓子を用意して待っていてくれました。

お稽古の前には、スイミングスクールにも行ってたけど、
ひと泳ぎの後の甘いものは格別だったでしょう(笑)。

毎回ご機嫌で付いてきたけど、秋も過ぎ、冬になって
炉に炭が入るようになったら、コブコに変化が…

          B

結局、娘は1年足らずで辞めたけど、こういう思い出の積み重ねも
日日是好日という事なんでしょうね。
今や、コブコも私と同じく働く母となり、1才の娘Mちゃんとこれからどんな
楽しい日々を過ごしていくのでしょうか。

映画を観て、またちょっとお茶に気持ちが動いたけど、
まぁもう習う事はないでしょう。

だって、「どっこいしょっ」と立つ私が両手にお道具を持って
そのまま立ち上がるなんて芸当(その言い方…)出来ませんもの(泣)。

           Br_banner_ochiba      ←よろしかったらクリックを

         コメントありがとうございます。
         ご返事はそちらのブログに伺ってますが、
         URLのない方はここでご返事させてもらってます。

 

 


« 下戸(げこ)3 上戸(じょうご)1 | トップページ

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

どんなお話なのかな~と思ってました
なるほど_〆(=´エ `= )))カキカキッ(見た気になってる私)
私は 1~2年 習ってました
とにかく 和菓子が楽しみで 
通ってたようなもので(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

いまでも食べたいですが
意外に 売ってるお店が あまりないような?
あっても 1個がお高い(そこへ来るかですね)
見た目もうれしい
美味しい 和菓子が食べたいです

投稿: ぽぽー | 2018年10月28日 (日) 00時43分

映画は見てませんけど
我が家にもこの【日々是好日】の
言葉、額に入ってかかってます
平凡が一番だと思っていますから・・

思い出せば、私も小学校のわずかな間
お茶を教えられていましたhappy02
と言うのも、免許持ちの母にやらされてました
記憶としては、嫌だった記憶がないので
それなりに、気に入ってたのかも・・・?
しかし、お茶は嫁入り道具には
なっておらず、お茶はそれっきりで、
お花など、仕事で総務課になった時、
会社の花を活ける仕事があり、
泥縄で習いに行きました
それもまぁ~色々あって2年弱でやめました
今では、お花もいけなくなって久しいなぁ~

投稿: キャサリン | 2018年10月28日 (日) 06時03分

穏やかな良い映画でした。

わたしも学生の頃 同じ実験台の仲間3人で
そのうちのひとりの下宿の大家さんに
お茶を習っていたのを思い出しました。

着替える時間もなくてジーンズでお点前して
ただでさえしびれるのになおさらしびれて
立ち上がれなかったのを覚えています。

徳島 北海道 栃木の田舎から出てきたムスメたちを
気にかけてくれたやさしい大家さんを
映画観て思い浮かべ
あの頃はわからなかった気持ちが今頃ようやく
伝わったように感じます。
作法を覚えるよりも
おなじ場を共にできた懐かしい思い出です。

黒木華さん演じる女性の25年に自分の50年を重ねて
あっという間の人生に芯になるものを持たなかった
悔いがありますが~

ものにつかまってどっこしょの今の私では
おなじく茶道は
そんな「芸当」できまへん・・・・

投稿: ふたば | 2018年10月28日 (日) 08時43分

こんにちは!
お茶は年を取ると段々と
厳しくなって行くようですね。
まず、正座も出来なくなりますし
立ち居振る舞いがたいへんになりますね。
私の友人はお茶の先生ですが
出稽古とかもかなり厳しそうでした。
でもお茶のセンスには憧れます。
日本人ならお茶をしたい〜とも思いますが
私はついにいないままになりました。☆

投稿: ryo | 2018年10月28日 (日) 16時31分

バルさんと私は似たところがあるようです。
表で茶道稽古していて、次女を引き込みました。
中学でしたが、母を越して上手になりまして(^_^;
ネックは和菓子が駄目!
それを親が食べて豚になった訳で~(笑)

音楽祭が終わりました。次は暮れのソロ・・
昨日のソプラノ聴いたら、ガタガタに自信喪失。
取り敢えず、発表したら考え直します。

投稿: だんだん | 2018年10月28日 (日) 17時30分

映画観てきたんですね?希林さんの映画いいですよね。私も観たいです。
かつて、私もちょっとだけ、お茶習ってみたことがあります。息子がまだ生まれる前に始めて、よちよち歩く前に断念しました。(危ないからね)そのころ、習ったことをなんとなく思い出して、簡単なお茶席(観光的な)に行くと思いだします。

投稿: nanapu | 2018年10月29日 (月) 13時13分

>ぽぽーさま
そうなんですよね、お茶席用のお菓子ってどこにでも
売ってる訳じゃない。幸い、知り合いがそういうお店
なので、お菓子だけ時々買いに行ってます。
美味しい和菓子とお茶、最高ですよね♪

投稿: バルおばさん | 2018年10月29日 (月) 23時11分

      >キャサリンさま
今はお茶を習う方も少なくなり、先生自体が高齢化で
お教室も随分と減ってきましたね。
もっと気楽に習えればいいんですけどね。
とにかく季節毎のお点前からお道具から全部違う…
まぁ、それが良さなんでしょうが、ぐーたらな私は
リタイアしました。

投稿: バルおばさん | 2018年10月29日 (月) 23時15分

      >ふたばさま
そうだ、ふたばさんも観てきたんですよね。良い映画
でしたよね。
ステキな大家さんに出会えたのは幸せ、若い頃は年配の
方の話がいまいち(笑)だったけど、今はあぁ~、そう
だよねと良く分かるようになりました。年配になった
から(笑)

投稿: バルおばさん | 2018年10月29日 (月) 23時19分

      >nanapuさま
nanapuさんの年代でもやはり少しお茶を習ったりして
ました? 今はどうなんだろう?東京なんかだと
若い人でもお茶会の帰り?風な着物姿を見ますが、
私の町では殆ど年配の方だけな感じです。
日本文化はだんだん減っていくのかな。

投稿: バルおばさん | 2018年10月29日 (月) 23時46分

お久しぶりです。もう忘れられたかもしれません。
長いことブログを休まれていましたね。
他のブロ友さんのところで偶然見かけたので、
こちらに来てみました。バルおばさんの漫画を
見るのが好きです。お元気でよかったです。
また伺います。

投稿: sumomo | 2018年11月 1日 (木) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 下戸(げこ)3 上戸(じょうご)1 | トップページ