« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月20日 (木)

年くったウエイトレス?

前回の記事、あまり明るい記事でなかったので
コメント欄どうしようかと悩んで、結局そのままだったのですが…。

開けておいて本当に良かったです。

本当に本当に力を戴きました。

気に掛けてくださってる方がいるっ!!という心強さや、
心に沁みる慰めのお言葉、そして今後の症状の参考になる事柄を
教えて戴きました。
更に皆さんの、内面を見透かすような鋭い洞察力に驚いたり…。

とりあえず1ヶ月が経過して、痺れや首の重苦しさは
以前よりは楽になってきました。
後は自分の自然治癒力を信じましょう(あるよね?)

さて、さる17日(月)、娘のコブコが自分の誕生日を兼ねて
都内のレンタルスペース?というの借りて、1日カフェやりました♪

          B
親しい方だけに知らせて、来て下さった方々に手料理を
お出ししました。

様々な職種、年代、そして国籍(ちなみに料理のアシスタントはスイス人)、
お忙しい中来てもらって、親としてこの上なく有難かったです。

私はランチだけ食べて帰るつもりだったけど、思いの外混んで満席。
お水もすぐに出せないほどの状態だったし、
息子はお客様とのオシャベリ係?なので、
「こんなババァの出した水じゃ、さぞまずかんべ…」と心で詫びつつ
ウエイトレスならぬウエイトババが結局5時の閉店までお手伝い(汗)。

          A

慌てて乗った帰りの電車、
ふと気づけば、あの間一度も胃痛も痺れも感じなかった…。
やはり、いつも楽しい状況を作るようにしなければね(しみじみ…)

             Br_banner_macaron      よろしかったらクリックを

 戴いたコメントは有難く読ませてもらってますが、
      お返事はしばらく出来ません、ごめんなさい。

| コメント (9)

2012年9月12日 (水)

ひっそりと再開

前回の記事より二か月近く経ってしまいました。

この何年かはダラダラとした更新だったし、更新の仕方さえ
忘れかけてたこの頃(苦笑)、
先日、息子から「更新まだ? そろそろ書いたら」と言われました。

そもそもこのブログのきっかけは離れて暮らしてる子供達に
「お母さんは元気でやってるよ~♪」と伝える為のものでした。

娘はいつもメールをくれるけど、
筆(メール?)無精な息子はブログを見て母親の安否確認(笑)。

ですので色々あって凹んでいたのですが、
本来の目的通り、今日からひっそりと再開しました。

ひっそりと言うのは、当分コメントのご返事が出来ないという事です。

頂くコメントはとても有難く、更新の励みになり、またブログを通じて
親しくさせて頂き、ネットの醍醐味を感じてますが、
今現在パソコンに向かう時間が限られているので更新で手一杯なのです。

短文がモットー?の私ですが、少しばかり長くなります。
よかったら続けてお読みください。

この7月半ば辺りから長引く不況や暑さ負けか、
はたまた長年の関白さんへのストレス(おっと、言っちゃった…)からか、
ずっと体調がいまいちだったんですね。
仕事はちゃんとやってましたが、ブログ(イラスト)を描く気が起きない。
さすがにお医者さんに行って、問題なしと言われ一安心、
更にお盆に子供達の顔が見られてすっかり回復しそうだったんですよ♪

…ところ8月16日、私の運転で茨城県を走行中、
女性の運転の車にいきなりドンッ!と追突されてしまいました。

免許を取得してから約40年、初めての事故です。
警察へも連絡し、幸い双方ケガも無く後は車の修理の問題だけど、
なんと相手が任意保険に入ってなかったんですっ!

おまけに私の落ち度がゼロ%だと、折角こっちは保険に入っていても
保険会社は交渉に介入してくれない…、自分一人で対応しなくちゃならないんですよ。
知ってました?こういう事態…。

相手の負担を少しでも減らしてあげようと無料の軽の代車で
2週間過ごしました。

「請求書、そちらに送ります」と私が電話しただけで相手はその後、
一度も連絡無し…。
それでも20万円、振り込んでもらったので少しはほっとしましたが、
知らんふりして払わない人も結構いるそうです。

ただ、一番のショックは事故後、3、4日後に出てきた右手の痺れです…。
むち打ち症の経験がある関白さんは「それは違う。たまたまだ」と、のたまう。
私もこの程度じゃむち打ち症ともいえないのかな?
同乗してた主人は何とも無いし…、第一むち打ち症なんて自分だって嫌だわ。
きっとそのうち治まるわと思いつつ、10日以上経ってしまいました。

でも、痺れの範囲は広がってくるし、手のひらもいつもチクチクしてきた。

これはやっぱりおかしいよね。関白さんに「おおげさだ」と言われたけど、
お医者さんに診てもらいました。
(治療費は一時立て替え、後で自賠責で返してもらえるそうです)

女性は男性に比べて骨が細いので、衝撃の影響を受けやすいし、
更に私の骨はちょっと細かったんですね、そして加齢(泣)。
レントゲン見てガッカリしてる私に、お医者さんは神経のダメージが
治まれば痺れも消えるから大丈夫。ただ、あんまり首に負担が掛かるスポーツは
これからしないようにと丁寧に説明を受けました。
それほど重くもないけど、うちにはリハビリ設備が無いからと
他の病院を受診するよう勧められました。

私の街は特に名医?という整形外科もないので、
保険会社にどこか知ってるか聞いて、とりあえずそこに行ってみました。

…でもそこでとても嫌な思いをしたのです。
被害者なのに医者の心ない言葉にとても傷つきました。
怖い思いをして、健康に不安も抱えて、全然私は悪くないのになんで?

そんなストレスや、薬のせいからか?また胃痛がぶり返してしまって、
あまり食事もとれなくなってしまいました。

それで、薬の服用(殆ど副作用は無いといわれてる種類なんですけどね)を
昨日止めて、ちょうど痺れも少し治まった風に思えたので、
子供達にいつも言われている「悪い方に考えを持っていかない」
自分に言いきかせ、就寝。

そして今朝になったら、胃痛があまりしない…!?
様子をみぃみぃ、朝食と昼食を以前の半分量くらい食べてっ♪

そして、夕食はほぼ以前と同じくらいの量が食べられてっ、
食べた後に胃が痛くないっ~!!!! 
あ~ぁ、久しぶりの満腹感~♪♪

きっともう少しで治るわ、絶対治る!(あの医者がなんと言おうとね)。
それで嬉しくなって再開したんです

あ~ぁ、長い文でした(笑)。

これからは子供達に心配させないように
たとえイラスト無しの短文でも更新するようにしましょう。

ただ、なるべくパソコンに長時間向かいたくないので、
コメント頂いた方のブログに遊びには行きますが、
コメントのご返事は出来ないと思います、ごめんなさい。

            首を大事にしなくちゃならない私が残念な事には…

          Photo

         Br_banner_macaron      よろしかったらクリックを

| コメント (17)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »