« ロマンス♪に乗って | トップページ | クイズです♪ »

2016年2月22日 (月)

映画 キャロルの紹介といいつつ

ブロ友のふたばさんと日曜に映画「キャロル」を観てきました。

          1

前評判も良好で、内容的にも優れています(公開中だからあらすじは言えないけど)

特筆すべきは映像の美しさと、当時のファッションですかね。

恵まれた環境ながら、自分の居場所に悩むキャロルを
「エリザベス」、「ロード・オブ・ザ・リング」の
ケイト・ブランシェットが演じてます。

          A

ただ、映画ってのは個人の好みですからね(笑)。

仕事仕事で家庭を顧みない夫だから、
私はこうなったの…て、いや、そうとばかりは言えないでしょ?と
画面に突っ込む私。

     そうですねぇ、

     女性二人をメインにした映画で、今のところの私のベストワンは、

1991年公開 テルマ&ルイーズ  これですっ!!

          2

キャロルの感想かと思いきや、なぜ別な作品を?というご意見はごもっとも(汗)、
でも、いつか書きたかった映画なので、ついでに、というかこっちを
メインに(おいおい)

アメリカといえども、まだまだ男尊女卑的な要素のある時代、
傲慢な夫に仕えてる専業主婦テルマ(ジーナ・ディビス)と、
独身で働いてるけど、長年の恋人にも少し不満を感じてる
ルィーズ(スーザン・サランドン)、
この女友達二人が車で小旅行に出かけた事から起きる不幸なアクシデント。
それをきっかけにして、どんどん二人が追い詰められていき、
ついには警察の大捜索になります。

 

でも、その間、彼女達はどんどん自分を解放していくんです。
うじうじしてません(笑)

追跡を逃れながら、オープンカーで荒野を駆けていく彼女達に
悲壮感は感じられず、ある種突き抜けた爽快感さえ私は覚えましたよ。

ある刑事は彼女達をなんとか救ってあげたいと行動するけど、
結局断崖に追い詰められ、その下からは警察のヘリが
せり上がってきて…。

そして二人は未来に向かって飛んでいくんです、
お別れのキスをして。

          3

皆さんもきっと、いつまでも忘れられない映画ってあるでしょう。

   ※   いやぁ、映画って本当にいいですね。
   ※   それでは さよなら さよなら さよなら

…て、古すぎるフレーズ、お分かりになったでしょうか(恥)

           Banner_argyle_   ←押していただけると励みになります

        いつもコメントありがとうございます。
       ご返事はそちらに伺ってますが、URLのない方は
       こちらでご返事させてもらってます。
       おばさんゆえ?ご返事は遅い事も。ご容赦くださいね。 

 


« ロマンス♪に乗って | トップページ | クイズです♪ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
映画って本当に良いですよね!
バルおばさんの絵、すてきです。
大人の哀愁とオーラが出ています。
どちらもすてきな女性の話ですか?
最近、映画を見ていない私は
羨ましいのひとことです。

投稿: ryo | 2016年2月22日 (月) 22時20分

おはようございます。

素敵な映画でしたね。絵も上手過ぎです。
go!to the ムービー(スペルが解りません)happy01
私はもう何十年行ってないかも。
DVDでも観てないですね。
思い出しても
独身の頃観たアランドロンの”太陽がいっぱい”
女優のスザンヌプレシェットくらい。綺麗な方!
あと、中年の恋heart04
テレビで観ました”マディソン郡の橋”が
良かったで~すthink

ウチの夫も昔からロマンが無い人です・・

長沢さん?にぎにぎオジサンのフレーズ。
懐かしい!

投稿: プリティ | 2016年2月23日 (火) 08時54分

思えばしばらく映画を観てません。
ネットで近くの映画館の上映映画を確かめたら〔キャロル〕をやっていませんね。
その代り観たい映画をやっています!ありがとーバルちゃんhappy01
モーガンフリーマン主演の〔見晴らしのいい部屋売ります〕という映画 観てこようっとnotes

〔テルマ&ルイーズ〕これテレビの深夜映画で観たような気がするんだけど。。。最近観た映画でも、次に中ほどまで見ないと思い出せないんですbearing

投稿: おキヨ | 2016年2月23日 (火) 11時37分

もっちろ~~ん!
いやあ、ほんと映画っていいです(笑)
そしてバルさんの絵もお上手です!
別の映画メインで紹介って(笑)
いいわ~~~その感性!happy02
ワタシもたまに映画の感想を書くけど、ふと思い出して違う映画を書きたくなっちゃって、でも我慢しちゃってたけど、これからは心のままに書こうって誓いました!!

投稿: ティモコ | 2016年2月23日 (火) 11時55分

>おキヨさま
「キャロル」はあまりやってる映画館は少ないみたいです。
「見晴らしの…」はいいみたいですよ。あるブロガーさんが褒めてました。

私も最近は映画に行くパワーがなくなって…。今年は
すでに2本観ましたが、なるべく沢山観たいです。

投稿: バルおばさん | 2016年2月23日 (火) 21時42分

私の描く似顔絵と違ってバルおばさんのはなかなかリアルじゃないですか。
どっちの映画も面白そうですね。
女優の好みからすると「キャロル」の方に惹かれますが、
古い方は「なんだか良く分からない??」的な興味は湧きますねえ、どこまで飛んでいったものか・・・。

投稿: てり | 2016年2月23日 (火) 22時51分

>てりさま
わたしはてりさんのような飄々とした味のある作風が
描けなくて…、ひたすらリアルでいってます(苦笑)。
キャロルは物憂く、セクシーな女優、かたや男に反逆
する女(笑)。
二人は束縛の無い世界(とは?)に飛んでいったんですね。

投稿: バルおばさん | 2016年2月23日 (火) 23時18分

バルさん こんにちは^^
タワーリング・インフェルノ とか
大地震とか
そんな映画ばっか見てました。
今は、夫がアクションものが好きなのでそればっか^^;

アメリカの女優さん美しいだけじゃなく
演技もとっても上手ね。
ああ、映画観たくなった^^@

投稿: チーちゃん | 2016年2月24日 (水) 12時06分

話題が多くて面白いブログ。伺うのが楽しみです♪
ケイトさんの顔の絵もバルさんが? 凄いなぁ!
キャロル、お薦めですか?
最近観たのは、トム・ハンクスの「ブリッジ・オブ・スパイ」
米ソ冷戦時代の実話でした。他にはあんまり観てない。

基本的に30~40前の映画に惹かれてますね。
子育ての頃には、良い映画が沢山あったんですよね~
貯金のようにしまってるのは「ジュリア」ジェーン・フォンダとバネッサ・レッドグレーブ。
抵抗運動の最中の女の真の友情。
テルマ&ルイーズのスーザン・サランドン、良いですね。
グランド・キャニオンか何処か知らんけども、飛び出す瞬間に痺れた。
ケイト・ブランシェット、エりザベスで存在を不動のものにしましたね。

投稿: だんだん | 2016年2月24日 (水) 15時55分

いやぁ~映画ってほんとにいいですよぉ。
私の守備範囲は極狭なので、この映画は
見てません
バルさんがこんな感じの映画が好みなのですね
なるほどなるほど・・・
私が好きな男優のケビン・コスナーやマット・
デイモンとの共演の時に見て、好きな女優さん
たちです
一見タイプが違うように見えますが
私から言わせると、二人とも男っぽい
タイプではないかと・・・
心を揺さぶる映画をみたいですね

投稿: キャサリン | 2016年2月24日 (水) 18時25分

追伸:
私が好きな女優さんは
『スーザン・サランドン』
『ケイト・ブランシェット』の二人のことです

投稿: キャサリン | 2016年2月24日 (水) 18時28分

>キャサリンさま
あの2作品はあまりメジャーでなかったので、ご存じ
ない方も多いと思います。
私の守備範囲、結構?広いですよ。単なるロマンス物は
苦手ですが…。
スーザン・サランドン、素晴らしい演技派女優ですよね。

投稿: バルおばさん | 2016年2月24日 (水) 21時13分

いいな 女性友達と映画デートだなんて
うちは どこ行くのも 一緒なので
もちろん 自分の見たいのは見れません
(ア・映画館は苦手で行ってなかったのですわ)
今夜は お互いが見たかった ジェラシック・ワールドを見ました。
DVDでは メンタリストのジェーン(男性)がお気に入りです
ちよっと 違うタイプですが^^; 「クリミナル・マインド」のリードも (〃'∇'〃)ゝお気に入りです 
あら お兄さんばかりでしたわ(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

投稿: ぽぽー | 2016年2月25日 (木) 00時22分

映画ですか。
劇場ではずいぶん観ていないです。
つい時間もないのでDVDとか
テレビの映画になってしまっていますが
劇場で見るのは迫力が違うでしょうねえ。
一度ゆっくりと劇場で映画鑑賞したいです。

投稿: pochiko | 2016年2月25日 (木) 06時16分

>ぽぽーさま
何を仰います、仲良しご夫婦なのに♪
私は関白さんの運転手扱いなので(悔しい~)、その分
時々友達や、一人で出掛けます。
息抜き、息抜き(笑)
素敵なお兄さんは眼福♪ですよね~。

投稿: バルおばさん | 2016年2月25日 (木) 16時43分

アカデミー賞最有力の映画だったのですね。
しばらく後遺症の数日経過・・・でした。

ご紹介のテルマ&ルィーズ
どんどん自分を解放していく←ここが気になる苦節60ん年。
閉塞感の中でもより安全を求めてきた暮らし様・・うじうじ うじうじ・・・
スカッとするのかな?勇気凛凛になるのかな?それは見てみないとね。

投稿: ふたば | 2016年2月25日 (木) 21時39分

       >ふたばさま
キャロルのまったりとした色彩や、カメラワークは
後からじわじわと来ますね。

テルマ&ルイーズ、とてつもない道行は、閉塞からの
脱出、つまり人生を終わらせること。
…多分スカッとは、しないよ(笑)

投稿: バルおばさん | 2016年2月25日 (木) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロマンス♪に乗って | トップページ | クイズです♪ »