« 童顔の同級生 | トップページ | おばさんの初給油 »

2017年2月10日 (金)

映画 この世界の片隅に

先週観てきました。

大きなプロダクション制作の作品でもないので広告もあまり出来ず、
最初は上映館もとても少なかったそうだけど、
観た人達の感動が広がって今は上映館の数もすごく増えてるそうです。

          K_3

時代背景は戦争中、舞台は広島、呉となると
大体の筋は読める…と思ってたし、
あの「火垂るの墓」みたいに観てても辛くて、辛くて…だと
どうしようと思って躊躇した部分もあったけど、
困難な時代でも市井の人々は、一生懸命生きてきたんだと、
観て本当に良かったと思いました。

 

まだ上映中だから、あまり詳しくは書けないけど、
(相当)のんびりした性格の主人公のすずが
知りもしない人の縁談を当時としては普通であったように
受け入れて(実は向こうはすずを知っていたけどね)、
実家の広島から海軍の造船所であった呉に嫁いでいく訳です。

戦争の理不尽さや、愚かさなんて普通の人々には考えも及ばず、
幼い姪っ子と港を見下ろしながら、軍艦大和や、青葉に
期待を寄せてるんですね。

そういう話が水彩画のようなタッチで進んでいく中で
やはり段々と辛い状況になっていき、でも青い海も、
空も変わらずにそこには在って。

今迄だって映画を観てて涙ぐむ事はこんな私でもあるけど(笑)、
人差し指でそっと拭う…では間に合いませんでした。

本当に久しぶりにハンカチ使用。
隣の席が若いカップルの男性だったので、
(やべっ、おばさん泣いてる…)と気付かれないようにしたけど、
分かっちゃったろうな…。

          A

登場人物も、映画の色調も、流れる音楽も心に染み入る優しさで、
最後の最後に出てくる親を亡くした小さい女の子にまた泣かされました。

60才過ぎると、映画料金はシニア割引で千円~1100円。
この額であの良作を観られたなんて、シニア万歳🙌

    ※ そうそう、少し?て部分があって、原作を調べたらなるほどねと
      納得。
      でもっってそこを踏まえて、来週再度観に行く予定。
      先が無いので(苦笑)滅多に出会えない映画はまた観ておきたいからね。

             Br_banner_kotatsu      ←よろしかったらクリックを

         コメントありがとうございます。
         ご返事はそちらのブログに伺ってますが、
         URLのない方はここでご返事させてもらってます。
 


« 童顔の同級生 | トップページ | おばさんの初給油 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

映画がとても評判がいいらしいのでバルさんのレポを楽しみにしていました。
バルさんが感動された様子、とても伝わってきました!
私も観たくなりましたよ!
ただ私は年を重ねる毎に自分でも信じられないくらい
涙もろくなって映画館でも絶対泣くだろうなと思ったら
ちょっと躊躇してしまいます。
バルさんがハンカチ使用なら私はティッシュ1箱抱えたいです。
うーん、やっぱりDVDになってから家で心置きなく泣きながら観ようかしら(^^;)
再度鑑賞というバルさん、すごいな~。
私はヘタレです。

投稿: 山吹いろり | 2017年2月10日 (金) 20時21分

そてきな映画のようですね。
ほたるの墓のようにではなく、
でもじわじわと感動がこみ上げる?
私はDVD派なので、必ず借りてみます。
何か、もう泣けてきた…。

投稿: ryo | 2017年2月10日 (金) 20時55分

広島に呉・・・ですか、それも戦時中・・
バルさんの記述だけで、すでにきそうです
呉は13から23の10年間を過ごしました
23から現在までは広島ですから
この手の話は身近すぎるのかもしれません
こんなストーリーのものばかりではありませんが
とにかく悲しくて、切ないストーリーは
尾を引いて、尾を引いて自分の気持ちが
収拾つかなくなるタイプなんです
よって、現実離れした娯楽物をいつも
見てしまうんですねcoldsweats01


投稿: キャサリン | 2017年2月11日 (土) 00時09分

「火垂るの墓」を見てから戦争関連の映画は辛すぎて見ていません。
この映画の宣伝もみましたが火垂るの墓と同じような感じがしてみないだろうなぁ思っていましたが、
DVDが出てから見ようかな
映画館では涙涙で見れ無いかもしれないしね

投稿: rei | 2017年2月11日 (土) 07時12分

おはよ^^
その時代の子供の事を想うと辛く心が痛みます
とても心にしみる良い映画らしいですね。
私はなかなか映画館に行くのは難しいので
やはりDVDになると思いますが
観たいです!

投稿: チーちゃん | 2017年2月11日 (土) 08時22分

  >キャサリンさま
分かります。私もいいにつけ、悪いにつけ心に残った
映画を観た後はその感情をしばらく引きづりますから。
それと映画って大好きなんだけど、市内に映画館が
無くなってしまったのと、その時間をどう作り出すか
(関白さんとの兼ね合い)だんだん億劫になってきて
よっぽど観たいのでないと映画館には行きませんし、
重い映画も気力が付いてこなくなりました。
それでも今回はどうしても観たかったんですね。

投稿: バルおばさん | 2017年2月12日 (日) 00時07分

この映画私も好きです。まだ観てないけど
絶対に、、、泣くから、、一人じゃぁいけないわ。
顔がぐしゃぐしゃになるからね。
そうか、、もう一回みたいんだね。私も行く!!

投稿: ななぷ | 2017年2月12日 (日) 10時05分

そんなに泣けるとですか!
気にはなっていたものの、よく行く映画館ではもう上映されておらず…crying
しかたない、DVD出たら見ます!
映画館で映画観るの大好きだけど、あまり泣けちゃうヤツはちょっと周りが気になるんだよねsweat01

投稿: ティモコ | 2017年2月12日 (日) 18時09分

      >ななぷさま
そう、一人だと泣くのが余計恥ずかしいかも(笑)
「火垂るの墓」みたいな救いに無い映画じゃないから
気持ちよく?泣けるかな。

投稿: バルおばさん | 2017年2月12日 (日) 23時03分

Обмен Bitcoin по самому выгодному курсу в Интернете! Обмен Bitcoin по очень хорошему курсу! [url]http://bitcoin-exchange.ga[/url]

投稿: Alinazon | 2017年2月25日 (土) 02時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 童顔の同級生 | トップページ | おばさんの初給油 »