« お子様ロード Ⅱ | トップページ | 校門の外の誘惑 »

2008年4月 9日 (水)

お子様ロード 最終回

私の家のすぐ近く、細い路地が何本か集まって込み入った場所の真ん中に
ぽっかりと空いた八畳ほどの広さの土地…、
今はどうなってる分からないが、私にとってはとても不思議な場所だ。



*******************************



あれは娘のコブコが小学校の4年か、5年生の頃、
秋の運動会に学区内のお年寄りに見に来てもらおうと
学校側で招待状を配布した事があった。

郵送よりも近くの子供が届けた方がよろしかろうとの考えで
娘も招待状を先生から渡されて持ってきたが、
うちの町内はやたらお年寄りが多く、封筒はかなりな数だった。


張り切って配っていた娘だったが、秋も夕方になればすでに薄暗くなる、
しかしまだ幾つか残っているしで、途中から私も同行する事にした。

嫁いで10年以上経っていたが、さすがに路地裏までは詳しくないので、
娘の後に付いていったが…。



    彼女が通る道はまさに「お子様ロード!」

さすがの私も大人となっては、あまり面識のない町内の路地は気が引けて、
回りを気にしながら一軒一軒尋ねていった。



そして、今まさに娘が通ろうとしてる所は…、
古い門があって中に入ると平屋の小さな棟続きのアパートがある、
つまり…、敷地内?
その前の道は時々通り過ぎてたが、まさか敷地内は入れないわ…、


491

     なんて事はお構い無しにスタスタ入っていくコブコ。
   
 
心の中で「すみませ~ん!」と言いつつ付いていく母。



492_2 

そこを抜けると、今度は奥に古い家並みが時間の流れから外れたように
建ち並んでいた。


そしてその中央に、すでに暗くなり始めた空気をぼんやりと照らす
灯りの入った燈篭が一対ある小さいお社が私を驚かせた。


建て込んだ家々に囲まれたようなそんな場所にあるのも全然知らなかったし、
小さいながら池も作られていて、花もきちんと供えられており、
その回りの人達の信心ぶりも窺わせられた。

493


夕暮れが更に雰囲気をかもしだすその場所に
娘が持ってる招待状を渡す老夫婦がいるのだが、
「ここかな?」と彼女が指差した家は…。



お社のすぐ近くにひっそりと残されたような
漆喰が剥げかかった蔵だった。

声を掛けると、中には優しそうなおじいさんとおばあさん。
夕飯の煮炊きの匂いがしてこの古い蔵の中には確かな生活感があった。


494


夕暮れの家並みの奥、静まり返った空気、お社、古い蔵に住む老夫婦…、
まるで故鈴木清順監督が作った映画のワンシーンのような一瞬だ。



私のすぐそばにある不思議な(ご本人達には日常だが)空間、
その後行く事もないが、たまに近くを通ると思い出す時がある。


大人の体裁があるので、一人でそこを通れば胡散臭い目で
見られると思うと気後れしてしまい、どうしても足が向かない。

もうそのご夫婦は亡くなっているかもしれないし、そうなれば蔵も
とり壊されてるかもしれない。

でもいつか…、近いうち勇気を出して行ってみようとは思っている。

 

人気ブログランキングへ    まったり更新ですが、順位にこだわらず、楽しみたいので
                   改めて参加してみました♪
                   よろしかったらクリック、お願いします。          
                   


« お子様ロード Ⅱ | トップページ | 校門の外の誘惑 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

子供は邪心もなく突撃しますもんね。
でも意外と我が母は子供さながら突撃隊だったりします(笑)
しかし私も昔はかくれんぼといいながら地域の子と遊ぶ時はひとんちおかまいなしにズンズンと敷地をまたいでいったものでした(笑)

投稿: すう | 2008年4月10日 (木) 00時19分

 突然目の前に広がった空間・・・時空が違うような佇まいのお稲荷さん?
幻想的な絵が不思議な雰囲気を醸し出してる。
時間も良かった、逢魔が時だし。
 
 アタシの子供時代、近所の観音堂にお爺さんとお婆さんが暮らしててね、神様だと思ってたのよ、子供達は。後年、母にそのこと言ったら「アーア、アレは乞食夫婦でドコからか来て住み着いてたのよ」だって!アタシ達、拝んでたんだよっ! がっかりしたっけ・・・despair

投稿: 三日月 | 2008年4月10日 (木) 18時39分

   >すうさま
お母様、豪傑happy02
昔はあちこちの路地から子供が出てきたけど?
今、うちの近所はめっきり小さい子が少なくなり、
ちょっと寂しいですね。

投稿: バルおばさん | 2008年4月10日 (木) 20時39分

   >三日月さま
逢魔が時…、そうだわ、そんな時間帯だった、一人でなくてよかった~。
描き終わってから気付いたけど、お社結構大きかったのよ、ちょっとイメージが違ってしまった。

神様の?お乞食夫婦には大笑いcoldsweats01
なんか志村けんのコントみたいじゃぁないのよscissors

投稿: バルおばさん | 2008年4月10日 (木) 20時46分

昔は、路地が沢山ありましたよね
また、よそ様の玄関の奥に路地があり長屋が並んでいたりしました
その長屋の一つに、その当時の同級生の家がありました。
そして、その入り口の家は午後10時に玄関を閉るので、それまでに帰らないと中に入れないのだとか。
(つまり、10時を過ぎると家に帰れないんです)
そんな話を聞いてビックリしたことを今も覚えています
ふと彼女は今も、そこに住んでいるのかしら?
な~んて考えてしまいました。

パルさん、もし近いうちに勇気を出して行かれたのなら、また、現状を教えてくださいね
私も知りたくなりました。

投稿: ななうさ | 2008年4月10日 (木) 20時48分

 バルさん、記事を拝見していて、絵を楽しんでいて、目がクギヅケになった絵が有りました。
お社の絵です。
周りの家が仄かな明かりに霞んでいでいるのに、お社がクッキリと明るい。
 このお社何処かで見た事有るeye
何処か、考えています・・・・
思い出そうとして・・・・・
4分経過・・・
思い出したsign03
 子供の頃に同級生の男の子に、お寺の子供が居ました。
そこのお寺は山科疏水の上、
何故か山の中腹に在ったのです。
本当はそんなに奥深くなかったのかも知れませんが。
子供だからとても山奥に感じられて。
 そのお寺へ行くまでの道に有ったお社です。
周りは小さくて細い木々が生えているだけで。
何故、そんな所に有ったのか?
子供心に不思議で、何となく恐くて。
 前を通る時、「悪い事せえへんから怒らんといてな」と手を合わせました。
 確か可愛いsign02小学生の3~4年生でした。
 バルさん、心を込めて応援しますねheart04

投稿: コスモス | 2008年4月10日 (木) 22時23分

    >ななうささま
ほんの5分もかからないとこにあるんですよ。
なのにどうしても敷地の中を通って行けない(笑)
近くて遠い場所です。
でもどなたかと知り合いになって一緒に行ってもらう
作戦を練ってますcatface

投稿: バルおばさん | 2008年4月10日 (木) 22時56分

    >コスモスさま
コスモスさんの小さい頃の記憶を呼び覚ましたなんて
描いた甲斐がありました。なんか嬉しいです。
ほんとなんか不思議な思い出ですね、映画みたい。

更新のプレッシャーであっという間にやめたランキング(笑)、ここ最近のまったり更新ですっかりだらけてしまって何のプレッシャーも無くなりました。
順位は気にせず、のんびりやっていきます、と言いながらポチっの音は快いですlovely

投稿: バルおばさん | 2008年4月10日 (木) 23時09分

不思議な空間、鳥居が現れる・・・。
コブコちゃんがいてくれたおかげで行くことができたんですね。
わたしもいつか行ってみたいなぁ。
一人で行ったらやっぱ不審者に思われるかなぁ。
せちがらい世の中になったもんです…。

投稿: ねこおばさん | 2008年4月10日 (木) 23時18分

 子供の頃は 何も気にしないで
ずんずん進んで行きますよね
だからこそ 見える風景も
きっとあるんでしょうね。
コブコちゃんは 
アリスのうさぎのようですね。

投稿: がぱちん | 2008年4月11日 (金) 07時30分

こどもを持って追体験できること
たくさんあったようです。
ぼんやりしたこども時代だったので
息子や娘の運んでくる事情に
「そういえば・・・」とすっかり忘れていた
自分の思い出が甦ってくるといったような。

