« 自立出来ない女 | トップページ | 町が消える »

2015年12月 7日 (月)

この差はなぁに?

主婦は毎日の献立が大変ですが、
特にうちは好き嫌いの多い誰かさんに合わせて作るので
一層面倒(ちぇっ)

この時期、スーパーで美味しそうな里芋が売られてるでしょ?
実家の母が、昔よくおやつに里芋の蒸かしたのを
出してくれたんです…、この時点で昭和の香り、ぷんぷん。
おやつが、イモよ、イモ(笑)。

塩を付けて食べるのが一般的だけど、
子供の頃はお子様舌?だから、わたしゃ中農ソースがお気に入り♪

でもね、関白さんは「イカと煮た里芋」しか食べません(ったく!)
だから、長い間、このシンプルな食べ方してない(あぁあ…)

実家では、横浜生まれの母が、ちょい気取って?
「きぬかつぎよ♪」

…いや、どう言おうと イモはイモだけど。

あれは昔、身分の高い女性が出かける時に
薄物を羽織った様子をイメージしたというけど、なんだかねぇ。

          A

        しかし、里芋だけが、なぜ特別扱いなのか疑問を感じる私。

        だって、それ以外の野菜の例えって、かなりひどいと思いません?

          B

                  何かある、絶対に里芋、裏に手を回してるわ

他にも野菜の例え方をご存知でしたら、こんな可哀そうな野菜の為にも
教えてください(笑)。

            Banasapurise     ←励みになります

 

  いつもコメントありがとうございます。
       ご返事はそちらに伺ってますが、URLのない方は
       こちらでご返事させてもらってます。
       おばさんゆえ?ご返事は遅い事も。ご容赦ください

 


« 自立出来ない女 | トップページ | 町が消える »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
野菜でいうなら〜いろいろと考えたけど思い浮かばない….。
でも、野菜って、本当〜いろいろと酷い例えに使われてますね(笑)
そうそう、私の今は亡き母も「衣被ぎ」って言ってました。
だから私も一応、そう言うふうに言ってますね〜
イカと里芋を少し濃い醤油味で煮付けると美味しいです。
でもシンプルに塩をつけるのも好き!
さて、私はソースではなく醤油つけてましたね〜
でも今は里芋は豚汁にいれるか、やはりイカです(笑)

投稿: ryoryo | 2015年12月 7日 (月) 19時59分

塩でなら食べたことありますが、ソースは初めて聞きました!
今度やってみよう…
絵がなんとも可愛いです~~
冷蔵庫の野菜室を開けて考えてみましたが…(笑)
う~~~ん…
アタマがピーマンとかw(中身がない)

投稿: ティモコ | 2015年12月 7日 (月) 23時12分

ごめんなさい!寝ぼけて、前の記事にコメントしてしまいました!すみません

投稿: 空 | 2015年12月 8日 (火) 07時48分

他が全く思いつかない私ですdespair
しかし、神代の昔から米と野菜を作って来た
日本人らしい発想と思いました
身近にあればこそ愛着からの喩えだと
思います
例えられた本人は嫌でしょうけどねhappy02
野菜だけでなく、魚と共に暮らしてきた
日本では、魚にも色々と喩えがありますよね

投稿: キャサリン | 2015年12月 8日 (火) 09時13分

そうそう、私の母も里芋を衣被と云っていました。母は皮ごと茹でてつるりと手で皮をむき塩を振りかけて食べるのが定番。私は烏賊と煮たり、汁ものにした里芋と衣被は違うものとかなり大きくなるまで思っていました(~_~;)
う~ん、野菜は思い出さないが、花ならたくさんありますよ、身もふたもないネーミングが。。。
馬の耳〔鈴蘭〕とかいぬふぐり・・・先日、ここまでふざけた名をつけるかというほどかわいそうな名の花を知ってしばらく笑い転げていたのに今思い出せないワーhappy02

投稿: おキヨ | 2015年12月 8日 (火) 11時29分

>空さま
いえいえ、二回も有難うございます♪

投稿: バルおばさん | 2015年12月 8日 (火) 13時08分

         >キャサリンさま
そうそう、魚の例えも多いですよね。
外国でもfishy(魚から転じて、生臭いとか、怪しい)、
snaky(蛇から転じて、ずるいとか、冷酷)。
これからすると、日本の野菜の例えはかわいいもんです(笑)

投稿: バルおばさん | 2015年12月 8日 (火) 13時16分

お野菜は、身体によいのだから、
色々、いい方あるんでしょうね。
きぬかつぎ、などという素晴らしい言葉は初めて知りました。常識知らずに長生きで(^_^;)
私も少し、考えてみよう♪

投稿: nanapu | 2015年12月 8日 (火) 17時16分

       >nanapuさま
ね、衣かつぎなんて、イモに付ける?
でも、日本人て情緒があるわよね。

投稿: バルおばさん | 2015年12月 8日 (火) 22時22分

「きぬかつぎ」
久しぶりに聞いたお上品な言葉ですから
次回里芋を食べる時は敬意を払って頂きますぅ~
思わず可愛い絵を見ながら笑ってしまいましたが
野菜の名前が侮蔑表現として機能することが多いですね
楽しませて頂きました~♪

投稿: kamome | 2015年12月 9日 (水) 14時18分

・・・・・大根足ですかね
 
母は、サトイモだけを甘辛くホッコリと
煮っ転がしってヤツですわね(笑)
定番でした 「またぁ~?」なんて文句を言って
ましたが あんな風には出来ません
もう一度、食べたいなぁ・・・(郷愁)

投稿: 三日月 | 2015年12月10日 (木) 19時10分

>三日月ちゃん
そうなのよ、私が煮る里芋はぬめりを取っちゃうので
なんかいまいち素っ気ない?味。母のはうまい具合に
ぬめりが残ってて、私にはあんな上手に作れない。
あぁ、もう食べられないと思うと余計に食べたいわぁ

投稿: バルおばさん | 2015年12月10日 (木) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自立出来ない女 | トップページ | 町が消える »