« スイス編 ② | トップページ | 昭和テイスト、まっしぐら »

2014年10月21日 (火)

スイス 極楽からの帰国

 

やっと、やっと…ここまで長引かせた娘との旅行記も最終編です。
まだ呆れずに見てくださっていた方がいたなら(恥)、
本当に申し訳ありませんでした。
これからは心を入れ替えて、もう少しきちんと更新していこうと
反省(何度目やねんっ)

      ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日は8月2日、
毎日あたふたと暮らしている私が、軽い眩暈を起こすほど?
自由に過ごせた日々だけど、明日はもう帰りの飛行機に乗らねば…。

最後だから静かな場所にしようと、
パパが連れていってくれた所は、山の中腹にある
レザ・ボンという 閑静というより人っ子一人いない(笑)場所。

かっては観光客も多かったのかな?
ホテルも何軒か有り、時間になれば自動的に山の頂上まで
運転するこんな可愛いケーブルカーもあります。

 

          Dsc01239

          Dsc01242

        結構な傾斜でしょ?
        私達4人で完全貸切です(笑)

          Dsc01251_2

眼下に田園風景が広がる山頂の小さな駅の
すぐ脇にある大きなホテルは、今は廃業となっていて、
庭も手入れされてないので、荒れ放題です。

ホテルのそばの道端にあった、薄い板に手書きされた
小さな看板を発見したパパは…

          Dsc01252

「こんな山の中にあるのは、隠れや風レストランで
きっと美味しいよ~♪  たった1キロ先だから訳ないしぃ♪ 」

…騙されましたね、私達(笑)
1キロ先というより「山道40分歩き」と書いて欲しかった。

でもね、全然辛くないの、あ~た。
出国時、あんなに痛かった足は ノー・プロブレムだし、
景色も風も爽やか。だってスイスだもん(笑)

「何やってんだっ!」と怒る人もいない(あら、誰の事ざましょ)

山道の途中にあった
まるで映画に出てくるような古い建物そのままの
山のチーズ屋さん。製造販売してます。

          Dsc01259

                             裏側

          Dsc01258

                         こっちは 表側

どこでも山の斜面にそって沢山の牛が放牧されているけど、
管理者の気配も無いし、誰(牛)も逃亡しないのかな?

「多分、この鋼線に電気が通ってる」と推測する私達。

そして、確かに電流は流れてたんですよ、えぇ。

          Dsc01256

        はい間違いないですっ

          A_2

「オ母サンモ握手シマショウ」と言われたけど
丁寧に辞退ざますがな。びりびり

そんな事をやりつつ?
なだらかな山道を40分程かけて辿りついたのは、
かいた汗も一気に引くほど涼しい木陰にある
まさにパパのいう通りの隠れや風レストラン。
政界人もお忍びで来てた(ま、私にはまるで分からなかったけど)。

          Dsc01263

          肉食系パパはここでも フォアグラ料理♪
                 もちろんワイン

          Dsc01264

          若干?おしとやかマダムぶって、私はホタテのサラダ♪

               少しばかりのワイン(恥)

のんびりとランチを頂いた後は、レマン湖のほとりにある
有名なシニョン城見学。
大勢の観光客でいっぱい

          Dsc01266_2

         地下の牢獄も有名ですね~

          Dsc01276

         古い地下には進入禁止がいっぱい

          Dsc01287_2


           怪しげ~(汗)

 

中世の城を堪能して帰る道すがら、
今晩の食材を山の中腹にある店で調達。

先ずは野菜の直売所(へ~?日本と同じようだわ)

          Dsc01302

                  バケツの中の花はすでに売り切れ

         店内は新鮮な野菜がいっぱい♪
         

          Dsc01300

          Dsc01301

                 安いです♪

そして、面白かったのは、無人の食肉販売所っ

          Dsc01304

店内に幾つもの冷蔵庫が置かれ、
中には様々な種類の小分けされた肉がパック詰めされていて
お客は勝手に扉を開けて、それらを買い物カゴに入れます。

     無人販売だから、支払は…  なんとっ!!

 

                 ↓

備え付けの茶封筒に品名と個数、合計金額、
そして名前、住所、電話番号を書いて
この手作り感満載の投入口からポンと入れるだけ。

          Dsc01305

                性善説商法でしょうか(笑)

夕飯は買ってきた野菜でお婿さんのお手製サラダ、
パパがバーベキューを準備、
更にお祖母ちゃんがポテトサラダと、
かって村の料理コンテストで(笑)で優勝したという
ご自慢のメレンゲケーキを用意してくれました。

          Dsc01315

       日本でもそうだけど、なんで田舎のばぁちゃんの作る料理って
        こんなに美味しいんだろう…

お婿さん家族と私達、スイスの最後の夜はゆっくりと
更けていきます。

そして、翌日小雨のスイスを発った私達は
更にその翌日、猛暑の成田に着いて
私の極楽ヴァケーションは終了です。

…ふ~、やっと書き終わりました。

来てくださってた皆さま、
長きにわたって、ご清聴ありがとうございました(笑)

       Br_banner_halloweenlogo 

                       

                よろしかったらクリックを

       いつもコメントありがとうございます。
       ご返事はそちらに伺ってますが、URLのない方は
       こちらでご返事させてもらってます。
       おばさんゆえ?ご返事は遅い事も。ご容赦くださいね。


« スイス編 ② | トップページ | 昭和テイスト、まっしぐら »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

バルさん、旅行記お疲れ様でした!
毎日待っておりましたが(笑)全部書きあげるのは…大変で立派なことです。
なんせ私は、3つも旅行記をギブアップしております!(最悪なブロガーです…)
お婿さん、お茶目な人ですね~(笑)
無人の肉販売にはびっくりしました!
人を信用しているんですね。

たくさん、素晴らしい写真を見せていただき、行ったことのない世界を、一緒に周らせていただきました。
やっぱりヨーロッパはス・テ・キ!
気合いの入ったクリック(笑)もちろんボチっと応援!
素敵な旅行記をありがとうheart04

投稿: ティモコ | 2014年10月22日 (水) 01時39分

夢のようなヨーロッパの旅、帰ってきちゃいましたか。。。think

おかげさまで夢のかけらを少し分けて頂いたような。
建物にしろ、お料理にしろ牛にしろ〔・・・はないか(~_~;)〕やはりスイスshineですね。

お肉の販売法は凄い!スイス人の人格の高さが判りますね。。。日本ではちょっと無理でしょう。見習いたいものです。

楽しかったです。ヨーロッパ旅行またの機会をおまち
いたします。殿もご一緒というわけにはいかないの?smile

投稿: おキヨ | 2014年10月23日 (木) 11時45分

旅行記ありがとうお疲れ様でした。
炬燵に入って(*_*;読んでいます。
海外に行ったことのないので こうしてバルさんの記事で知る海の向こう~
楽しませていただきました。

赤い可愛いケーブル貸切りもびっくりですが
「一キロ先」の実は「山道40分」
看板に偽りでもないのでしょうが
道中の風景の楽しさで帳消しですね。

景色も風も爽やか。だってスイスだもん←ですよねぇ・・・


投稿: ふたば | 2014年10月24日 (金) 07時30分

>ふたばさま
3ヶ月もかかってしまった記事です(恥)。
読んでくださって有難うごぜ~ます。

なかなか遠出が難しい状況ですが、思い切って行って
本当によかったです。
為せば成る…でしょうかね(笑)

投稿: バおばさん | 2014年10月25日 (土) 18時18分

久しぶりにコメントさせていただきます♪

スイス旅行記楽しませていただきましたよ!
いいですね~。実は私ヨーロッパ言ったこと無いんですよ~。

大学生の頃はお金がなくて、社会人になってからは時間がなくて・・・近場のアジアにいくのが精一杯です。

食べ物もワインも景色も・・・バルおばさんの旅行記みてため息でした。
やっぱりヨーロッパって憧れです★
よし、来年パパに連れて行ってもらおう。

投稿: チヒロママ@チヒロ絵日記 | 2014年10月26日 (日) 23時22分

無人販売所、日本ではだんだん難しくなってきているのに…。
無人でこれだけの販売ができているスイスって素晴らしい国ですね。
山道40分? 私、 たどり着けないみたいです。
バルさんの足の痛み、ほんにとれてよかったぁ。

投稿: ねこおばさん | 2014年11月 1日 (土) 09時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スイス編 ② | トップページ | 昭和テイスト、まっしぐら »