« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月30日 (木)

えくぼのコックさん(真夏の妄想)

私らくらいのおばさんになると?ときめく相手なんて
あ~た、滅多にいるもんじゃありませんよ。
そこでまぁテレビに出てるイケメンなんぞでお茶を濁すが(笑)、
それさえも最近の私はどうもピンと来る人がいない(枯れたな…)。

でも午後の仕事を始める時計代わり?に見てる番組で
なんとなく温かい気持ちになる男性出演者がいる。

関東だと4チャンネルの テレビ朝日の
上沼〇美子のおしゃべりクッキング」で、
中華担当のコックさんの宮崎さん。

手際の良さはもちろんだけど、男性にはちょっと甘い感じになっちゃう
えくぼが彼にはとても似合う。

油っこい中華が苦手な私でも宮崎さんのなら、食べてもいいかなcatface
思わせる(でへっ)優しそうな人だ。

             1_2

   その彼に対抗する個性たっぷりなおばちゃ…、おっと違った司会者。

             2

これ観てから、くそ(あら、失礼)暑い工場に行くんだけど、
もううんざりざます、蒸し暑くて…。

あぁ、リッチな暮らしがしたいなぁ(暑さに負けずに妄想モード突入)。
コックさんは上で描いた宮崎さんで、

             3

      そいでもって…

     

               

             4_2

    

      

 ファンの方、ごめんなさい(汗)、妄想です、妄想!

      コメントのご返事はそちらに伺ってますが、URLのない方は
      こちらでご返事させて頂いてます。


      ☆ランキング参加してます。
      
もしよろしかったら ↓押してもらえると嬉しいです。

            Br_banner_kingyo



    

| コメント (21)

2009年7月28日 (火)

人のふり見て…

なんか最近また梅雨に戻ったような変な天気が続いてます。
農業への影響が心配だわ…。

さてそんな雨の中coldsweats01  友人と隣県の
美味しいと評判のイタリアンの店のディナーに出掛けた。

貧乏 つつましい私達は二千円のAコースをオーダーrestaurant


見た目もきれいだし、味もしつこくなくて美味しい。
接客マナーもきちんとしてて、ご機嫌でコーヒーを飲んでたら、
隣のテーブルに着いた母娘?
三千円のBコースとフォアグラを注文。

メニューの説明をウエイトレスの人がしてるけど、
二千円でも美味しかったから更に三千円のメニューて気にはなる…。

             5

             1

             2

             3

             4

何気なくやってる事がまったくもって「ザ・オバサン」だそうで(汗)、
いつもコブコに注意されてる…。
おかしいなぁ…、私って気分はお嬢さんだったんだけど(あ、ぶたないで~sign01

      コメントのご返事はそちらに伺ってますが、URLのない方は
      こちらでご返事させて頂いてます。


      ☆ランキング参加してます。
      
もしよろしかったら ↓押してもらえると嬉しいです。

            Br_banner_kingyo



| コメント (29)

2009年7月23日 (木)

ムッシュー関白

前回の記事には皆さんからの沢山のコメント、ありがとうございました。
描こうかどうか迷ったのですが、やはり描いてよかったと思いました。

内緒にしてるブログだけど、いつか彼にも知らせようかと…。
         (あ、夫には黙っててもらおう)

      ж ж ж ж ж ж ж ж ж ж ж ж

娘のコブコが留学中に大変お世話になったイヴばぁちゃん
私にもプロヴァンスに遊びに来いと時々ハガキをくれる。
年寄りとはいえ教員だったので英語で書かれてるが、
めったに英語は使わないせいか?ちょっとばかしアヤシイ。
それでもって読む私の英語力も相当アヤシイ。
アヤシイ×アヤシイ=なんとか通じる?状況…(多分)

ご好意は嬉しいけど、金無し、ヒマ無し、若さ無しの三重苦だしcoldsweats01
何より一番の問題は、
あの関白夫が、私を遊びでフランスなんぞには出させっこないって事。
夫は持病があるので一人で留守番、オレの飯はど~する状態(笑)。
そんな訳だからおいそれとは行けないので、、
それをどう書けば伝わるかと、代筆の娘は頭を悩ませたが…

             E_4

             A

             B

             C

             D

イヴばぁちゃんからこの事を聞いて、娘も私もびっくりですcoldsweats02
女性が昔から大事にされてる国と思ってたのに、
やはり地位向上は遅かったのね…。

今の時代でよかった~と改めて実感です。

      コメントのご返事はそちらに伺ってますが、URLのない方は
      こちらでご返事させて頂いてます。


      ☆ランキング参加してます。
      
もしよろしかったら ↓押してもらえると嬉しいです。

            Br_banner_kingyo_2



| コメント (25)

2009年7月20日 (月)

7月の花婿

時間の経つのは早いもので、先週の日曜日(12日)は
東京に住む夫の甥の結婚式だった。
しばらく こういう機会がなかったので、久しぶりに出席した結婚式と披露宴の
最近の華やかさと豪華さに驚きつつも、
二人だけでよくこれだけの費用をコツコツと蓄えてきたと感心した。

             A

あの子が我が家に来て暮らし始めたのは、小学6年になる少し前、
もう18年も前のこと。
彼は1才過ぎたばかりの頃に父親を亡くし、
女手一つで彼を育ててきた母親(主人の姉)も重い病気になった為だ。

結局中学1年の夏に母親も亡くなり、 その後はずっと
我が家で祖父母、そして私達の子達と一緒に育った。

多感な時期でもあったので、難しい問題もあったが、
祖父母もいたし、私としても強く怒る事が出来なかった。
他人だからおばさんは僕に冷たい、と思われたくなかったし、
彼もきっとこっちに遠慮してるだろう…。

お互いがお互いに気を遣いながらの何年間かだったと思う。
なぜ本気でぶつかっていけなかったのか…、
そう自問したのは、今までどれだけあっただろう。

彼が進路を決める時も将来的に手に職を付けた方がいいと、夫や
(日本料理店をやっていた)夫の弟ともに
調理師の道を勧めたが、果たして本当にそれで良かったのか
それもずっと心の片隅に引っかかっていた。

東京で彼は道を踏み外す事もなく、真面目に修行を積んで
今はミシュランガイドの三ツ星をもらってる店で働き、
年に一度は彼女と一緒に元気な顔を見せにきてもくれてる。

私達が思ってるよりもずっとずっと大人になって
私達家族を結婚式に招待してくれたのだ。

披露宴の最後で新郎新婦の生い立ちの写真をスライドで
スクリーンに映し出す。

幼すぎて思い出も残らなかった父親とのツーショット、
母親との七五三、大勢の友達との写真。
沢山映し出された彼女との満面の笑顔の彼…。

        

           そして一番最後の1枚は…

             B

         彼が成人式の時に写真スタジオで私達家族と撮った写真。

 

         もう、何も言えませんでした。

        二人してお幸せに    そして ありがとう

  

      

      コメントのご返事はそちらに伺ってますが、URLのない方は
      こちらでご返事させて頂いてます。


      ☆ランキング参加してます。
      
もしよろしかったら ↓押してもらえると嬉しいです♪

              Br_banner_kingyo




| コメント (49)

2009年7月18日 (土)

子供が熱を出して

           ひさしぶりの4コマ(プラス1コマ?)漫画です。

毎週やってくるヤク〇トさん、ずっと昔はオバサンが多かったけど、
最近は殆どが小さいお子さんを持つ若いママさんが多い。

             6_2

             1

             2

             3

             4

これに限らず、小さいお子さんがいて外で働くお母さんて本当に大変だ。
(私はつくづく自営業でよかったと思う)
皆さんすごく頑張ってるけど、子供が具合が悪くても
休むのは遠慮があるんでしょう。

仕事、家事、育児、 母は強しです。

             5

前回の記事、沢山のコメントありがとうございましたが、
ご返事が少し遅れてます、ごめんんさい。
今日にでも伺いますね。

      コメントのご返事はそちらに伺ってますが、URLのない方は
      こちらでご返事させて頂いてます。


      ☆ランキング参加してます。
      
もしよろしかったら ↓押してもらえると嬉しいです♪

              Banarizoto



 
 

| コメント (29)

2009年7月14日 (火)

群馬も梅雨明け

いよいよ関東地方も今日、梅雨明け。
なんだか梅雨らしい感じがないままに、明けてしまったような…。

さぁ、これからが私の嫌いな夏本番…。
なにせ我が家の工場は暑い、暑い、暑い!暑い、暑い、暑い!
夫は少しでも涼しくなれるように去年はこんな物を着けてたが…

             C_2

…、今年の私、人の事、笑えまへん。
…もう恥も外聞もありまへん。
すでに巻いてますがな、夫婦で、これ 

えぇえぇ、笑ってやっておくんなさいまし。
もう、暑さに対抗出来る若さは無くなりました…(チ~ン)。

でもね、仕事で汗ビッショリ、化粧も落ちちゃうとなれば、
どんな女性でもシャレッ気 無くなりまっせ、多分。

    

     たとえばぁ、あの超セクシー女優、アンジェリーナ・ジョリー
                 
(なぜ彼女かは考えないようにね)

             A_2

彼女だって、ハリウッドからうちに寄こしてごらんなさいよ!
あ、仕事着は私の貸してあげるから。

汗で眉と化粧が消えるよね?
でもって残るはあの ぶ厚いふっくらした唇。

             B_2

 

              ちょっとの差、ちょっとの差よcatface

      コメントのご返事はそちらに伺ってますが、URLのない方は
      こちらでご返事させて頂いてます。


      ☆ランキング参加してます。
      
もしよろしかったら ↓押してもらえると嬉しいです♪

            Photo




| コメント (34)

2009年7月11日 (土)

硬さチャレンジ おフランス

ゴーヤのレシピに沢山のコメント、ありがとうございました。
なんとしてもあの苦味が克服出来ない?…という方が多かったけど、
でも美味しく食べてますheartという方も結構いました。
皆さん、よろしかったら参考になさっては如何でしょう?

   жжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжж

さてクセのある食べ物 おフランス編です(いつから?)。

食卓のメインの肉といえば日本では若い肉が好まれるが、
グルメの国フランスではそんな差別?はしない。

有名(らしい)な郷土料理に、
年取って、肉も硬くなったおんどり(おやじ鳥ってか?)を
野菜と、たっぷりな赤ワインで肉が柔らかくなるまでコトコト煮込んだ
コック・オ・ヴァン(おんどりの赤ワイン煮込み)がある。
これには独特の匂い(えっ、加齢臭?)があるが、それさえも
フランス人は好む(らしい)。 
さすがおフランスwine(いえ、おちょくってなんかいませんよ)。



             1

   若鶏、仔牛、仔羊、仔豚…に対抗する「年取ったおんどり」

             2

私は残念ながら(まぁ、それほどでもないけど)食べた事ないけど、
グルメな皆さんはもしかしたら、食べた経験あります?

      コメントのご返事はそちらに伺ってますが、URLのない方は
      こちらでご返事させて頂いてます。


      ☆ランキング参加してます。
      
もしよろしかったら ↓押してもらえると嬉しいです♪

           Photo



| コメント (24)

2009年7月 8日 (水)

苦味チャレンジ

世のおばさんたるもの体にいいと聞けば、すぐ試すもんだが(笑)、
ゴーヤのあの苦味だけは世の荒波を乗り越えてきた私でも
克服出来なかった。

あれこれ試しても舌に突き刺さる苦味を取る事は出来なくて、
せっかく作った料理も泣く泣く捨てたこともある…。
お安いし、栄養もあるしで食べたいのはやまやまなんだけどね。

             1_2

…が、しか~し!私はこの間からゴーヤ大好きおばさんになったsign01
ほほほ~いhappy01

偶然見たテレビのお笑いの番組で紹介してたレシピrestaurant
これだと ちょうど良い苦味が残って、クセになる美味しさheart

          

          2_3

             3

家庭菜園に目覚めた私、オクラは今のところ収穫一個
(つまり失敗よね…?) 。
鷹の爪はスクスクと育っているけど、やはりにっくき虫がワンサカ。
毎日ガムテープで捕獲してるから(この方法がいいかは分からない)
完全無農薬ざます。

もう少し経って見事赤くなったらお見せしますねscissors

    

      コメントのご返事はそちらに伺ってますが、URLのない方は
      こちらでご返事させて頂いてます。


      ☆ランキング参加してます。
      
もしよろしかったら ↓押してもらえると嬉しいです♪

               Photo_2



| コメント (41)

2009年7月 2日 (木)

本と点、映画週間

老い先短いので(ジョークでなくなってきたな…)、
最近は時間をやりくりしてなるべく映画館に行くようにしてる。

先週は2本見られたscissors
愛を読むひと」と「剣岳 点の記」。

前者は大分前だが、原作の「朗読者」がベストセラーになり
私も読んでいたので、映画版の方はやや感傷的かなとも思ったが…。
主演のケイト・ウィンスレットはこの作品でオスカーを受賞、
「わたし」役のレイフ・ファインズは相変わらず渋く、そして暗い(笑)。



恋に落ちる少年時代はドイツの若手俳優、ダフィット・クロスが
燃え立つ想いを瑞々しく演じてる。

             A

そして中高年でいっぱいだった(私もその構成員)「剣岳」。
田舎ではなぜか中高年(特にシルバー世代)を映画館で
見ることは少ないので、こうやって皆が来てくれると
映画産業が活気づくから?喜ばしい事ではあるが…。

             B

かっての登山経験者?のおジィ様か上映中に山を指差す人が
多かったのには閉口したけどねcoldsweats01

しかし!私の隣に座った老夫婦、まだ映画が始まらない休憩時間に
喋るわ、食べるわ。
そしてついに ジィ様 ご主人さん「わしゃ、原作を読んだんだ」と
自慢を始めて…、いや~な予感がしたら。
あ~ぁ、サラッと結末をお話しに
ふんふんと感心するバァさま 奥さん。

             C

あの~(というか おいっ! )、まだ予告編さえ始まらない明るいうちから
私、一気に結末に突入ですけど…coldsweats02

しかたなく 聞いてない!私は何も聞いてない!と
自らに言い聞かせたんだけど、ガッカリ感は相当だったわ。

      コメントのご返事はそちらに伺ってますが、URLのない方は
      こちらでご返事させて頂いてます。


      ☆ランキング参加してます。
      
もしよろしかったら ↓押してもらえると嬉しいです♪

              

           Photo



| コメント (38)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »