« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月28日 (水)

ロマンチックが止まってる

     
     どうも最近気力が起きません…。

     以前の私なら…
1_2                                  














もといっ、若さと美貌には自信があったのに(いいの?そんな事言っちゃって)
ど~したんざましょ?この有様は…。

     2_2

…なんか私、気力、体力ともパワーダウン?
前なら夜ともなればお目目パッチリの超夜更かしだったのに、
オカシな事に今は眠くなる…(て、それが普通か?)
これではいかん!何かウキウキと心が弾むような事をしなくては。

そうねぇ、たとえばすてきな芸能人に
バーチャルで「こい」をするとか(ぶひっheart )。
そしたらオデコのおかしな模様も(シワじゃないと思う…)消えたり、
ホルモンのお陰で前屈もガンガン出来るとか(そうかい?)。


しかし悲しいことに こいと聞いて思い浮かんだ漢字が



       3_2


      やぁね、淋しすぎるじゃありませんか。

       4_3

どうしたのよ、もうじき2月。そしたらすぐ弥生3月cherryblossom
ぐってり?してる場合じゃないね、気持ちを入れ替えて
ファイトいっぱぁ~つsign03 (だから、それが古いっつ~の)

 
   いつも訪問ありがとうございます。
   ご返事はそちらに伺ってますが、URLのない方は
   こちらでご返事させて頂いてます。


      ランキング参加してます。
   もしよろしかったら ↓押してもらえると嬉しいです♪

    Banasapurise_2      Banakaze



 

| コメント (53)

2009年1月24日 (土)

寒い朝の葛藤

群馬といえば空っ風が知られてるが、最近は気候の変化か
以前のように風がうなりを立てて吹くという日は少なくなった。
それでもやはり冬の朝はしんしんと冷え込んで、寒がりで根性無しの私は
朝、布団から出るのが大変、大変。

      1_2

しばしこんな状態を繰り返したのち、ついに諦めて布団から出る。
毎朝「あ~ぁ、ずっとヌクヌク寝ていられたらどんなに幸せ?」と
スケールのちっちゃい夢を願ったりするアワレな50代。

それでも今の家屋の構造はすきま風が吹き込まないから、まだ上等よ?
私の子供の頃なんかアルミサッシなんて無かったから、
建てつけの悪いガラス窓や、どっかからすきま風が入ってきて
いや~、風の日なんて あ~た、寒かったのなんのって。
一度、あまり寒くって、明け方のまだぼんやりとした頭の中で
(ここはどこ?私は雪の中で寝てるの?)と一瞬考えた記憶があるもん(笑)。



      2_2


そんな時代だったから、どこの親も朝は大変だったろうな。
先ず、練炭を起こしてオコタツを暖め、ストーブも焚いて
冷え切った部屋をあっためておき、その間に冷たい水で朝食の支度。
(ほんと私、今の時代でよかったわよ。もし、昔に生まれてたら
ひどい母親だったと思うわ)。

      3_2

父も朝はちゃんと手伝っていたし(どっかの関白さんと全然違うよ)、
あの時代は家族みんなが夫々の分担があったように思うな。
学校から帰ると、たいした暖房器具はなかったのに
家はふんわりと暖かかった。
ファザコン(いやいや、この年でお恥かしい)の私は、冬の朝の風景というと 
神棚や仏壇に手を合わせてから新聞を読んでる父のこんな状況を思い出す。


   いつも訪問ありがとうございます。
   ご返事はそちらに伺ってますが、URLのない方は
   こちらでご返事させて頂いてます。

      もしよろしかったら ↓押してもらえると嬉しいです♪


    Kobuko        Banakodomo



 

| コメント (44)

2009年1月20日 (火)

歩み寄りは夫から?

前回の「黄色」の件では、お騒がせしました。
このゲームをやってない方や、すでに経験済みだけど問題なかった、
あるいはやはり聞き取ってもらえなかった等、色々ありました。

その中でブログの先輩で、検索名人?の林さんが教えてくれたサイトによると
なんと群馬だけでなく(笑)、どの地方でもそして老若男女を問わず
みんな苦労してたんですね~、ビックリ。
どうやらコツがあるらしく低めに言うと「比較的」認識されるようです。
私は更に「ぶっきらぼう」を加えましたが、それでもダメな時は多々あります。
でもまぁ、計算能力は早くなった気がするので、良しとしましょう。
(また飽きたし…)


       ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

さて、2,3日前の新聞記事に
某企業が調査した「夫婦げんかについて」が載っており、
頻度やらけんかの理由やらが書かれていた。
まぁ、年代によっても違うだろうけど「仲直りはどっちから?」には
夫からがなんと64%だった!



       まさにこれは私にとって…




      1


ろくじゅうよんぱーせんとぉ!?
私にはありえない数字だわっ。
うちは同居の義父母や従業員さんの手前もあったので、
いつまでもブンムクレテいられなかったし、
おまけに夫は関白さんだから、絶対自分からは折れない。
結局、妻の私が平和の為に?折れていたしね。
夫から謝った事などこの結婚生活でほんの数回…、
     
         それもこんな感じで。


       2


まぁ、今更どうでもいいけど、
64%のご主人を持った奥さんがちょびっと羨ましいオバチャンざます。

   
   いつも訪問ありがとうございます。
   ご返事はそちらに伺ってますが、URLのない方は
   こちらでご返事させて頂いてます。


     もしよろしかったら ↓押してもらえると嬉しいです♪

      Banadaietto      Banadaietto2



 

| コメント (45)

2009年1月16日 (金)

群馬の魔のきいろ

             
          私ね、今…

      1_2

いえね、今更で恐縮だけど〇〇堂のDSトレーニングってあるでしょ?
大分前に出始めた時すぐ買って、脳トレーニングをしたんだけど、
すぐに飽きて(はい、熱しやすく冷めやすいタイプです)
いつの間にやら引き出しの奥で隠居状態。


でも最近、記憶力が落ちてきたのをじんわりと感じてきて
「おぉ、そうだ、DSで再トレーニングだわい」と再登場を願った。
しかし忘れていたわ、私にとって大きな問題点を…。
ご存知の方も多いだろうけど
脳年齢チェックは必ずある問題が出るでしょ?

青い文字で書かれた「あか」は、と答える…、
つまり書かれてる文字でなくて、赤、青、黒、黄色で書かれてる色を答える。

      2_2

やる気満々で臨んでも、なぜかきいろを聞き取ってくれない。
何度も言い直されるので時間ばっかりかかって点数が悪くなる、
つまりどんどん年寄り脳に判定されちゃうという
感じの悪いトレーニングだわさ。

       3

私の友人も「きいろ」で引っかかるというし、
自慢じゃないけど?主人なんかこの有様ざます…




       4

     色々言い方も変えてはみるんですけどね、なんでざましょ?


   訪問ありがとうございます。
   ご返事はそちらに伺ってますが、URLのない方は
   こちらでご返事させて頂いてます。


     もしよろしかったら ↓押してもらえると嬉しいです♪

     Banainu     Bananeko



 

| コメント (44)

2009年1月14日 (水)

しょぼい人相

あらら、随分と更新が空いてしまいましたcoldsweats01
まぁ、今年は丑年という事で、まったりとね。

連休は娘と東京に出かけてました。
たいした用もなかったけど、ほら、私ってドライブ大好きおばさんだから、
高速をブンブン飛ばすだけで仕事や
チョイ気難しい夫からいっとき解放されるしね。

東京では娘と別行動で一人ブラブラと気ままに歩いていたら…、
向こうに見えるのは見慣れた赤い看板、
宝くじ」と読めるではないかいな。

せっかく来たのだからお買いなさいな、と言われた気がして
(誰が言ったんだ?)、即購入heart
もう当たった気がして(おいおい…)早足で歩き始めたら、
後ろから追いすがる女性の声がする。
振り向いたら、若い女性がいて
「すみません、偶然お顔を見たらあまりにも素晴らしい人相で、
ぜひお話をしたくて…」


       1


…こうみえても欲丸出しで宝くじを買ったばかりのおばさんだよ。
どう転んでも金持ち顔じゃないわよ、むしろ貧相?

「約束がありますから」と断ったが渡されたハガキには占いの文字。
(きっと売り場あたりでカモを捜してるんだね)


「そうやって先ずおだてあげて、次に別な場所に連れていかれて
壷とか買わされるのよ」と娘が言う通り、私もそうだと思うわ。
ただねぇ、私ってなんか哀しいな…と苦笑いよ。
声掛けられたのが…、しぶい男性ならぬ〇〇商法、とほほざます。

 
まったり更新なのに、訪問ありがとうございます。
ご返事はそちらに伺ってますが、URLのない方は
こちらでご返事させて頂いてます。

もしよろしかったら ↓押してもらえると嬉しいです♪

      Banaikkaku     Burogumura




 

| コメント (27)

2009年1月 9日 (金)

ウワサのキャッチばぁちゃん

さてどこの町内でも必ずいると思う話好きなおばぁちゃん
その事自体は構わないけど、ただ相手の都合構わずにいつも同じような
家族の自慢話なんかを延々とされてしまうと、忙しい時なんかは
ちょっと困るよね。
うっかりつかまって?しまったら30分くらいは解放してくれないけど、
悪気はないから黙って話を聞いてるしかないしね…。
そしてこのおばぁちゃんは元気だから(笑)、寒い戸外もなんのその、
私の方がじっと立ってるのが疲れてしまうくらいだ。


この間、外を掃いていたら、近所の無口なお爺さんが通りかかった。
会えばアイサツくらいはするけど、それ以上の話はしたこともなく
その日もいつも通りにさっさと家の前を過ぎていったが…、
向こうから誰か来たらしく、その声は…
例のおばぁちゃん!

         しかも開口一番、こうよっ(笑)

       1


          け、血圧って…coldsweats01  名前も無しに「お宅さん」?


陰で聞いてて、思わず吹きだしそうだったけど、
これってある意味、すご腕のキャッチセールス並みのワザでない?
だって「こんにちは」なら、それでおしまいだけど、
血圧を聞かれたら、高いとか低いとか必ず、とっかかりのある返事を
しなくちゃならないでしょ。
しかも相手のお爺さんが「大丈夫」と曖昧に答えても
「あら、うちの主人はね…」て話しはじめちゃうもん(笑)。
結局その無口なお爺さんは立ち話地獄?に、はまっていったわ。


ウ~ム、これは秘策だ…。
だって名前を知らない赤の他人だって「お宅さん」で済んじゃうし、
とんでもない話題だっていいのよ(笑)。世界が広がるわ!
このワザを恥かしがりやだった(本当だって!)若い頃に会得してたら





       2


…まぁ、無理だったわね、先ず「恥」を捨てなくちゃ(笑)。
しかしまったく「女は社交性がスゴイッ!」と実感だ。
だってレストランや旅行、サークル活動だって、女性ばかりでしょ。
私もやがては手ごわいバァ様になるかもね。
(やだ、今はまだ可愛いもんよ…、ふふふ、へへへ)


いつも訪問ありがとうございます。感謝、感謝です。
ご返事はそちらに伺ってますが、URLのない方は
こちらでご返事させて頂いてます。

もしよろしかったら ↓押してもらえると嬉しいです♪

     Banamoti      Banaodenn




 

| コメント (51)

2009年1月 6日 (火)

シール作りは楽しいな

仕事が始まってみるとあっという間にお正月気分が抜けて
またも厳しい不況の嵐がガラス戸をガタガタいわせてる(悲しいね)。

こうなると請求書を書くのも張り合いが無いが、
貰うむこうだってお粗末な金額じゃぁ気が乗らないだろうよ。
そこで思いついたけど、どうせ請求書を書くなら、
もらっても楽しいように(な、訳ないか)シールなぞ貼ってみたらどうだろう


実は私のパソコンにはシール作成ソフトが入れてあって
親友の依頼で彼女と孫達のシールを時々作ってあげているんだわ。

       ほりゃ、これは冬バージョンheart

       Photo

考えてみればこの為にせっせと描いてきたから、お陰で多少は 上達?

初めてお絵かきを描き始めた頃なんて
パソコンに内蔵されてるお絵かきソフトでマウスで描いてたから、
こんなシュールな絵しか描けなかったんだわ(笑)

      恥かしいからちっちゃくねcoldsweats01 (バル痛恨の時代)


       Photo_3



そしてこれは絵が苦手な息子が以前に、やはりマウスで描いた妹の絵
あ、20代です…、この画力です…(泣)
(彼には妹がこう見えるのだろうか…、ネコはまだしもコンニャク~!?)

      Betu_2



さてと、古い絵でお茶をにごしてる間に完成しました、
我が社のシール!

       1_3

いかがざんしょ?これで気持ちよくお支払い頂けますかね。



遅い時間の更新なので?前の記事にコメント頂いた方には
ご返事が遅くなってしまいました、すみません。
改めて伺わせていただきますね。



そして、いつも訪問ありがとうございます。感謝、感謝のおばさんです。
ご返事はそちらに伺ってますが、URLのない方は
こちらでご返事させて頂いてます。

もしよろしかったら ↓押してもらえると嬉しいです♪


    Banasiku      Bananeko




       

| コメント (48)

2009年1月 2日 (金)

微妙な初詣

皆様、明けましておめでとうございます。
今年もまたよろしくお付き合いくださいね、ぼちぼちそちらの方にも
遊びに伺わせていただきます。

さて、皆さんはもう初詣は行かれたでしょうか?
我が家は以前は元旦の午前中に、家族揃って市内の神社に行ってたけど、
ここ数年は群馬の元旦恒例「実業団駅伝」を沿道で応援して、その後に
行くようになってしまった。

そういう人達も多いせいか?今回は午後になって行ったにも拘らず
境内には大勢の参拝客がいて、拝殿の前には長蛇の列が続いていた。
例年は10分も並ぶ事はなかったのに、今回はなんと寒さの中
30分以上も並ぶ混みようだ
大きな鈴をガランガランと鳴らさねば?神様にお願いが届かないわっとばかりに
すでに手の中には準備万端でお賽銭を握り締め、いざ、私の番!

      1


それをチャリンチャリン(紙幣ではないね…)とお賽銭箱に投げ入れて、
さぁ、鈴紐(緒)を掴もうとしたら…、





     何かが柱の横からズズズと近寄ってきた気配…


      2 


うん?とそっちを見たら、太ったおばぁさんが横から石段を登ってきて
びっくりしてる私を尻目にぽいっとお賽銭を放り込んで、




      3

    そしてそのまま願い事もせずに帰って行っちゃった…


もちろん心の狭い私は、鈴をガラガラ鳴らしながら
「神様、これは私の分ですからねっ!!」と心の中で
叫んだのは言うまでもない。

      4



今年も訪問ありがとうございます。感謝、感謝のおばさんです。
ご返事はそちらに伺ってますが、URLのない方は
こちらでご返事させて頂いてます。

もしよろしかったら ↓押してもらえると嬉しいです♪

     Banamoti       Bana



 

| コメント (45)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »