« 男を見る目 | トップページ | お子様ロード Ⅱ »

2008年3月28日 (金)

お子様ロード

私の育った家は商店街を抜けた裏側にあった。

今でこそ全国的に多い「シャッター通り」の一つで閑散としてるが、
昔は小さな商店が軒を並べ、人の往来も多く賑わっていたのだ。




先日、実家の近くまで行ったら、私が小学生の時に通り抜けていた道にあった
大きな薬局が取り壊されて、更地になっていた。

当時としては立派な鉄筋コンクリートの建物で、商店街の中でも
隆盛を誇っていて薬と一緒に売っていた化粧品のおしゃれなパッケージが
子供心にも特別なものに思えていた。

あの頃は土地の境界線なんて適当なもんで、家と家の間も極端に狭く、
おまけに(今だったら考えられない事だけど)いわゆる私有地だろうが、
そこを平気で子供達は通り道としていた(のは私らだけ?)。

A

さすがに中学生になってからはその道を通らなくなっていたが、
ひしめき合った屋根が日差しをさえぎり、いつも薄暗く湿った空気の
匂いがしたその路地は、何か懐かしい思い出となっていたもんだ。




四角いビルが無くなりポッカリと空いた思いの外、狭い土地。
戦後、あるいは戦前に建てられた回りの家々は今となっては道が狭すぎて
建て替えも出来ず、そこだけタイムスリップしたかの様だ。



B

こんな場所はまだ結構あちこちに残っているのだろうね。



何十年も前は狭い路地の至る所に子供の声がして、
人様の軒先だろうが、近道とあらば平気で通っていたあの野放図さ。


かくいう(当時は)恥ずかしがりやの私でさえ、
空のセッケン箱にお人形やらおままごとセットやらを入れて
当然のように「近道」を通り抜けて友達の家に遊びに行ったんだから(笑)。

C


« 男を見る目 | トップページ | お子様ロード Ⅱ »

レトロ系」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは、望です。

 おっ、久々の一番乗りかな(わーい)

 そうですね、街の建物の間の隙間、近道、今はそういうものがなくなってしまいましたね。

 私はよく外で一人で立ち食い立ち飲みする人間なんですけど、誰にもみられずに一人で隠れて飲み食いしたいんですね。でもなかなか、そういう隙間というものが見つけにくいんですよね。

 不思議なもので、都会の真ん中に、ふとそういう隙間を発見できたりするんですよ。古いビルディングなんですね。都会の方がそういう昔の隙間や近道を発見しやすくて、面白いなあと思います。

 街の隙間というのは人の心の隙間、余裕と同じものじゃないでしょうかね。

投稿: 渡辺 | 2008年3月28日 (金) 02時39分

我が少年時代の風景もまったく同じ。
他人の家の裏庭を横切ってました。
柿もいただきました(もちろん無断で)
長く行ってないけど商店街は元気かな。

投稿: 小肥り | 2008年3月28日 (金) 04時20分

建物がなくなると あれ こんなに狭かった?
と思うことが良くありますね。
そしてそこに何が建っていたのかも思い出せない
そうやって街も人も変わっていくものなんでしょうね
ちょっとさみしい

投稿: がぱちん | 2008年3月28日 (金) 08時14分

こんにちは

子供の頃。。なんか懐かしいです。
私も、お人形やままごとセットをもって
床机に座っている、おじさんやおばさんの前を通って
遊びに行ってました。

路地にござをひいて、友達とままごと遊びをした
ものです。

私の育った京町屋も今はなくなっています。
なんだか、寂しいですね~。

投稿: たんぽぽ | 2008年3月28日 (金) 08時58分

残念、どうしても一番乗りがしたかったのにdespair毎日こそっと覗いていたのに。
 子供の頃のこと、とても懐かしいです。
私も、お人形やままごとを、道にござ(むしろ)を敷いてしました。
「お母さんごっこ」と、言っていました。
子供たちがお母さんと子供と、そしてお父さんの一人なん役もして。
 でも、子供の頃に遊んだ場所も今は無くて、
子供達もどこかへ引っ越されて。
私もそうですが・・・・。
私達の子供の頃のような遊びは、
今は誰もしていませんね。
 時代の流れとは言うもののやはり寂しいです 
私が今でも、路地歩きをするのは、
子供の頃=両親や兄の面影を求めているのかも知れませんね。(兄は健在ですが) 
 バルさん、今日も郷愁に浸らせて頂きました。
今、とても優しい気持になっています。
有難う。
そして、私へのコメントも嬉しく拝見していました。

投稿: コスモス | 2008年3月28日 (金) 10時49分

私もこの前、路地について考えていた。 一区画に一つは路地というのがあった気がする。 そこは、通り抜けられなくて、その奥には、何軒か家があった。
家のすぐ近くでも、そこだけは、入ったことがなかった、とい場所がたくさんある。 バルさんと違って、そういう、薄暗いようなところには、入っていけないような臆病な子共だった。
路地っていうのは、不思議な空間だったな。

投稿: toti | 2008年3月28日 (金) 19時19分

フフフフフ・・・ヤッパリ、ステテコだ。
読みながらね、私もよく近道に使った路地?裏庭?で煙草なんか吸って爪なんぞ切ってたおじさんはこんなだったと思い出しておりました。
「通らせてちょーだい!」と一言掛けて通ったわ。子供でも当時はそういう仁義?はあったねェ。
 暑い日も、寒い日も、一体何が楽しかったのか毎日毎日路地を駈けて遊びに行った。ゴミ箱とかあったね。

投稿: 三日月 | 2008年3月28日 (金) 19時40分

dogheart
パルさん・・きょうは・・スクロールが・・マシや!

路地というのは大きな通りから住居空間へと「結界」が
張られた場所。ある意味そこが境目になっておます・・
と京都ジモチィのジジィに言われたことがごじゃりまする〜〜

ゆえにchibi-totiが「こわかった」というのも至極自然な
こと・・京都のあらゆる路地は入口で「すぅーー」とした
風が吹くのでござりまする・・typhoontyphoontyphoontyphoontyphoontyphoon

投稿: nabetsuma | 2008年3月28日 (金) 20時47分

確かに家と家とのわずかなスキマに、忍者のようなカニ歩きで入り込み、
抜け道として利用していましたわ。
たぶん今じゃ腹がつかえて通れないだろうけど・・・(プ)

投稿: よよよ姐サン | 2008年3月28日 (金) 21時14分

    >望さま
こんな地方都市でも区画整理や新しい橋が出来るやらで、回りはすっかり整備されてしまいました。
結婚してここに来た時はまだ回りに空き地や廃屋が
あったりしましたが、そういう不思議な空間は
段々無くなっていきますね。

投稿: バルおばさん | 2008年3月28日 (金) 21時57分

    >小肥りさま
よそで無断で頂く(公認でしたね)柿や、外の
生り物。あの頃は生活がゆったりとしてましたね、
近所のワンパク達も山や河原に行ってはなんかしらの
食べ物を現地調達?してました。

投稿: バルおばさん | 2008年3月28日 (金) 22時05分

   >がぱちんさま
そうそう、よく通ってた場所なのに、「あれ、ここに
どんな家があったんだっけ?」なんてしばしばよ。
若いがぱちゃんでさえ、そうなんだ…。時間の
流れが早すぎるのかなぁ。

投稿: バルおばさん | 2008年3月28日 (金) 22時09分

    >たんぽぽさま
今みたいに高価なおもちゃがなくても、充分楽しく
遊んでました。ござを敷けば、想像力でそこはもう立派なおうちcatface おままごとで木の実や葉っぱもごちそうに変身(笑)。

