« 恵比寿講と布団? | トップページ | 高揚するウサギ? »

2011年11月27日 (日)

付いてきた味方?

足首が弱いのか?先々月にもおもいっきり足首を捻ってしまった私。
こりゃ、年取ってから大変だぞと、それ以来時間があれば、
日中たとえ3、40分ほどでも歩くようにしている。

二か月以上も続けると、さすがに近所を歩くのは飽きてきて、
最近では私の小学校時代の学校区辺りを歩く日もある。

結婚前に住んでたその地域よりも、すでに
嫁ぎ先の住所に変わってからの方が長くなっているというのに、
ちょっと路地に踏み込めば
いまだにちくっと感じる何かよそ者的な気後れ感…。

それが、子供時代散々歩いた道を行けば
随分と様変わりしたにも拘らず、
どの家並みにも感じられる懐かしさや、思い出。

小さな商店街はシャッターが閉まったままの店が大半だけど、
夫々の店主の顔は記憶の中に。

あの頃、通学路途中にとても大きな菓子問屋があって、
通りの角に一般客用として小売りの店を開いていた。

          A

          B

いわゆる子供相手の駄菓子屋でなかったので、
いつもより多め?のお小遣いがあるとそこに喜び勇んで(でへへ)
走って行ったもんですわ。

やがて次々と出来たスーパーに押されて、とうの昔に閉店してたそこは
この間通ったら、とうとう取り壊され、コンクリートで固められた駐車場になってた。

(ぎりぎり6台分!?のスペースしかなかったのには結構驚いた)

コツコツと靴音が響いた木の床にはオイルワックスが塗られ、
その黒い床の上には、
量り売りしてた何十種類ものお菓子が仕切り毎に収められた
ガラス蓋の付いた木製の大きなケースが置かれていたね。
店の奥には当時としては珍しくコーヒー豆も売られていて、
経営者の奥さんが客にコーヒーを入れていたのも覚えている。

あんなに広いと思っていた店も壊してしまって更地になれば
車6台の夢の跡。

     小さい頃の思い出が一杯の場所から帰宅してみれば、
     いつの間にかズボンの裾にちゃっかり付いてきた
                「どろぼうぐさ」。

          C

うちの町内会では、私の後に誰もお嫁に来ないし、
我が家の子のように外に出ていったりで、
ベテラン主婦の中でいまだに新参者扱い?の私(とほほ)。

枯れた草の実一つでも、
味方が付いてきたようでちょっぴり嬉しかったよ。

               Br_banner_ochiba2     よろしかったらクリックを

 

 いつもコメントありがとうございます。
       ご返事はそちらに伺ってますが、URLのない方は
       こちらでご返事させてもらってます。
       おばさんゆえ?ご返事は遅い事も。ご容赦くださいね。
 


« 恵比寿講と布団? | トップページ | 高揚するウサギ? »

レトロ系」カテゴリの記事

コメント

うぅ~ん、今の時代にそんなお菓子屋さんがあったら、
レトロな雰囲気が逆に「オシャレなお店」なんて言われそうですね。
私なんかは、近所に新しい建物が建つと
「ここって昔どんな建物があったっけ?」と思い出せないことがしばしば…。
そのたびにちょっと切ない気持ちになります(^^;

投稿: グータラ | 2011年11月28日 (月) 01時06分


微力ながら、わたくしめも お味方いたしましょう(笑)

「女三界に家なし」なんて言うけど、老いたって姉さんの子供達なら安心ですよ(笑)
・・子供の頃  慣れ親しんだ場所って何だか五感で馴染むって感覚があるよね、
新しい所って何年住んでも本当には警戒心が抜けないのかな?不思議です。

投稿: 落合 | 2011年11月28日 (月) 10時30分

うん、うんありました、おせんべや飴玉の入ったガラスケース・・・子供の背丈に合わせた地面に平行のガラスケースなど。

5年前田舎に帰ったら駄菓子やはことごとく消え失せていて、故郷はどこにもありませんでした。故郷はすでに他人の顔。weep

投稿: おキヨ | 2011年11月28日 (月) 11時55分

私が子供の頃もありました。
通っていた駄菓子屋。
10円、20円を握りしめていきました。
ほんとに夢の世界だったし、とっても広く感じていたけど、やはり大人になってその店の前を通ったら
(もう店はとっくにやめられていましたが)
ほんとに小さくてびっくりしました。
たぶん私と同世代(30代半ば)がこのタイプの駄菓子屋さんを経験した最後の世代な気がします。
この後一気にコンビニが普及して、駄菓子屋さんが姿を消しましたね。

限られたお小遣いの中で、何を買うか・・・をとっても真剣な顔で悩んでいたあの頃・・・懐かしいです。

投稿: チヒロママ | 2011年11月28日 (月) 12時16分

ウォーキング続けてますか?歩くと日ごろ車で通り過ぎてしまうところも、色々見えてきますね。昔の面影は、ほとんどなくなりつつあります、、、。私が通ってた駄菓子屋さんは、もう引退して普通のおうちです。お店のおばさんが、もうなくなってしまったしね、、、、。なんか、さびしいにゃ、、、。
コセンダングサって初めて聞きました。しかも私は、勝手に引っ付き虫とどうどうと呼んでいます。これ、結構通じるけどどうかしら??

投稿: nanapu | 2011年11月28日 (月) 12時58分

バルおばさん こんにちはcat
懐かしいなぁ~、子供の頃10円持って買いに行った駄菓子屋さん。
私も朝からインターバルウォーキングを40分しています。
時々山の方に行ったり、階段を上りに行ったりして
1日1万歩を目標に歩きます。
どろぼう草の事はこちらではバカと言います。

投稿: ミミ | 2011年11月28日 (月) 18時21分

パルさん
 胸が痛むほど懐かしいheart
全く同じことを思っています
私がパルさんのように文章力が上手くて
仄々した心優しい絵を描けたら
私も綴ってみたい・・・
 ウオーキングは私もしていますよ
京都の路地歩きが大好きです
母が顔を出すような、そんな気もして・・
どろぼうぐさは「ひっつきむし」と言います(*^。^*)

投稿: コスモス | 2011年11月28日 (月) 19時41分

ウチは、私が幼稚園の頃まで、万屋やってました、
アメ玉入れた、ガラスの入れ物や、ケースもありましたよ、
私と弟のうつった写真の背景に写ってます、
横には、魚やもくっついてました、ちっちゃな、
まだ、タイルも高級だったのでしょうか、
中は、セメントの打ちっぱなしで、魚の鱗なんかが
こびりついてましたね、
  なつかしい~・・・

投稿: アケノ | 2011年11月28日 (月) 22時01分

>コスモスさま
京都の路地歩き…、わぁ~、色んなもの?に
会えそうです。
↑のコメントで、群馬のnanapuさんが「ひっつき虫」と
言ってたけど、京都と群馬のある町でも同じ言い方
なんですね、驚き。

投稿: バルおばさん | 2011年11月28日 (月) 23時04分

       >アケノさま
自家用車なんて誰もが持ってなかった時代は、
その地域内で大体のものが賄えましたね。
八百屋さん、魚屋さん、食堂、薬局、荒物屋…、
そして細かい物を扱っていた「しもたや」、アケノさんちの万屋(よろずや)さんは多分こっちで言う
しもたやの事なんでしょうね。
あの頃は小さな町でも活気がありましたね。

投稿: バルおばさん | 2011年11月28日 (月) 23時10分

ど、どうした姉さん?、
こっちのコメント、酔っ払いか?(爆)

投稿: 落合 | 2011年11月29日 (火) 00時24分

足のひねりはクセになるので、なるべく快適ぺったんこ靴を履いて、なるべくひねるのを阻止して下さい。
後、いつまでもベテラン主婦の中でいまだに新参者扱いってちょっとぅ、、、!っときますねえ。でも良く考えたらバルさんが一番若くぴちぴち!ってことです♪
私の小学校の頃まで何件かありました、駄菓子屋さん。神奈川なのに真っ黒な煮込み味噌おでんが一個50円で売ってたり、瓶のプラッシーやキナコ餅が売ってました。今年三年ぶりに前を通ったら、どれも別の建物になっていました。が、遥か遠くに住む私には、その土地が形変わっても人が住んでいたり、活用されてるのがとっても嬉しかったです。

投稿: おにぎり。 | 2011年11月29日 (火) 13時05分

       >落合さま
単に寝ぼけてたんですね(笑)。

投稿: バルおばさん | 2011年11月29日 (火) 22時33分

      >おにぎりさま
はい、もう恰好は二の次、紐靴オンリーになりました。

一番若くてピチピチ? いえいえ、回りは皆70過ぎ
なんです(笑)。
真っ黒な煮込み味噌おでん…? 興味津々

投稿: バルおばさん | 2011年11月29日 (火) 22時36分

 駄菓子屋さんは 毎日のように行ってました~
今はどうなっているのだろう…
今度見に行ってみようかなぁ~
 
 嫁は その土地になれるのがたいへんですよね…
がぱは 人の顔を覚えるのが苦手なので
とりあえず 誰にでも 挨拶!smile

投稿: がぱちん | 2011年11月29日 (火) 23時09分

駄菓子やさん、確かに夢でしたね~
銅貨握りしめて通ったっけ…

車6台の夢の跡…
切ないな。

投稿: 小太郎 | 2011年11月30日 (水) 23時41分

小学校の校庭も、とても広く感じたのですが、
選挙へ行くたびに、こんなに狭かったんだと思います。少子化で、やがて消え行く小学校・・・

どろぼうぐさと言うのですか?
こちらでは、へっつきぼぼって言います。


投稿: hana | 2011年12月 3日 (土) 11時44分

わあい、子どもの頃の憧れの場所だ。
「さんかくみせ」って呼んでた店は「三角屋(みすみや)」が本名で、大人になる前に駐車場になっちゃった。どこもいっしょね。

この草は「バカ」って言ってましたよ。
友達にくっつけたり、くっつけられたりして、「バカのついとる~」って遊んでましたぁ。

投稿: ねこおばさん | 2011年12月 3日 (土) 22時17分

年々足腰が弱くなる気がしますね。
私の場合は完全に運動不足からです。
ウォーキングは体にもいいし、
気分転換になりますよね。
私もやっていましたが今は・・・・・。
本当に三日坊主で根気がないんです。

昔の風景と今はずいぶん変わってきましたが、
変わらないものもそこにちゃんとあったりします。
変わらないものに安心するのは、
年取った証拠かな。

投稿: smile-one | 2011年12月 4日 (日) 03時58分

駄菓子屋さん、懐かしいです。
うちの近所には昔懐かしい感じの駄菓子屋がなく、昔の駄菓子が食べたくなるとコンビニで買っています(情緒ないですが・・・。)
駄菓子屋ではないのですが、よく行くショッピングモールにお菓子の量り売りコーナーがあって、子供が大好きです。
瓶やケースにどっさり入っているお菓子をちょっとずつ買うのって、ほんとに子供には夢の世界ですよねhappy01

投稿: ぷみまる母 | 2011年12月 6日 (火) 03時13分

この記事で1番笑ったのは、

「私の後に 誰もお嫁に来ない」(爆)

来ない?ホントに来ないの?
あははは、勝った(^O^)

投稿: 落合 | 2011年12月 6日 (火) 08時30分

ぅおーい!姉さん、 (T_T)シクシク

もう酔っ払いで、コメント書かないから機嫌なおして出てきておくれよ。

( ´ ▽ ` )ノ笑

投稿: 落合 | 2011年12月 8日 (木) 16時21分

わーい ♪( ´▽`) ぼくの貸切りじゃん!

今朝、すっげー寒かったね ( ´ ▽ ` )ノ

投稿: 落合 | 2011年12月10日 (土) 10時39分

ヽ(´▽`)/こんにちは♪
駄菓子屋さん、懐かしいなぁ。
私はよく、ひも付きアメを買っていました。
あの真っ赤な、チクロのどっさり入ったアメ。
懐かしいなぁ♪

久々にブログ更新しました。
連続で更新します。
ヽ(´▽`)/

投稿: ピノコ | 2011年12月11日 (日) 14時07分

いま、塚田農場って居酒屋(笑)

ここはホルモン焼きが美味しいんだよ( ´ ▽ ` )ノ

投稿: 落合 | 2011年12月11日 (日) 17時48分

土曜日に階段から落っこちてしまいました。
足がぐきっとなった瞬間に落下です。

捻挫するし、腰と背中を強打するし、
やっぱり運動しなきゃだめかも。

運動不足で足腰がめっきり弱くなってることを、
つくづく実感しましたよ。

投稿: smile-one | 2011年12月12日 (月) 00時30分

お久しぶりです お元気なんでしょうねっ

前回は 頭でしたのに
今回は トリに なってしまいそう

今頃 気づいた コメント欄なんです
ありがとうございます
 
年があけると なんか2つ歳が増えるよな
11月12月生まれは 損な気がします

子供のころから 町内で 6回引っ越して

まわりが 全て なつかしい場所です

自分の歳を忘れて 友達の おかあさんを
二度見してしまうんですよ^^;
 

投稿: かえる | 2011年12月12日 (月) 22時39分

         >ピノコさま
おぉ、怒涛の更新?ですね。
ゴ~、ゴ~、ピノコさん。

投稿: バルおばさん | 2011年12月13日 (火) 00時05分

       >落合さま
ホルモン焼きって、いつ飲み込んでいいか分からない…

投稿: バルおばさん | 2011年12月13日 (火) 00時06分

>かえるさま
実はブログに書く気でいたけど(と言いつつまだ
書く気配なし…)、息子は12月29日生まれ、
数え年計算なら生後4日で2才でっせ、あぁ怖っ。
私は引っ越しがすごく少ないです、ものぐさな私には
ラッキーでしたね(笑)。

投稿: バルおばさん | 2011年12月13日 (火) 00時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恵比寿講と布団? | トップページ | 高揚するウサギ? »