« 一週間後の満月 | トップページ | 春爛漫 »

2011年3月31日 (木)

「寒き世に」  編集手帳より

毎日報道される辛いニュースに心が痛み、
私達が明るくならなければ被災者の方々に
応援が出来ないと思いつつ、
原発事故の終わりの見えない状況が
いつも心のどこかにひっかかっていて、
漠然とした不安を感じてます。

ところで、我が家で購読している読売新聞の一面下部に
編集者の方が書かれる「編集手帳」という欄があります。

いつだったか避難所で赤ちゃんが生まれたという
報道がありましたが、今朝はそれについての記事でした。
(著作権?は分かりませんが)全文紹介させてもらいます。

◆生まれてまもない君に、いつか読んでほしい句がある。

    〈寒き世に泪そなへて生れ来し〉     (正木浩一)。

君も「寒き世」の凍える夜に生まれた。
列島におびただしい泪が流れた日である。

震災の夜、宮城県石巻市の避難所でお母さんが産気づいた。
被災者の女性たちが手を貸した。
停電の暗闇で懐中電灯の明かりを頼りに、
へその緒を裁縫用の糸でしばり、
君を発泡スチロールの箱に入れて暖めたという。

男の子という以外、君のことは何も知らない。
それでも、ふと思うときがある。
僕たちは誕生日を同じくするきょうだいかも知れないと。

日本人の一人ひとりがあの地震を境に、
いままでよりも他人の痛みに少し敏感で、
少し涙もろくなった新しい人生を歩み出そうとしている。
原発では深刻な危機がつづき、復興の光明はまだ見えないけれど、
「寒き世」は「あたたかき世」になる。
する。

どちらが早く足を踏ん張って立ち上がるか、競争だろう。

原爆忌や終戦記念日のある8月と同じように、
日本人にとって特別な月となった3月が、きょうで終わる。
名前も知らぬ君よ。
たくましく、美しく、一緒に育とう。

               (2011年3月31日   読売新聞)

以上です。
ざわざわしてる心の波が静かになりました。

           Banner_br_sakurabird


« 一週間後の満月 | トップページ | 春爛漫 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も・・・・

『知らせてやりたい』

行きずりの人にも
知らせてやりたいことば
それは「念ずれば花ひらく」

耐え難い重荷を負うた
おんなびとへ
知らせてやりたいことば
それは「念ずれば花ひらく」

挫折に挫折を重ね
生きる望みを失った
若人へ
知らせてやりたいことば
それは「念ずれば花ひらく」

虫も鳥も
そういって鳴いており
路傍の草木も
そう告げており
宇宙の星たちも
そういって輝いていることを
知らせてやりたい


ふと知ったこの詩 坂村真民(さかむらしんみん)
2006年に亡くなるまで愛媛県にいらしたそうです。
坂村真民の部屋・音出ます
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/tt353/shinmin.htm

☆お返事いいですよ^^

投稿: Sari | 2011年4月 1日 (金) 00時14分

素敵な文章ですね。
この地震で、多くの人や動物や植物の命が奪われ、沢山の想い出の品々が無惨に壊れてしまいました。でも人の優しさや、人を思いやる気持ち、人間は逆境におかれても強く立ち上がれる再生能力があることなど、沢山のことを一度に知ることも出来ました。犠牲になった方々の命に変えられる物はなにも無いと思いますが、残された人々が、このまま悲しみに暮れ続けるのではなく、亡くなった方達の分まで残りの人生を謳歌出来るように、新たに歩み始められるといいですね。
日本から流れてくるニュースの殆どに、頭が上がらない思いを感じてます。

皆さんが早く安心して眠れる日がくることを願ってやみません。

投稿: ぷう | 2011年4月 1日 (金) 08時11分

辛い3月が終わりましたが、被災者の辛さはこれからが本番と云う気がします。
どれだけの虚無感に襲われることか。。。

編集手帳には味わい深い文章が多いので私も好きなコーナーです。ここのところ毎回泣いてしまいますね。

投稿: おキヨ | 2011年4月 1日 (金) 12時15分

辛いニュースばかりで、心は痛むばかりですが、芽吹いてくる生命力は確かにあって、必ずや復興に向けて前進しています。尊い命がたくさん奪われてしまいましたが、同時に尊い命も誕生しました。くよくよばかりしていられないですね。被災者の方たちも頑張ってるのですから、前を向いて前進しましょう。

投稿: nanapu | 2011年4月 1日 (金) 12時43分

バルさん
 3月は余りにも辛い月でしたね。
そして、被災地の方々にはまだまだ先が見えません。
その事を想うと、こんな事していて好いのだろうかと
思いますが、
幸いにも被災しなかった私たちは、元気に普通どおりの生活をする事が大切だと思うようにしています。
勿論、出来る事はどんな事でも協力して。

投稿: コスモス | 2011年4月 1日 (金) 17時52分

涙してるだけでは、誰も幸せになれません。
って、わかってるんだけどね…

それでも…早く世の中を活性化させないと、
自粛で殺されてしまう人たちもたくさん
います。

投稿: 小太郎 | 2011年4月 1日 (金) 21時54分

胸に沁みました。

先日、昼の番組に美輪明宏さんで出演していて
日本人は戦争でも原爆投下されても大震災でも
必ず立ち直ってきたと言ってました。
そうですよね。
国民みんなで沈んでいてもどうにもなりません。
このままでは経済が冷え切ってしまいます。

投稿: 花水木 | 2011年4月 2日 (土) 07時29分

 ほんとうに すべての人が 一からでなおしですね。
 私も便利ということや 24時間営業ということや ・・・あれやこれやを 考えました。
 考えさせられています。
 当たり前を 当たり前でないことにきづかせた 今回であります。
 

投稿: 小紋 | 2011年4月 2日 (土) 07時35分

バルさんの記事はいつも
コメント欄にも勉強させられます。
ことばの力を改めて感じますね。

投稿: きんとと | 2011年4月 2日 (土) 16時49分

私もこれを新聞で読みました。
泣きました。バルさんと同じように気持ちが休まりました。
あたたかき世になる。する。という力強い言葉が勇気を与えてくれますね。
このところ、テレビやネットで見る報道よりも、とつとつと真実を伝え人の心に訴える新聞や活字の力はやっぱりすごいなあと思ったりします。

投稿: ぷみまる母 | 2011年4月 3日 (日) 01時40分

ご無沙汰しています。

災害の現状をニュースで見るたび、とても現実とは思えない惨状に心が痛みます。

被災された方にかける言葉も見つかりませんが、自分たちが元気でいないと他人を救うこともできません。

素敵な文章を紹介してくれてありがとう。
心が落ち着きますね。

今はまだ無理でも笑顔になれる日々が来るのを信じたいと思います。

投稿: smile-one | 2011年4月 3日 (日) 02時58分

日本全体がバラバラで、各々勝手にあっちこっち向いていたようなこれまでが、この災害を機に同じ方向に向いたようで、頼もしく感じています
相変わらず、政府も東電もリーダーシップも責任感も欠損していますが、日本の国民レベルは涙が出るほどすばらしい国民であると確信しました
感謝の気持ちと、謙虚さと我慢強さとたくましさ、もう誇らしくて、嬉しくて、みんなでがんばっていこうと、自然に素直に思いました

投稿: キャサリン | 2011年4月 3日 (日) 07時42分

良い文章でまた涙してしまいました。感動の涙です。
悲しい、辛い涙ばかりでしたから、この涙は立ち直りの第一歩になりそうです。
元気に、前を向き、上を向いて明日を信じなくてはいけませんね。

投稿: みかん | 2011年4月 3日 (日) 19時56分

「水の地球 すこしはなれて 春の月」(正木ゆう子)
今朝のテレビで久しぶりに正木ゆう子さんをお見かけし
その時に紹介されていた句です。
正木ゆう子さんは「寒き世に泪そなへて生れ来し」の
正木浩一さんの妹さんです。

先日の大きなおおきな満月を思い出しました。
今はなんとも辛い水の地球です。

あたたかき世になる。する。
たくましく美しく一緒に育とう

よい記事を紹介くださってありがとうございました。
私も落ち着かない心で過ごしていましたが 
きもが坐ったというか・・今までのやり直しです。

投稿: hurarih | 2011年4月 3日 (日) 23時01分

おはようございます。
↑ 「きもが坐る」でなくて「肝が据わる」でした・・
セリンセ ヒヤシンス 水仙の花が咲き始めました。
早朝の庭ひとまわりして 嬉しい発見です。
桜もほころび始めましたね。

