« 国境越えで大慌て? | トップページ | スイス編 ② »

2014年9月18日 (木)

スイス編 ①

きゃぁ、前回の記事から半月も経ってしまいました。
いつから私はこんな根性無しになってしまったのでしょうか…、
おまけに体力も無し、あ、お金も無し…え~ん。

と、一応反省して…、
やっと旅の後半ですが、大分記憶があやふやになってきたので
急げ急げ。

無事に国境も越えられ(笑)
爽やかな涼しさと、心が洗われるような美しい緑の中で
迎えたスイスの朝、
「ボン・ジュール♪」とダイニングルームに行けば
すでに朝食が用意されている。
毎朝、あたふたと食事を作っている普通の主婦にとって
これは嬉しい~。

さて、今日はお婿さんの運転であちこち案内してもらいました♪

かの有名なオードリー・ハップバーンが
華やかな世界から離れて、家族と静かに暮らしていたトロシュ村。
普通の暮らしぶりで、スーパーで買い物もしていたという彼女らしく
草原の中の小さな墓地にあるお墓もこじんまりとしたもの。
(でも家は流石に高い塀に囲まれた豪邸でしたが)

          Dsc01068_2

          村の中の目立たない所に建てられていた像

          Dsc01074_2

            小さなお墓はそれと知らなければ、
            そのまま通り過ぎてしまうでしょう

ここを後にして、レマン湖べりのローザンヌをぶらぶら。

          Dsc01079

          Dsc01077

         周遊バス?の可愛いトラム。
         これだと見所がささっと見られて私は大好き♪
         プロヴァンスではよく乗りましたよ。

あちこち観て♪食べて♪買い物して♪ その次に
お婿さんの運転で向かった先は…。
目に入るところ全てが葡萄畑という坂道を登りきると
そこはお婿さんの親戚のワイン農家の家。
(ワインて…。夫の知り合いはキュウリ農家だよ)

たまたま他の親戚や、友人らが集まっていて
叔母さんちのワインを飲みながら、賑やかなこと。
大きなテーブルの上で(スイスって言語が4つに分かれているので)
フランス語、ドイツ語、そしてたまに日本語(笑)が飛び交う。

楽しい出会い、それを惜しみながら帰宅。
今晩はコブコが日本料理を作るので
私も邪魔にならない程度に?お手伝い。

メニューはごく普通の家庭料理(笑)

☆ 豚肉の照り焼き
☆ ポテトサラダ
☆ インゲンの胡麻和え
☆ 冷麦

お祖母ちゃんも加わって、本当に楽しい夕食でした。

 

     ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

翌日はお婿さんは所用で同行出来ず、
私達母娘、ご両親とドライヴ アンド グルメ旅?

          先ずは、絵葉書のような山並みを楽しみつつ、
          Dsc01093

パパが連れていきたい店があると案内したここは…

          Dsc01096_2

          …なんざますの?

          Dsc01098

         な、なにを作ってますの?

 

               答えは…、知る人ぞ知る
               知らない人は全く知らない(笑)

          Dsc01089

         アルコール度数 50~60%!という
         超ストロングな蒸留酒 「アブサン」
ざますがな

         あまりに強いので、ストレートで飲むのは
         古きパリの芸術家(体をやられたらしい)ぐらいで
         一般的には水で割って飲むらしい…。
         はい、あたいも試しましたん(笑)。
         かなりクセのある味でしたよん。

その製造、直売所で
パパが「日本に持ってって」とアブサン1本
プレゼントしてくれました♪ わぁい、メルシー♪♪

高く澄んだ青空と、緑の山道をパパの車は快調に進み、
お昼を少し回った頃、山の中腹にある小さな駅に停車。

え?美味しいランチご馳走する(パパ談)て言ってたよね?
ここ、駅の回りには何も無いわよ…と思ったら、あ~た。

          A

…改札口抜けると、レストランだった。

          Dsc01104

        常連の年配客がまったりとランチ
        車のナンバープレートを見ると各地から来てますね~

          Dsc01106

 

皆さん、お昼からワインを飲みながら、ゆっくりとランチ。

パパが「ここのステーキはしっかりと肉の味がして、
なおかつしつこくなくて旨いんだよ。是非食べてみて」
「何グラムがいい?」

私は若い時でも、ステーキはせいぜい150gくらいで十分だったし、
ましておばばになった今、120gが丁度いいかな。

そう言ったら、笑われてしまいました。

「220gが1番小さいよ」

           えぇ~! どうしよう…。残したら悪いよね?
           でも、サラダでこのボリュームよっ(汗)

          Dsc01113

         来ましたっ、220gのステーキ、どど~ん

          Dsc01114

         焦る、焦る 

         もぐもぐ… 、もぐもぐ…、もぐもぐ…

         

          あれ?  超美味しい肉なんですけど…

           もぐもぐ…、もぐもぐ…、もぐもぐ…

                    結果

                     ↓  

          B

       本当にしつこくなくて、胃もたれしない美味しいお肉でした♪
     

      更にワインも飲んだし(恥)

      実は私ね、とてもお酒に弱いんです、すぐ赤くなるし、
      ましてワインなんて気持ち悪くなった事もあるんですが。

    パパや、ママがいうには、国内用のスイスワインは
    酸化防止剤が入ってないから、悪酔いしないんじゃないかと。

 

日にちを重ねる毎に日頃のストレスから解放され、更に
私でも楽しくお酒を飲めるんだ♪と気付けた事は、
今回の旅の収穫かな(笑)。

まったりとランチした後は、首都のベルンに連れていってもらい、
中世から残っている美しい街並みを散策です。

          Dsc01118

          Dsc01117

          通りのあちこちにある、街の歴史を題材にした像

          Dsc01137

         今年のスイスは異常気象で雨が多いという話で、
         この川もすごく増水してました。

リラックスした1日を過ごした私達、帰宅してから
「今日は疲れたから夕飯はピザでもとろう?」

サラダを作り、村のレストランから届けてもらったピザと
そしてワイン(笑)の遅い夕食。

薄い夕焼け空がやがて濃い闇色に変わっても、
涼しい風に吹かれながら、庭に出してあるテーブルでの
語らいは夜が更けても、ずっと続きます

          Dsc01153

 

さてさて、長く引っ張っている旅行記も後1回で終了です。

皆さま、もうちょっとだけお付き合い頂ければ幸いです♪

       Br_banner_tonbo      ←よろしかったらクリックを

         いつもコメントありがとうございます。
       ご返事はそちらに伺ってますが、URLのない方は
       こちらでご返事させてもらってます。
       おばさんゆえ?ご返事は遅い事も。ご容赦くださいね。


« 国境越えで大慌て? | トップページ | スイス編 ② »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お待ちしてました~第3弾note

A・ペプバーンの過ごした場所やお墓にも行った、レマン湖畔を散歩した・・・羨ましい!私にすれば夢のまた夢。。。punch
画像もまたツアーとは一味も二味も違いますね。旅というより短くともその場の人間で居られた。。。

アブサンは私も若くて元気のよかった頃経験。2杯飲んだ友人は倒れましたよcoldsweats01はっきり言って美味いもんじゃない。。。sweat01

お肉・・・あっぱれ!それが出来る胃を持っていればこその海外旅行ですねgood


投稿: おキヨ | 2014年9月19日 (金) 11時50分

 知らない人は全く知らない~のほうに入るわたくしですが・・・
その製造装置には心魅かれます。ぴとんぴとんと水滴になって落ちる音が・・・秘薬。

サラダと220gステーキ、う~んボリュームあり!
コブコさんの和食メニューにほっとします。
好評だったでしょうね。
量は足りたのかしら?
一食の量に国境を感じます・・・・

投稿: ふたば | 2014年9月20日 (土) 08時00分

 お肉とお酒!!!
それだけで十分な がぱです。
 
 嫌なことが何もかも吹っ飛んでしまいそうな
いい旅ですねぇ~ catface

投稿: がぱちん | 2014年9月20日 (土) 08時56分

>ふたばさま
秘薬…(笑)。確かにあまりの危険度に長い間製造禁止
だったそうです。アノ強さじゃアブナイかもね。

あちらのご家族はアメリカ人ほどは?大食じゃないけど
お肉は日本人からすれば量が多いみたい。

投稿: バルおばさん | 2014年9月20日 (土) 21時54分

       >がぱちゃん
そうそう、お肉とお酒でいいよね(笑)。
あとサンテ!(乾杯)を足せば、なんとかなる(笑)

投稿: バルおばさん | 2014年9月20日 (土) 21時56分

旅行記、楽しく読ませていただいてますよ~!
こんなにたくさんのことを書くんですから、
時間がかかったって仕方ありませんよ(^^)
海外旅行経験が無い私としては、
バルさんのブログのおかげで行ったような気分になれて楽しいです♪
景色も素敵だし、お肉もおいしそうだし♪
次回も楽しみにしてます(^^)

投稿: グータラ | 2014年9月22日 (月) 00時03分

何からコメントして良いやら~
盛り沢山の観光&グルメ。そしてそして大好きなアルコール!
そうなんです、お肉いけてしまうのが不思議!
しかし、胃もたれで梅干しだけで1日過ごしたことあった…
ベルンの街が懐かしかったです♪
あの川、増水とのことですが・・・
我々の時も、もの凄い勢いで流れてました。
アブサン試飲してみたいな、皆さん、飲酒運転じゃないですよね?

投稿: だんだん | 2014年9月23日 (火) 16時41分

ご無沙汰しとります。
笑いながら一気読みしましたぁ。
イヴばあちゃんさんのドライブに巨大なケーキ、国境越えのハプニングなどなど。
美しい景色に+されて最高の旅だったみたいですね。
足の痛みも和らいだなんて、すごい!

投稿: ねこおばさん | 2014年9月24日 (水) 11時42分

こちら、今外は雨で、蒸し暑いジメジメのリビングにいますが、バルさんの写真と文章から、爽やか~な風が吹き抜けていきました!
ツアーとは違う、自然な感じの旅が、ひたすら羨ましいです。
(行けるならツアーでも何でもいいですがw)
220gですか~。
付け合せもサラダもすごいボリューム!
美味しそうだからポテトを残せば食べられるかも~(笑)

投稿: ティモコ | 2014年9月24日 (水) 17時51分

素敵な写真の数々、旅はいいですね。
異国の旅は私には憧れです。

それにしても、多国語が行き交う食卓って、
なんか、すごい!!

220グラムのステーキのボリュームもすごいですねcoldsweats01

投稿: toy | 2014年9月27日 (土) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国境越えで大慌て? | トップページ | スイス編 ② »