« 懐かしの化け猫映画 | トップページ | 8月15日の青い空 »

2008年8月14日 (木)

オリンピック 合成?と涙

前回の記事の里見八犬伝、なんと皆さんがご存知でしたhappy02

ただし、東映映画で見たという方(私世代)と、
NHKの人形劇で見たという方に分かれましたが、いずれにしても
すごいぞっ、八犬伝ですheart
何世代にも亘る怨念の世界、訳あって犬の子ぉsign02の奇想天外さ。
個性的なイケメン剣士が8人もっheart
ハリウッド映画なんてメじゃありませんぞ


    

      ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ところで毎日北京オリンピックの熱戦が放送されてますね。

中国の国力を「えっ、どうだい、すごいだろ?オレんとこ」とでも言いたげなcoldsweats01
壮大な開会式に正直私も驚いた(ついでに長さにも)。

特に足型に打ち上げられた花火が「鳥の巣」に段々近づいてくるとこなんか
どうやって上空からあんなにきれいに撮れたのだろう?とか
北京の夜景がまるで欧米のように光り輝いていてるとか感激したが…。

あれって前もってCGで作っておいて合成したのねwobbly

おまけに今になって更に分かった事は、
開会式で歌っていたあの超可愛らしい女の子。
あれだけきれいに歌い上げながら表情は少しもくずさず、
「微笑の天使」とさえ言われるようになったあの満面の笑顔っ!


なんと口パク(くちぱく)だったとかbearing
オーディションの中で一番容貌の優れた彼女と
一番歌の上手だった別な子を合体…(その子の立場はsweat02

別に悪い事ではなく「国家の利益」の為だとか…、
お国柄の違いだろうが、何か日本人的にはどうもしっくりこないわ。

           A_3



それと肝心のメダルの獲得、これはなかなか期待通りにはいかない。
いくら頑張っても、相手も頑張ってるからね(笑)

そんな中、水泳の北島選手が世界記録で1位になり、インタビューを受ける際に
タオルで顔を抑えたまま、しばらく声にならなかったのを見て、
思わず私も涙ぐんでしまった。

それは彼が金を取ってくれた感激というのでなく、
私からみれば明るく元気な現代っ子、のイメージの北島選手が、
もちろん金を取った事が声も出ないほどの喜びであるけど、同時に
内面ではどんなにか大きなプレッシャーと不安とに闘ってきたのかと
気づいたから。
彼に限らず、もっと多くの選手がこの4年間全てを犠牲にして頑張り、
スランプや絶望と闘い、ひたすら夢に向かっていても
強化選手に選ばれるのはごく僅か。
更にその中から最終的に数人の出場選手しか選ばれない。
オリンピックを目指すくらいの人は小さい頃からすでにすごい練習をしてきて
その成果なんだから、メダルだけが全てじゃないよ、と思うけど、
でもメダルを取れなくて沈んだ顔の選手は自分のふがいなさと同時に
周りの人に対する申し訳なさとで自分を責めるんだろうな…。


私みたいな運動オンチは辛く苦しいトレーニングを続けてきただけでも
彼らを尊敬しちゃうけどね。

       B_4

応援席にいるご家族の晴れがましさは羨ましいかもしれないけど、
私は落ち込んでる時の子供はとてもみていられない。
趣味ならともかく過酷なアスリートの道に進んだらきっと毎日
心が休まらなかったかもしれない。


小学校の夏休みなんか 少年野球チームで頑張ってる子を横目に
のんびり、まったりな子供を見てて「やれやれsweat02」だったけど
所詮カエルの子はカエル、競争心のないのは私譲りだから仕方ないわね。

      C_2



 いつも温かいコメントありがとうございます。
 ご返事を書きたいのはやまやまですが、諸般の事情で?しばらくご容赦を。
 コメント頂いた方には必ずそちらに伺ってコメントや応援ポチしてます。
  URLのない方はこちらでご返事しております。

 どうぞ、見捨てずに「全くおばさんは~」と呆れないでね
heart

       Son   ←ランキング参加してます



« 懐かしの化け猫映画 | トップページ | 8月15日の青い空 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

北島選手の金メダル、感動しました。
そして、あの涙のインタビュー。
うるうるでした。
相当なプレッシャーと闘っていたんでしょう。
全選手、日々過酷な練習を耐え抜いてがんばってきたんですよね。
結果はどうあれ、拍手を送ってあげたい。
でも、勝負だから周囲の声は、厳しいものがあるのも事実。
メダルと取っても金じゃなきゃ評価されないヤワラちゃんとかは、銅メダルじゃ意味がないんだろうね。
何だか切ないなぁ。


投稿: smile-one | 2008年8月14日 (木) 02時29分

そうそう~ 期待するほうは気楽に「金を!」と言えるけれどね、タオルに顔をうずめた北島選手のあの瞬間をバルさんの絵でまた思い胸がきゅっとしました。
あの北島選手の向こうにたくさんの北島選手がいるのですね、金を目指してオリンピックを目標にして半端じゃない練習量と才能を持ちながら運なく埋もれていったたくさんのアスリートがいるのだなぁ。。。と。

投稿: ふたば | 2008年8月14日 (木) 06時26分

何もしなくても暑いなか、オリンピック選手も
甲子園の選手も、ただただ尊敬します。

中国って、やっぱり私はどうも・・・
合成や口パクのニュースみて、「やっぱり」
って思った人は多かったと思います。
でも口パクの女の子可愛いですね。

投稿: 花水木 | 2008年8月14日 (木) 08時09分

 北島選手には がぱも感動させられました。
人ががんばっている姿は 
見ていて心が動かされますね。
みんな がんばれ!! って気合いが入ります。
そして 自分も頑張らなくちゃ!! と思います。

投稿: がぱちん | 2008年8月14日 (木) 10時06分

小心者の私は、落ち着いてテレビ応援できないのです。翌日ニュースや新聞で結果見てから、VTRで応援・・・。
気がついたら、まだ高校野球やっていたのね。宮崎負けちゃったから、すっかり忘れていました。

投稿: あらんだまおばさん | 2008年8月14日 (木) 11時31分

とてもタイムリーなお話で、バルさんの描く北島選手の姿にふたたび、じーーーんときてしまいました。やっぱりオリンピックで頑張る若者には感動しますね~。
(でもお国柄の違いにはしっくりこないというのもまさに同感です。)
ところで息子さんとコブコちゃんがかわいい…
私はバナーの「ボクだっていつまでもバカじゃないぞ」に笑ってしまいました。このバナーすごく愛おしい。いたく気に入ってしまいました。

追伸:バルさん、お忙しいのに、温かいコメントありがとうございました。本当に感激しました。

投稿: ノラドラ | 2008年8月14日 (木) 13時06分

目標が達せられたとき、それまでの苦労や辛い時期のことも、いい思い出となる!

でも、結果がえられなかった時・・・それまでの、過程は、苦しい思い出となってしまう!
それから、這い上がれる人間は、凄いなぁ!と思います!

頑張る人間は、周りからも頑張りを期待される・・いくら強い人間でも辛いだろうなぁと、弱いおおかみは思ってしまいます。

妙に真面目なコメントを書いてしまいました・・多分暑さで、頭の回路がショートしたのかも(>_<)

投稿: おおかみ | 2008年8月14日 (木) 13時31分

こんにちは!
徹夜踊りに行くため、ポチ☆失礼します。
帰ってきたら、ゆっくり読ませて頂きますね☆

投稿: サユサユ | 2008年8月14日 (木) 14時00分

こんにちは

北島康介選手、金メダル2個すごいですね。

ここまでの道のりを考えると、
本当に金メタルが取れて良かった~と思います。

他の選手が開会式を楽しむ中、
参加せず集中を高めていた彼。

時々見せる厳しい表情。。

きっと、すごいプレッシャーと緊張と。。
色々なものを背負わされているのだろうと思ってました。

でも、報われてよかった。
報われずに、去っていくたくさんの選手もいますもんね。

今、失意の中の選手もまた、立ち上がって
頑張ってほしいな~と思います。

口パクやCGは知りませんでした。
びっくりです~。


投稿: たんぽぽ | 2008年8月14日 (木) 18時51分

     >花水木さま
あの女の子は今、映画出演料が1分300万円というとんでもない人気者だそうですよcoldsweats02
表彰台の女性も美女ぞろい、なんか嫌味にもなってきましたwobbly

投稿: バルおばさん | 2008年8月14日 (木) 19時54分

バルおばさま♪
☆ハウディ!

>いくら頑張っても、相手も頑張ってるからね(笑)

そんな中で2種目連覇の北島康介は凄いと思いました。
プールの中での雄叫びとインタビューの涙。
天才がほんとうに努力して掴んだ栄光なんだなぁ~と感じました。
それにライバル・ハンセンに対する友情と尊敬。
けして驕りたかぶらない真摯な姿勢は素晴らしいですね。

それと・・・
ボクの職場に中国からの国際交流員が1名います。
中国では短大で日本語を教えていたという女性ですが
(たぶん超エリート)
ほんとうに物事を合理的に判断します。

>一番容貌の優れた彼女と
一番歌の上手だった別な子を合体…

全世界に送るパフォーマンス。。。
あれはあれでありではないかと(笑)
中国からの交流員と普段一緒にいるので
特に違和感は感じないですね。

ぁ、ボクは正直者でいかさまができないタイプです。
ふふ。。。

投稿: Hs | 2008年8月14日 (木) 20時08分

まぁ納得出来ないかな俺も
でも開会式自体はよかったねぇ
独特でキレイだった

フェンシングも体操も銀
頑張ったねぇーーー
嬉しいよね

投稿: 落合 | 2008年8月14日 (木) 20時30分

合成のお国柄には私もびっくり。
これを機に、中国のアンビリバボーを
知りたくなりました。
天気さえも操れる国だったとは。

投稿: きんとと | 2008年8月14日 (木) 21時48分

開会式は国家の威信をかけて
気合がはいっていましたね。
でもあの歌をほんとに歌っていた女の子も
写真を見たらかわいかったのに…。

投稿: penpen | 2008年8月14日 (木) 23時49分

タイトルに「合成」とあったので、
「つ、ついに、バルさんもイラストと写真の合成に目覚めたのね!」
と来てみたら・・・
あっちの方の合成でしたね。(笑)

ちなみに赤い服の少女、ワタシも2~3日前描きました。
こちらの子の方がずっと可愛くて、穴があったら入りたい気分です。sad

投稿: あずき | 2008年8月14日 (木) 23時53分

スポーツだけでなく 生きていく道には なんでもありじゃとか 激しく主張しなければ 言ってないのと同じとか  あらためて勉強することの多い 今回の スポーツの祭典です。

投稿: 小紋 | 2008年8月15日 (金) 06時51分

バルおばさん こんにちは。
プレッシャーでいっぱいだったんでしょうね。
あの涙には私も胸が熱くなりました。
昨日の競泳は余裕で見る事が出来ました。
あらためて北島選手、金メダルおめでとう~~shine

それにしても口パクだったとは・・・・
新聞の写真を見れば、歌を唄った子だってとっても可愛いのに・・・。

投稿: チーちゃん | 2008年8月15日 (金) 10時11分

アスリートの皆さんは、想像がつかないようなプレッシャーの中で戦っているんですよね。
努力に見合う結果が必ず訪れるわけではないけれど、後戻りも出来ない。
私も自分がスポーツが苦手なせいか、子供がそんな過酷な道を選んだらきっと気が休まらないだろうなあと思います。
それにしても、バルさんのお子さんはバルさん譲りでほのぼのしていて、いいですね~happy01

投稿: ぷみまる母 | 2008年8月15日 (金) 16時32分

バルさん、お盆お疲れ様です!happy01
あの子は口パクだってショックですね~
さすが中国なんでもありだ!happy02
きょうのぽち~good

投稿: kon25 | 2008年8月15日 (金) 17時33分

こんばんは!
口パク、CGには笑ってしまいましたが、
口パクお女の子は完璧な可愛さですが・・・
裏で歌ってる子も可愛いですよね~happy01
バルさんの北島選手の絵をみて、思わずムギュっと
抱きしめたくなりました。
どれだけの重圧が彼の心にかかっていたのか・・・
過酷な自分自身との限界までのトレーニング!
おめでとう!お疲れ様でしたhappy01

投稿: サユサユ | 2008年8月15日 (金) 21時27分

中国の女子選手って
男の子みたいに見えない?
そうけんび茶とか飲んでないのかなぁ(笑)

投稿: 落合 | 2008年8月15日 (金) 23時46分

( ´ー`)ノ こんにちは♪
私も北島選手のインタビュー見ていました。
あれは、インタビューをしたアナウンサーのファインプレーだった気がします。
北島選手が1着でゴールしたことが最高の喜びと感動だったので、それを壊さないインタビューが大事になってきます。
北島選手が感動に浸っていることを、あの絶妙の間でインタビューしたアナウンサーは、すごいなぁ、とまた別の感動が私にはありました。

おめでとう、北島選手!
感動をありがとうheart04

投稿: ピノコ | 2008年8月16日 (土) 11時29分

     >ピノコさま
なるほど、決めゼリフの?「ちょ~、気持ちいいっ」も誘導してたしねhappy01
確かに感激を損なうような下手なインタビューする芸能人もいるしね(て、誰?)

投稿: バルおばさん | 2008年8月16日 (土) 16時53分

CGも二人一役もありといえばありなんでしょうがねえ・・・
そんな合理的な国なのに、なぜ五輪マスコットのパンダの
尻尾を黒にしちゃうのかと不思議に思います。

投稿: ひよっこ | 2008年8月16日 (土) 23時01分

   >ひよっこさま
ありゃ、ほんとだ(笑)。
いつかのパクリ遊園地みたいにあまり動物には細かい事言わないのかもwobbly

投稿: バルおばさん | 2008年8月16日 (土) 23時30分

56民族の子供達が民族衣装で・・というのも、実は全員が漢民族の子供たちに民族衣装を着せての演出だったそうです。歴史絵巻のコスプレならいざ知らず、演出で許される部分とそうはいかない部分があるように思うのは古いでしょうか。映画とセレモニー(儀式)はそのあたりこだわり方が違うように思います。映画はより本物らしく見えること、美しくみえることが大事なのだと思いますが、儀式はしきたりに従い真実であることが大事なように思うんですけどね。
(^_^;)

投稿: | 2008年8月17日 (日) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 懐かしの化け猫映画 | トップページ | 8月15日の青い空 »