« プロヴァンスの豪快ばぁちゃん | トップページ | パパはマッチョ? »

2008年10月 7日 (火)

晩秋の夕暮れ



このところぐっと秋めいてきて5時過ぎにはもう暗くなってる庭の隅で
虫の声が物悲しい。

夜遅くにゴミ出しで勝手口から見る空は黒い木々に囲まれて
何かゾクッとするほど静まり返ってる時もある。

        1



春の夕暮れはどこからか花の甘い香りを運んでくるし、
夏は昼の暑さから幾らかでも解放されるようでほっとする。
木枯らしの吹きまくるこの地では冬の夕暮れは家路をせかす。
そして夕暮れの闇は、
秋が一番 心に訴えてくるものがあるように思えるのだが…。



私が中学生だったt頃の通学路は学校から少し行った
賑やかな商店街に出るまで民家が立ち並ぶ細い道を通っていく。
朝は大勢の生徒で賑やかなその道が、帰りとなると
秋は特に雰囲気が変わる。
部活の関係でバラバラに帰るので、うっかりすると私一人しか
歩いていない事もあり、街灯も当時の家々も薄暗くて
どうって事もない路地でさえ何かを隠している気配。


訳もなくドキドキして商店街に出ると、小さな安堵感を感じたりした。

    2



何十年も経ったのに、仕事を終えすっかり暗くなった庭に出て
あたりの戸締りをする時などにふと思い出すあの頃の感覚。
私の原風景のあの時代の風景…。


いつもコメント、応援ありがとうございます。
勝手ながらご返事はそちらのブログに伺ってますが、
URLのない方はこちらでご返事させてもらってます。


秋の夕暮れってちょっと不思議な雰囲気だよね、と思う方も
うんにゃ、思わない!という方もよろしかったら、ポチってお願いします。


 ここと Banatukimi    ここですよん Banausagi




 


« プロヴァンスの豪快ばぁちゃん | トップページ | パパはマッチョ? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

懐かしくて久しぶりな道を通ると胸がしめつけられるような、懐かしいようなそんな感覚になりますよね。

きっとそれは、道と感情が結びついて記憶されているから。
記憶って感情だなぁなんて想ったりします。

投稿: 由羽 | 2008年10月 7日 (火) 01時31分

こんばんは♪
 
わかります~!
何か、その当時の匂いとかも
思い出して来たりしますよね!(^^)
 
小さな安堵感も、わかる気がします。
暗い道から、人通りが多かったり
明るい道とかに出ると
ホッとしますよねぇ~☆

投稿: 比奈 | 2008年10月 7日 (火) 03時33分

 わかります~
田舎だから 街灯も少なくて
ほんとに 裏道なんて真っ暗
塾で帰りが遅い時には 
ものっそい 怖かった…
でも 嫌いじゃなかったな
月明かりの中 いつも見ている風景が
ちょっと違って見える あの感じ…

投稿: がぱちん | 2008年10月 7日 (火) 07時26分

バルさん
 おはようございますheartheart
明日改めて伺います
指の省エネ?デス

投稿: コスモス | 2008年10月 7日 (火) 07時55分

♪ゆうぐれどきはぁーさみしそぉぉ~
   とーってもひとりじゃいられなぁい~♪
若かりし頃このメロディにきゅんとなったのは
原風景でみなそういうのを持っているから??
虫の声がいっそうメランコリーでね。。。。
私は鍋を持って100メートルくらいの暗い道を
お豆腐屋さんへ必死で走った子供のころを
思い出します、途中の電柱に裸電球ひとつで怖くて
脇目もふらず進みましたね、、、、、
たぶん四季すべてそんなことやっていたのに
私の思いでの中では秋、
きんもくせいの香りが決定的でしたね、きっと。

投稿: ふたば | 2008年10月 7日 (火) 08時28分

私もバルおばさんのブログで思い出しました。
実家は田舎だったので学校帰り、仕事帰りは歩いて
15分の道のり、私も何度か怖い思いをしました。
それからは、母と兄がバス停まで迎えに来てくれていました。

投稿: ミミ | 2008年10月 7日 (火) 08時54分

今日のイラスト、風情がありますね
思わず一句


 おばさんも乙女に戻る星月夜(酔虎)

投稿: 酔虎 | 2008年10月 7日 (火) 10時06分

↑のふたばさんが歌われてる歌、なつかしいなぁ。
懐かしさのこみあげてくるお話です。
と言いながらも、見ているのは透明度を微妙につけて描かれたお絵かきの腕。
そうかぁ、灯りや影は透明度を変えるといいのね。
今さら気付く自分の鈍さが…。
京都サミット今週末、準備未定…。行き当たりばったりになりそうな気が…。

