« 新年早々の間の悪さ | トップページ | 意外性の面白さ »

2017年1月 8日 (日)

時代劇好き

大正生まれながら横浜育ちという環境か?
洋画大好きだった母の影響で、私も小さい頃から洋画大好きで
正直若い頃感銘を受けた映画といえば、大体が洋画だった記憶がある
外国かぶれの私(笑)。

でも、私の子供時代は東映時代劇全盛期。
家族の娯楽といえば(多分子供料金80円!?くらい)、
東映時代劇を見て、帰りに食堂で皆でご飯を食べて…、
もうこれで十分ざましたね。
自家用車なんて無くて当たり前、当然わいわい言いながら
映画館まで歩いていきましたよ。

だから邦画というと、この思い出ばかり強くて
あまり作品の質とかは考えてなかった無知な私。

でもある時、BSプレミアムで放送してた
小津安二郎監督の近松物語を見て、すごい衝撃を受けたの。

勿論、以前にもテレビで見てたし、それ以外の有名な作品も
やはりテレビで見てたけど、とにかく昔の日本映画って画質は荒れてたし、
セリフも変に鼻声ぽくて不明瞭で聞きづらかったでしょ?

ところが、最近になって「デジタルリマスター」ていうの?
当時の鮮明な映像の再現が出来るようになったのね。

そうしたらまぁ、本当に本当に素晴らしかったの、映像美!
日本の白黒映画ってこんなに芸術的だったんだっ。
特に光の当て具合、恐れ入り谷の鬼子母神。
だからまぁ、主役の美しいこと、美しいこと。

          B

洋画の影響で「前世はイギリス人♪」と調子こいてたけど、
あたしゃDNA完全に日本人だわ(体形みりゃ一目瞭然)

と、感慨にひたりながら、あたしゃイケナイ事した…と
思い出したのが、母の嫁入り道具。

          A

まぁ、実際には母もあんな面倒な物(笑)使ってなんかいなかったし、
今あれば話のネタにはなったかもレベル。

そっと胸に手を当ててみればここ数年、気落ち状態が続いていて、
あんなに好きだった映画もあまり観に行かなくなっていた。

よし、今年の目標、自分らしさを取り戻す第一歩として
以前から一度は行ってみたかった
東京国立近代美術館フィルムセンター」に行こうっ!!

映画の膨大な資料や、過去の優れた内外の作品も上映してるそうだし、
シニアは310円とか?
そこで一日使っても、私の時間。

こうやって、出来る範囲で一歩づつ楽しい事を重ねていこう。

           Banasapurise     元気出ます(笑)

         コメントありがとうございます。
         ご返事はそちらのブログに伺ってますが、
         URLのない方はここでご返事させてもらってます。


« 新年早々の間の悪さ | トップページ | 意外性の面白さ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

時代劇好き_〆(=´エ `= )))カキカキッ

我が家の主人は 時代劇大好き
水戸黄門 三匹の侍 桃太郎 鬼平犯科帳
少し前までは 剣客商売
同じ部屋にいるので そらね・・・私も 
時代劇見ております。
ま~嫌いじゃないけど 他のが見れないですね (〃'∇'〃)ゝエヘヘ
京都の 見たことある場所が出ると つい
あそこや~ 大沢の池とか
言って楽しんでいます 

投稿: ぽぽー | 2017年1月 9日 (月) 00時32分

時代劇ってあまり見ないけど、
毎夕再放送の水戸黄門は見ています。
孫がハマっていて、気持ちが入り込みます。
白黒の映像美は私には解らないけど、
昔の映画って安心して見ていられます
ガチャガチャしていない所が良いのかも?
私の偏見かもしれないけど。

投稿: rei | 2017年1月 9日 (月) 06時56分

こんばんは!
昔の映画は聞き取りにくいし画像も悪いと
思っていましたが、そうなんですね!
是非、今度見てみます。

私は小説を書いていますが、初めて時代小説に挑戦しています。
書いては調べてはの繰り返し、漢字の使い方、言葉、とにかく
全てが新鮮ではまっていますが
疲労困憊です。でも止められない。おもしろいです。

投稿: ryo | 2017年1月 9日 (月) 19時52分

バルさん、こんばんは。

そういえば時代劇って最近見ません。
小さい時は遠山の金さん、水戸黄門、伝七捕り物帳、暴れん坊将軍、必殺仕事人等々たくさん観てました。
あの当時本当に好きだったし、面白かったです。懐かしい~
>前世はイギリス人
吹きましたよ(笑)
私は何故か前世はロシア人だと昔から思ってます(笑)

バルさんを見習って私も今年は自分を大切にしたいです。
ってこれ以上大切にしてどうするって感じですが。
とりあえず最近気になっている高田郁さんの時代小説を読んでみます。

投稿: 山吹いろり | 2017年1月 9日 (月) 20時12分

初めまして~オは(*゚∀゚*)ヨ~!ございます

モカ様の所より来させていただきました
楽しいブログ拝見できて~感─☆*:;。(○`・∀´・)ゞ★*:;。─謝です

実は私も昔から時代劇大好きなおばちゃんです
父が好きだったので~良く映画に一緒に行ってました

今も欠かさず見ているのは~鬼平と剣客商売~江戸を切るなどなどです・・・・

昔の時代劇俳優さん~良かったですね~゚+.(´∀`*).+゚.
若い人には分かりませんね・・

初めてなのに~思わず好きな事を書いてしまいました
m(。≧Д≦。)mスミマセン!!

