« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月11日 (土)

突然のフラッシュバック

この間、スーパーで買い物をしていた時、
店内に流れてきた曲(歌は入ってなかった)を
ほんの2,3秒聞いただけで思わず手が止まってしまった。

それは、盲目のシンガー、スティービー・ワンダー
40年以上も前の大ヒット曲で
邦題は「太陽の当る場所」

その後、数々の歌手がカバーしてきたので、
ご存じの方も多いかと。

思わず、Like a long lonely stream…
心の中で歌っていた私。

えぇ、この曲、大好きでした。
私がまだとても?若かった頃にファンだった
エンゲルベルト・フンパーディンクという
イギリス人歌手がカバーしていたから。

          B

ずっと昔のこと、日本武道館でのコンサートチケット2枚を
親友が入手したので一緒に♪と誘ってくれた。

独身ですもん、なんの遠慮もありゃしません、二つ返事です!

コンサートは平日だったので、会社を早退して、
群馬の田舎っ子が気合を入れた服に着替え
彼女の車でいざ、武道館へっ。

途中、慣れない都会で道に迷ったりしたけど、
初めて見る、外タレ(古っ)の圧倒的なステージを堪能。
帰りは六本木の店で軽く食事して
女二人キャァキャァと騒ぎながら深夜の帰宅。

両親と同居、会社が終われば全部が自分の自由な時間、
好きな物を食べ、好きなとこに行き、習い事も沢山…。

……あの曲のたった数秒が、私にそんな事らを瞬時に
思い出させ、そして少し甘酸っぱくじわっとさせた。

                 おばさんになった私の日常は

          A

取引先の都合次第という自営業の生業と、
関白さんの性格が相まって、
私はネガティブなバーチャル女?に変化していった…かな。

風の香り、花のゆらぎ、薄暮の街並み…、
そしてふと耳にしたどこかで聞いた覚えのある声…。
驚くほど小さなきっかけでも 人って記憶が甦るもんですね。

            Banasapurise   ←本当に嬉しいです♪

       いつもコメントありがとうございます。
       ご返事はそちらに伺ってますが、URLのない方は
       こちらでご返事させてもらってます。
       おばさんゆえ?ご返事は遅い事も。ご容赦くださいね。

| コメント (15)

2015年7月 6日 (月)

それぞれの年代

普段は車移動ばかりの私
(ほら、マイカー所有率日本一の群馬だから)、
健康の為、ごくまれに歩いて買い物に行く事がある。

先月の、梅雨時にしては湿気もなく、爽やかだった夕方、
広い川に架かる橋をテクテクと越えて夕飯の買い物に
行ったんですわ。

橋の歩道を歩きながら、向こうからやってくる
部活練習の?高校生らしい自転車の一団のある事に気付く。

知り合いなのか?私の前を歩いている人達に大きな声で、
こんにちは~」と全員で言っている。

…と、私のそばまで来たら、なんとっ

          A

おそらく学校の方針だろうけど、挨拶されて怒る人はいないし、
まして自分の子供より若い子達なら余計に嬉しいじゃない?

若い子は素直でいいねぇ♪などと単純に気分よく帰宅。

またある日、車を運転中、赤信号で停止しようとしたら、
男子高校生らしき自転車の二人が次の信号に変わる迄の間、
(普通なら?足を着いて待ってない?)
それが、あ~た、

          B

いやぁ、とっくのとっくの、ものすごくとっくに失ったこういう若さ、

あぁ、なんか心に響くなぁ…と思ったの。その時は。

でもきれいさっぱり忘れて、いつものデレ~としたオババ精神で
例によって車で移動中の暑い日、ある病院のそばを通ったら
思わず二度見してしまったおじいさんに遭遇。

          C

まるで、名優笠智衆か?と思うほど(笑)

あのね、今更だけど、人の魅力って年じゃないわね。

その年代に合った風情というかな。
シワはシワ、肉は肉として(泣)、受け入れましょう。
えぇ、開き直りとは言いませんよ、この場合…ね…。

            Banasapurise    ←励みになります♪

        いつもコメントありがとうございます。
       ご返事はそちらに伺ってますが、URLのない方は
       こちらでご返事させてもらってます。
       おばさんゆえ?ご返事は遅い事も。ご容赦くださいね。

 

 

| コメント (9)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »