« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月29日 (月)

おばさんだって愛を貰えるぞぃ

なんなんだ、この寒さは?
例年この時期はまだ残暑ざんしょ(…てsweat02
それなのにうちの工場の中でさえ15度くらいで、季節先取りの私は
いち早くブランドのインナーを着用。 はい、グンゼのババシャツねcoldsweats01

夏の間、今まではすぐエアコンを使用してたが、この物価高のご時勢、
今年はエアコンを弱い設定にして三千円で買った扇風機で冷気を回して節約してた。
大分涼しくなってもまだ昼間は暑い時もあると思い、
茶の間に置いてある(というか片付けてないsweat02)扇風機。

しかし一昨日あたりからの急激な寒さ…、でもまだエアコンなんてとんでもない!
それでず~っと昔に三千円くらいで買った電機ストーブのお出ましよ。
これで十分暖かいheart


     しかし暑さから、いきなり寒さへのおかしな手順、
     おかげでうちの茶の間はこんなチグハグな事になってる

     A_2



ところで話は3ヶ月も前に遡るが、  私のブログ仲間の中でも
「お若いグループ」のがぱちんさん(私はがぱちゃんと呼んでます)が
仕事と子育ての合間にすてきな「動くバル」を作ってくれたんだわhappy01
もう嬉しくってね、早速保存したら…、保存先で真っ白なだけのファイルにsign02

詳しい方はこれを聞いただけで意味がお分かりだろうが、
私は分からないっ、だってPCオンチだから、えっへんsign01
色々自分なりにいじっても分からない→そして今まで真っ白なまま(泣)

それでとうとう例のお助けPCショップのお兄さんに聞いて
やっと(というかあっさりと)解明。

これってウエブ上で初めて表示される…らしい。あ~、多分また変な説明に走りそう。
百聞は一見にしかず、↓これざますっ!

             Photo_3

    どう?嬉しいじゃあ~りませんかheart
    こんなおばさんなのにね…、感謝、感謝です。


そして私が男性デュオのコブクロが好きというので
「まだまだお若いグループ」のボーリング(掘る方ね)屋さん?の
konさんは彼らの歌をプレゼントしてくれた。
ありがとう、嬉しいです。


こう書きながらも、普通なら絶対知り合う事もない様々な場所や
年代、性別、それらを乗り越えて一気に親しくなれるブログって
ほんとにすごいと思う。たまに海外からもコメント頂くしね。

         B_2

ネットを駆使してる人達からみればずっと知識もないけど、
こうやって色々な方と知り合って楽しくやれれば私はそれでいいかな。
いつも来てくださる皆さん、こんなおばさんなのにありがとうございますheart


コメント、応援ありがとうございます。
勝手ながらご返事はそちらのブログに伺ってます、
URLのない方はもちろんここでご返事させて頂いてます。
よろしかったら ↓ 応援ポチをお願いします

 
ここと Banasapurise  ここです Banamura









| コメント (44)

2008年9月26日 (金)

子供の頃のミステリーゾーン

午後の7時近くでもまだ明るかった夏も過ぎ、秋も深まった今は
ふと外を見ると5時くらいでも暗くなり始めていたりする。

夏の夕焼け空と違って、暮れ行く秋のその赤い色は時に
何か凄みさえ感じさせるような重さのある色の事がある。


そのような何か変にザワザワとするような赤く暗い夕焼けの時に
ある大きな病院の前を車で通った。
今でこそすっかり近代的な建物になっているが、かって私が小学生の頃は
石塀に囲まれた古い木造で、あの時代の子供が往々にしてそうであったように
私達もたまにちゃっかりと裏門から入って、広い通りに面した正門へと
抜けていった(もちろんせいぜい低学年の頃だが)。


子供って根拠もないウワサをそのまま信じるから、その病院の正門近くにある
浄化槽?には血が一杯貯められてるんだよ、という今となっては
バカらしくもアヤしいウワサを本気にしてて、
そこを通る時は、皆そっちを見ないように小走りだった。
(だったら通るなってねcoldsweats01 )

