« 台湾から、はや10日 | トップページ | イヴと友 »

2012年11月29日 (木)

言葉の意味を実感

鄙(ひな)には稀(まれ)な美人…」、落語や昔の話に出てくるこの言い回し、
私好きなんです。

かって江戸と田舎の差は歴然でしたからね、
そりゃぁ飛び抜けた美人が田舎にいればさぞ驚かれたのでしょう(笑)。

ついこの間、私、まさにこれを体感?

隣町に行く用があって、今でこそ〇〇市〇〇町だけど、
20年ほど前は村だった所を、夕方近く車で通過。

まだまだ畑が多いそこには、交差点の角に
きれいな作りの老人ホームがあるんですよ。
信号待ちしてて、何気なくそこの入り口付近を見たら…、

             あ~た、思わず目が点ざますわ。

          Photo

            なぜ?

            ここに?

            こんなずば抜けた超ハンサムが?

           しかもイタリア人?  あるいはフランス人?

          2

                    (私の筆力ではここまで。実物はもっとハンサム)

そりゃね、都会にお住みの方には珍しくもないだろうけど、
私の町では残念ながらこんなイケてる外人見た事なんてないもの。
(しかもこのロケーションで)。

信号が変わったので発進したけど、少しの間、頭の中を
「なぜ?なぜ?」がグルグル回ってました。

皆さんはどう思われるかしら?
私的にはラッキー♪でしたが(笑)。

              Br_banner_ochiba2      よろしかったらクリックを

       いつもコメントありがとうございます。
       ご返事はそちらに伺ってますが、URLのない方は
       こちらでご返事させてもらってます。
       おばさんゆえ?ご返事は遅い事も。ご容赦くださいね。

 

 


« 台湾から、はや10日 | トップページ | イヴと友 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うちも田舎なんで、なんかわかりますよぉ。

昔、隣の借家に外人さんと日本人奥さんが越してきて、ハーフの兄妹が生まれ…。
雛にまれなる状態、本から抜け出たお人形さんが田舎道を歩いてる!
なんとなく少し遠巻きに見惚れておりましたっけねぇ。

投稿: ねこおばさん | 2012年11月30日 (金) 22時59分

出だしを読んで〔アラ~私のことかいなdelicious〕と思っちゃった。。。

絵はまるで若かりし頃のアランドロンですね。

そんな超イケメンの外人どこのどの辺でご覧になったか後程くわし~~く教えて頂けませんか!ワタクシ貴女様のエリアだったらどこまでも行けるはずdash

まさか、夢をみたのでは。。。?

投稿: おキヨ | 2012年12月 1日 (土) 11時08分

>おキヨさま
うんうん、教えてあげたいっ!
畑に囲まれた土地、私も一瞬キツネにばかされた?と
思いましたが…。
あぁ、教えたい、教えたい!!

投稿: バルおばさん | 2012年12月 1日 (土) 23時19分

ひなには稀な・・・って、女性に対する賞賛ですが。
バルさんが、敢えてそれを言うのも頷けました。
要するに、他の言葉見当たらないものね~
よっぽどの美形だったんですね、見たかった!
アチラの俳優は、年々醜悪になる(ウワッ、差別だ!)面構えでも好きなんです。
あの人、この人色々・・・
この方、将来を見たいです、それからが勝負ねnotes

投稿: だんだん | 2012年12月 2日 (日) 10時08分

わかるわぁ!!確かに、田舎では目立ちますから!外国人が珍しいし(大分増えてはきたけど、やはりね)しかも、超美形ときたらねぇ、、、

投稿: nanapu | 2012年12月 2日 (日) 11時03分

>nanapuさま
太田のイオンに行くと、やたら外人を見ますが(笑)。
今回は高そうなコートのイタリア人?紳士。
田舎、夕暮れ…って、キツネ?

投稿: バルおばさん | 2012年12月 2日 (日) 23時23分

先日西大泉のおされなカフェ?に行ってきました。
道中 ここはどこ?ブラジルか???の風景・・・
でも毛皮を着たイケてる外人は目撃できず。

真冬でも半袖シャツの外国の人とかは東京に出かけると見かけることあるけれど~

今どき毛皮を着たハンサム外人とは・・・う~ん

      そりゃ、 狸か狐が・・・・(以下略)


でもきっとその時のバルさんは
アドレナリン出まくりできっと若返っています   
               ↑ に違いないっ!

投稿: ふたば | 2012年12月 4日 (火) 12時03分

おつかれです^^

投稿: yuppy | 2012年12月 6日 (木) 18時10分

>ふたばさま
いや、毛皮でなくて、あれは上質な(思い込み?)
ウールのコートでした。
それほど若くはなかったけど、いやぁイケメン外人でした。

西大泉のおされカフェ? へぇ、今度教えてくださいな。

投稿: バルおばさん | 2012年12月 6日 (木) 22時01分

       >yuppyさま
はい、ありがとうございます♪

投稿: バルおばさん | 2012年12月 6日 (木) 22時02分

そこのホームの方と何か思い出深いドラマがあったのかと色々想像してしまいますね。
以前沖縄に旅行に行ったときに、目が釘付けになってしまうような、「女優か??」と思うようなきれいな人を何人かお見かけして、「おおー!!」と凝視してしまいました。
周りの雰囲気から浮くような美しいオーラのある人ってつい見てしまいますよね。

投稿: ぷみまる母 | 2012年12月16日 (日) 08時02分

お久しぶりです。

しちゅえーしょんが、なんとも粋なお話ですね〜〜
だって・・老人ホームの前なんしょ? うーんすばらしい〜

知り合いのお母さん、
イタリア系アメリカ人で人生のほとんどを日本で過ごしているにも
関わらず「英語が通じる老人ホームを探して」と息子に難関なお願い。

思わず、その息子が母親に会いに出かけたところに
パルさんが遭遇したかと思いましたぞ====
catface

投稿: nabetsuma | 2012年12月25日 (火) 16時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台湾から、はや10日 | トップページ | イヴと友 »