« 食べて、食べて…九州 | トップページ | ぶんぶん・カシャカシャ »

2011年10月31日 (月)

ビルマ汁…正解は?

だから何だ?と言われても(笑) 私はドライブが好きだ…。

29日の土曜日は、紅葉の時期でおまけに快晴、。
もうじっとしてはおられず(うずうず)、
車で2時間半ほど離れた陶器で有名な栃木県の益子町
ブログ仲間のふたばさんと行ってきた。

                  どっ、ど~ん!

          Masiko

         ちょい気恥ずかしい巨大狸が目印の共販センターに駐車して、
          以前と比べてオシャレになった益子でズラ~と軒を並べる店を
          あちこち見て回り、目の保養をしてきた(買わなかったのね?)

さて、ドライブのもう一つの楽しみは美味しいランチ♪

今回行った、山の中の洒落たレストランのメニューにあった

    ビルマ汁…、益子のソウルフードとな

ビルマ汁とはなんぞや?

今迄何度も益子で食事したけど、一度もこんなメニュー
見た事ないしぃ。

おばさん二人で(あ、ごめん、 ふたばさん!巻き添えにしちゃったわ)、
考えてみた。

          A

オーダーを聞きにきたお店の人に聞いたら…、
やはりふたばさんの推察通り(い、いや、私だって
そうかな~と思ってはいたわよ…)。

戦後、ビルマ(現ミャンマー)から故郷の益子に復員した人が
現地の味を懐かしがって、地元の材料を使い和風出汁で煮て、
薄目のカレーで味を整えたのがルーツなんだって。
早く言えば、カレー味の野菜スープ?

ただ夏野菜(トマト、ナス、いんげん等)だし、ごく一部の地域でしか
作られていなかったので、知名度がなかったとの事。なるほどね。

食事が出てくるまでの間、ふたばさんが
「セットで竪琴(たてごと)が付いてくれば完璧」と言い、
殆どの人に理解不能なギャグで盛り上げるレトロレディ二人。

 

          Bi




             市川 こん(あれ?変換出来ない…)監督の
             1956年制作の名作  ビルマの竪琴

当然、ビルマ汁は出てきません、名作をネタにしてごめんなさい(汗)。

晩秋とは思えない暖かい日が多いけど、
明日からもう11月…!

もう少し、きちんと更新しよう…かな。

            Br_banner_montblanc     よろしかったらクリックを

       いつもコメントありがとうございます。
       ご返事はそちらに伺ってますが、URLのない方は
       こちらでご返事させてもらってます。
       おばさんゆえ?ご返事は遅い事も。ご容赦くださいね。
 

 


« 食べて、食べて…九州 | トップページ | ぶんぶん・カシャカシャ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いっちばーん!
ふたばさん、おひさぁー ( ´ ▽ ` )ノフリフリ
おバカな姉さんをヨロシクね!
(お名前しか存じ上げません…。)

あれ、このタヌキ タマタマ無いねぇ
御神体より一般的なイメージなんだけどな・・
ビルマの竪琴は、新しいバージョン(30年前?)でしか知らないけど、
これだって 姉さんが生まれたあたりでしょーに(笑)

あ、更新したって事はURL残して訪問返ししてもらってもいいの?(爆)
(#^.^#) 待ってます、ハハハ

投稿: 落合 | 2011年11月 1日 (火) 05時19分

ビルマの竪琴!懐かしいですねえ!観た時は小学生入ったばっかりだったけど、中井貴一さんの悲痛な顔、ルビー、北林谷榮さんのカタコト日本語、鮮明に思い出しました。最近の事はすーぐ忘れちゃうのに、だははです。バルさんのお陰で脳の体操できました。

私、2匹猫飼ってるんですが1匹が何時もお客さんに「新種の狸?」「ブタと狸の合いのこ?」って聞かれるんです、顔の模様が狸なので。失礼な!って思ってましたが益子の狸見て納得。目がまんまるでドスコイ体系も同じ。。。縁起もの??と思って大事にしますです。玉無しだけど。

投稿: おにぎり。 | 2011年11月 1日 (火) 16時32分

パルさん
 こんばんは(*^。^*)
日暮れが早くなりましたね。
何時まで食べておられるのか心配していましたが
お友達と愉しい時間を過ごされてきたのですね。

 クスクス拝見していますが
映画”ビルマの竪琴”は胸を熱くして見たものです。
 ビルマからの復員兵さんでしょうか?
現地の味を懐かしく思って・・・
涙が出ますね。
お味はしょっぱくなかったですか?
私も食べてみたいです。
「セットで竪琴・・・」これは解る人には解る
勿論、私にも(^_-)
 時々、覗かせて戴いて
よろしかったらクリックを(*^。^*)

投稿: コスモス | 2011年11月 1日 (火) 18時08分

 たんたんたぬきの大事なとこが
ちょっとしか見えないじゃな~い!happy02

 ビルマ汁…大胆なネーミングですね
興味ある~ どうでした?

投稿: がぱちん | 2011年11月 1日 (火) 18時18分

私も、「ビルマ」とくれば、竪琴を連想します。
ビルマの竪琴は本も映画も印象的でしたね。
ビルマ汁というのはカレー味の野菜スープということですが、
自分も食べてみたいです。

投稿: TOY | 2011年11月 1日 (火) 22時50分

>おにぎりさま
小学校になったばかりに中井貴一主演で見た…、
わ、若い~!
アップされたコレは、ず~と昔の映画で主演は安井昌二、もちろん白黒画面。
私は「テレビ」で見ました。決してリアルタイムで
見てません(笑)。

投稿: バルおばさん | 2011年11月 1日 (火) 23時00分

       >コスモスさま
「いつまで食べて…」、あはは♪ ほんと九州の
食べ歩き記事がずっとでしたもんね。、さすが
コスモスさん、座布団1枚っ。

京炎そでふれの写真、激しい動きがよく撮れましたね!
彼らのパワーが伝わってくる写真ばかりでしたよ。

投稿: バルおばさん | 2011年11月 1日 (火) 23時07分

        >TOYさま
その若さで分かってくれました?(笑)
私は古い方の「ビルマの竪琴」の方が胸に迫りますね。
カレー汁はTOYさんならささっと作れるのでは。

投稿: バルおばさん | 2011年11月 1日 (火) 23時16分

妥当な発想のふたばでございます(p_-)
益子ドライブお世話になりました、楽しゅうございました。

ビルマ汁を初めてメニューで見たときには
 キョトン~(?_?)
としましたがお味はやさしいカレー味の野菜スープでしたね。
齢重ねても知らないことばかり・・・

栃木のソウルフードは「しもつかれ」これを初めて食べた時は味に衝撃でしたがビルマ汁はネーミングがインパクトありと思いましたよ。

ちなみにこの辺りのソウルフードはポテト焼きそば?
三角に折った新聞紙に載せて青のりかけて下のほうからはソースが染み出だしたあの味懐かしい~。

↑ ↑ ↑ 落合さん( ´ ▽ ` )ノフリフリ
永久凍土に埋もれたわたくしですのに・・・
      お声かけありがとうマンモス<(_ _)>

投稿: ふたば | 2011年11月 2日 (水) 00時06分

ばたばたしていたら、今年も残すところ2か月じゃありませんか。ほんと早い早い。福岡にいらしたのですね。宮崎からだと、バスで4時間ぐらい。往復5000円ぐらいでいけるのに、これがまたなかなか。命の洗濯ができたでしょう。ビルマもそのうち・・・、いまビルマってあったっけ?ミャンマー?

投稿: あらんだまおばさん | 2011年11月 2日 (水) 11時19分

ビルマの竪琴!
子供のころ、映画好きの父と一緒に見た記憶があります。
映画館でのリバイバルだったのか、ビデオだったのかもおぼえていないし、
もう内容はほとんど忘れてしまいましたが・・・。
子供心に衝撃を受けた記憶だけはあります。
それ以来「ビルマ」という単語を聞くと「竪琴」が浮かぶように。
1956年の映画なんですね。(私が生まれるちょうど20年前です)そんなに古い映画だったとは。
そういえばビルマが国名変わった時に友人に「ビルマといえば『竪琴』だったのにね」と言って「???」な顔をされたことがありました。
私世代では確かになじみがないのが普通なのかも・・・ですね。

投稿: チヒロママ | 2011年11月 2日 (水) 12時01分

益子には15,6年行っていませんね。お爺が〔道中がつまらねぇ・・〕と拒否するんです。

〔ビルマの竪琴〕むか~し観ました。
山内明ですよ・・・といったて誰も知らないかcoldsweats01

投稿: おキヨ | 2011年11月 2日 (水) 13時01分

ビルマ汁? 初耳、 初言葉です。
そのまんまのネーミング、わかりやすくて良いかも。
セットで竪琴? 納得納得、レトロレディにはいれそうかも~。
竪琴の型のせんべい? チョコ?
次に行ったら、何かついてくるかも~(^o^)

投稿: ねこおばさん | 2011年11月 2日 (水) 17時34分

       >ふたばさま
こちらこそ楽しい1日でした。
しもつかれ、あれは見た目なんだか分からない(笑)。
群馬は焼きまんじゅう? アンコ入ってないじゃん!と
言われても、まんじゅうです。

投稿: バルおばさん | 2011年11月 3日 (木) 00時36分

楽しいドライブでしたね。ビルマ汁美味しかった?ビルマの竪琴、見ました。物悲しさを感じます。

投稿: nanapu | 2011年11月 3日 (木) 09時39分

あっ!間違いました。
写真は安井昌二という俳優でした。
知ったかぶりでごめんなさいhappy02

投稿: おキヨ | 2011年11月 3日 (木) 11時26分

フラフラ  ~(´ε`~ )

(~`∇´)~  フラ~ダンス

あ、更新したよ、今度こそ!今度こそ姉さんに迷惑かけないからさぁ
_φ( ̄ー ̄ )ニヤリ

投稿: 落合 | 2011年11月 4日 (金) 09時51分

ヽ(´▽`)/こんにちは♪
ビルマ汁、なかなかインパクトのあるネーミングですね。
私は、蛭間さんの作った汁だったら頼んでいたかも。
ヽ(´▽`)/

投稿: ピノコ | 2011年11月 4日 (金) 10時26分

ビルマと言えば竪琴。
これは常識の範疇でしょ。
連想ゲームしたら、真っ先に竪琴出ます。
しかし、ビルマ汁なるものは知りませんでした。
カレー味と言うことですので、味の想像はつきますが。

益子は、陶芸ブームの奔りの頃、バスツアーで行きました。ツアーの目玉の陶芸体験。
打ち合わせが不十分だったのか、体験希望で行った私たちに、気難しい職人さんの不機嫌な対応・・・
ツアーを企画した会社の社員と職人さんとの気まずい雰囲気を察して、体験は辞退しました。
お土産に買った、ミニの甕。
40年経った今も使っています。

投稿: 花水木 | 2011年11月 5日 (土) 00時00分

ビルマ汁、初めてききました。
バルさんの説明を読んでいたらやけに美味しそうな・・・お味はどうでしたか?
もしかして北海道のスープカレーよりもルーツ的には先なのかも?
それにしても「蛭間さん」説は斬新すぎます・・・coldsweats01

投稿: ぷみまる母 | 2011年11月 5日 (土) 03時13分

気のあう友人と、ドライブ&食事♪
しかも季節は紅葉シーズンで、どこまでも飛んで行きたくなりますね。

はぁ、そういう汁のこと・・・!?
安井昌二が竪琴を奏でるシーンは、忘れませんね。
「水島、日本へ帰ろう」のセリフもね。
埴生の宿とか、素晴らしい歌唱が流れてましたね。
なんか、すごく古い人だなぁ、ワタシって!

投稿: だんだん | 2011年11月 5日 (土) 20時17分

>ピノコさま
そのままやんけ~てネーミングよね(笑)。
我が家では豚肉は ブ~肉と呼んでますが、
同レベルよね?

投稿: バルおばさん | 2011年11月 5日 (土) 23時54分

       >花水木さま
よかったぁ、常識の範疇ですね(若くない世代の?)。

益子でそんな気まずい経験が…。日常使いの陶器なのに
気難しくしちゃいけませんよね。
今はすっかり町の雰囲気が変わって、やけにオシャレに
なってますよ。

投稿: バルおばさん | 2011年11月 5日 (土) 23時59分

「お~い、水島~!一緒に日本へ帰ろう!!」この台詞が定着しているほど、「ビルマの竪琴」は私の青春の一冊でした(^^)v テレビ映画で観たのは若かりし頃の安井昌二さんだったでしょうか? 何度映画になったのでしょうね? 近年では中井貴一さんが記憶に新しいですが、、。

長じて、少し中年に差し掛かった頃、作者の竹山道雄さんに反抗したくなる報道があったりしましたが、それも随分古い歴史の彼方ですね、、^^;) 私は随分と長生きしてるんだあ?! 我ながら今更ビックリ!!!

投稿: | 2011年11月 6日 (日) 14時57分

すっかりご無沙汰しております。
パソコンが壊れてしまい新しいのをやっと購入できました。

ビルマ汁。
妄想をかきたてるネーミングですね。
ビルマの竪琴、懐かしい!!

投稿: smile-one | 2011年11月 8日 (火) 00時52分

バルおばさん♪
☆ハウディ!

80年代の中井貴一のビルマも市川さんでしたよね。
たしか…

ビルマ汁…う~ん、せめてビルマスープなら注文しちゃうかも。。。

投稿: Hs | 2011年11月12日 (土) 14時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 食べて、食べて…九州 | トップページ | ぶんぶん・カシャカシャ »