      A



夕方の渋滞でゆっくりとその病院の前を通り過ぎながら、
そんなオバカな子供時代を思い出していたら、隣接してる院長宅の前に
一匹の黒猫(飼い猫?)が悠然と寝転がってるのが目に入った。
洋館風なその家はその日のやけに不気味な感じの夕焼けの中に
黒く立っていて、門の前には真っ黒な猫…。

     B

     あまりにもピッタリな設定すぎないかい?
     おばさんになってもちょっとビビッたよ…(汗)



そういえば娘がまだ4,5才の頃、近所のお友達の家に遊びに行く時は
いつも送っていったが、ちょうどこんな時期かな、夕方はもう薄暗いでしょ?
元気に歩いている娘だが、必ずある場所に来ると、とっとこ、とっとこと
早足になるのね。
なんか向こうの方もチラッチラッと見てるし…。

「コブちゃん、なんで急に早く行っちゃうのよ?」と聞いたら、
こっそりと奥の古い平屋を指差して教えてくれたわ。

「お母さん。お友達に教えてもらったんだけど、あのうちね、
猫屋敷なんだよ」

「猫が一杯いてね、こうやってバッタンバッタン機(はた)を
織ってるんだよ…」といかにも怖そう
coldsweats01

…、あんた、そりゃ「鶴の恩返し」のパクリじゃないかい、と
笑いをこらえながら「じゃぁ、どうやって織ってるの?」

そこで、小さいバカっ子の間では定説らしいその様子を
身振り手振りで大真面目にやってくれた(う~、可愛いheart )。

       20089263

そこの家にしてみればいい迷惑だが、その話がおかしくておかしくて
暗い時、娘とそこを通る度にリクエストしていたもんだわ(笑)。

残念ながら?娘もやがて大きくなり、多分この家の事はもう忘れてるかも。

しかし子供ってほんと無知で可愛いね(って、自分の事じゃないわよ!)


いつも温かいコメント、応援を有難うございます。
今のところ、ご返事はそちらのブログに伺ってますが、
URLのない方はもちろんここでご返事させて頂いてますので、よろしく。

よろしかったら  応援ポチをお願いできますか?


 
ここと Banausagi  ここね Banaaki




 

| コメント (45)

2008年9月24日 (水)

バナナダイエット

最近、よく耳にするバナナダイエットbanana
朝食をバナナと水だけにすれば昼食と夕食は何を食べてもOKという方法だから、
急激な体重減にはならないけど、ストレスなくダイエット出来るという。

実は私も以前やったのよ、これbanana
…1日だけ、というよりお昼前には空腹に耐え切れずに
パンを食べていたというお粗末な結果にcoldsweats01  でへっ。

でも先週の金曜日にTBSテレビでダイエット特集を放送して
その中の一つとしてそのバナナダイエットも取り上げられていた。
太めの女性タレントがモグモグとバナナを食べ続け、それだけの事で
何キロか落とせました、という。

まぁ、その後は期待出来ないし、彼女達はテレビのお仕事としてのダイエットだから、
それを私達一般人がやってもそこまでいくかは疑問だ。
しかしこれを見ているうちに私はある事を思いついた。

    「今、買いにいかないと明日には店からバナナがなくなる!」

これってよくあるパターンでしょ?
テレビで○○が体に良いと言うと、あっという間に店頭から消えてしまう…。

ダイエットはもう諦めた…はずなのに急に「こうしちゃおれん!」と
夜の9時過ぎ、夫に呆れられながら慌ててスーパーに行った浅はかな私。

スーパーのいつも通り山積みのバナナの台から
少々の恥かしさを感じつつ、大きな房を二つ買う。

    「そんな事しないで間食を止めたら?」
    「食事を減らしたら?」

       脳内に聞こえる私の理性?

    A

              無視、無視ざます


で、まぁそんな訳で土曜~火曜まで4日間、バナナダイエットbanana
計ったら300gくらい……、「減った気が」coldsweats01
いくらなんでもこれでは効果有りともいえないけど 、バナナは嫌いじゃないし、
もう少しだけ続けてみようとスーパーに行ったら…



    B


見事に予想通り!2ヶ所のスーパーで1本もなかったっ。

そして台には「売り切れ、品薄」のお詫びの札がbearing

しっかしテレビの人気番組の力はすごいっsign03
過去にも何度か雑誌で取り上げられていたのに、
これほどすごい影響はなかったのでは?

いずれにしてもせっかく始めたばかりなのにぃ、と思ってたら
他の旬の果物でも代用出来るらしい。
家の冷蔵庫にはちょうど大量の梨、これで明日はやってみよう。

夢は可愛く?2キロ減heart だってバナナ食べて痩せるったって
あ~た、そりゃぁムシが良すぎますってね。


いつもコメント、応援、有難うございます、すごい励みになってます。
今のところ、ご返事はそちらのブログに伺ってますが、
URLのない方はここでご返事させて頂いてます。

よろしかったら今日もポチ、ポチと押してもらえれば嬉しいです



  ここと Banaocha_2  ここです Banaokasi







             
 
         

| コメント (50)

2008年9月21日 (日)

秋に感じるDNA

台風は大きな被害もなく通り過ぎてくれたので、秋晴れの下
例によって車を飛ばしてストレス解消(何がストレス?って聞かないで。
色々あるのよ、色々ねgawk )。


ここは田舎だからちょっと車を走らせると、すぐに一面黄色く実ってきた田んぼばかり。
セミよりも虫の声の方が勝ってきて、あんなに暑いのは嫌だっ!と騒いだのに、
秋が近づくと何か寂しい気持ちにもなるのは勝手なもんだね。



   私が若い頃(かなりな昔という事)に聞いた話で、
   「冬の寒さが苦手なタイプは、昔むかし暖かい国から
   日本に渡ってきた祖先達の血(記憶?)のせい」、
   反対に「暑さが苦手なタイプは祖先が寒い国から来た」という
   眉ツバもんがあった。



       A_4


結構信じてたんだけど、考えたら違うタイプで結婚すればどうなるとか、
私みたいに暑さ、寒さに弱いのは 一体なんだっ?て話だし。

第一気が遠くなるような昔の記憶がDNAとして残ってるだろうか。
そうは言いつつも、いまだに秋になるとその事を思い出してるんだから、
すっかり刷り込みされたこのアヤシイ知識は
DNAとして伝わっていったりしてcoldsweats01

      B_3



さてさてゆっくりながらもコツコツ続けてるこのブログ、
昨日はお蔭様で23位になってたりしました
happy02
ただ激戦地帯?なのでおばさんはすぐ撤退…だと思います…。
でもちょっとだけheartな気持ちが味わえました、ありがとうございます。
また定位置で?がんばろう。

そしてコメント、応援ポチありがとうございます。
勝手ながらご返事はそちらのブログに伺ってますが、
URLのない方はここでご返事してますnote



   田舎の秋をおすそ分け(まぁ、さすがに近所にはいませんが)
      ポチっとしてもらうと森の動物達も大喜びheart


この子と Banausagi_2   この子達ね  Banamura



| コメント (48)

2008年9月19日 (金)

月の光が見せた物…2

   

     さてさて昨日は思わせぶりな終わり方で失礼しましたsweat02
    却って期待をあおってしまったようですが、
    前もって言っておきます… 「出ません」よ。

 
      ***********************



…秋の夜空にかかった満月の光でぼんやりと読めた古い看板の文字は、

       
           「○○旅館」

  …今は誰もいないその場所に私は立っていた…、
  20年近くも前のよく晴れた秋の日。



高校の文化祭で一緒に行事をやったりしたが、クラスも別だった友人は
その旅館の娘だった。
しかし家がどこかも知らず、先生に引率されてきた私達は
突然亡くなった彼女の遺影を見てもただ呆然としてるだけだった。
広い庭には 商売柄大勢の弔問客がいたが、自らの意志で旅立っていった
若い娘については何かを言う事もはばかられて、
砂利道を焼香台に進む足音だけがザクザクと聞こえるだけだった。

若さとはドライなもので、やがて私達は殆ど彼女の事を話すこともなくなっていた。
ふっと思い出してもすぐにまた記憶の底に沈んでいく…。



20年近くも前に連れられて一回行っただけで、住所さえ覚えてなかったここに、
私は迷い込んできた。
せわしなくカチカチと記憶と記憶が結ばれて、やがて先生の家とここが、
お互い山の反対側になるらしいと気づいてきた。
確かに彼女の家(旅館)は川に面した高台にあった、この高台の端と端を
暗い中、私は進んできたんだ。
でもなぜ? あれだけ左に向かってたつもりがまるっきり反対側のここに?
そして沢山の細い道を適当に選んできたのがなぜこの行き止まりの場所に?


