« パリのパン、田舎のせんべい、 | トップページ | すれ違いの好意 »

2009年3月22日 (日)

何を作れって?

お彼岸は一般的には長男の嫁は忙しい…。
だが我が家の場合、義父母が亡くなってから大分経つし、
親戚もあまり多くないから、そうは気を遣う事もないので助かってる。
しかし今回は主人の弟が日曜の午前中に来るというので慌ててる私。
弟は遠くに住んでるが、休日の兼ね合いでこっちには日帰りが多く、
たまにお昼近くに来た時はどこかの飲食店でお昼を一緒にとる。

なぜ家で作らないかって?
…だって彼は板さんなのよ、
だからぁ、たいして上手でもない私の手料理じゃ恥ずかしいじゃない?
せいぜい手作りのお菓子を出すのが精一杯よ。


だけどね、この年になって私も考えたのよ。
たいしてモン作れなくても、所詮素人。向こうだって気にはしてないってね。
ゆっくりと実家で食べる方がよかろうと。
そこで土曜から可もなく不可もない私の料理coldsweats01を作り始めたけど…。
いやぁ、やっぱり緊張するわ、
どうもいつもの味付けにならない…(却っていいって? おやまぁ…sign01)。
なんか全体に茶色が多いし、
頼みの娘は出かけてるし(情けない母親だ)。

          1




      でもそのうちにいつもの(いい加減な)私が戻ってきて、




          2


   そうそうheart 美味しいもんが食べたければ店に行けって。
   実家では故郷の味を堪能してくれってね。
   店に勝てる味付けは愛ざます、愛sign01

      
      いつも訪問ありがとうございます。
      ご返事はそちらに伺ってますが、URLのない方は
      こちらでご返事させて頂いてます。


   
   
☆ランキング参加してます。
   もしよろしかったら ↓押してもらえると嬉しいです♪

       Banaikkaku_2     Burogumura



 


« パリのパン、田舎のせんべい、 | トップページ | すれ違いの好意 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

それはそれは 気を使いますな。
 板さんと言えば なんとなく気難しそうな 痩せ目の人というイメージがあるんですが、 昨日の人は ポッチャリ型でした。
 おとうとさん 家でのご馳走に お喜びだったでしょう。

投稿: 小紋 | 2009年3月22日 (日) 06時24分

バルおばさん おはようございます。cat
私の息子は飲食店をやっています。
手前味噌ですがなかなか美味しいと評判?・・・だと思う。
でも、息子が好きなのは家庭の味です。
お母さんのブリ大根やアジの南蛮漬けは美味しいと言うので
息子が好きな物をした時にはちょっと多めにしてお裾分けします。
実家では故郷の味、家では家庭の味が一番のご馳走って事です。
バルさんの料理、弟さんもきっと満足されましたよdelicious

投稿: ミミ | 2009年3月22日 (日) 08時22分

知り合いにご主人が板さん、というご夫婦がいます、
でも、そのご主人が言うには、一番食べたいのは奥さんの何気ない家庭料理だと。
義父母さんがいらっしゃらなくなった今、実家の味はバルさんの味、とっても嬉しいと思いますよ、いいお義姉さんだ~、バルさんは!

投稿: アケノ | 2009年3月22日 (日) 12時27分

こんにちは
人を招いて御馳走するというのは、緊張するもので、新婚の頃なんて微妙なカボチャスープを出してしまったり、両方の実家を呼んだ時なんてせっかく作った麦茶の瓶を落として割って、いらん用事を作ったり。なので店で食べれるならそれに越したことはないわよね。
以前、主人が勤めていた会社の取引先の韓国の人を、お昼に自宅に招くことに。子供たちは実家に預けて、私は朝から掃除とお料理。日本料理なんて来日した時に散々食べているだろうから(お刺身とか天ぷらとか)で、我が家の家庭料理をと、チャーハン、肉団子の甘酢あんかけ、その他。ある種、開き直りで。しかし、これは何料理ですかって聞かれた時は、言葉に詰まったけどね。
無国籍料理としか、言いようがないじゃん。
まあ、喜んでいただけてよかったです。

そうそう、近所にあった中国料理店の看板に世界で二番目。一番は奥様の手料理って書いてあったっけ。普通のお料理、よろこんでいただけたでしょう?

投稿: ヒロコ | 2009年3月22日 (日) 14時34分

もうバルさんの手料理に大満足されて今頃は
辻占いせんべいで日本茶なぞ戴いていらっしゃる頃で
しょうか?
どんなにハイカラ(ちょっと古いか・・・)な
お料理より田舎の素朴な料理の方が喜ばれるのよね。
(でもこれだって緊張するけどね)
バルさんの話聞いてハタッと我に返ってみた。
果たして私は何が作れるのか・・・。
何でも中途半端・・・おはずかしい・・・。

下のパリの本みたいなパンもせんべいも初耳でした。
辻せんは地方商品?かな?
でも味噌味って美味しそう・・・。

投稿: pomodoro0208 | 2009年3月22日 (日) 15時22分

こんにちは!
やはり、故郷の実家の手料理に勝るものはないと思います。
実家を出ていた時があるのですが、
週末、たまに帰る母の料理は懐かしく美味しく感じました。
今は、また、実家で寄生虫してますので、
なんとも思いませんが(爆)
きっと、バルさんの愛情こもったおもてなしで、
とても美味しく懐かしく思いながら帰られたと思います。

投稿: サユサユ | 2009年3月22日 (日) 16時48分

 そうそう 愛ですよ 愛!!
そして 身近な人は プラス慣れです!
あんちゃんは 何も言いません へへへ
板前さんの弟さんにも
家でゆっくりご飯が一番のごちそうですよ きっとhappy01

投稿: がぱちん | 2009年3月22日 (日) 18時42分

わぁ~、板さんに自分の手料理を出すのは
プレッシャーですね~。
でも、そういうときこそ開き直りは大事ですよ!
気負わず、いつものバルさんのお料理を出せば
喜んでくださるでしょう~(^^)

投稿: グータラ | 2009年3月22日 (日) 18時45分

そうなんですよ、バルさん。
息子は自分が食育したので、たまに食べても
何の異論も出ず、好き嫌いの多い夫には
嫌ならよせば!と強気に出れますが、たまのお客様
には弱気になる私・・・・。
人寄せになると何故かテンション下がります(下がり過ぎて地に着くほど)

良いんですよ、お金頂く訳じゃ無しと
開き直りましょうよ。

投稿: 花水木 | 2009年3月22日 (日) 19時34分

友達にブログで知り合った板さんがいて、たまに事務所で鮨とか鍋とかやるんですが
自分たちが作った料理も美味しそうに食べてくれますよ。
ワイワイガヤガヤがいいんでしょうね。
板さんの知り合いって、ほんとありがたいです。

投稿: 小太郎 | 2009年3月22日 (日) 19時51分

調理人って 褒める人が多い気がする

きっといつも警戒されてるんだろうね

相手にプレッシャー与えてるの分かってんだよ きっとさ

投稿: 落合 | 2009年3月22日 (日) 21時21分

自営だから今日の代休とれないし・・・お疲れさまでした。
今頃はのんびりできていますか。
私もその立場だったらプレッシャーで倒れています・・
(虚弱体質なので・・・???)
ライバル視されないと開き直るか外注という手で乗り切るか。
なにを作ったのでしょう? 
おっきりこみとかソースかつ丼??・・・味噌おでん
焼きまんじゅうまさかのしもつかれ・・地域限定発想でした・・

投稿: ふたば | 2009年3月22日 (日) 23時03分

今日のオバサンの表情は、最高に好きでざます(笑)

あのねー、
うちも長男で、しかも東京の我が家は民宿代わりの有り様!
で、よけいな出費はすごく大変だからね。
ある時期から、家庭料理でいい、家庭料理がいいと決めました。
なんか、絵手紙のキャッチフレーズみたいだわんpig
バルさん、意外とそのほうが喜ばれるものですよ。
たとえ、茶色でもネ!


投稿: だんだん | 2009年3月22日 (日) 23時48分

料理人の友人がいますが、家では全く作らないそうですよ。
仕事で作ってるから、いやなんですって。
私は料理が苦手だから、作ってくれる人がいいな。
その代わり、皿洗いはまかせて、って感じです。

投稿: smile-one | 2009年3月23日 (月) 00時57分

私の古い知り合いはコックさん。
でも、家庭の料理にはいっさい何も言いませんでした。
プロはプロ、家庭の味はおふくろの味。
プロの方の方がそこの所をちゃんとわかってらっしゃいましたねぇ。
私は、料理は・・・、家庭の味を忘れそうです(涙)

投稿: ねこおばさん | 2009年3月23日 (月) 01時00分

バルおばさま♪
☆ハウディ!

>気にしてたら、余計ダサさ倍増っす
>開き直り悟りざます

No more negative!
Let's positive thinking!