v(^∀^) ぁりがと~ございました

投稿: 畑ちゃん | 2017年1月10日 (火) 08時12分

私も若かりし頃からやはり映画は洋画どっぷり
ですね
アクション好きな私としては、そのあたり
どうしても邦画を見る気がしない
でも、テレビだとやはり時代劇大好きばぁーです
365日手放さない本も、最近復活した漫画も
全て時代劇です
現実逃避があるのか、どうしても現実に近い物を
わざわざ映画やテレビや本でまで体現する気に
なれないばぁーです
それと侍言葉・・・すきですねぇ~
背筋が自然とのびそうです(^^♪

投稿: キャサリン | 2017年1月10日 (火) 08時48分

私も時代劇好きです。
若い人が見るような流行りのドラマよりも
時代劇の再放送見るような子でした(笑)
好きなのは高橋英樹・役所広司・春風亭小朝の「三匹が斬る!」シリーズ、
片岡鶴太郎主演の「八丁堀の七人」などなど。
最近で言えば、「真田丸」は最高でした!

投稿: グータラ | 2017年1月10日 (火) 23時04分

私も子どもの頃映画好きの母に
時代劇を観によく連れて行ってもらってました
でも、記憶に残ってるのは
江利チエミさんの”サザエさん”です。(古っ!)

夫も時代劇大好きです^^
観たい映画があるとお店番を私に任せ
とっとと行っちゃいますぅ^^;

投稿: チーちゃん | 2017年1月11日 (水) 10時17分

バルさんの子供時代の話を聞くと自分のそれがよみがえりますね。
全く同じでした、違うのはうちは食堂じゃなくて早飯してから
映画を観て、帰りはおんぶされて帰宅したっていうところです。
ただ箱枕は無かった・・・うちも両親対称生まれですけど。

投稿: てり | 2017年1月11日 (水) 17時50分

対称→大正です、(^_^;)

投稿: てり | 2017年1月11日 (水) 17時51分

>ぽぽーさま
実は私も主人がテレビの時代劇を見てるので、自分が
見たい他の番組が見られず(ちぇっ)、あまり積極的に
は見てません、へへ。
私が好きなのは昔の時代劇、特に白黒フィルムの作品
かな。海外で受賞した作品の素晴らしさには改めて
驚いてます。

投稿: バルおばさん | 2017年1月11日 (水) 23時36分

       >山吹いろりさま
そうですか、貴方も前世はヨーロッパだったんですね(笑)  イラストのスラリとしたスタイルを見れば
分かりますとも、えぇ、えぇ…。

前世はイギリス人の私、実は読書も洋物?は多かった
けど、独身の時に山本周五郎の「つゆのひぬま」や、
「五瓣の椿」を読んでから時代物も好きになりました。
食わず嫌いは良くないですね。

投稿: バルおばさん | 2017年1月12日 (木) 00時00分

       >キャサリンさま
侍言葉、町人言葉、女言葉、昔は言葉や着る物にも
身分や立場が表れていましたね~。
今の時代劇は作り手が若いけど、昔の映画はその点
所作もしっかり描かれていて、とても楽しいです。

投稿: バルおばさん | 2017年1月12日 (木) 00時11分

       >てりさま
領海→了解ですwink

投稿: バルおばさん | 2017年1月12日 (木) 00時25分

バルおばさん、今年もよろしくお願いいたしますm(__)m
新年に疲れを引きずっていたのは、やはり大事な別れの後にありがちなことで、私も祖母の喪中の正月に風邪で寝込みました(._.)

投稿: 雀(から) | 2017年1月12日 (木) 11時02分

バルおばさん、今年もよろしくお願いいたしますm(__)m
新年に疲れを引きずっていたのは、やはり大事な別れの後にありがちなことで、私も祖母の喪中の正月に風邪で寝込みました(._.)
映画好きな祖母のお供で東映時代劇は抑圧観ました🙋 大川橋蔵や中村錦之助が全盛期でしたが、子供ながらに市川雷蔵の地味な美しさにはっとしたことがあります(*´-`)

投稿: 雀(から) | 2017年1月12日 (木) 11時24分

>雀さま
市川雷蔵とはなんと玄人好みな(笑)。
当時は主役を張れるのはいわゆるベテランか、せいぜい
20代でしたよね。いまや十代の演技力もあまり無い子
が主役ばかり…。なんだかなぁ~と思ってます。

投稿: バルおばさん | 2017年1月12日 (木) 22時33分

バルさま、出遅れも甚だしいけど・・・よろしくお願いします。
今年も時代がかったセピア色のお絵描きに、笑わせてもらいました。
風邪(喉・咳)は治りが遅いものだけど、大丈夫ですか?
ご自愛くださいね。
そちらに負けず、ど田舎の育ちでして~
お寺の庭に幕張って観たのが、チャンバラ映画ねぇ。
ザーザー画面でしたわ、それでも唯一の娯楽でしたね。
TVが広まってからは、円月殺法の市川雷蔵に今も惚れてます。
池上本門寺にお墓見つけた時は、キャーッ!
ミーハーなお婆ですが、若さの秘訣でまいります。

投稿: だんだん | 2017年1月13日 (金) 18時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新年早々の間の悪さ | トップページ | 意外性の面白さ »