投稿: バルおばさん | 2008年3月28日 (金) 22時15分

    >コスモスさま
あっ、こっちでも「お母さんごっこ」と言ってた気が
しますheart
京都のおままごとしてる様子なんて何か優雅なイメージです。
コスモスさんの路地歩きのルーツはご家族との思い出だったのはよく分かる気がします。

投稿: バルおばさん | 2008年3月28日 (金) 22時19分

    >totiさま
<路地っていうのは、不思議な空間> そうなんです、抜け道や路地といっても「表と裏」、「陰と陽」があると思います。
実はその「裏」、「陰」の路地の事も描こうと
思ってるんですよ。

投稿: バルおばさん | 2008年3月28日 (金) 22時24分

    >三日月さま
やっぱり!でしょ(笑)。
こういうおじさんのコーディネートはこ~でね~とね。
木のゴミ箱、あったねぇ…て、三日月さんの時代にも
あったぁ?むむ、古い事に詳しすぎるthink

投稿: バルおばさん | 2008年3月28日 (金) 22時29分

    >nabetsumaさま
よかった、今日は小言を言われなかったhappy02 な~るほど、さすが京都、結界か。
ぼ~としてるようで結構カンのいい私(そう、私です)は、totiさんにも書いたけども同じような
感覚を持つ路地があるんざます。ついでにアップしちゃおうかしら。

投稿: バルおばさん | 2008年3月28日 (金) 22時35分

    >よよよ姐サンさま
あんな狭い場所、しかも多分人様の敷地を日常、通り道として重宝してたんだから、昔はおおらかだったわ。
よよよ姐サン、大丈夫です、腹がつかえるくらい。
私は尻もつかえてるからweep

投稿: バルおばさん | 2008年3月28日 (金) 22時39分

よそんちの庭先までは行かなかったけど、家の横や裏は通り抜けさせてもらいましたね。
我が家の庭も人が通り抜けてましたね。
今は昔の物語…。
今は見知らぬ人が庭を歩いていたら、不審者と思ってしまうことでしょう。
近所の小店は無くなり、アパートや駐車場が乱立しています。
ちょっぴり寂しさを感じてしまいました。

投稿: ねこおばさん | 2008年3月28日 (金) 23時04分

みなさん同じ頃の子供時代、お母さんごっこやりましたよ。懐かしい・・・。

でも子供の頃の思い出商店街、路地道・・・
みなさん都会にお住まいだったんですね~。

わが幼少時代(そんなご立派なもんじゃなかった)
何処を向いても山と畑・・・。
ままごと、お母さんごっこの材料は山の草木の葉っぱとか花をちぎってままごとの材料。

母が仕事をしてたのでいつも妹のお守りばっかり。
(姉がいたのに何故か妹のお守りは私の役目)

隣の家に行くのにどれだけかかるか・・・。
あぁ~、どんな田舎か想像できる?

投稿: pomodoro0208 | 2008年3月28日 (金) 23時08分

こんばんは。

たまに実家に帰ると、町が変貌していて違う場所にいるような気がします。

さびしいですよね。

投稿: ジャケット好き | 2008年3月28日 (金) 23時43分

おはよう~、近道だと、どんな細い路地も
体を横にしながら蟹歩きして、通ったわ、
最近の商店街、大型店に負けてシャツター下ろしてる
店が多くなりました、大きな大木が今見ますと、
小さい木だったり、壊された家の後が狭かったり、
私達の体が小さかったのですね、実家は田舎なのに、
最近はビルやマンションが建ち寂しく成ります、
レンゲ草も田舎なのに、見つからないらしいのよ、
寂しい~

投稿: mitirin | 2008年3月29日 (土) 08時59分

あ~、懐かしい!
私も子供の頃そんな覚えが・・・
途中に人様の庭の中に入り込み、塀をよじ登っていく近道というのもありました・・・
子供の頃住んでいたあたりは、何年か前にいってみたのですが、全く変わってなくてかえってびっくり!!
とてつもなく広く思えた道がとっても狭かったなぁ。

投稿: panco | 2008年3月29日 (土) 19時27分

バルおばさんの「お子様ロード」を拝読していて、童心に帰る思いがします。子供の頃は両親と二人の妹の5人暮らしでした。本家は叔父が出征していたので、祖父母だけでした。妹の手をひいて、本家への道をよく歩きました。街角の古道具屋のおばさんが「いい兄ちゃんやな、何時も妹さんとお手手つないで」と言って下さいました。
バルおばさんの文は何時も詩情があって、この文を読むと「♪あの町この町日が暮れる~いま来たこの道かえりゃんせ~」の歌を思い出します。
ついでに、題名に道のつく映画も思いだしてみました。
「我が道を往く」「征服への道」「道」「巨象の道」「陽のあたる坂道」「わが道」「インドへの道」・・
道という字自体に詩を感じます。
いつもながらの、道草コメントで、すみません。

投稿: アスカパパ | 2008年3月29日 (土) 21時21分

>ねこおばさんさま
昔は全て境界がおおらかだったような…。
私も気になって行ってみたい路地があるんだけど、
知らない中年女性がウロウロしてたら、絶対怪しまれちゃうでしょうねcoldsweats02

投稿: バルおばさん | 2008年3月29日 (土) 23時23分

    >pomodoro0208さま
うふ、どんな田舎か想像出来る。私の住んでたとこは
賑やかだったけど、所詮群馬(笑)、ちょっと足を伸ばせばそこは田舎もいいとこwink山だらけです。

投稿: バルおばさん | 2008年3月29日 (土) 23時27分

    >ジャケット好きさま
初めまして。
これからもよろしく。

投稿: バルおばさん | 2008年3月29日 (土) 23時29分

    >mitirinさま
私の小さい頃盛っていた商店街も郊外の大型スーパーに客を奪われて、半分以上がシャッターを閉めたまま。老夫婦だけがひっそりと住んでいて、歩いてる人もまばら、昔の賑わいが嘘の様です。

投稿: バルおばさん | 2008年3月29日 (土) 23時34分

   >pancoさま
さすがのpancoさんnoteいくら私でも塀をよじ登ってまでは、とても。あっ、石垣はよじ登ったけど(笑)。石のあいだでよくトカゲと遭遇したわ。

投稿: バルおばさん | 2008年3月29日 (土) 23時38分

     >アスカパパさま
いえいえ、アスカパパさんの小さい頃のお話こそ
詩情があふれています。まるで上質なモノクロ映画みたいです。
「道」づくしで最後は道草で落とすあたりもさすがです。

投稿: バルおばさん | 2008年3月29日 (土) 23時43分

うんうん、
私のときも お子様ロード 通ってました。
今の子供は通るのかな~、って、最近 同じことを考えてました~

投稿: スノーパンダ | 2008年3月30日 (日) 09時26分

 生まれ育った ちかくにすむっていいですね。
 ここの商店街も 車が駐車出来ないから シャッターが おおいです。 
 小さいころは 勢いのあるお店ばかりだったのにね。 バイパス沿いに コンビニや 新規の店が 開店します。
 

投稿: 小紋 | 2008年3月30日 (日) 10時18分

わざわざ狭い道を選んで通っていたような・・・
着せ替え人形を、ざっと抱えて隙間隙間をぬって遊びに行きましたね・・・懐かしい。今は入れないように、10センチでも柵がありますから。

投稿: みかん | 2008年3月30日 (日) 11時05分

パルさんの話を読んで、私も昔の頃を思い出しました
私の家も、少し路地を入った所にありました
よく子供達が家の前の路地を抜けて近道だといって通っていきました。(お子様ロードというのですね)
そんな路地も今では広い道になり家々も新しくなり、そんな面影は、もう無くなってしまいました。
パルさんのお蔭で私も
タイムスリップしたように昔の風景を懐かしく思い出していました。(*^_^*)

投稿: ななうさ | 2008年3月30日 (日) 14時40分

>スノーパンダさま
あれ、やはり? もうスノポンさんくらいだと道も
整備されててそういうとこは通らないと思ってました。意外だわ。

投稿: バルおばさん | 2008年3月30日 (日) 22時25分

    >小紋さま
どこの商店街も似たようなもんですね。
昔は一軒一軒が専門店だったけど、今は大手スーパーで殆ど揃ってしまいますもんね。

投稿: バルおばさん | 2008年3月30日 (日) 22時27分

    >みかんさま
そうですね、家の境界はほんときっちりしてきました。正しい事なんでしょうけどね、昔がおおらか過ぎたのかな(笑)。

投稿: バルおばさん | 2008年3月30日 (日) 22時29分

    >ななうささま
「お子様ロード」…、すみません、私の造語ですbleah古い家並みのある場所は何か昔を思い出す不思議な感じがしますね。

投稿: バルおばさん | 2008年3月30日 (日) 22時32分

確かに、「通らしてくださ~~い」って、言ってよその庭を突っ切っていたなぁ!!wink

でも、もし今勝手よその子が我が家の庭を通ったら・・はたして、ニコニコしていられるか??

だって、我が家の庭は、突っ切る程の広さもない庭じゃ!!down

投稿: おおかみおばさん | 2008年3月31日 (月) 01時16分

>おおかみおばさんさま
そうそう勝手なもんでよその子がうちの敷地を通ったらびっくりcafeするでしょうね。
昔はほんとおおらかで回りも見守ってくれた覚えが…。

投稿: バルおばさん | 2008年3月31日 (月) 23時24分

懐かしいなぁ・・
こんな薬局ありました。
同級生の子のお宅。
今は都会でお医者さんになってしまい長男なのに家を継がないのでその家は貸家になってしまってましたよ、 この間里帰りしたら・・・

大通りに面したお家でない場合は皆、 お家への出入りは路地を通ってましたっけ。

バルさんのお話はいつも郷愁をさそわれるんですよね~。 あの昭和のよき時代に読んでる内に戻ってしまう・・・。。。

投稿: 梓の小鳥 | 2008年4月 2日 (水) 06時48分

御免なさい!

先ほどのコメントの主は モナカです。。

最近また以前のブログ再開したのでその方のHNとアドレスがクッキーに入ってしまっていた様で失礼しました! (苦笑)

投稿: モナカ | 2008年4月 2日 (水) 06時50分

お子様ロードのネーミングに拍手♪
もうすっかり忘れていたけれど 
この記事を見て思い出しました。
庭先や畑 田んぼの畦 
当たり前のように道なき道を闊歩したのを。
他人様の土地という意識はまったくなくて
フツーに通り抜けていましたね。
更地になると
「えっこんな狭いトコに建っていたの!」って
驚きますよね。
当時100万円の家の噂が子どもの間で流布、、、、
ひゃくまんえんのいえですよ、
凄い豪邸を見に道なき道を行きましたね。

投稿: ふたば | 2008年4月 3日 (木) 21時34分

>モナカさま
すごい!二つもブログですかっ!私なんかこれ一個でもやっとなのに。
おまけに両方ともしっかりと構成されてる…。
ひぇ~(と消え入りそう)

投稿: バルおばさん | 2008年4月 4日 (金) 00時31分

    >ふたばさま
そうでしょ?近くの土地柄同志、畑、たんぼ、蛙…、
キーワードはピッタシです。
私もあの頃、小金持ちの知り合いの家が
ひゃくまんえんのいえを建てたともっぱらの噂でした。懐かしいわぁ、ひゃくまんえんの響き♪
ほんと大金だと思ったわ。

投稿: バルおばさん | 2008年4月 4日 (金) 00時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 男を見る目 | トップページ | お子様ロード Ⅱ »