バルおばさま、愛ですyo!愛。。。
と強がりを自分に言い聞かせてみました(笑)

投稿: Hs | 2009年3月23日 (月) 02時17分

そうそう!
「店に勝てる味付けは愛ざます、愛」ざますよ
私も家にお客さんが来られるのが嫌いです。
いろんなことに気遣い、疲れます。
お料理が出来ない私 (ーー;)

でもバルさん愛ざます・愛
バルさん、開き直って頑張ってね。
フレー! フレー! バルさん(⌒▽⌒)ノ

投稿: ななうさ | 2009年3月23日 (月) 09時01分

こんにちは・・・

お客さんのお料理って気を遣いますよね・・・
うちは、毎年主人が職場の人を10人近く連れてくるので
大変な思いをしています (+o+)

私の友達の板前さんは、意外とファーストフードが好きみたいです(笑)
日頃、食べ付けていないモノの方が、いいようです。
皆さんが、言われてるように、やっぱり「もてなす 心」が大事ですよ。
バルお姉さまの気持ちはきっと伝わっていると思います(^^♪

投稿: ジャガー | 2009年3月23日 (月) 11時23分

元夫のいとこに板さんがいましたが、家で食べるときは
「飯とつけものがあればいいよ」と買ってきた白菜の漬け物を
食べながらお酒を呑んでました(^_^;)
そのままお茶漬けで終了~!
プロでも好みはシンプルなのねん♪

主婦にとってお客様へのおもてなしは頭も胃も痛いですね(^_^;)

投稿: あび | 2009年3月23日 (月) 12時08分

( ´ー`)ノ こんにちは♪
今、今、少年雑誌の記念切手、買ってきました。
発売日、すっかり忘れていたというか、卒業式とかぶっていました。
ゲットできてよかったです。
郵便局へ行くと、鬼太郎もまだ残っていました・・・
コナンの時は、あんなに飛ぶように売れたのに!
水木先生に申し訳ない気分です。(謎)

料理は、愛!
まごころです!
o(^0^o)o(^-^)o(o^0^)oファイト!!

投稿: ピノコ | 2009年3月23日 (月) 12時36分

人があつまる時はもれなくカニ鍋か焼肉です(笑)
文句言う人はいませんです。ハイ。
でもヨソ様にお邪魔したときに手料理だとウレシイです。
なのでバルおばさんのお料理もきっと喜んでいただっけたと思います。

投稿: M | 2009年3月23日 (月) 12時45分

人に振舞う料理って私も何故か自信が失せてしまいます。夫には嫌ならよせ!って強気に出れますが
珠にくる人はやはり顔色を伺ってしまいます。
板前さんやコックさんは、家では奥さんの
家庭料理を食べるそうです。
外食は非日常で、家庭料理は日常なんですよ。
バルさん、胸を張って下さい。(はい、私も)

投稿: 花水木 | 2009年3月23日 (月) 19時29分

こんばんわ!
お客さんの来るときの料理って大変そうですね^^;

僕は何でも食べる方なので手作りだとうれしいです!

なぜならそこに愛があるから・・・
は、言い過ぎかもしれませんが。

仕出しなんか取れば簡単かもしれませんが、手作りが一番僕としてはうれしいですね~^^

投稿: まっつう | 2009年3月23日 (月) 22時21分

メニューは大変ですね。

毎日の家庭料理だって頭を悩ますのに、お客様となるとなおさら、その上相手がプロとなれば、、、布団を被って寝たくなりますよ!

簡単、美味しい、安い、カラフル、それで誰も知らないって 献立無いかしら?

投稿: うばゆり | 2009年3月23日 (月) 22時38分

こんばんは!
何だか、また急に寒くなりましたよね!
バルさん、風邪ひかないようにね♪
桜はもう咲き始めたかな~

投稿: サユサユ | 2009年3月23日 (月) 23時08分

はじめまして~♪
わたしも嫁を卒業して 気ままに暮らしています
楽しいこといっぱいしようと思ってます
お料理は苦手って言うか 何でも美味しいので
わたしの味見には 微妙なさじ加減が足りないそうです
イラストを拝見して ひとりうなずいてました
オルゴールのお話は 感動しました
5年前から 視力障害のかたに大正琴を教えに行っていますが
音にはすっごく敏感に感じ取られてるんですよね
また おじゃまさせていただきます~
d(^0^)b ♪

投稿: としこ | 2009年3月24日 (火) 08時50分

バルさん こんにちは。
もてなす相手が板さんでは緊張しますね^^;
そんなバルさんが一所懸命作ってくれたお料理
嬉しかったでしょうねhappy01
どんな御馳走ができたのかしら?

投稿: チーちゃん | 2009年3月24日 (火) 16時35分

心のこもった故郷の愛情料理に勝るものはないと思います。
私も結婚してからは、実家の母の作ったおにぎりや魚の煮付けなんかを食べたいなーとよく思います。
板さんでも出せない味ってありますよね!

投稿: ぷみまる母 | 2009年3月24日 (火) 17時00分

私も料理あんまり得意だとは言えないので、
バルさんのお気持ち、よ〜っく分かります。
私、新婚時代に夫の友人が彼女連れて遊びにやってきまして、
その時に実家の母に何出せばいい?って聞いたら
納豆にオクラをあえて出しなさい、って言われて
その通りにしたの。
そしたら、彼氏も彼女も、
「納豆キライ」って言って、お互いに押し付け合ってた。。。
ソレ以来、その二人にいい感情は持ってない(粘着気質っ)
だから人様に料理出すの、未だに緊張します。

投稿: 笹丸 | 2009年3月24日 (火) 17時31分

      >アケノさま
へへ、実はね、弟といっても私より年上なんですよhappy01 おまけに義母は料理下手でした(わっ、
言っちまったぃ)。
だから考えたら今まで何を躊躇してたのかなと…。

投稿: バルおばさん | 2009年3月24日 (火) 17時56分

      >ヒロコさま
そうなんですよね、こっちは素人(笑)、向こうも期待してないでしょうcoldsweats01
実は主人の甥はなんとミシュランガイドで星をもらってる和食の店に勤めてますが、この子には何にも緊張しないでご飯を作ってやれます。
小さい頃からずっとうちで世話してたので子供みたいなもんだからかな?

投稿: バルおばさん | 2009年3月24日 (火) 18時01分

      >pomodoro0208さま
いやぁ、私こそ得意料理なんて無いですよ。
よくお袋の味とかいうけど、私のは仕事しながらの
「そこそこ料理」です(悲)。
いざという時の一品がないのが、お恥ずかしいです。

投稿: バルおばさん | 2009年3月24日 (火) 18時08分

      >花水木さま
ほんとほんと気を遣う相手だとテンション下がりますね(笑)。
でも花水木さんと比べると私のなんてほんとお恥ずかしいんです…。栄養バランスだけは気をつけてるけど、
味や見た目がどうもね。

投稿: バルおばさん | 2009年3月24日 (火) 18時18分

       >ピノコさま
水木先生に申し訳ない気分…、さすがですっ、ピノコさん!
まっことファンならではお言葉、こうでないとね♪
来月は入学式、色々お忙しいでしょう。

投稿: バルおばさん | 2009年3月24日 (火) 20時10分

      >Mさま
あ、鍋食べたい(笑)。
うちはね、夫がウルサイ、ウルサイcoldsweats01
作らない人は文句言わないでと言いたいですよ。

投稿: バルおばさん | 2009年3月24日 (火) 20時27分

      >花水木さま
あ、2度目の激励だhappy01
はい、ありがとうございます。胸は張れないけど、
腹は張ってます。

投稿: バルおばさん | 2009年3月24日 (火) 20時29分

ただいま~バルさん
愛だろ愛!^^
僕は、もう実家がないんだけどね、僕んちがそれの代わりみたい?だけどね、弟(4男坊)なのでいつまでもガキ扱いでござる!?^^

投稿: kon25 | 2009年3月24日 (火) 20時38分

こんばんは!
最近、料理してないな・・・
今は花粉症の小部屋になっちゃってますよね!
いつもありがとうございます!

投稿: サユサユ | 2009年3月24日 (火) 21時35分

ホントにおいしいものは茶色が多くなると
聞いたことがあります。
家庭料理はお店に比べると
華は少ないですものね。

して、
バルさんに隠しコメはないのでしょうか?(笑)

先日の本のパンも
我が家にはタイムリーでした。
40年ほど前の
かこさとしのカラスのパンやさんを
3才の娘に読んでいて、本のパンに
まさかと笑っていた所でした。
娘も実物にビックリ\(◎o◎)/!

投稿: きんとと | 2009年3月24日 (火) 21時56分

↑ 「カラスのパンやさん」 うわっ懐かしいと思わず
きんととさんのコメントに反応しました。かこさとしさんのだるまちゃんシリーズやカラスのパンやさん等々
すでに成人した息子娘の小さな頃を思い出す絵本です。
あのおフランスぱんの写真見てなんだかもやもやしていたのは記憶の向こうに20年以上前の絵本があったのかも。あとで本を探してみようと思います、ありがとう。

投稿: ふたば | 2009年3月25日 (水) 06時32分

バルさん
 おはようございますsunsun
旧姓コスモスですlovely
初めまして
そしてご無沙汰しています
時々、こっそり覗いていました。
 引っ越し?も終わり、やっと落ち着きました。
今朝はそのご報告です。
プライベートでは何となく忙しくしています。
 ブログですが、平安人さんの優しいお気持ちに甘えて昨日、一つだけupさせて頂きました。
「地蔵院」の散り椿です。
多分、私のは軽いので、私をご存じない方は
???だと思います。
やはりコスモスワールドでは書けませんが、有難いと思っています。
 コメントは頻繁には来られませんが、応援はしっかりさせて頂きますので。
 バルさんもお元気でhappy01heart04
 

投稿: 平安人 | 2009年3月25日 (水) 09時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パリのパン、田舎のせんべい、 | トップページ | すれ違いの好意 »