« 金田さん、その7 | トップページ | 金田さん、その9 »

2007年11月27日 (火)

金田さん、その8


早いもので あの時からもう50年も過ぎた。

「手に職をつけろ」の親の進言もあり、高校を卒業するとすぐ
荘次は東京で手広く植木業をやっていた親戚の元で修行した。



真面目に取り組んだ結果、仕事は軌道に乗り、一時は何人もの職人を
抱えていたし、家庭にも恵まれて故郷の両親を安心させることも出来た。



しかし最近は植木職人を頼む家庭も少なくなったし、
息子も別な職業に就いたので、今はのんびりと仕事をしている。



毎朝、10年前に先に仏壇に入ってしまった妻に手を合わせてから
仕事に向かう。

271


今日は久し振りに手入れに来た家で
3時のお茶をご馳走になり、一息ついている時だった。




庭先から「今日は~」の声と共に縁側の方に回ってきた人は…。

272

いつか道を訊かれた人…、
思いがけない再会に息が止まるほど驚いた。


     この笑顔だ、これでオレはずっと前の懐かしい笑顔を
     思いだしたんだ。


「偶然ですね、ここは伯母の家なんですよ」

「…」


家の人はニコニコと彼女を招きいれ

「いらっしゃい、麻子ちゃん。 智子はどうしてる?」

「有難う、同じようよ」





荘次の中で時間が逆行していき…、
そして長い長い時間が一瞬でつながった。



きりっとした顔立ちの、この麻子と呼ばれた若い女性、
しかしあの目、あの口元、まさに智子の面影そのものではないか。

ふいに涙があふれそうになって慌てて荘次は目をつぶった。

273_2 

急に早くなった動悸を抑えるように一呼吸おいて
荘次は麻子に尋ねた。



「あ、あのぉ、…変な事聞くようだけど、
あんたのお母さんは昔、群馬に住んでいなかっただろうか?」

麻子は一瞬怪訝そうな顔をしたが、
すぐに あっ!と何か思い出したように小さく声をあげた。


「あなたは、もしかしたら
金田荘次さんですか…?」

                   続く…




    жжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжж



                        今日もご訪問ありがとうございます。

先日、申したように今は時間の関係でコメレスはそちらのブログに伺ってます。
その分、「金田さん」をきちんとした形で終わらせるべくせっせと描いてます。
勝手いってすみません。


« 金田さん、その7 | トップページ | 金田さん、その9 »

シリーズ物」カテゴリの記事

コメント

むふふ。
だんだん佳境にさしかかってきてますかね?
本当に感心してしまいます。
絵と文章。
しっかしお忙しいところ本当にこれだけ描けるってすごいわ!
お嬢さん訪問も楽しみですね!

投稿: すう | 2007年11月27日 (火) 23時40分

いよいよですね・・・私の思うような展開がまっているのか、それとも・・・次が早く読みたいです。とはいえ、ゆっくりのんびり待っていますから、無理なさらないでください。

投稿: みかん | 2007年11月28日 (水) 00時34分

うひうひ。どきどきの展開!!続き楽しみにしてます。
バルさんはお忙しいけど、ボンジュールの国の娘さんに会えると思うと
どきどきわくわくして疲れも吹っ飛んじゃってるんじゃないでしょうか?♪(^∀^)

投稿: ぱんだうさぎ | 2007年11月28日 (水) 00時56分

最終章でコメントを・・・
と思っていたのですが、まだまだ続きそうなので・・・
なんと心の機微を上手く表現していらっしゃるのでしょう。
バルおばさんは、児童文学か童話作家の道を歩まれるべきでは・・・?
応援いたします♪
今のうちにサインをください。

投稿: panco | 2007年11月28日 (水) 01時40分

バルさんのストーリーの手法は本当に素晴らしいです
心の中が何となく懐かしい暖かさで一杯になります
続きが待ち遠しいですが無理はしないでくださいね。

投稿: ななうさ | 2007年11月28日 (水) 07時49分

見送りをしなかった別れの時から50年経っての再会への道が!
娘さんも名前を知っていたなんて 
智子ちゃんの心の中では群馬で過ごした時間が 荘ちゃんが
よい思い出になっているのですね。
さぁ 二人は会えるのでしょうか?!
次号を待ちます。

インフルエンザがこの地域でも徐々に拡大の傾向~
お体に気をつけて。

投稿: ふたば | 2007年11月28日 (水) 09時03分

こんにちは、今日は出先からです。
回想シーンとの組み合わせとか、元のストーリーがしっかりしてないとできませんもんね。
ほんと先で1冊にしてみては、楽しみにしています。

投稿: ねこおばさん | 2007年11月28日 (水) 12時55分

私最後まで読んで背中がゾクゾクとしました、
もう!こんなに御年を召した、荘次君に逢えるなんて
年月が過ぎたのですね、
朝子さんの母親は智子さん、
素敵な出会いですね、キット!又、素敵な出会いが有りますね、
子供時代に智子ちゃんかた、頂いた、お手紙、今でも
持ってると嬉しいけど、
素敵な物語にウキウキしながら、伺いました、次が楽しみです

投稿: mitirin | 2007年11月28日 (水) 13時31分

わぁーーーーーお!興奮!
クライマックス第一波ですぅ!

投稿: pochi | 2007年11月28日 (水) 16時49分

わ~、いよいよですね。
娘さんが 荘次さんのこと知ってるんなんて なんだか うれしいですよ。
ワクワクドキドキのじ次回ですね~。

投稿: 小夏 | 2007年11月28日 (水) 19時44分

荘次さん50年たって智子さんの娘さんに
逢われたんですね♪
いま、智子さんはどうされてるのかと
頭の中でいろんなことを想像してます
次回は智子さんに長年の…
ワクワクしますね♪
コメントの事は気になさらなくて良いですよ~

ボンジュールの娘さんの所へ行かれるんですね
おフランスの話も楽しみです (*^。^*)

投稿: ちゃこママ | 2007年11月28日 (水) 22時00分

今日はちょっとザワッときました~♪
この偶然で必然な出会いのドキドキ感!

で、なんでフルネーム知ってるの~\(◎o◎)/!
早く終わりがみたいですぅ。

投稿: lisho | 2007年11月28日 (水) 22時52分

おっ!ついに、話が繋がってきましたね!
金田さんの頭の中は一瞬、色んなものがグルグルゴチャゴチャ回って回って・・・・心臓がドキドキ!このお年ではちょっと危険です!
親子美人でなにより!
あの、いやな目つき、とかいやな耳つき?で、すぐに母娘とわかったら・・・ちょっと悲しいかな・・??

投稿: おおかみおばさん | 2007年11月29日 (木) 00時23分

今、紅葉真っ盛りですが、こちらは素晴らしい高揚です!
私がもし、映画監督なりせば、バルおばさんのこの原作を、是非!映画化したい思いです。
撮影は、群馬ロケ。
音楽は、どなたに依頼しようかな?。
そして、配役は、荘次は誰に?、智子は誰にしようかな?
な~んちゃって、、(笑)
大それた発言でした。ごめんなさい。

投稿: アスカパパ | 2007年11月29日 (木) 12時08分

おぅ。 フルネームで覚えているとは よほど… ラブだったのかしら。

ブログの 毎日更新はギブアップしました~

ランキングは やめられず 続けております(専業主婦って 誉められると嬉しくて…) 少し ゆっくりと また遊びにきます♪

投稿: スノーパンダ | 2007年11月29日 (木) 13時47分

登場人物を、どの俳優さんにキャスティングしようかと考えています。

投稿: スタンリー | 2007年11月29日 (木) 16時18分

 あれえ どうなるんだろ 赤毛のアンの中の おはなしみたいだわ。

投稿: 水戸小紋 | 2007年11月29日 (木) 19時12分

50年かあ~。50年後、私の友達はまだ友達でいてくれるのかなあ。
この二人はどうなるんでしょう。また友達に戻れるといいな。

投稿: ひよこ豆 | 2007年11月30日 (金) 01時01分

お、お・・
50年経ちましたかぁ・・・
読んでて鳥肌が立ちました!
もう直ぐ夢の再会となるでしょうか~
次回が楽しみ~!


ところで今日はご挨拶に伺いました
『梓の小鳥』 です
突然ですが引っ越す事にしました。
HNをモナカと, そして
ブログ名も 『Auntieモナカの徒然ブログ』 と改めました。
半年くらい迷いこの数ヶ月準備をしてたのです。
HN, タイトル、 アドレス以外は全く今までどおり。
土日頃までには始められると思いますのでまた宜しくお付き合い下さいね

投稿: モナカ | 2007年11月30日 (金) 12時20分

バルさん、昨日お邪魔したのですが、
 コメントを入れたほうが良いのか迷いました。
いづれにしても、手を煩わせるしね。
沢山のファンの方が居られるしなぁ、と。
でも記事を書く者にとれば、コメント貰うほうが嬉しいし。
 と、今、再度お邪魔しています。
折角来たのだから軽く入れます。
そこで考えました。
 バルさんのこの原作を、映画化(テレビでも可)されたら如何か?と。
撮影は、群馬&京都
音楽は、勿論コスモス。
配役は、荘次は誰に?、智子は?
 我々のブログ仲間には残念ながら、該当者無し(-_-;)
予算の都合もあるだろうし、一流は使えない。二流も無理だろう。
う~ん、困った。次回までの宿題とします。

投稿: コスモス | 2007年11月30日 (金) 18時49分

おぉ~っ!50年経ちましたか・・・。
偶然はこの世にはありません・・・会うべくして
会ったのです。^^^^;;;
どこかで聞いたようなせりふだよ。

それにしてもきれいな娘さんにですね。
こんなに上手に書けるなんて^^^;;。

投稿: pomodoro0208 | 2007年12月 1日 (土) 00時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金田さん、その7 | トップページ | 金田さん、その9 »