煌々と明るい満月の下、
しんと静まり返った無人の旅館、、木々の葉のザワザワという音。
急に怖くなった私は慌てて車を出して、とにかく下へ下へと道を降りていった。

その後、1,2回先生のとこに行ったと思うが、細心の注意を払って
帰ってきたのは言うまでもない(笑)。


   前回が中途半端な終わり方で、この話を私から聞いて知ってる
   親友のトミーでさえ「あの終わり方はなんだっ?」と言ってきた。

               
 おまけに…

 
     B_3
        と言われました、とほほ。

   

   短い話を2夜連続で恐れ入ります、でも頑張って終わらせました!
   よろしかったら応援ポチをして頂くと、嬉しいです…。


ここと Banaikkaku    ここなんです Burogumura



| コメント (32)

2008年9月18日 (木)

月の光が見せた物…





前回書いた気功治療、結果は?だったけど、
その時にあった不思議な出来事…。


先生の家は私の住んでるA市の外れの小高い山の中腹、
大手建築会社が造成をした住宅街の端にあった。

先ず、県道から山に向かう広い道を入っていき、
そこから古い住宅が道に沿って立ち並ぶクネクネとした
(車がすれ違える程度の幅の)通りを進んでいく。

頻繁に道が二又に分かれるが、とにかく右へ右へと曲がっていけば着く。
店や看板の類もなく、途中からはハウスメーカーの同じような家ばかりで
なんの目印もないが、とにかく「右の方向」に進めば間違いない。
つまり、帰りは「左へ左へ」と下っていけば最初の道にいやでも着く訳だ。

          Cocolog_oekaki_2008_09_18_00_27


秋も深まってきた頃、満月が上空にあった9時頃(かな?)
あまり効いたとも思えない治療を終えて、例のように左へ左へと
車のハンドルを切って、帰宅しようとしていた。
昔からある家々の高く暗い木立が曲がり角に影を作って、
月夜でも道が見えづらい。

半分ほど下っていったが、どうもこの私としたことが道を間違えたらしい。
めったにそんな事はないし、ましてもう5,6回は通った道、そして
絶対左方向の道しか進んでない筈だ。
回りの家にも こんな時間だから尋ねることも出来ないし、
暗い曲がり道をバックするのもあぶない。第一どこで間違えたかも
分からない。

まぁ、いいさ、要するにこのまま下っていけばどこかで県道に出るだろうと、
今度はあまり左右の道に拘らずに行ったが…。

車が入っていった行き止まりの場所は、何百坪もありそうな広い庭?
奥に大きい建物がうす黒く建っていて庭の入り口には古びた大きな看板…。
回りを囲むうっそうとした木々はザワザワと音を立て、
月明かりの庭は草が伸び放題、どうやら今は廃屋になってるらしい。


さて、どうしてこんな場所に出てしまったのだろうと不思議に思いながら、
車から外を伺う。

煌々とあたりを照らす満月、人の気配は一切しないで、ざわざわと風の音、
…あの家、そしてあの白い大きな看板…。
何て書いてあるのだろう?
殆ど消えかかってるその看板の文字を私はゆっくりと読んでいった…。

      

     A



真に申し訳ありませんが、今時計を見たら夜中の1時半過ぎてますっsweat02
実は私、すごく手が遅いんですweep
これではまた夫に叱られる~! 慌てて寝ようとしてますので、
もし宜しかったらまた明日、お越しくださいcoldsweats01
たいして長くもない話で引っ張って、恐縮です!お休みなさい!



   あ、でも寝る前に一言お願いですcoldsweats01よろしかったら
   ランキングのバナー、ポチッとしてもらえると嬉しいです。


 これと Bananurete_2   これです  Banabotamoti



 

| コメント (25)

2008年9月15日 (月)

兄、念を送る

覚えてる方も多いと思うが、
一時とても流行ってテレビでもしばしば取り上げられていた 気功
私の住んでる群馬の田舎でさえ気功治療を施す人もいた。


当時、私も生理通(失礼)が軽くなるとか聞いて何回か通った事があった。
効果はいまいちだったが、その治療する先生がとても楽しい人で
子供達を預ける人がいない時に1、2回連れていった時があった。

そこには本が沢山あって
子供達は好きな本を取り出して読んでいたりしたが、ある時、その先生が
「面白い実験をしてみよう」と私に1から10までの間の好きな数を
約10秒くらい、頭に思い浮かべなさいと言った。
母と子の間には深い繋がりがあり、母親が念じた数が子供に伝わる事があるし、
子供が小さい頃は余計そうだから試してみようと。



     ノリやすい私sweat02は早速気合を入れて念じた、念じたbearing
        

      1

    絶対に私の念は通じてるっsign01と自信満々の私。

先生が娘に
「さぁ、どんな数が見えてきたかな?」と聞いたら…


    娘も自信満々に   「ヨン(4)sign03


あら~、残念、違ったわねと先生と顔を合わせたら…

少し離れて本を読んでた息子がいつものノンキな声で、

           「あ、ごめんね。ボクが 4 て思ったの~」

     2


あんた、本を読んでるのかと思ってたら、ちゃっかり参戦してたんかいな?

でも先生が幼い兄妹の方が通じるんですよ、と言ったけど、そ~かいsign02
小さい頃って五感が鋭いというか、不思議な力があるんかな?


あれから月日は流れ、
大人になった今では特別仲がいいというほどでもなく、
感性が鋭い訳でもないけどね。
子供達は覚えてもいないだろうが、私はたまに思い出す事がある。


いつもコメント、応援クリックありがとうございます。
感謝、感謝ですが、ご返事はそちらのブログに伺ってます。
URLのない方はこちらでご返事させてもらってます、
勝手言って申し訳ありません。

恐縮ですが…、よろしかったら ↓ クリックお願いします。


   
これと  Banaikkaku   これ  Burogumura



| コメント (50)

2008年9月13日 (土)

秋といえばシチュー

日中はまだ暑いけど、朝晩はぐっと涼しくなって過ごしやすくなってきた。
あぁ、季節は確実に秋に移っているんだと空の高さに思う。


そんな時期に食べたくなる、というか妙に映像的に脳裏に刷り込まれてる物、

    
     それは…シチュー、  ホワイトシチュー

         ブラウンシチューでなく ホ・ワ・イ・トheart


しかも設定は北海道の平野にポツンとあるログハウス
外は乾いた風(雪はダメ!寒いから)が黄色くなってきた草原を渡る。
家の中は早々と暖炉(エアコンはダメ! ムードが無いから)に火が入ってる。
トロトロと煮込まれた(私は作らない!)シチューで暖まったら読書。




    あぁ、やってみたい!完全にシチューメーカーのCMに
    洗脳されてる小さい頃からの夢をっsign03


      A_2


ちっせぇ~夢と笑ってもいいわよ(ふんっbearing )
でも誰でもこんなたいした事じゃないけど、いつかやりたい事って
あるでしょ?
一度くらいはベンツに「乗せて」もらいたいとか、
お釣りはいらないわcatfaceと言ってみたいとか…(ほんと小さいわsweat02



いつも応援ありがとうございます。体温調節が下手になったお年頃?には
ぽっぽと暖かさを感じます。
よろしかったら二つ、ポチポチとお願い出来ますか

                               

   これと  Banausagi    これですにほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ


コメントへのご返事はそちらのブログに訪問、ポチしております。
URLの無い方はもちろんここでご返事させてもらってます。
勝手言って申し訳ありません。



| コメント (40)

2008年9月10日 (水)

大ワザッ!

何度も書くが私はテレビっ子(おばちゃん)だ。
そんな私が昨日見たテレビ番組で「これは描かねばっsign01」と思ったのが、
IKKOさんがメイクアップのコーナーで明かした大ワザ(これを大ワザと
言わずしてなんと言う)


IKKOさんファンの方なら(あ、私もね) 最近彼(女)がやけに目元が
スッキリしてきたと思わないだろうか?
整形したんじゃないのcatfaceなんて回りの声に対して彼(女)が潔く明かしたコツ、


   それは…

  幅広なテープで思いっきり目尻を引っ張りあげるsign03
  それをデカイ顔を殆ど覆ってる髪と更にウイッグで隠すsign03  
   

  するとあ~らら、外から見れば お目目がすっきり、くっきりheart

   Cocolog_oekaki_2008_09_10_22_48

ただしこれはよっぽどIKKOさんみたいに顔が超デカクないと向いてないから、
万人向けではないけど(笑)。
でも彼(女)の 手持ちの顔で?いかにきれいにみせるか、の工夫って
すごいね、えらい。


ところで今日のお絵かき、ココログに新たに設置されたお絵かき機能で描いた。
レイヤーもないし、塗りつぶしも出来ない…、大きさもこのサイズのみだけど、
ブログ作成中に描けて、ボタン一つでこのまま文中にパッと出るのが便利。
ちょっとした簡単な絵ならいいかも。
さてみなさんはどう思われました?



いつもコメント、そして応援ポチ、本当にありがとうございます。
ひっそりと描いてる私にはダイレクトに反応が分かってすごい励みになってます。
更にもう一つランキングに参加をしました。
お手数かけて本当に恐縮ですが、
よろしかったら二つ ポチッとお願いします。


   ここと  Banatukimi     ここ  にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ



| コメント (36)

2008年9月 8日 (月)

パンクの女王

昨日、車で出かけたが帰り道になぜか気になるタイヤの僅かな雑音。
雨の音に混じってカツカツカツと路面に当たるような音…。
車を止めて見ても別にタイヤに変化はないし、
タイヤの溝に小石でも挟まってるのかな?と自分なりに判断してそのまま帰宅。

実は…、私はよくタイヤをパンクさせる.
別にわざとじゃないし運転が乱暴な訳でもない。いや、ほんとにcoldsweats01

間が悪いというかなぜか(多分)道路に落ちてるクギの類を踏んでしまう。
普通の人?がパンクに遭遇するのは1回か、せいぜい2回くらいだろうか?
なのにこの10年くらいの間に私のタイヤがパンクしたのは4、5回はあったと思う。


そんな具合だから今朝、しっかりと確認してみたら…、

ネジの頭?みたいな直径1cmくらいな物ががっちりとタイヤに刺さっていた(泣)
すぐ修理に出したけど、早めに気づいたのでタイヤも傷んでなく、
簡単な手当てで済んだ。


   「よく分かりましたね~」と言われたけど、なんせあ~た、私は



    1


パンクの事は任せてっ(おいっsweat02、ふざけてる場合じゃないだろう?)

以前呆れ返った主人から「タイヤ交換くらい自分でしろ」と言われて、
しぶしぶセールスのおじさんに頼んで教えてもらったくらいだ(ちっ)。
パンクもするけど、交換も出来る(一人では無理だけどcoldsweats01
まさのパンクの女王catface


あ、それと言っておくけど発音は間違えないように。
パ・ン・ク 全て同じ強さでねheart


間違っても「パ」にアクセントをつけないように。

   パ ・ン・クだと…こうなるから。

    2

…50過ぎのおばさんにはキツ過ぎますからsweat02


さてさて風はすっかり秋めいてきて絶好のドライブ日和car
皆さんもパ・ン・クには気をつけて楽しい行楽をね。


いつも温かいコメント、応援ポチありがとうございます。
今日から新しくブログ村ランキングにも参加しましたので、
お時間があったらもう一つ、押して頂けると嬉しいです(ポッheart


        ポチ          こっちもポチっ
               ↓             ↓



     Banausagi         にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ



コメントのご返事はそちらのブログに伺ってます。
URLのない方はもちろんここでご返事させて頂いてます。
勝手言って申し訳ありません。



| コメント (40)

2008年9月 6日 (土)

夫を客観的に見る

私のモニター本の事で、皆様から温かい「よかったね~note」コメント、
本当にありがとうございました。
めったに褒められる事がない私は、たとえお顔は知らなくても
きっとみんな美男美女で心優しいんだと勝手に解釈してますが、違ってませんよねcatface



今現在、私以外にこれを見たのは友人ただ一人、まるで門外不出本だ(笑)。
せっかくだから、これを機会に夫にバラシたらどうか?と沢山アドバイスを
頂いたが、確かに「普通ならもっともなご意見」です。


だが、しかし! 前にも書いたが うちは三代続いた婿養子、
やっと出来た長男の夫は腹立たしいくらいの?関白夫…。
長い間の結婚生活でそのワガママぶりを冷静に見てきた私。



      A_3


   (福田さん、同じ群県人としてもう少し気骨をみせてもらいたかったなぁ)

         賞味期限が迫ってるこのフレーズ?使えてよかったcoldsweats01



ところで、お笑いが好きな私はつまらないダジャレをよく言うが、
流行に関係ないダジャレ?で昔からよく使うのは …

取っ手のあるコップを見ると(言うまいと思ってるのに)必ず言うのが…、

      

       「取っ手があるから、とっても便利」wobbly

子供からも完全に引かれてるのに、あぁ、止められないsweat02
仕事先の人にも言ってしまう…、誰か止めてsign03


以前習ってた英会話の若い先生にも
「これって日本のジョークよ」なんて教えちゃったし。

        B_2


こんなチャランポランな私がブログ書いてるなんて夫が知ったら、
そりゃ、厳しいチェックが入るのは必定(お~、こわっ)。
だから内緒で好き勝手に描いてるのが一番私らしいのかな?


ブログを始めて1年半経ったし、ペンタブにも慣れた、
区切りで本も作ってもらって
ますます好き勝手に描く?と思うけど、どうぞこれからもよろしく。

バナー、季節感を取り入れてみましたmapleポチっと押す勢いが付くかしら

            ↓

     Banatukimi   ←今時、だんご泥棒もいないか(笑)


          にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ       ←こっちも参加してみましたが、イラストのバナーが
                   貼れません(泣)。よろしかったらついでにポチっと



| コメント (50)

2008年9月 3日 (水)

出版モニター本、届きました

 ジャ~、ジャ~ンsign03

可愛いバッグに入れられた2冊の赤い本が5日前に届きましたpresent
これは一体なんでしょうかぁ?

      Dsc00431




          答えは…

6月に記事にしたココログ出版さんの出版モニターの本ですcoldsweats01
はい、私のブログが本になったんですよ~(2冊限定だけど)。


くじ運はさっぱりでんがな~cryingの私でもモニター運はばっちりやったんやね
一番お高い布製の表紙でページの紙質も良質でツルツルでんがな~scissors
(て、なぜにアヤシイ大阪弁?)




もちろん夫にはブログ自体が内緒だから、アマ○ンで取り寄せた本て事で。

     A



ブログを始める時に ココログさんに決めた理由が出版システムがあった事。
記事がたまったら自費で(もちろん安い方のを)頼むつもりだったので、
ほんとラッキーでした、ありがとうございますhappy01


日々の出来事や娘の旅立ちも本を手に取れば蘇える、
文字の色や配置も指定出来たので、まさにこの世界にたった一つの本!

     Dsc00433_2



透明カバーの裏にはちゃんとプロフィールがっnote
     Dsc00436
               (光っちゃって見えづらいね…sweat02


何事もコツコツと続けてれば、嬉しいサプライズがあるんかな?


ただ子供達は遠くに住んでるし、回りには言ってないしで、
見せびらかせないのが 残念だわ。


      B


さてさて、すっかり気をよくした私、次なる嬉しいサプライズの到来を 目論んで、
宝くじ売り場にゴ~dash (あぁ、娘の呆れ顔が目に浮かぶ…)





いつも訪問、コメントありがとうございます。
秋も近づいてきて夜は大分涼しくなってきたので、更新も頑張らないとscissors

相変わらずコメントのご返事はそちらへの訪問、応援ポチに代えてます、
本当に勝手いってすみません。
もちろんURLのない方はこちらでご返事させてもらってます。


勝手ながら、パワーの源 ポチをよろしかったらお願いしますcoldsweats01   
      
      

     Banasapurise    ←ほんと、実感です。



| コメント (57)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »