« 娘と二人旅 | トップページ | プロヴァンスのおもてなし »

2014年8月10日 (日)

イヴばぁちゃん

私の今回の旅の目的は
お婿さんのご両親にご挨拶をする事と、
長い間、ずっと娘へ愛情もって接してくれた
イヴばぁちゃん一家へお礼を言う事で
決して「美味しいもん食べよう」とか
「名所旧跡めぐり」、「ショッピング」ではないので
(そ、そうですよ、食べ物の事なんて思ってもませんよぉ)、
先ずは順路的にプロヴァンスからだったので
イヴばぁちゃんについてです。

日本を離れてから三日目にバスで
彼女の住んでいる街に。
いつも彼女はコブコをバス停まで愛車のシトロエンで
迎えに来てくれてます。
今回もバスを降りるとすぐに、

          A

                体感速度120km/h →一般道路
                                   体感速度100km/h→山道(汗)

 

先ずはビズ(頬と頬を合わせる挨拶)、ボンジュール♪
後は会話は娘に任せてニヤニヤ ニコニコしてるのみ。でへへ。

いつもいつも超美味しい南仏料理を娘に食べさせてくれる彼女が
先ず向かったのは日本にも支店のあるケーキ屋さんで、
「お茶用のケーキ選びなさい。一人二つよ」

ふ、二つ? いや、一個で十分なんですけど…。
でも美味しい物を沢山食べさせるのが彼女の流儀?

更に
「明日のランチ用に大きいケーキも頼んでおくから
選んでね」と有難いお達し。

          で、選んだのが  これ↓  とても大きいです

          Dsc01004_2

         ケーキの宝石箱や~、てね。

店を出た後は、私にいい景色を見せてあげる♪と
山道ぶんぶん

          Dsc00909_2

イヴばぁちゃんは車の窓全開です…。
スピードは彼女曰く 「たいして出してない
(んにゃ、相当出してるべ?)

でも後部座席の私には風がガンガン吹き付け、
口を開けてると く、苦しい~だし
道はクネクネ…、体感速度はハンパなかったです。

そして、苦あれば?楽あり

途中で停車してくれた所は、絶景でした。

          Dsc00915_2

          Dsc00921

       山頂近くのマリア像?
       日本風にいえば 鎮守さま?(笑)

          Dsc00927


忘れないうちにアップと思ったけど、
読み返したら、最初の写真…食べ物から始まってましたね。
あらまぁ、外国の食べ物に興味津々じゃん(汗)

長い文章は書けない私なので?今回はこれで。
よろしかったら又どうぞ来てくださいね。

          Br_banner_ageha     よろしかったらクリックを

 

           いつもコメントありがとうございます。
       ご返事はそちらに伺ってますが、URLのない方は
       こちらでご返事させてもらってます。
       おばさんゆえ?ご返事は遅い事も。ご容赦くださいね。


« 娘と二人旅 | トップページ | プロヴァンスのおもてなし »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

プロバンスの風届いた・・・気分になる画像素敵ですねぇ。
〔プロバンスの12月〕という本を読むほど憧れの地にバルさんは親戚を持っている。考えたらそういうところに縁のある出来た娘がいらっしゃる。。。
誰が凄いかわからなくなりましたがとにかくいいなぁ。。。
でご親戚になったオバちゃんスピード魔なんですねsweat01

貴女が御無事で帰ってきてブログ更新をしているということは結構運転達者ということになりませんか?smile

投稿: おキヨ | 2014年8月10日 (日) 20時52分

イヴばぁちゃん運転の120キロ・・・・シトロエン。
それこそパルビテーション本当の意味の「動悸」でしょう。
脈拍120超え?!


風景の写真も楽しみに待っています。

もちろんサンテ セボンも楽しみです。
ケーキのボリュームにはイッポニホサンポ あとずさり・・・
先の覚悟ができましたのでどうぞアップしてくださいね。

投稿: ふたば | 2014年8月10日 (日) 22時55分

 ケーキ! すげい!
 あぁ プロヴァンス 同じ田舎でも
がぱ地方とは なんかこう色が違うね!
いいなぁ 行ってみたいなぁ~

投稿: がぱちん | 2014年8月11日 (月) 17時16分

しばらくでしたね、まずは暑中(残暑)お見舞い申し上げます。
土踏まずかなり痛かったんですね。
それをおフランスの風に当たるうちに、感じなくなって…
帰国後はどうですか~
五臓六腑が新鮮になるプロバンスで、素晴らしい時を過ごされましたね♪
コブコお嬢の人脈は、どこまで続く(^o^)
ドイツの夫婦とBMWで旅行した時、スイス山脈で150km出して死ぬかと思った!
街中はベンツのオープンカー、後部座席の日本人夫婦は震え上がったし!
お婆ちゃん、ますます若くなりそうで怖い(^^;
新盆で松江にて、帰って読むのが楽しみです♪

投稿: だんだん | 2014年8月12日 (火) 09時32分

>ふたばさま
美味しい物を沢山食べさせたい…、この優しさに感謝
して、ケーキ、グラタン、サラダ、ガンガンいきました。セ・ボン

投稿: バルおばさん | 2014年8月13日 (水) 22時10分

        >がぱちゃん
こっちもちょっと車で走れば山だらけだけど(笑)
そうなのよ、なんか違うのよね?
建物が石造りだったり、空気が乾燥してるからかなぁ

投稿: バルおばさん | 2014年8月13日 (水) 22時12分

バルさん、お帰りなさい!
南仏にスイスですか~。いいなぁlovely
なんて綺麗で美味しそうな国…(あら、私も食べ物…)
スイス編ではチーズ登場を期待してます(笑)
足、思い切って行ってみて良かったですね。
帰国後は調子どうですか?
続き、楽しみにしてますねnote

投稿: ティモコ | 2014年8月15日 (金) 12時13分

ご無沙汰しています。

絵葉書に出てきそうな風景ですね。
食べ物もおいしそう!!

イヴばぁちゃんの愛情もいっぱい感じさせて
もらいました(*^_^*)

投稿: smile-one | 2014年8月24日 (日) 15時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 娘と二人旅 | トップページ | プロヴァンスのおもてなし »