昼休みに仕事先付近を30分くらい歩いています。
車で動いていると気づかなかった細い道を見つけると
ちょっと勇気を出して通ってみるのですが
かなり怪しいおばさんに映っているでしょうね。
洒落た家とか花いっぱいの庭をじぃっと・・・

投稿: ふたば | 2008年4月11日 (金) 07時46分

 また、来ちゃっタァ~

コメント読んでて、ランキングのコト気付きました。
で、、、、ポチしに来たのよ、そんだけのコトscissors
頑張らずに励みにしてねlovelyでは~!!

コレに対する、お返事はいりましぇえん。

投稿: 三日月 | 2008年4月11日 (金) 07時59分

ほぉ~~
なんだか 綺麗なお話ですね。
お子様ワールドが 健在だったのですね。。

今も そのお家 あるのかな。。
ほんと 勇気を出して 行ってみてほしいです~
私も 自分のお子様ロードにあった 井戸をよく思い出します。
ランキング復活ですね! すごい!
また ファンが増えそうですね~~happy01

投稿: スノーパンダ | 2008年4月11日 (金) 08時17分

お子様ロード・全シリーズ拝読させて頂きました。メルヘンティックな雰囲気の文と絵、相変わらず素敵ですね。「鈴木清順監督の映画に出てきそうな・・」さて?何の映画だろう?。最近といっても数年前に観た「オペレッタ狸御殿」は違うようだし、「ツィゴイネルワイゼン」でしょうか?。
ところで、バルおばさんのお話から、子供や孫が幼いときによく私が作ってやったロード・ゲームを思い出しました。スタート地点が3~4箇所ありまして、そのどれかをあみだくじのように選ばせます。あとは選んだ道を、指先か鉛筆の先で、なぞって行くのです。行く先は、ロードが書かれた紙は恰も畳んで巻いてある掛け軸のように、何重にも巻かれていますから見えません。それを少しづつ解していくと、道が現れてきます。「あっ川だ。橋がない」ここでゲームはストップです。いろいろな難所を無事突破した者のみが、何かが待っているコールに辿り着けるという絡繰りでした。細長い紙と筆記用具だけで面白く遊べました。今のようにコンピュータ・ゲームで無くても、それに負けない面白さがあった古き良き時代だったと思います。
バルおばさんは、それを紙の上でなくて、身を以て実行されたのではないかと、、。本当に忘れられないご体験でしたね。私も似たような体験はないことはないのですが、実行しませんでした。その代わりその頃、下手な俳句を囓っていたので、一句作ったのが入選しました。「この道は いずこに続く 夕時雨れ」。お粗末でした。

投稿: アスカパパ | 2008年4月11日 (金) 15時03分

突然申し訳ありません。
ブログ専門検索&コミュニティサイト「ぶろぐひろば」です。
http://bloghiroba.com/blog/
貴サイト様を拝見し、是非当サイトに参加いただきたいと思いコメントさせていただきました。
出来て一年たらずの未熟なサイトですが是非ご参加をご検討ください

投稿: ぶろぐひろば | 2008年4月11日 (金) 15時20分

>ねこおばさんさま
そうなんですよ、子供と一緒なら許される事も
いい年した大人がやると、不審者扱い(笑)。
子供は葵のご紋の印籠みたいなもんです、ふふふcatface
でも今回の場所はずっと気になってるのでいつか
行かなくてはと思ってます。

投稿: バルおばさん | 2008年4月11日 (金) 15時41分

    >がぱちんさま
いやぁ、さすが現役のママheart確かにアリスの
ウサギだわ。付いていったら不思議な世界に誘ってくれる…、うん、納得。

投稿: バルおばさん | 2008年4月11日 (金) 15時43分

    >ふたばさま
お互い車移動の土地柄?たまに歩くと新鮮な発見が
ありますね。
開発に遅れた古い町並みなんか、すんごい曰く因縁の
ありそうな怪しい?家が残ってますね。

