« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月27日 (日)

付いてきた味方?

足首が弱いのか?先々月にもおもいっきり足首を捻ってしまった私。
こりゃ、年取ってから大変だぞと、それ以来時間があれば、
日中たとえ3、40分ほどでも歩くようにしている。

二か月以上も続けると、さすがに近所を歩くのは飽きてきて、
最近では私の小学校時代の学校区辺りを歩く日もある。

結婚前に住んでたその地域よりも、すでに
嫁ぎ先の住所に変わってからの方が長くなっているというのに、
ちょっと路地に踏み込めば
いまだにちくっと感じる何かよそ者的な気後れ感…。

それが、子供時代散々歩いた道を行けば
随分と様変わりしたにも拘らず、
どの家並みにも感じられる懐かしさや、思い出。

小さな商店街はシャッターが閉まったままの店が大半だけど、
夫々の店主の顔は記憶の中に。

あの頃、通学路途中にとても大きな菓子問屋があって、
通りの角に一般客用として小売りの店を開いていた。

          A

          B

いわゆる子供相手の駄菓子屋でなかったので、
いつもより多め?のお小遣いがあるとそこに喜び勇んで(でへへ)
走って行ったもんですわ。

やがて次々と出来たスーパーに押されて、とうの昔に閉店してたそこは
この間通ったら、とうとう取り壊され、コンクリートで固められた駐車場になってた。

(ぎりぎり6台分!?のスペースしかなかったのには結構驚いた)

コツコツと靴音が響いた木の床にはオイルワックスが塗られ、
その黒い床の上には、
量り売りしてた何十種類ものお菓子が仕切り毎に収められた
ガラス蓋の付いた木製の大きなケースが置かれていたね。
店の奥には当時としては珍しくコーヒー豆も売られていて、
経営者の奥さんが客にコーヒーを入れていたのも覚えている。

あんなに広いと思っていた店も壊してしまって更地になれば
車6台の夢の跡。

     小さい頃の思い出が一杯の場所から帰宅してみれば、
     いつの間にかズボンの裾にちゃっかり付いてきた
                「どろぼうぐさ」。

          C

うちの町内会では、私の後に誰もお嫁に来ないし、
我が家の子のように外に出ていったりで、
ベテラン主婦の中でいまだに新参者扱い?の私(とほほ)。

枯れた草の実一つでも、
味方が付いてきたようでちょっぴり嬉しかったよ。

               Br_banner_ochiba2     よろしかったらクリックを

 

 いつもコメントありがとうございます。
       ご返事はそちらに伺ってますが、URLのない方は
       こちらでご返事させてもらってます。
       おばさんゆえ?ご返事は遅い事も。ご容赦くださいね。
 

| コメント (30)

2011年11月18日 (金)

恵比寿講と布団?

私の町は今月の19、20日が恵比寿講で、
鳥居に続く参道は縁起物のお宝や熊手を売る店や、
近隣の参拝客で大賑わいになる。

昔のこの時期はとにかく冷え込んで、父に連れられて私達姉妹が
お参りに行く時なぞ、着ぶくれ状態で出掛けたものだが、
なんか最近の寒さは微妙に柔らかいんだな…。

とても暖かった今日、布団を取り込みながら
そういえばかなり前に使ってた綿の布団、あれは古くなるとペタンコになって、
暖かくなくなる、おまけに重くもなるし…。
そうなると布団屋さんに「綿の打ち直し(打ち返し)」してもらって
また布団が新品みたいになって戻ってきたと思い出した。

今は羽毛や羊毛に変わったので楽になったが、
かって、実家の母が打ち直した綿で自分で布団を
縫ってた事があったと思い出した。
でもかなり大変な作業だったので、私が小学校に上がる頃には
さすがに近所の布団屋さんにお願いしてたけどね。

何度も打ち直しすると綿もヘタるので、そうすると
座布団や綿入れ半纏(はんてん)に姿を変えて、再利用。
そっ、完全にリサイクル、エコざますね。

おまけに子供のセーターなんかも小さくなれば、編み直し

…しかし、ほんと昔の主婦って大変だったわね。
いい加減な私は今の時代の主婦でラッキーだったよ(しみじみ)。

          1_2

          2_2

             なにせ超昔の記憶、違っていたらすいません。

          3_2

ああぁ、何も煩わし事のなかったあの頃が懐かしいよ~。
お姫様気分になれたふっわふわの布団にくるまれたい…と、
感傷的なのは多分、今朝の夢のせい?

           

「狭い台所、調子のいい友人に乗せられて、水が掛かりながらも
膨大な量のジャガイモの皮を一心不乱に剥いてる私」

            夢の中でも働けってか(泣)

              Br_banner_ochiba2     よろしかったらクリックを

 

 いつもコメントありがとうございます。
       ご返事はそちらに伺ってますが、URLのない方は
       こちらでご返事させてもらってます。
       おばさんゆえ?ご返事は遅い事も。ご容赦くださいね。
 

| コメント (25)

2011年11月13日 (日)

ぶんぶん・カシャカシャ

不況のせいか、はたまたオババという年のせいか(二重苦じゃぁ)、
どうも最近ちょくちょくと凹む状態が起きる。

静かに凹んでる?のは何とかやり過ごせるけど、
ちょっとした事でもっと気持ちが沈む事ってあるでしょ?

          1_2

考えてみたら、ここ何回かの休日は関白さんの運転手してた…。
しかもアチラの行きたい場所へ…。

あっちゃ~、ダメじゃん、これ!

休みの日は自分の行きたいとこへ愛車をぶっ飛ばす
(あ、制限速度守ってます)のが、私のストレス解消法なのに…。
これじゃ凹み指数、ググっと上昇中ですがな!

だから快晴の土曜日(12日)、ご無沙汰してた一眼レフを助手席に載せ、
愛車はブンブン、お気に入りのCDはガンガンで、
行ってきました、館林市の美術館へ。

この夏以来行ってなかったけど、もうすっかり晩秋の景色

             Dsc_2712

Dsc_2727_2

美術館の裏手の庭も秋の日差しに染まり、

Dsc_2731_2

子供達が座ってたイスも今は枯葉が休んでるだけ

Dsc_2724

ゆっくりとランチを楽しみ、思う存分カシャカシャと写真を撮ってたら…、

あらら、随分と気持ちが軽くなっていました。

          2

まったりと深まる秋を堪能出来た一日でした。

           Br_banner_montblanc     よろしかったらクリックを

 いつもコメントありがとうございます。
       ご返事はそちらに伺ってますが、URLのない方は
       こちらでご返事させてもらってます。
       おばさんゆえ?ご返事は遅い事も。ご容赦くださいね。
 

| コメント (21)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »