« パリあれこれ 華やか編 | トップページ | どんつくどんどんつく »

2008年1月23日 (水)

パリあれこれ 大人のパリ編

ギョッギョ、のんきに書いてたらもう1月も23日も過ぎたではないかっ!
パリに行ったことさえ忘れ始めてる私(おいおい、そろそろか?)、
あわてて最後に大人のパリをば ご紹介。


皆さんもご存知のモンマルトル、かっては芸術家が多く住み、
有名なサクレ・クール寺院もあったりしてもともと大勢の人で賑わっているが、
最近ではフランス映画「アメリ」の影響かロケ地めぐりの観光客も多いらしい。


さて、その賑わいから道を外れ、古いパリらしい趣きのある舗道に沿っていくと、


   なんだ、これは…?
   いかにもワケありの塀…、女性の足のイラスト、
   青~い照明のドア…、

   オシャレといえばオシャレだし、アヤシイといえばアヤシイ。
   
  娘に聞いて田舎の純朴な(自分で言うか?)おばさんは分かったよ。

  加藤茶の往年の例のセリフ、
  「チョットだけよ~♪」のフランス版?の高級な店(家?)らしい。

      ほれ、これざます  あ・や・し・い・でしょ~(笑)

Dsc00303_0240


後学の為に(なんでだ?)写真を撮ってたら、通りかかった女性がニヤ~。

いいね、おばさん同志って♪ 
国境を越えて「アンタも好きね~」感が通じちゃうもん。

123


へへ、いい話のネタが出来たわいと思いつつ、坂道のずっと下にある
大通りに向かってこんな道を行く途中、
(私の写真じゃないけどね)

200pxmontmatre_2

右側にかなり小さいけどなんとも雰囲気のある店、
夜も9時過ぎにならないとオープンしないというので今回はあきらめたが。

     あっ、お兄さん、ジャマだ。
Dsc00314_0247_2


パリで最も古いシャンソンハウスの一つらしいが、
なんかすご~い年季の入った歌手が歌ってそう…。

なんか「素人はお断りっ」てウサギに言われてそうだけど、
入ってみたかった、じぃさま歌手のシャンソンも聴きたかったぁ。


    жжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжж


      今回の旅行で得たものは…

   ☆ 行き先の情報は自分で事前に調べろ!
         ついつい娘に頼りっぱなしで自立心のない私であった。

   ☆ 英語でどこでも通用すると思うな!
         フランス人は英語を知ってても話さないとよく言われるが
         (知らない人もいっぱいいるけど)、これも失礼な話だ。
         他国の言葉が大きな顔してぇと思ってるのかも。
   ☆ 相手の国を尊重しよう!  
         郷に入ったら郷に従え、だもんね。

   ☆ いつかまた絶対行ける!と希望を持って、せっせと働こう。

         


« パリあれこれ 華やか編 | トップページ | どんつくどんどんつく »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おや?一番乗りだ。こんばんわ、バル子サマ。

怪しいけれど、オシャレですねぇ~。ス○リップ劇場・・・
ニンマリ笑いあってるイラスト、なんだかセンスがよくって
「あんれまあ、やっぱ、花のパリ~へ、行って来ると違うもんだなぁ」と、感心してます。
よかったですよ、エイヤッと、現実から飛び出して!

ワタクシも見習いたいモンです。
楽しい情報、体験記、面白かったでぇす。

投稿: 三日月 | 2008年1月23日 (水) 22時21分

ちゃお!パルさん〜
リンクいただきましたよん。

そうそう英語は中高校生が割合うまく話します。
だから若者をつかまえては道を聞いたりした。
but あのひとたちあんまし道には詳しくなかった・・
ははは。
でもいいなあ・・10年パスポート、結局1回しか
使えなかったんですよ・・しょぼーーん・・