投稿: バルおばさん | 2008年4月11日 (金) 15時46分

   >三日月さま
いんや、返事しちゃうもんねcatface
そうよ、頑張らないの、私♪
今まで通りまったりと、でも丁寧にやっていきます。
ポチ、ありがとんpig

投稿: バルおばさん | 2008年4月11日 (金) 15時49分

   >スノーパンダ さま
はい、いつかhappy01行って確認したいです。
ランキング復活と言っても…、相変わらずまったり更新だし、若くもないし(笑)、順位にこだわらずに
楽しんでやっていこうと。

投稿: バルおばさん | 2008年4月11日 (金) 15時53分

    >アスカパパさま
お手製のロードゲーム、今でも通用しますよ。
買い与えるのでなく、親が時間をかけて作ってあげる…、すばらしいし、子供さんの情操面でもすごい
事ですね。勝者がもらえる「何か」はなんだったのでしょうか(笑)。

清順監督の特定の作品という訳ではないですが、強いていえばやはりツィゴイネルワイゼンの雰囲気ですね。大楠道代のお婆さんが出てきそうな(笑)。
相変わらずの素晴らしい一句、恐れ入ります。

投稿: バルおばさん | 2008年4月11日 (金) 16時02分

    >ぶろぐひろばさま
コメント、ありがとうございます。
せっかくのお誘いですが、のんびりやっていきたいと
思ってますので、申し訳ありません。

投稿: バルおばさん | 2008年4月11日 (金) 16時04分

こんにちは、バル様。お久しぶりです。
子供と一緒なら通れていた路地も、一人だと通れないところありますよね..。それにしても、そんな素敵な場所が、今はどうなっているのでしょう...?
その日のままの、素敵な思い出は変わらず残っていて欲しい物ですね。(*^_^*)

投稿: すずまゆ | 2008年4月11日 (金) 16時51分

 あるんですねえ。忘れ去られた(ような)場所が。 ただ しらないだけかも しれませんが。。。。
 散歩して いったことのないところにいきたいです。

投稿: 小紋 | 2008年4月11日 (金) 19時01分

今はどうなんでしょうね。
興味あります、ぜひ行ってみて下さい。
それにしてもお社ここら一帯で管理されてたんでしょうか?不思議な空間・・・まさにその通りですね。

またランキング始められたんですね。
ポチも暫くしてないのでポチ忘れないようにっと。

投稿: pomodoro0208 | 2008年4月11日 (金) 21時36分

>すずまゆさま
子供と一緒って便利ですね(笑)。色々な体験が
出来ますもん。
ほんとあの場所は確かめなくては!と思ってます。

投稿: バルおばさん | 2008年4月11日 (金) 21時46分

    >小紋さま
私の町は戦前から栄えた町で(今は超、衰退)
ちょっとした裏通りはなかなか面白い建物があります。リタイアしたらあちこち歩き回りたいです。

投稿: バルおばさん | 2008年4月11日 (金) 22時00分

    >pomodoro0208さま
絵力の不足ですが、実際はもっと大きくてかなりしっかりしたお社で、いきなり路地の奥に出現だから、
すごく不思議な感じでした。誰が管理してるのかしら、やはり調べなくては(笑)。
はい、またランキングに参加です。分かり易い位置に
ポチボタン置くようにしますね、へへへcoldsweats01

投稿: バルおばさん | 2008年4月11日 (金) 22時07分

私、学生時代にホンダのモンキーという原付のミニバイクで人んちの庭の細道を通ったことがあります。
その家の人がアッケにとられた顔をしていました。

投稿: スタンリー | 2008年4月11日 (金) 22時12分

>スタンリーさま
モンキーで他所の庭を通り抜け…。
悪いやっちゃな~bearing大人のやるこっちゃ
ありませんぜ(笑)。
スタンリーさま、若い時はやんちゃでしたね、
そこの家の人もそりゃぁアッケにもとられますよぉ。

投稿: バルおばさん | 2008年4月11日 (金) 22時44分

こんばんは、バルおばさん♪
コブコちゃん、すごいわ!と思ってしまうピノコです。
私の住んでいた家の裏は、なんと神社でした。
子供たちが遊べるように、ブランコやゆりかごのような遊具がありました。
しかし、神社の裏手の道は薄暗く、母親からは決して1人では通ってはいけない、と強く言われていました。
そんな訳で、怖がりの私は裏手道近くまでも行かないようにしていました。
そんな神社も、夏休みの早朝はとんでもなくにぎやかになります。
ラジオ体操です。
私も小学生の頃は張り切って参加をしていましたが、これが中学生以上になると、恐怖の夏休みとなるのです。
子供たちの声から始まり、ラジオ体操のとんでもなくでかい音、それが終わっても遊具のキーコキーコという音、つには庭球野球までおっ始まるという始末。
ひどい時には、その庭球が家の私の部屋のベランダへ飛び込むという場外ホームランというハプニングも起こります。
布団をかぶっても、これでもか!というくらいの音が、布団をブチ破って、ついにはたたき起こされてしまいました。
今となっては、これも懐かしい夏休みの思い出です。(´_`。)グスン

投稿: ピノコ | 2008年4月12日 (土) 00時57分

こぶこちゃんのお陰で知った道
やっぱり子供の無邪気な力って凄いですね happy01
その奥に住む
優しそうな老夫婦のイラスト…
なんかどこかで見た事があるような
う~ん やっぱり、どこかで見た事があるような~coldsweats01

投稿: ちゃこママ | 2008年4月12日 (土) 02時03分

そういえば・・・
ありましたねぇ・・・
友達の家。
ほんとに細~い路地を通って行かないと着けないところに住んでましたっけ。
遊びに初めて行った時、 とっとと先に駆けて行ってしまった友達。 後を追うにも家と家の合間を縫って迷路の様になってるわき道で。 右に行ったり左に行ったりしてる内に分からなくなって困ってるところに何処から現れたのかその子が見つけてくれて・・。

あら~
バルさんのお陰であんな昔の事を思い出しちゃった。
ず~っと忘れてたんですよ。

行けると良いですね、 バルさん。
もういちどいらして想い出の確認が出来たら良いですね~。 何もかも変わってる、 変わってしまったように感じるかも・・

投稿: モナカ | 2008年4月12日 (土) 03時02分

    >ピノコさま
夏休みの神社の一日、すごい生き生きと(超楽しく)
書かれていて、特に中学生の時のくだりなんか
くすくす笑いながら読みました。
ピノコ節、ふっか~つlovely

投稿: バルおばさん | 2008年4月12日 (土) 19時20分

バルさん、私もコメントを頂いて、
慌てて跳んでsign02きました。
群馬迄、ホップ・ステップ・ジャンプです。
バルさん、有難う。
とてもとても嬉しいです。
目は三日月ちゃんの所へ書かして貰ったとおりです。
ご心配かけてごめんなさい。
このことも書いたのだけど、桜シリーズが終わったら、日々の更新は止めます。
唯、どうしても明日の記事は、載せたくて。
人から見れば、大した事無いと思うけど。
実は明日になってから、バルさんにも「見てね」とお願いしょうと思っていました。
顔も何も知らない、ブログのお仲間なのだけど、
それ以上の気がして。不思議ですね。
 唯、私の友人はブログをしていなくて、バルさんと三日月ちゃんのブログの愛読者なのだけど、
お互いのコメントを読んでいて、「ブログて良いなぁ」と言ってくれています。
キット同じような事を感じてくれていると思います。
         おやすみなさい。

投稿: コスモス | 2008年4月12日 (土) 23時06分

<コスモスさま
そうです、ほんとお大事にしてくださいね。
お互いゆっくり長~くで、お付き合いさせてください。明日の記事、楽しみにしてますが、その後は
くれぐれも無理なさらぬ様に。

投稿: バルおばさん | 2008年4月12日 (土) 23時25分

お子様ロード!!
ナイスなネーミングです!
文章を読んで、やさしいタッチのイラストを見ているうちに、子供の頃のことをいろいろ思い出しました。子供のころって、確かに路地裏とか、水路のへりとか、原っぱとか。。。。オトナは絶対通らない独自の道を持ってましたよね。懐かしいなあ。
コブ子ちゃんの学校、お年寄りをご招待なんてすてきなはからいですねえ。

投稿: ひよこ豆 | 2008年4月13日 (日) 16時24分

バルおばさん、こんにちは!

文章とイラストに引き込まれて、
思わず、自分の子供時代を思い出しちゃいました。

私の場合は、田んぼの畦みちとか、
森の獣みちとか、だったかな。
今思えば、もろトトロワールドだったんですねぇ。

投稿: nori | 2008年4月13日 (日) 19時13分

バルさん、これはメールです。
 昨日は折角の休日をお疲れのところを
来て頂いて、そして心温まる優しいコメント有難うheart
 とても、とても嬉しく拝見しました。
無理を言って本当にすみませんでした。
きっと母も遠いところで喜んでいると思いますhappy01
本当に有難うございました。

投稿: コスモス | 2008年4月14日 (月) 08時57分

この記事を読んで、私も小さい頃の「お子様ロード」を思い出し
書いてみました(*´∀`*)
コチラに文中リンクさせていただいていますが
不都合がございましたら、お手数ですがお知らせください。

バルねえさんの記事は、いつもノスタルジックな何かを
思い起こさせてくれます(*´∀`人)♪

投稿: 大豆 | 2008年4月14日 (月) 15時57分

>ひよこ豆さま
大人になると無駄な歩き方は?しなくなりますね。
塾なんてなくて代わりに時間がたっぷりあった子供時代、ただ家々の隙間を走り抜けてるだけ、それが遊びだったりしました。
お年寄りの招待って、どこの学校でもしてるのかと
思ってました…(田舎だけなの?)

投稿: バルおばさん | 2008年4月14日 (月) 16時56分

    >noriさま
いつも拝見してる自然の中のイラスト、あれは絶対
そういう背景で育った方でなくては描けないと思ってました。
noriさんはお若いけど、若くない私はそれこそ
ちょっと町から外れればととろワールドに行けました。

投稿: バルおばさん | 2008年4月14日 (月) 16時59分

    >コスモスさま
いつも遅くの訪問ですみません。すごい宵っぱりなんです(笑)。
これからもお互いゆっくり長くお付き合いください。

投稿: バルおばさん | 2008年4月14日 (月) 17時01分

    >大豆さま
文中リンク、ありがとうございますっ!!
プロ顔負けな大豆さんのブログで紹介されるなんて
嬉しいです。
しかしすごい経験でしたねぇ(笑)。今の女性的な
大豆さんからは想像出来ませんcoldsweats01

投稿: バルおばさん | 2008年4月14日 (月) 17時05分

バルさん
ご無沙汰でした、左目が瞬きしても激痛が走り、」検査しますと、眼球に自然では治らない傷が有り
レザーで手術しました、ヤット!眼帯が取れて
BLG再開です、
ランキング始められたのですねポチッ!
子供って!大人の知らない裏道や近道を良く
知っていますね、他所の敷地内でもお構いなしに
グングン入ります、私も近道良く、知ってたわ、
コブコちゃんの気持良く解るの、
細い道の隅に、何が?有るまで
知ってるの、
お陰で、バルさん、早く配るの終わりますね

投稿: mitirin | 2008年4月14日 (月) 17時13分

    > mitirinさま
眼帯の訳はそういう事だったのですね、レザーの
手術ですか?ビビリの私はこわ~いです。
あまり無理なさらずゆっくり再開なさってください。
ポチ、ありがとうございます、ゆっくりとやっていく
つもりです。
おしとやかな mitirinさんもお子様ロードの達人?
意外でしたcoldsweats01

投稿: バルおばさん | 2008年4月14日 (月) 17時27分

まさか、お稲荷さん?そして、その隣は露天風呂!spa
そして、キツネさんに騙された?
親子でご馳走bottleになって、お風呂へ入りませんでしたか?coldsweats02

ランキング!ラジャー!ボチっといきましよう!
まさか、ランキングのボチはキツネさんが化かした地雷bombではないよね!ドカ~ンimpact

投稿: おおかみおばさん | 2008年4月14日 (月) 22時30分

>おおかみおばさんさま
やばっ!身近なキケン?そういえば泥団子もらったような気が…、ってそんな筈ないわさっcatface

投稿: バルおばさん | 2008年4月15日 (火) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お子様ロード Ⅱ | トップページ | 校門の外の誘惑 »