« ちくっと痛むこと | トップページ | パリの白雪姫 »

2008年5月13日 (火)

犬と同窓会

最近の某携帯会社のシリーズ物のCM「同窓会編」、
これが結構好きだ。


お父さんが犬というありえない設定もふざけているが、
今回はちゃっかり同窓会の宴席にちんまりとお座りしてる
(おいおい、お酒もツマミもあるよ)。


A



憧れの女性の隣で楽しんではいる気配だが、
仲間達が医者や弁護士になっていてお父さんだって中学校の教師だが、
何か引けを取った思いがあったのか帰宅して少し沈んだ様子なのが
なんとも切ない。


   
      まるで石川啄木の句のようだ。


   友が皆 我より偉く見ゆる日よ 花を買いきて 妻と親しむ

B_3

ところで知ってる人も多いと思うが、
あの白いワンチャン、声はかの北大路欣也がやってる。

堅いイメージの大物俳優なのに、思い切ったもんだ。
さすが、プロだね。



               heartおまけheart

知ってる人の方がすご過ぎるが、彼の父親はかって東映時代劇の
看板スターだった 市川右太衛門なのだ(そう言われても…と思ってる?)


さすがに私もほんの子供でよく覚えてないが(ほんとだって!ほ・ん・と!)、
歌舞伎出身だった右太衛門が白塗りで豪華な着物を着てたのは
まさに銀幕のスターという風格だった(結構年いってたと思うわ)。


C




   ふふ、今日は恐ろしいくらいレトロでした、

   ついていけた方も、ついていけなかった方も
     これではどうでしょうか?

                ↓


     Baru       ←天下御免のランキングミソざます

                      いつもぽちっと応援ありがとうございます。




« ちくっと痛むこと | トップページ | パリの白雪姫 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 わ わからないです…
でも 犬お父さんのCM好きです。
あのわんちゃんは 2匹いるんですよね
男の子と女の子の兄妹だとか…
 同窓会やらないかなぁ

投稿: がぱちん | 2008年5月13日 (火) 01時21分

バルおばさん おはよう。
あのコマーシャル面白くて好きです~heart04
ありえないのに俳優さんたちが真面目にやってるからいいね。

あのワンちゃんの声、北大路欣也さんだったんだぁ~sign03
知らなかった・・・・・crying

ぽちん☆

投稿: チーちゃん | 2008年5月13日 (火) 07時30分

お父さんの声 北大路欣也さんなんだ!
知りませんでした~~

あのコマーシャルは… 
なぜだか私は とっても 苦手なんです
嫌いなものは少ないのに、あのCMは 消したくなるほど嫌いなんです(笑) 
なんででしょうね???
バルおばさんの絵は好きですよ~

投稿: スノーパンダ | 2008年5月13日 (火) 08時31分

犬になれないpochiであります(^_-)-☆
わたし、どうもこのコマーシャルシリーズに
しっかりはまっております。

う?スノーパンダさんは逆ですかぁ…
わたしは、自分がおとうさんにのりうつっているので
自分をみているようです^_^;(言動と行動がね)

おとうさんがでてくると見入ってしまいます。
啄木を!わたしは漱石のシリーズに登場する「先生」の悲哀を感じます。
ちょうど三四郎を読んでいます。

あのお父さんは、なぜか犬になってしまったそうです。

投稿: pochi | 2008年5月13日 (火) 08時37分

あのシロちゃん。北大路さんですか。
気がつきませんでした。
前は星一徹の加藤精三さんでした。earと思いました。
歌太衛門は「西川のりお」のパハッ・パハッ
の人だとは知っている人も少ないでしょう。
のりおは坂妻もやりましたね。
「ボン、ボンじゃござんせんか、すっかりleoになっちまって」。

投稿: スタンリー | 2008年5月13日 (火) 08時40分

(*゚ー゚)vおはようございます♪
お父さんの白犬は、北大路欣也さんでしたか!
知らなかったです。ホウ!
私、あのお父さん好きです♪
あのシリーズ大好きです。

天下御免の向こう傷、拙者 早乙女主水之介ですな!
母から聞いたことがあります。
母は扇子を持って、真似をしてくれました。∑(゚◇゚;)
その物真似が似ているのかどうかもよくわからないのに、私はケラケラ笑っていたのを思い出しました。
コレって懐かしいと言っていいのかな。σ('、`)?

投稿: ピノコ | 2008年5月13日 (火) 08時49分

ワンちゃんの声、北大路欣也ですか??ヘーッ!
四十数年前、加賀まり子と北大路欣也の舞台、オンディーヌを見ました。二人が若くて、素敵でした。父親の市川歌衛門の旗本退屈男も時代劇好きの祖母のお供で、映画館に見に行きました。久しぶりに懐かしいお名前を見て・・・

投稿: oshibanayoshimi | 2008年5月13日 (火) 10時55分

 私は某国営チャンネルが主なので、残念ながらCMは殆ど知りません。その代わり(と言っては何ですが)市川右太衛門は良く知って居ります。
 え~、私の漢字辞書はお馬鹿さんなのか?イチカワウタエモンを変換しますと市川歌右衛門と出るのですが、市川右太衛門ですよね。流石バルおばさんです。子供時代でよく憶えていらっしゃらないのに、たいしたものです。
 彼は重役兼俳優として、片岡千恵蔵と共に1950年代の東映を支えた大スタアでしたね。バルおばさんのイラスト、なかなかの美男子ですね。そうでしたね。市川右太衛門というと旗本退屈男でした。
 私が印象深いのは、東映初のカラー映画(当時は聡天然色映画と呼んでいましたが)片岡千恵蔵と共演した『日輪』です。1953年11月29日に、京都座で鑑賞との記録が残っています。“東映初のカラー作品。ひどい色彩技術。色がついているだけ。進藤英太郎の悪役ぶり見事。”との評をしていますが、貫禄充分の市川右太衛門の面影は脳裏にあります。
 なお、北大路欣也は、吉永小百合と共演した『夢千代日記』もさることながら、何と言っても高倉健と競演した『八甲田山』が佳いですね。歌舞伎の名門“市川”の流れを感じます。
 他に市川の流れといえば、沢山の俳優が目に浮かびますが、比較的古くては、眠狂四郎の市川雷蔵。近くでは、『阿修羅城の瞳』でデビューした市川染五郎(7代目)でしょうか。『蝉しぐれ』も良かったですね。
 NHK大河ドラマ「武蔵」の市川海老蔵(11代目)も『出口のない海』で頑張っていたと思います。
 チョー最近では『クロサギ』を観ました。市川由衣はそういう流れとは関係ないですよね。な~に、私が古いことだけしか知らない人間と思われなかっただけの発言でした。(笑)

投稿: アスカパパ | 2008年5月13日 (火) 11時00分

 あれは3年前♪ ちがった。
 あれは 出世した人とわが身を比べて しずかになってたのか!
 私は 憧れの女(ひと)にあって 思いをはせているのかと思ってた。
 校長とおかあさんの 絶妙な使い方 
 はい、はまってます。十分。夫婦で。みそ!

投稿: 小紋 | 2008年5月13日 (火) 16時15分

 バルさん、こんばんはpaper

え~そうなんですか、
「華麗なる一族」で、木村クンの父役の
人ですよね~movie
でも、知んかったcoldsweats02
heart01おまけheartからの
お話、まったくわかりませんcoldsweats01
啄木の句、、、
意味合い的にどんな意味なんですかcoldsweats01

投稿: | 2008年5月13日 (火) 18時15分

こんばんは~
 今日は又、又ネタ元の・・・へ行って、
それから美術館へ行きました。
更に彼方此方歩いて、さすがの足もクタビレました。
今日は愛のheart未だやった。
と、パソコンを開けたら、バルさんからのコメント
おやおやnote遅かったのかいnote
お邪魔したら、何とcoldsweats02
バルさん、大丈夫なのかぁ。少し心配しながら。
 前置きが随分長~くなりましたネ。
「北大路欣也さん以下全て、知っているよ」が何故か悲しいcrying
私も白犬のCMのファンです。
 それから啄木の詩は、お稽古の帰りにバスの中で、呟いている、
私の詩でも有るのですよweep

投稿: コスモス | 2008年5月13日 (火) 18時27分

このシリーズのCM、母と二人でいつもウケてます(笑)
わたしはウケただけで終わってしまってたけど バルおばさんは 石川啄木を連想してらしたんですね。
言われるとなるほどですわあ。
さすがに、わたしは 北大路欣也さんのお父様までは存じません。(ウソぢゃないです・笑)
まだトーキーじゃなかった頃のお話ですか?(そこまでは古くないかなー)

投稿: M | 2008年5月13日 (火) 19時59分

   >がぱちんさま
そりゃぁ、分からないよね、半世紀前の話だもんcoldsweats01
あのワンチャンはおにいちゃんがおっとりしてるから座ってるシーン、元気な妹は吠えるシーンだそうです。人間社会と似てる?

投稿: バルおばさん | 2008年5月13日 (火) 21時03分

    >チーちゃんさま
北大路欣也とは私も最初はびっくりしました。
あの犬がエラソ~に吠えるとこなんか、なんかうちの
夫をみるようですcoldsweats01

投稿: バルおばさん | 2008年5月13日 (火) 21時08分

    >スノーパンダさま
特に不快とも思えないけど、なんでしょう?
人夫々の好みって面白いですね、私も一般的に好評なCMでもなぜか苦手だ、というのはありますもん。

投稿: バルおばさん | 2008年5月13日 (火) 21時11分

    >pochiさま
ご自分が乗り移ってる…、すごい愛着のあるCMですねhappy02私も最初は犬がお父さんsign02なので、なんてシュールな構成だ!と思ったけど、今はすっかり馴染んでます。お父さんが威厳を持って子供を叱る時なんか笑っちゃいます。

投稿: バルおばさん | 2008年5月13日 (火) 21時15分

   >スタンリーさま
加藤精三…、言われてみればhappy01
西川のりおは右太衛門も坂妻もやってたのですかぁ?
今の時代、絶対ウケマセンね(笑)。

投稿: バルおばさん | 2008年5月13日 (火) 21時18分

    >ピノコさま
知らなかったとは意外でしたね、情報通なのに(笑)。
ムム、早乙女主水之介を知ってる…!そして息子さんに受け継がれるcatface
近くに住んでれば、私がお母様の代わりにモノマネしてあげるのに(って何の為に?)

投稿: バルおばさん | 2008年5月13日 (火) 21時24分

    >oshibanayoshimiさま
「オンディーヌ」…、浅利慶太の演出でしたね。
一番上の姉が北大路欣也のファンで騒いでいたので?
よく覚えてます。加賀まり子、本当にきれいでしたね。
両親が映画好きだったので、東映時代劇は沢山見ました。

投稿: バルおばさん | 2008年5月13日 (火) 21時28分

もしも僕の父が、あの犬だったら・・・
恐らく、毎日ガルルルルルルともみ合いますね。
そして負けるでしょう!キャイ~ン(笑)

さて旗本退屈男ですか~
リアルタイムではないですけど、知ってますよ!
「天下ゴメンの向こう傷!早乙女なんとか?ですよね。
時代劇と言えば僕が好きなのは、やはり「7人のサムライ」ですかね~
日本映画ではじめて血しぶきを演出したらしいです。
今じゃ当たり前の技術かもしれないけど・・・
応援ぽちっ

投稿: kon25 | 2008年5月13日 (火) 21時36分

    >アスカパパさま
さすがです!! アスカパパさま。
やはり「右太衛門」でしたか。私も変換するとどうしても「歌右衛門」になってしまい迷っていましたが、これで納得しました、本当にありがとうございます。

しかしそれにしても1953年の「日輪」まで観ていたとは!進藤英太郎は当時から名悪役だったのですね(笑)。
さらに若者が主役の「クロサギ」まで網羅、すごい!私は観ませんでした、完敗です。

投稿: バルおばさん | 2008年5月13日 (火) 21時37分

    >小紋さま
私も憧れの君を思ってるか?とも考えたけど、
娘から「楽しかった?」と聞かれた時に「…うん」という間(ま)に哀愁を感じましたthink
みそ!ありがとうございます。

投稿: バルおばさん | 2008年5月13日 (火) 21時45分

    >?さま
すみません…、多分分からない方多数続出と思いました。
啄木の句は(解釈は少々いい加減かも)、久し振りに会った友人達、懐かしさでいっぱいだけど、ふと思うと皆、つつましく暮らしてる自分よりも出世してて何か取り残されたような寂しさを感じます。帰り道に幾本かの花を妻に買い求め、二人して花を愛でる。
豊かな生活ではないけど、お互いをいたわり合う生活の中に幸せを感じる…ざっとこんな具合かな、へへ。
退屈男の説明は↑のアスカパパさまが書いてくれてます。

投稿: バルおばさん | 2008年5月13日 (火) 21時56分

    >コスモスさま
heart絶対、全て分かる!と思ってました(すみません、でもよかったぁ)。
今日も取材でしたかhappy01ではまた素晴らしい京都が見られますね、楽しみ、楽しみlovely
啄木の詩は、コスモスさんの詩だったのですね。
しまったぁ、↑の解釈、違ってますか?

投稿: バルおばさん | 2008年5月13日 (火) 22時02分

   >Mさま
ち、違いますってcoldsweats02トーキーではありません。
いつも母に連れていかれてたので覚えてました。
着物、すんごいですよsign03 三波春夫も(古っ)真っ青の豪華な着物で裾に真綿まで入ってます。
子供心になんてケバイおっちゃんだwobbly
思ってました。

投稿: バルおばさん | 2008年5月13日 (火) 22時07分

    >kon25さま
kon25さん、すごい!その若さで「早乙女なんとか」と言えるのは立派です。
映画、お好きですか、嬉しいなぁ。「七人の侍」、あれは世界中の映画人に影響を与えた名作ですね。
ポチ、ありがとうございます。

投稿: バルおばさん | 2008年5月13日 (火) 22時12分

バル子ちゃんのコメント読んでると
年齢層の幅の広い事!感心します。

このごろ、創作意欲に溢れてるご様子、
嬉しくなります。毎回切り口が斬新です。
切り口が斬新といえば、チャンバラですね

土曜日の午後とか小学校から帰ってくると
再放送でやってました。古いチャンバラ映画

母は、あのキンキラの衣装を「畳の縁(たたみのへり)」
ド派手な着物を「布団の柄(ふとんのがら)」と
笑ってましたが、歌舞伎から来てたんですね。

投稿: 三日月 | 2008年5月13日 (火) 22時45分

    >三日月さま
バナーよ、バナーの創作意欲bleah
しかしこうしてみると私ってつくづくレトロな
人間だなと思っちゃう。両親から聞いた話が擬似体験的なとこがあるのね。
そのうち戦前編まで描いたりしてwobbly

投稿: バルおばさん | 2008年5月13日 (火) 23時06分

そうか、北大路さんだったんですか、気付かず…。
カイさんとこのカイ君とお父さんはよく似てるんですよ。

見たよ、旗本退屈男…。眉間の傷が印象的で、シャープを聞かせすぎたような画面の印象がありました。
リアルタイムじゃないですよ。ビデオ屋さんとか、NHKの映画の時間とかで見ました。
貫禄あって好きですねぇ。

投稿: ねこおばさん | 2008年5月13日 (火) 23時44分

>ねこおばさんさま
まさかあの北大路欣也とはねぇcoldsweats01
リアルタイムで観たのはコスモスさんと私くらい、とほほざます。
でもあの時代って結構年配者でも若い役やってたから、フランス映画の事言えないわね(笑)。

投稿: バルおばさん | 2008年5月14日 (水) 00時51分

しばらくポチ逃げでごめんなさい。(涙)
返信もご不用です。(笑)

幼稚園手続きが迫っております…とほほ

投稿: きんとと | 2008年5月14日 (水) 02時56分

    >きんととさま
家庭第一ですもん、頑張ってください。
では私も静かに(笑)そちらにポチに行きますね。

投稿: バルおばさん | 2008年5月14日 (水) 12時40分

>?の正体は、私です。
名前入れ忘れましたcoldsweats01

投稿: 海 | 2008年5月14日 (水) 21時45分

そうそう、啄木の解釈ありがとうございます。
素敵な句ですね~up
好きかもhappy01

投稿: 海 | 2008年5月14日 (水) 21時47分

今日は、ぽち逃げで・・・
失礼しま~す♪

投稿: kon25 | 2008年5月14日 (水) 22時34分

石川啄木の絵の腰高窓の腰掛けてる・・・名前がでてこないbearingなんだっけ・・あの手すりがついている縁側の高いの・・・(酷い日本だ!)なんて、言ったっけ?

私が言わんとする、それを・・最近は見かけなくなった・・・という話だけだが・・なんか、ちょいと座って外を眺めていたい気分だなぁ!heart04

妙なコメントでゴメン!

投稿: おおかみおばさん | 2008年5月14日 (水) 23時03分

    >海さま
ふふ、文体でそうだと分かってました。
昔の作品でも今に通じるものっていっぱいありますよねhappy01

投稿: バルおばさん | 2008年5月14日 (水) 23時45分

    >kon25さま
はい、お互い仕事頑張りましょうscissors

投稿: バルおばさん | 2008年5月14日 (水) 23時47分

>おおかみおばさんさま
やだっ~sign03言われるまで分かって描いてたのに、いざ聞かれたら急に分からなくなってしまったわwobbly
えっ、えっ?なんだったけ、これ?うわぁ、どうしよう、思い出せない~!
明日また来てくれない?思い出すように頭ひねっておくから(ぎゅ~)。

投稿: バルおばさん | 2008年5月14日 (水) 23時50分

明日になったので、来ましたが・・・
欄がついていたような~~???coldsweats01

投稿: おおかみおばさん | 2008年5月15日 (木) 01時11分

>おおかみおばさんさま
はえ~よsign03あたしゃ、これから寝るんだから。

投稿: バルおばさん | 2008年5月15日 (木) 01時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちくっと痛むこと | トップページ | パリの白雪姫 »