投稿: ねこおばさん | 2008年10月 7日 (火) 11時02分

暗い夜道の一人歩きは街頭のほのかな灯りさえ
ホッとしますよね(^-^)
今の灯りは白くて明るいけど、昔は電柱の近くだけ
ぼーっと浮き出るくらいで見えにくかったです。
ノスタルジックですよ(^_^;)

私は部活で真っ黒に焼けて、姉から
「暗いと歯しか見えんね」
と言われてました。
かえって人様を驚かせてたかもしれませぬ。

投稿: あび | 2008年10月 7日 (火) 12時58分

冬の夕方の暗くて人通りのない道にドキドキした子供心を思い出しました。
最近夜も明るい通りが多いので、たまに暗い道を通るとすっかりトリ目になってしまっています・・・。

投稿: ぷみまる母 | 2008年10月 7日 (火) 14時46分

私の実家、山の中の一軒家なんです。
いくつかの村が合併して出来た町のただ一つの中学校は遠くて、
自転車で通ったんですが、人気のない河原をただ一人
帰るのは本当に怖かったです。
よく痴漢が出没してました〜。
いつかはあんな田舎に戻るのが夢だけど、娘達が大きくなってからにしようかな〜。

投稿: 笹丸 | 2008年10月 7日 (火) 15時02分

( ´ー`)ノ こんにちは♪
私も、ふたばさんと同じ歌を思い出しました。
NSPの歌ですね。
you tube からですが。
→http://jp.youtube.com/watch?v=y7G3Q78HqmQ

ポチッな♪≧(´▽`)≦

投稿: ピノコ | 2008年10月 7日 (火) 15時42分

絵はもちろんファンだけど、バルさんの文章ってすごく素敵。ノスタルジーをかきたてます。私も一緒に昭和の夕暮れの記憶にタイムスリップしていました。
不安感と安堵感…わかります。

投稿: ノラドラ | 2008年10月 7日 (火) 17時57分

     >酔虎さま
「中坊も 星空を越えて 酒を抱き」
片句ですが、いかがざんしょ?

投稿: バルおばさん | 2008年10月 7日 (火) 21時09分

うっ・・・秋に物悲しさを感じた事のないダメ男でーす。

投稿: 落合 | 2008年10月 7日 (火) 21時28分

虫の声まで、いっしゅん止んで、時間が止まったような、感じのする夜がありますね、
確かに、秋には、
木々のシルエットが、素敵です。

投稿: アケノ | 2008年10月 7日 (火) 21時29分

     >ノラドラさま
文章ですかぁ?でへでへ、褒められると嬉しいですね。何せうちは関白様なので、めったに褒められる事がないからweep

投稿: バルおばさん | 2008年10月 7日 (火) 21時53分

     >酔虎さま
きゃっ、変換が間違ってるcoldsweats02
「返句」です。

投稿: バルおばさん | 2008年10月 7日 (火) 21時54分

     >アケノさま
同年代?だからこの時期の空気や夜空の澄み渡った雰囲気が通じます?
年くってもこの感覚は変わらないですね。

投稿: バルおばさん | 2008年10月 7日 (火) 21時57分

こんばんは!
秋は何か心ざわめく哀愁感がありますよね~
って、キャラではありませんが・・・coldsweats01

投稿: サユサユ | 2008年10月 7日 (火) 21時58分

姉、妹がいないから、たかが絵でも(すみませぬ)いいのです。
お姉さまと呼ばせてくださいまし。いい顔ですねぇ。

真っ暗な山道を超えて通学してたんです。
親も全然心配しないで、知らん顔。
やっぱり、橋の下から拾われたんかな?
よくやったこと!

投稿: だんだん | 2008年10月 7日 (火) 22時52分

きれいな絵ですね!
切ない秋の感じがでていますよね。
わたしは生まれたときから同じ場所なので
時々変わらない風景が不思議です。

投稿: penpen | 2008年10月 7日 (火) 23時11分

空気の澄む秋のお月様は
何となく物悲しいですね

見上げた月明かりで照らされたバルさんの顔は
イイ感じです♪

暗がりを一人で帰る…
淋しい思いや怖い思いは
いっぱいあったはずなのに
夜道は…
怖くも淋しくもなかった銭湯の帰りしか思い出せません shock


投稿: ちゃこママ | 2008年10月 7日 (火) 23時57分

今日はぽちにげです。

投稿: きんとと | 2008年10月 7日 (火) 23時58分

日曜日に雨の中 家路を急いでると
 何処からとも無く金木犀の香りが~

 雨の中だから余計に強く香ったのかな?

 時代が変わっても変わらないものもあるね

投稿: 三日月 | 2008年10月 8日 (水) 00時18分

 懐かしい昔の道 もうなくなった学校ですが もう一度歩いてみたいあのすごい坂道

投稿: 小紋 | 2008年10月 8日 (水) 08時19分

おや、返句恐れ入ります

中坊がそのままアラカンになり
酒ビン抱えてるって句ですかい?


 オバさんは片句に変句で返句する(酔虎)

投稿: 酔虎 | 2008年10月 8日 (水) 10時02分

秋は急に夜の訪れが早くなりますね。
ひとりぼっちの通学路に浮かぶきれいな月に虫の声、
そしてひんやりする澄み切った空気が、
秋の憂いとともにいろんな風情を運んできてくれます。
この季節は、一年中で一番考え事をする季節でもあります。

投稿: よよよ姐サン | 2008年10月 8日 (水) 10時37分

バルさん
 バルさんは詩人ですねsunsun
本当に夕暮れが早くなって
何だか寂しい季節になりました。
 乙女は敏感に感じ取っています。
夜の長い時にこそ、読書をと
思いながら、安易にテレビです(;一_一)

投稿: コスモス | 2008年10月 8日 (水) 12時37分

あはは。
返句楽しいですね!

わたしも一句。
だんごより 花よりさらに 酒がよし
季語なしですね。

投稿: penpen | 2008年10月 8日 (水) 16時58分

え、オイラ句聖と呼ばれた男よ
一句
ココログは 心がグーな ブログです
レベルちがうっしょ?

投稿: 落合 | 2008年10月 8日 (水) 18時50分

えっ~~~ここは句続き。
およよ~巻き込まれた~coldsweats02
露天風呂 湯に映ゆ月と 一献か(くっ苦しい)
penpenさん同様、季語なしです!

投稿: サユサユ | 2008年10月 8日 (水) 22時32分

エー、では僭越ながら。(笑)

ツクツクと、独り寂しき虫の声。

あっという間に秋めいてきましたね。

投稿: きんとと | 2008年10月 9日 (木) 00時15分

天高く、香りかぐわし、隣人の、心染み入る、きんもくせいよ。
季語も何も分かりませんけど、どうでしょうか?

投稿: 名無しのごんべいさん | 2008年10月 9日 (木) 00時16分

バルおばさま♪

晩秋の候
バル様におかれましては
ますます清栄のこととお慶び申し上げます・・・

仕事でも
☆ハウディ!・・・
からいきなり本題に入れればと思っている今日この頃です(笑)

>夕暮れの闇は、
秋が一番 心に訴えてくるものがあるように思えるのだが…

不思議ですね。ボクもそんな気がします。
うちは田舎の方だから
夕暮れにコンビニ行っても
練習でグラウンド行っても
虫の声が心地よく響いてきますよ。

50代主婦のプロフィール画像可愛いですね~♪

投稿: Hs | 2008年10月 9日 (木) 02時05分

バルさん
 優しい絵に会いに来ましたわsunsun

投稿: コスモス | 2008年10月 9日 (木) 06時28分

句会参加!
「秋ふかし お芋をふかし 贅肉付加し」
           
            これでいいかなぁ・・・?

投稿: ふたば | 2008年10月 9日 (木) 06時43分

     >酔虎さま
あらら、また返句ですね(ふ~、間違えずに変換出来た)coldsweats01
お陰様でこの後、皆さんがどんどん句会に来られて(笑)。
「ネット(網)には 粋人達が 引っかかり」

投稿: バルおばさん | 2008年10月 9日 (木) 18時36分

こんばんは!
あれ~sweat01句会大会が~
皆さん、凄いお上手happy01
どっ~どうしましょ~~
えっ~~いsign03川柳で~
聞かぬフリ 定時間近の 頼みごと
ず~~~っと残業続きですsweat02

投稿: サユサユ | 2008年10月 9日 (木) 20時45分

俳句あり 変句もありて 返句かな

投稿: penpen | 2008年10月 9日 (木) 21時12分

    >名無しのごんべいさんさま
秋空句会?にようこそhappy01
季語も何も、皆さん自由に詠んでセッション?してられます。
またお越しくださいね。

投稿: バルおばさん | 2008年10月 9日 (木) 22時57分

ほんとだ、こんなコメ欄見たことない!(笑)

投稿: きんとと | 2008年10月 9日 (木) 23時28分

おはようございます~sunheart
 今朝も晴れていますよ~~~
       40代の乙女cryingデス

投稿: コスモス | 2008年10月10日 (金) 06時08分

秋の夕暮れは商店街をぶらぶら歩くのが好きです。
アーケードの無いところが良いですね。
いろいろ混じり合った匂いの空気が楽しい。

投稿: 小太郎 | 2008年10月10日 (金) 08時38分

おっはよー姉さん
一枚目の夜空と木のシルエットが
雰囲気あるねぇ~ 朝ポチ!

投稿: 落合 | 2008年10月10日 (金) 08時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プロヴァンスの豪快ばぁちゃん | トップページ | パパはマッチョ? »