« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月31日 (土)

別世界の結婚式

不景気どん底状態のご時勢に、いやぁ どういう魂胆か
豪華な結婚式をあげる人もいるもんです。

          A_2 

経済の活性化?にはなったかもしれないけど、
連日テレビで取り上げるのは如何なもんかと。
どこのチャンネルに変えても申し合わせたように
芸能リポーターとやらが大仰なリポート。
テレビ欄に2時間以上もの披露宴・特番の印字を見るにつけ
もっと大事なニュースもあるだろうにと思っちゃう。
私は見なかったけど、結構あぁいう豪華な式を
素直に見てみたいという人も多いかな…。

しかし、一般の感覚からすると歌舞伎界ってなんて特殊?
当然の事ながら我が家は何の関連もないけど(ほんと当然)
あれは見てて楽しむもんで中に入ったら大変でしょ。

私みたいなおばさんは気兼ねなく付き合える
そんな関係が一番だわね。

          B_2 

      

            Br_banner_tsubame     よろしかったらクリックを

      いつもコメントありがとうございます。
       ご返事はそちらに伺ってますが、URLのない方は
       こちらでご返事させてもらってます。

| コメント (35)

2010年7月27日 (火)

自分の感受性くらい

毎日信じられないくらいの猛暑、しかしその中を私は
高崎市にある「土屋文明記念文学館」、そこで開催されている
茨木のり子展」に先週行ってきた。

「戦後現代詩の長女」とも評されている彼女の詩は強く、凛としていて
戦争時に青春を過ごした彼女の怒りと、強く生きていく決心を表した代表作の一つ、
私が一番きれいだったとき」は、教科書にも載っているとか。

でも私が一番好きな作品は「自分の感受性くらい」だ。
著作権の範囲が分からないので作品をそっくり書かないが、
要するに自分の心が段々と柔軟性を失っていく事や、
諸々の思うままにならない事を、他人やその他の理由のせいに
するな、という内容。
自分をしっかりと持って、自分で自分の感受性を守れという。

詩の最後の 「ばかものよ」 が本当にずしっと来る。

…とは言ってもね、ついつい日頃から
こんな人生なのは〇〇のせい?と弱音を吐いちゃう私。
信念を持った毅然とした生き方なんて一生追うだけだろうな…。

          A

作品の展示を見た後は、せっかくだから写真でも撮ろうかと
庭に出たけど、いやぁ暑い暑い!

痛いほどの熱光線に一瞬これはピラミッドかと ↓ (笑)

        高崎には多くの古墳があって、これは複製したもの 

        Dsc_2066

しかしその暑さの中、更に車で30分ほど離れた
県立歴史博物館に行ってみたが、時間が遅くなっていたので、
なんかイベントがあったらしいが?終了していた。

まぁ、でも一部の皆さんには?懐かしい展示があったので、
せっかくだから載せておきましょう。

        Dsc_2089

                                    だるまストーブのある教室。

ねぇ、こっちでは昔、中学と高校の時、冬は生徒が交代で
ストーブ当番してたんだけど、これって群馬だけ?
今にしてみれば超アブナイよね?
当番の生徒が用務員さんのとこで石炭とか、油を染ませたモノを貰って
火を付けるんだけど、バッ!と燃え上がる事もあって
何人かの子は眉毛焼いちゃったし(笑い事じゃないけどオカシイね)。

そしてこれも一部の皆さんには懐かしい、お茶の間の風景

        Dsc_2095

この頃の柱時計はゼンマイ式で、毎朝父親が踏み台に乗って(小柄だから)、
キリキリ巻いていたわ。

      そしてこれは群馬の車メーカー、富士重工のスバル360。

        Dsc_2100

とても小さな車だけど、あの頃はマイカーがあるだけですごかったんだから。
(これ、前のドアの取っ手、見てください。なんとドアが後ろ側に開くのよ!
スーパーカーかっ?てね)
実家の父はスーパーカブという二輪車に乗ってたので、
たまに後ろに乗せてもらうと、なんて早いのっ!と感激したけど、
いまや田舎では一人に1台も珍しくない時代。
ほんと日本の生活はすごく贅沢になったと思う。