投稿: nabetsuma | 2008年1月23日 (水) 22時30分

バルさん、こんばんは。
 コメント、とてもとても嬉しく拝見しました。仰るとおりだと思いました。
初心に返ってコスモスのブログをと思っています。
「おーけ だけよ<^!^>」何て、とても書けません。
私は今回の事で、皆さんのお心を煩わせて、
申し訳なかったとの思いがとても強いです。
 更新を止めれば済んだことでした。
本当に恥ずかしいです。多分、私が一番年長者なのに(-_-;)
 それと同じ位、とても嬉しいでした。
三日月ちゃんの所へも書いたのですが、
「遠くの他人よりブログのお仲間」の思いを強くしました。
今は素直にブログを初めて良かったと思っています。
バルさんが仰るように、再開する時は自分の身近な事や思った事も書こうと思っています。文字だけでは寂しいので、今、下手な花の絵を少しずつ描いています。
京都の写真や記事も有れば載せて。
町を歩いていると紹介したいものが結構有って<^!^>。 
これからは、心と時間にユトリを持って、出来れば自分も楽しみながら、自然体で更新して行こうと思っています。
皆さんにご心配かけないように。
 バルさん、お忙しいのにお心づかい頂いて、本当にごめんなさいね。
そして心からお礼を申します。「有難う\(^o^)/」
 
 私は外国へ行った事が無くて、身体(医療が心配で)の事でこれからもおそらく行かないと思います。
 バルさんの今回の「パリあれこれ」シリーズ、とても楽しく拝見しました。
最後の「旅行で得たもの」は言葉以外は、国内旅行でも同じですね。
特に最後の「いつかまた絶対行ける!と希望を持って、せっせと働こう」
が気に入りました(^_-)-☆
 余計な事ですが、そろそろ壁紙変えたら如何?
 人の世話やけるほどの者では無い、私が言うのはとも思いながら・・・。
 

投稿: コスモス | 2008年1月23日 (水) 22時48分

大人のパリ編かぁ~~!
夜もウロウロと徘徊していた様子が伺えます!
これだけ歩けばきっと、スマートになって帰ってきましたよね!

投稿: おおかみおばさん | 2008年1月23日 (水) 23時00分

>三日月さま
でしょう?なんかヒワイさがなくてお・と・なって雰囲気なのよ。
入るのはどんなおっちゃんだろう?向こうは夜のスタートが遅くって
真面目なおばちゃんはそそくさとご帰宅です。

投稿: バルおばさん | 2008年1月23日 (水) 23時41分

     >nabetsumaさま
リンクありがとうございます。同年代(多分)の気安さでこっちも
ちゃっかりリンクしてしまいました。
そうかぁ、高校生なら大体話しますね、でも彼ら、結構ステキで
寸詰まりおばさんとしては話しかけるのが恥ずかしいんですわ。

投稿: バルおばさん | 2008年1月23日 (水) 23時45分

     >コスモスさま
コスモスさんへのコメントが多いのでご返事は「おーけー」だけでいいと思ったのですが、却ってすみませんでした。
あちらに書いたようにリラックスして充電して帰ってらっしゃるのを
みんなで待ってます(でも焦らないで)。
じつは主人も事情があって遠出は出来ないので、私も遠慮して海外は半分諦めてます。
だから今回行けて余計楽しかった、機会をくれた娘に感謝です。

壁紙、やはり気になりますか?私も気になって…(なら変えろってね)、
だけど言ったでしょ、私超の付くチャランポランなんです。
実は以前テンプレート変えたら、保存してたものが消えた事があって面倒で。
まぁ、今は紅葉過ぎてるけどこんな落ち葉もまだ地面にある事だし、へへ。

投稿: バルおばさん | 2008年1月24日 (木) 00時00分

    >おおかみおばさんさま
それがあ~た、出発前に足首捻っちゃってズルズル歩いてたので
あまりカロリーは消費しなかったみたいで。
痩せる!宣言したけどちょこりとも痩せてまへん。

投稿: バルおばさん | 2008年1月24日 (木) 00時04分

日本列島から外に出たことのない私には(パスポート持っていない!)
目からうろこの現地ルポでした。
    マスクしまくっているし~・・・
映画のアメリにクスリと笑ってしまい 
真似して 日本定点おばさんの私の身代りに
かばさんムーミンママを外遊させて楽しんだことがあります。

瀬戸際の新年を迎えへろへろと仕事場に通ううちに早3週間も
2008年度が過ぎてしまいました。
今さら。。。。なんですが・・・・今年もよろしくです。
パリにいったことすら忘れかけているバルさんは
私のこと覚えているかしら・・・心配・・(ブログ放置継続中)
         

投稿: ふたば | 2008年1月24日 (木) 00時32分

バルおばさんのパリ・リポートで
わたしもパーリィ~に行った気分デス♪
いや~しかし、パリィ~の建物はスゴイですね。
「チョットだけよ~」のお店の建物が日本で
建ってたら、結婚式場かなにかと間違えそうと
思ったのは私だけでしょうか~?
それにしても、すんごい階段…。
間違ってもココで蒲田行進曲ゴッコだけ
はしたくないですネ~(^▽^;)

投稿: なほ | 2008年1月24日 (木) 00時50分

こんばんは♪
今回もバルさんのノリツッコミさえてますね♪
綺麗なイラストと写真だけでも楽しいのに、
文章がこれまた面白すぎますわ。。。

投稿: P・うさぎ | 2008年1月24日 (木) 01時01分

大人だねぇ~。
ちょっと覗いてみたかったんじゃない?(笑

これが最後の記事なのでしょうか?
もっと、いろいろ見たかったなぁ・・・

投稿: panco | 2008年1月24日 (木) 02時06分

バルさん、 貴重なパリのインフォでした♪

旅行社やガイドブックに載ってるのではない良さ!
お友達のレポを電話かメールで聞いてるような親しさが感じられてとっても味があって楽しかったですよぉ!

写真撮影中のバルさんをみてフランス女性がニタ~ っという場面では私まで釣り込まれそうになったりして・・(爆笑)

相変わらずお上手なイラストが光ってましたよ、 今回も! ☆★☆

投稿: モナカ | 2008年1月24日 (木) 05時15分

 おぉ~ ちょとだけよ~♪のお店
気になりますね~ 青い照明がとっても妖しくいい感じです。
 バルおばさんのパリレポ見てたら どこかに行きたくなりました。
あぁ~ 外国行ってみたいよぉ!!
旅行雑誌見てても こんなに行きたいと思ったことは
なかったので バルおばさんのパリレポパワーはすごいです。
もっと見たい 知りたいので 機会があったらよろしくお願いしますね。

投稿: がぱちん | 2008年1月24日 (木) 08時02分

(*゚ー゚)vおはようございます♪
クラシック界では、指揮者も演奏者も英語を話してくれるようになり、助かったといっていましたが、街ではまだまだなのですね。┐(´ー`)┌

  Σ( ̄□ ̄;)!!!
カトちゃんの ちょっとだけよぉ~
が出てくるとは思いませんでした。( ̄Д ̄;;
あんたも好きねぇ~ も。

「行き先の情報は自分で事前に調べろ!」
これは言えていますね。
バルおばさんの場合は、お嬢さんがいらっしゃるからどうしてもそうなりますよね。
私も同じ立場なら、そうかも・・・
私も初めて訪れる場所の場合、かなりの情報を集めるようにしています。

パリ、私も行ってみたい、よのさ。≧(´▽`)≦

投稿: ピノコ | 2008年1月24日 (木) 09時09分

今日の群馬県は、すっごく風がきつかったとか。。
パルさん、大丈夫ですか。

京都も今日はボタン雪が降り、おおさぶ~と
震えています。

芸術家の集まるモンマルトルの丘、いいですね~。
私もまたいつか行ける~と思って、頑張ることにします。

行き先の事前調査は、私も全然していません。
帰ってきてから、パンフレット見て、
ふ~ん。。あれが有名な○○だったのか。。とか。(笑)

これからは事前調査も少ししようかな。

投稿: たんぽぽ | 2008年1月24日 (木) 17時52分

多分 これからも行かないだろう おフランスのことを色々と案内してもらってうれしいざます。。。
なんか高級感漂う素敵な建物のようなんだけどね^。^ そうなんですか
アレなんですか~。ふ~~ん。。

やっぱり フランス人は フランス語が一番って思ってるんですね~。
日本語が一番なのにと 思うんですがね。 アハッ

投稿: 小夏 | 2008年1月24日 (木) 20時36分

 「ちょっとだけよ」今は昔、忘年会でカトーチャンの真似をしたっけ(汗;)
 ところで、バルおばさんがご紹介されたようなところが出てくる映画って無かったかな~と、思い出し始めました。

 先ずパリの題名がつく映画は・・「巴里の屋根の下」「巴里祭」「巴里の空の下セーヌは流れる」「アンリエットの巴里祭」「巴里のアメリカ人」「翼よあれが巴里の灯だ」「巴里は霧に濡れて」「パリの恋人」「ラスト・タンゴ・イン・パリ」・・う~ん、無さそう。

 パリの題名がつかなくてもパリ風景が出てくる映画もあるなぁ。「第七天国」「キューリー夫人」「天井桟敷の人々」「赤い風船」「二都物語」「ノートルダムのせむし男」「昼下りの情事」「モンパルナスの灯」「ノートルダムの鐘」「ムーラン・ルージュ」・・ここでも見当たらないなぁ。

 そうして、やっと見つけました~1957年にSY京映で観た「巴里の不夜城」という映画です。「Zizi Jeanmaire(ジジ・ジャンメール)が素晴らしい肉体とダンスで魅力充分なるものがあった。」と、セピア色のノート・ブックにありました。(大汗;;)

 それから「われら巴里ツ子」の感想文の出だしは「私は此の映画を見てフランス語を勉強しようと決心した。それほど此の映画の会話には興味を引かれた。(後略)」とあるのを見つけたのです。

 「○○語は△△の言葉・・と続けていって、スペイン語は神の言葉。そしてフランス語は愛の言葉」と書いてあった本がありました。いきたいな~フランスへ!

 くどくど述べてすみませんでした。

 バルおばさんのお土産話にパチパチパチ!

投稿: アスカパパ | 2008年1月24日 (木) 21時45分

海外にいったときにふとした瞬間に目と目で意思疎通したりするのって
なんだか嬉しいですよね(^-^)
「いいですね~これ」「そうでしょ、フフフ」ってかんじだったり。
どの建物ひとつとっても純和風な私たちからしたらそれこそおとぎの国ですもんね。あちらの街並みは。
でも本当に楽しんできたようで何よりですね。
また次回が楽しみですね~こりゃ。

投稿: すう | 2008年1月24日 (木) 22時07分

お・と・なですね(笑) 
言葉通じなくても気持ち通じるときってありますよね。
互いに笑顔がこぼれたりしてですね。

☆1はいつも時間切れで中途半端…。
☆2は英語も駄目、ジャエスチャーでなんとか…。
☆3と☆4は実行しております。とても大事だと思いますよ。
本当にいい旅ができてよかったですね。

投稿: ねこおばさん | 2008年1月24日 (木) 23時00分

こんばんは、望です。

 カトちゃん的世界は私は行く趣味はありませんけれど(笑)「影」や「裏」の雰囲気、実はとても大事ですね。
 東京という大都市はそういう雰囲気なくなってしまいましたからね。いわゆる風俗街はたくさんありますけれど、少しも「影」や「裏」っぽくない。ゾクゾクしない。悪い意味で東京の夜は明るすぎます。ヨーロッパの都市の夜というのは、そういう闇のゾクゾクを感じさせるところがたくさんありますよね。

 ・・・事前に調べてワクワクするところから、旅は始まっているんじゃないでしょうか。私に関していえば、旅行の事前調べを本でやって想像力をかきたてられるときが一番幸せかもしれないですね。あんまり想像力を高めすぎて、行ってみるとそうでもないとがっかりすることも時々ありますね(笑)

 バルさまは次は何処の外国にいかれる夢をお持ちなのかな。

 

投稿: 渡辺 | 2008年1月25日 (金) 00時54分

こんにちは、本当にひしぎな世界があるのですね。まさかあんな看板....。(笑い)人と一緒なら興味深々...。一人なら、まず入らないでしょう..。
キット私も、そこに遭遇したら写して帰ったと思うわ!(*^_^*)

投稿: すずまゆ | 2008年1月25日 (金) 16時32分

>ふたばさま
最近忘れっぽくなった私、でも隣の県のふたばさんを何で忘れましょうぞ。
ぎょえっ、むーみんままの写真は合成だったんですか?アメリの小人さんバージョンだったのね、すっかり騙されてました(いや、マジで)。

投稿: バルおばさん | 2008年1月25日 (金) 17時30分

     >なほさま
パリを描いた絵なんかでよくみる階段、「わぁ、絵と同じだ」と感心。
しかしここでアノ階段落ちだけはしたくありませんから、しっかりと
手摺を握って降りました。

投稿: バルおばさん | 2008年1月25日 (金) 17時34分

    >P・うさぎさま
私の得意芸、ノリツッコミは高得点でしたか?
遅れてきたお笑い界の新人なんつって…、どんだけ遅れてんじゃ!パッコ~ン(どつかれた音)

投稿: バルおばさん | 2008年1月25日 (金) 17時38分

     >pancoさま
異次元の世界に足を踏み入れたら…、めくるめくセクシーワールド?
田舎のおばちゃんには刺激が強すぎるべ~。

投稿: バルおばさん | 2008年1月25日 (金) 17時43分

     >モナカさま
いやいや、モナカさんの毎回の記事こそ生きたアメリカ観光案内です。
私は出かけてもあまり多くの写真は撮らないんですが、皆さんの
ブログを見てるといいカメラを買ってバチバチ撮りたくなりました(って
帰国してから思った…)

投稿: バルおばさん | 2008年1月25日 (金) 17時49分

     >がぱちんさま
うわぁ、そう言ってもらえてすんごくウレシイわ。
オシャレな紀行文はガラじゃないから、私らしい書き方にしたけど、
「行きたくなった」と思ってもらえて最高だわ。

投稿: バルおばさん | 2008年1月25日 (金) 17時54分

     >ピノコさま
一人で行動した時にすごくシンプルな英語で聞いても、ペラペラと
フランス語で返事された時は どうすべ~!と焦ったけど、ベルサイユでなんと、受付の美青年に「アチラニ、イッテクダサイ」と日本語で
言われた時は嬉しさのあまり「thank you!あっ、違った!ありがとう」と何国人だか分からない返事をしてしまったわ(笑)。

投稿: バルおばさん | 2008年1月25日 (金) 18時02分

     >たんぽぽさま
群馬は昨日今日(24,25日)と強風です。なにせ「かかぁ天下と
空っ風」の土地ですから(いやぁね、いかにもガサツな感じで)。
私はでかける時は事前に結構調べるタイプだけど、最近は面倒くさがり屋になって…へへ。

投稿: バルおばさん | 2008年1月25日 (金) 18時13分

    >小夏さま
そうですよ、アレです、ひひひ。
彼らは確かにフランス語が一番と思ってるかもね。でも変に複雑すぎて?
私は語彙の多さや、感情表現の繊細さで日本語は素晴らしい!!と
自負しちゃってるガネェ。

投稿: バルおばさん | 2008年1月25日 (金) 18時18分

     >アスカパパさま
すご過ぎます…、アスカパパさん。よくそれだけのタイトルを覚えてらっしゃるもんだわ。しかも1957年(すっげぇ!)上映の映画の感想までしっかり残ってる…。ほんと恐れいります。
実は私も今年からアスカパパさんを見習って観た映画の記録を残そうかなと思ってます。だって若い時観た映画はよく覚えてるのに、最近は俳優の名前やあらすじの記憶がすっこんすっこん抜けるんです~(泣)

投稿: バルおばさん | 2008年1月25日 (金) 18時29分

     >すうさま
若いカップルのすうさんみたいにフットワークが軽くないので、
ちょっと遠場だと二の足踏んじゃって…。
でもなるべく前向きにいきたいです、旅行も人生も?

投稿: バルおばさん | 2008年1月25日 (金) 18時32分

     >ねこおばさんさま
本来は遠出したくてウズウズしてる私だけど、関白夫に遠慮してました。
でも日常から離れるってやっぱり楽しい。
いつかあちこちカメラを持って行きたいなぁ。その時はカメラのご指導
よろしくね♪

投稿: バルおばさん | 2008年1月25日 (金) 18時36分

    >望さま
東京は若者の街ってイメージですよね。たった十日足らずの滞在のパリは
大人の街でした。古い物を誇りを持って守っている(結果として弊害に
なっている?)、迎合しない、改良しない(笑)。
この「改良しない」点は改良した方がいいのかも。これは不便だわ~と
思うことがいっぱいありました。
次に行きたいところ?以前にも行きましたが、おどろおどろしい歴史の
イギリスです(笑)。

投稿: バルおばさん | 2008年1月25日 (金) 18時43分

     >すずまゆさま
ふふ、面白いでしょう?これで若かったら絶対写真は撮らなかったと
思うけど、おばさんになると変なテレがなくなって興味のあるものに
ストレートに近づけます。この点だけは?年とってよかったと思ってます。

投稿: バルおばさん | 2008年1月25日 (金) 18時47分

( ´ー`)ノ こんばんは♪
そうですね。
思いもよらない所で日本語を聞くと、なぜか英語で答えてしまうのは、私だけではなかったのですね。
しかし、日本語の上手なフランス人♪

アチラニ、イッテクダサイ
すごっ!

私は外国人のスッチーに、ちょっとものを頼んだ時、
ショウショウ、オマチシマス
おしい!

誰が待つのだ?ん?

投稿: ピノコ | 2008年1月25日 (金) 20時13分

>ピノコさま
「ショウショウ、オマチシマス」ほんと惜しい!
以前イギリスの大英博物館でキョロキョロしてたら、
「オテアライヲ、オサガシデスカ?」と係員に話しかけられてビツクリ。
「いえ、私は娘を待ってます」と英語で答えてしまった私。
「エイゴガ、オジョウズデスネ」「いえ、あなたこそ日本語がお上手です」とまたも英語で答えてた私。日英逆転の漫才みたい。

投稿: バルおばさん | 2008年1月25日 (金) 21時50分

初めは何の事か・・・そういう話にうとい私です・・な~んて
奥様ぶっちゃって・・・。
そうなんですか?こんなお店が堂々と・・・。

娘さんがいてくれたお陰で思いで多い旅行が出来ましたね。
娘さんはもうすっかりフランス人になりきっていらっしゃる。

何処も一緒・・・ついつい頼ってしまう。
今度はイギリスへ?今度はきっと大丈夫だよね。

投稿: pomodoro0208 | 2008年1月25日 (金) 21時55分

こんばんは。
いろいろ勉強させていただきました。
マスクをかけるとマズイというのは頭に入れました。
アッチではMANGAブームなので、「タイムボカン」や
「悟空」の格好していけば、どこでもフリーパスかもしれませんね。

投稿: スタンリー | 2008年1月25日 (金) 22時51分

     >pomodoro0208さま
もうpomodoro0208さんたら~、分かってるくせにぃ(笑)。
パリの中では娘は「田舎のこぶこ」のままでした。たださすがに言葉は
少しは進歩してましたが。

投稿: バルおばさん | 2008年1月26日 (土) 00時16分

    >スタンリー さま
ほんと、マスクはきけんです(笑)。
日本のマンガは世界を席捲してますね、ときどきアニメキャラのお菓子を
娘の友達に送ったりしますもん。

投稿: バルおばさん | 2008年1月26日 (土) 00時20分

バルおばさん 今晩は 今度ブログがrelog から iiiro に変更しました。宜しくお願いします。パリ旅行記は軽快なタッチでついつい引き込まれて行きますね。これもバルおばさんの特技でしょうか。どんどん書いて楽しませて下さい。

投稿: araken | 2008年1月26日 (土) 22時40分

バルさま こんばんは 「あんたも♪」とすれ違ったパリのマダムに
なった気分ですよ、わたし♪ ステキなイラストですね。上手いなぁ~
パリを満喫されましたね。
子供の頃に読んだ、読書感想文の指定図書「セーヌ川の橋の下で」を
思い出しました。ルンペンのお話。
芸術の都パリ わたしも一度行ってみたいなぁ。

投稿: pochi | 2008年1月27日 (日) 19時35分

>arakenさま
ブログ、変更になったのですか?あら、今度はどんな風になったんでしょう、伺わせてもらいますね。

投稿: バルおばさん | 2008年1月27日 (日) 23時45分

     >pochiさま
「セーヌ川の橋の下で」、すみませんが知りません。」でも指定図書なら
品性のある本で、ましてや子供向けなら間違っても青いドアの家は
出てきません(笑)。
パリもすてきだけど、フランス本来の素晴らしさはパリから離れるほど
良さが分かると聞きます。私も田舎に行ってみたいです。

投稿: バルおばさん | 2008年1月27日 (日) 23時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パリあれこれ 華やか編 | トップページ | どんつくどんどんつく »