投稿: hurarih | 2011年4月 4日 (月) 05時27分

遅々として進まぬ原発の始末。被災者の長い果てしない闘い。
見守るしか手立てが無い私たち。
ひときわ暖かい陽光が、被災者に降り注ぎますように。

投稿: だんだん | 2011年4月 4日 (月) 11時10分

胸にずしんときました。
昼休みなのでこれから仕事なのにちょっと涙が出てきて困りました。
周りの人には花粉症といってごまかしました。
心があたたかくなりました。

投稿: チヒロママ | 2011年4月 4日 (月) 12時48分

悲しいことだけど、これまでの日本、ちょっとヘンだった。
この子と一緒にもう一度育たなきゃね。
<寒き世に 泪そなえて生まれ来し>か‥ (ぐすん)

投稿: toti | 2011年4月 4日 (月) 18時04分

>コスモスさま
「元気に普通どおりの生活をする事が大切」…、まさに
仰る通りです。
関東地方は今、自粛ムードで経済が停滞し始めてます。
皆が元気でなければ支援出来ませんものね。
コスモスさんのお花の写真の温かさに春が来てるのを
感じられました。

投稿: バルおばさん | 2011年4月 4日 (月) 20時56分

       >花水木さま
一緒に涙するのも大切だけど、私達が普通の生活を
していかないと経済支援が続かなくなってしまいます。
ニュースは暗い情報が多いけど、私達はそろそろ涙を
振り払って立ち上がらなければね。

投稿: バルおばさん | 2011年4月 4日 (月) 20時59分

      >キャサリンさま
被災地の方々のご苦労を思うと、私達の協力なんて
どうって事ありません。少しでも早くも皆さんに笑顔が
戻ってくるのを望んでますが、同時に作業員の方の
懸命な取り組みにも頭が下がります。

投稿: バルおばさん | 2011年4月 4日 (月) 21時35分

        >hurarihさま
それが…、私の心ってなんて弱くてフラフラしてるん
でしょうね。またぞろ最近は塞ぐ事があります。
何も出来ない私だから、信じること! それしか
ないです。

投稿: バルおばさん | 2011年4月 4日 (月) 21時47分

あったかい文章だねぇ。
なんか、ホ~ッとします。

赤ちゃんの誕生が優しさと希望をもたらしてくれる。

被災地の方々が安心して暮らせる日々が戻ってきますようにと祈っています。

投稿: ねこおばさん | 2011年4月 4日 (月) 23時21分

バルおばさん こんにちはcat
災害がなかった所でもショックで食欲がない眠れない人もいるようです。
一緒に悲しみを分かり合うのも大事、でもそろそろ立ち上がって
自分に出来る事をそれそれが頑張らなくてはいけない時ですね。

投稿: ミミ | 2011年4月 5日 (火) 13時18分

バルさん 今晩は。
この記事私も読みました。
涙が溢れました。

まだまだ、震災の爪痕は生々しく残っていますが
東北人は強いです!!
復興に向けて、前向きに立ち上がっています。
各地で復興イベントも行われています。

投稿: チーちゃん | 2011年4月 6日 (水) 00時35分

新しい命・・・希望への道が見えるな手記です!
ぷまみる母さんが書いておられるように、活字の力って凄いなと思います!
ばるさんの素敵の文章にもいつも、ホッとして勇気をもらうおおかみです!

投稿: おおかみおばさん | 2011年4月 7日 (木) 15時37分

あるブロガーさんのところで素敵な言葉が。

>劇団四季の俳優さんが いい言葉を言っていました
『こころまで 停電しないように』って
そうですね!みんな節電はずい分身についてきました
こころは 節電しなくて いいんだよ!
心には うんと明るい希望の光をともそうね!

投稿: 小太郎 | 2011年4月 7日 (木) 21時13分

うちも読売新聞です、読みました。
あと、「愛海ちゃん」の
「おかあさん いきてるといいね」の記事も
号泣でした。。。。

この1ヶ月、自分のところにはほとんど震災の影響はないけれど、ため息ばかりでしたわ。
きっと立ち直れる、そう信じて
日々のお仕事、がんばりましょう。

投稿: 笹丸 | 2011年4月 8日 (金) 22時37分

こんばんは!
あたたかき世になる。する。
震災の被害がなかった地域から、その根源を
大きく広げていかないと思います。
出来ることを少しずつでもと思ってます。

(● ̄▽ ̄●;)ゞぽりぽり ブログ復帰致しました。
(o*。_。)oペコッ

投稿: ☆和香☆ | 2011年4月13日 (水) 19時08分

バルおばさま♪
☆ハウディ!

列島におびただしい泪が流れた日
そんな中でも被災地の避難所では生命が産声をあげたんですね。
ざわざわしてる心の波が静かになりました。

24日から被災地に向かいます。
公務出張扱いですが、要請があった時点ですぐに手をあげました。
少しでも復興の手助けになれればと思います。

投稿: Hs | 2011年4月18日 (月) 02時21分

こんにちは。
私も被災もしていないのに沈んでばかりで なかなか前向きになれませんでしたが、、

1000年に一度の災害ですもの、
落ち込む時があってもいいですよね。。

少しずつ 日本が明るくなっていくといいですね。

投稿: すの | 2011年4月18日 (月) 15時36分

そろそろ、躑躅や芝桜の
季節ですね♪

投稿: 小太郎 | 2011年4月19日 (火) 23時16分

生きていれば、いろいろあると思います。
いつも、応援しています。

笑顔、大切にしていきたいですね。

投稿: Lisa | 2011年4月22日 (金) 13時41分

お久しぶりです~! 
冬眠から覚めやらぬ間に大震災、、、--;)
一週間ほど電話も通じず、埼玉や東京の身内は古い家だから潰れて下敷きになって死んでしまった?!と本気で心配していたみたいですが、壁土が(古いので、、、^^;)若干落ちたくらいで、それ程の被害もなく、皆が青くなって心配している間、私は一生懸命に岩手や宮城の友人・知人の安否を心配してました、、、^^;)

でも、その後の原発事故・・・同じ福島県でも、それぞれの地域で違うのですが、一緒くたに報道されるので、東京の身内が道路開通後に即、水とトイレットペーパーと満タンにしたガソリンを積んで駆け付けて、安心して帰って行きました。嬉しかったけど、風評被害の恐ろしさも身に沁みています、、、。

ずっと長い船旅を続けているような毎日でしたが、この頃は余震も少なくなって来て、ようやく仕事が手につくようになりました(^^)

でも、その間に療養中だった方が次々亡くなり、何度お悔やみに出かけたか分かりません・・・・五重苦の日々でしたが、悲しすぎると泣く事さえ忘れてしまうのですね、夢の中のように、、、。

バルおばさんも、長いうちに薄紙を剥がすように、悲しみが癒えますように祈っています。ごめんなさい、こんな時は誰の慰めの言葉も聞きたくないくらいなんだけど、つい、言っちゃいました・・・私も最愛の祖母をなくした後、お悔やみの言葉を聞くのが嫌で、逃げ回っていましたら、放浪癖が身につきました、、ーー;)v

投稿: カラ | 2011年5月 1日 (日) 08時44分

      >ミミさま
ご返事、大変遅くなりました。ごめんなさい。
五月に入って大分世の中の流れが変わってきたようです。
自粛ムードが復興の邪魔になってしまったなんて
皮肉なものですね。

投稿: バルおばさん | 2011年5月 2日 (月) 23時55分

>Lisaさま
ご返事、遅くなりました。申し訳ありませんでした。
絶対世の中は良くなる!そう信じていくのは
大きな力になりますね。

投稿: バルおばさん | 2011年5月 3日 (火) 00時27分

>カラさま
有難うございます。
私は末っ子なんですが、なぜか実家の祭事は私の分担。
お仏壇、お墓、これから亡くなった家族達に孝行して
いきます。

投稿: バルおばさん | 2011年5月 3日 (火) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一週間後の満月 | トップページ | 春爛漫 »