          Br_banner_tsubame     よろしかったらクリックを

     

      いつもコメントありがとうございます。
       ご返事はそちらに伺ってますが、URLのない方は
       こちらでご返事させてもらってます。

| コメント (23)

2010年7月19日 (月)

おば子 二人

あらまぁ、すっかり日が経ってしまいました。
こりゃ完全に「ミセス・まったり更新」ですがな…。

さて前回の(もう一週間以上も前だけど)親友とのお出かけ、
そりゃぁ楽しかったです。
丸一日一緒なんてめったにない事だから、
どこの場所であろうと楽しくない筈がない!

二人とも一応経営者の妻として?、また大人の女(おばばともいう)として
日頃から「それなりに」しっかりとしてるつもりだけど、
何せ朝から一緒で気分はすっかり学生時代のテンションに逆戻り。

          1

          2

          3

あちこちケラケラ笑いながら見てまわり、足は疲れても
お口は絶好調、滑らか、滑らか。

途中で合流したコブコと分かれて、初めて使用する路線で帰る時も

          4_2

あはっ(汗)、いつもは一人で車で行ったり、
あるいは電車だってどこでも乗り換えて行ってるのに、
このザマはなんざましょ?
学生時代からの親友とツルんだ瞬間、
夫には甘えないのに、しっかり者のコブコの前では
ワガママで、おばさんなのに子供→ おば子に変身。

雨交じりの超蒸し暑い日、
これはラチがあかないと察したコブコがさっさとタクシーに
おば子二人を押し込めて、駅に配送(笑)。

コブちゃん、ごめんね、お世話になりました♪
反省してます、多分。

           さて、今回のヤボ用とは、実は…

             Photo
   

                   ↑

            分かりづらいけど、写真展の案内状です

コブコとお仲間達の小さな写真展に私も参加させてくれたんですわ。

若い人に混じってちゃっかり何点か出品しました、へへへ。
(左の上から2番目)

毎日何かと気苦労が多いけど、こうやって外の世界に
ちょこっと出てみるのは大事な事だと思う。

          Br_banner_tsubame       よろしかったらクリックを

       いつもコメントありがとうございます。
       ご返事はそちらに伺ってますが、URLのない方は
       こちらでご返事させてもらってます。

| コメント (34)

2010年7月10日 (土)

最高の連れ

明日の日曜日、またもヤボ用で東京に行く私。

でもね、今回は連れがいるの、連れが♪
長い、長~い付き合いの親友が一緒ざますよ~。

なんだ、別にどうって事ないとお思いのあなた、
どっこい私達が丸一日一緒に居られるなんて滅多にない。
お互い自営業で休日が別だから、なかなか時間が合わなくて、
せいぜい夜に食事に出かけるのが精一杯。

だから数年前から、
子供も大きくなった事だし、せめてお盆くらいには会おうよと決めたの
(お盆に会う…?ご先祖様かってね)。

それが今回はひょんな事から私に付き合ってくれる事に♪

      なんか遠足の前の日並みにワクワクしちゃいます。
      しかも向こうでは私の娘と合流して、あちこち案内してもらう。
      楽しさ倍増ざます。

          A

暑かろうが、雨が降ろうが、
子供と親友が一緒なら最高じゃありません?

えっ? それだけじゃないだろうって…?

誰か忘れていませんか?って…?

はて、   さて…

           B

                  あら…

            Br_banner_tsubame      よろしかったらクリックを

      いつもコメントありがとうございます。
       ご返事はそちらに伺ってますが、URLのない方は
       こちらでご返事させてもらってます。

  

| コメント (34)

2010年7月 6日 (火)

暑い! 蒸す! 

昨日に続き、今日(火曜日)も暑うございました…。
我が工場はまさに灼熱地獄(まぁこの不況で大分うちばではあるけど)。

あまりの蒸し暑さに
なんか熱が体にこもった感じで、仕事の後はヘロヘロです(泣)。

コメント頂いてるに、ご返事まだでスミマセン。
心苦しいのだけど、とりあえず今晩は以前使ったイラストで お茶を濁して
ごめんなさい。

          2008851

                   とてもお見せ出来ないグッタリ顔…。

暑いといって冷たい物ばかり摂ってると、
私みたいに?お腹をこわすからご用心です。

          Br_banner_tsubame   押してください、とは言いづらいけど…

       いつもコメントありがとうございます。
       ご返事はそちらに伺ってますが、URLのない方は
       こちらでご返事させてもらってます。

| コメント (19)

2010年7月 4日 (日)

東京だよ おっかさん

土曜日(3日)はヤボ用があって東京へ。

3時過ぎには用も済み、後は楽しみにしてた国立新美術館のオルセー展へ。

田舎のオバサンが一生懸命路線も調べてご機嫌で行ったんだけど、
しかしまぁ混んでた、混んでた!

開催から一ヶ月以上経ってたけど、土曜日という事に加え
やはり強いわぁ、オルセーの名は。

それにね、音声ガイドってあるでしょ?あれをね結構な数の人が
使用してて、熱心に聞きながら絵の前を動かない…。
それで余計に絵の前に人が固まってるんじゃないかなぁ。

        A

     ☆  パリのオルセー美術館はなんと16才(だったかな?)までは
        たとえ外国の旅行者でもタダ、もち一年中。
        以前、娘のコブコもパスポート見せたら、ばっちりタダでしたよん。
        (ただし、現在はどうだか分かりませんので、そこのとこよろしく)

こんな具合だから人口密集率の低いトコ在住の私は
人垣の間を跳ねてみたり、隙間から覗いたりですっかり人当たり。
どうにかこうにか全部の作品を観て館内で一休み。

    こんなとこで…。

        Outside_002

ここは3階のレストランだけど、1階からここまでそびえてるのよ。
デザイン重視? なんか落ち着かないなぁ。
(山の上かよ?ってね)。

絵を観るのに予定してた時間もこんな訳で余ってしまったので、
帰りがけにもう一箇所見物。

こういう時期?なので広い通りも閑散としてるのに、
ある一軒の回りだけ厳戒な警備な場所。

        B

          裏から見た国会議事堂、交差点名はそのまま「国会裏」。
  

怪しまれないよう(笑)、慌てて撮ったコンパクトカメラだから
ブレてるけど、永田町周辺です。
お巡りさんやパトカーの警備で、さすがの私も
ある一軒(官邸)は撮れまへん。

        Dsc00665

         左は工事中の議員会館、超豪華です。

更にキョロキョロと歩いてるうちに夕闇の霧雨の中、
高い石段の上に建つ江戸の守り神、日枝神社。
傍らの高札には「国家安泰」とか「権力なんたら…」とか書かれていて、
何百年も多くの武将や、今では議員等参拝してる由緒正しい神社。

恐れ多くもそこで(宝くじ当たれ)とよこしまな思いで
コンパクトカメラのシャッターを押したら…。
充電してきたカメラのシャッターがおりまへん…、ひぇ~!

(まぁ、単に暗すぎただけでしょう…、ぶるっ)

交通手段が車ばかりの田舎おばさんはたまに東京に来ると
沢山歩くので、とても疲れるけど、やはり東京はエキサイティングです。
そう、たまに来るとね、たまにね♪

           Br_banner_tsubame       よろしかったらクリックを

       

       いつもコメントありがとうございます。
       ご返事はそちらに伺ってますが、URLのない方は
       こちらでご返事させてもらってます。

      

              

| コメント (26)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »