« 第2の問屋! | トップページ | 映画って素晴らしい! »

2007年9月25日 (火)

早すぎる‘冬の思い出’

この間、秋物の問屋さんが言ってたように
ほんと、昨日から涼しい!

  (結構あてになるわね、あの問屋)

この夏、完全にうだってた身が
ほぉ~と楽になった…が

何か涼しすぎない? というより寒くないかい?

寒さにも弱い私としては
なんか「あ~ぁ、今度は寒い時期が来るのね」と
早くも(ていうか早過ぎるけどね)思っちゃうわ。

1

私が子供の頃の寒さは今の比じゃないほど厳しかったし、
暖房器具もせいぜい石油ストーブくらいで
本当に寒かった。

木枠の窓ガラスは建てつけが悪くて
すきま風もひゅ~ひゅ~入ってきたから寒い、寒い。

2

でも母が火鉢でコトコト何か煮てくれたり、
堀ゴタツにもぐり込み木枯らしの音を聞きながら
本を読んだりして、いつも季節と一体だったわ。

コタツといえば電気ゴタツしか知らない方もいるでしょうが、
私の小さい頃は練炭…、直火ですぜっ?
これが今でいう遠赤外線!だから暖かい、暖かい♪

朝、起こした(着火したとでもいうのかな)練炭は
1日もつんだからエコもいいとこ。

でも毎朝方、皆の起きてくる前にそうやって
オコタツを暖めておいてくれるんだから
昔のお母さんは大変だったね。

私、ほんと当時の母親でなくてよかったわ~。

3

このコンロの下のとこにある口で火力調節するのよ。
少ししか開けなければ、いわゆる弱火?でゆっくり
なる~い温かさなの。

しまった~、また何人かの人を未知の世界へ
連れていこうとしてキョトンとされちゃった。

しかも季節感、ずれまくりの記事だった…、でも
しかたないわ、思い出しちゃったんだからと開き直り(笑)。


« 第2の問屋! | トップページ | 映画って素晴らしい! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

バルおばさんこんばんは~。
練炭は七輪に入れるやつですよね。
うちではおでんを大量に作るのに使っていました。
一日中コトコト煮てるのでコッテリと味のついたおでんになるんですよね。(母はお勤め、父は自営だったので 父が守りをしておりました。のでツマミ食いで随分減ってましたが)
一度つくると 毎日毎日 具と出しを足しながら煮るんですよ。 やっとおでんが終わる~と思ったら 新たな具でいっぱいだったりして・・・orz
なんて すごく懐かしい思い出を語ってしまいました(笑)
ちなみに実家は コタツは掘りごたつでなかったので 練炭ではなく 豆炭を使ってました。
バルおばさんはご存知ですよね。湯たんぽ代わりに 豆炭をひとつ入れるアンカの存在を。
隙間風がぴゅーぴゅーだったので一酸化炭素中毒にはならなかったですけど 今ではかなりヤバイです。
コタツには豆炭4個入れてました。

なので 親戚の家の掘りごたつに入ると 練炭でいつも靴下を焼いてました。。。
いやーん トシがバレバレ~~(*ノノ)

投稿: M | 2007年9月25日 (火) 03時39分

(*゚ー゚)vおはようございます♪
フフフ、知っていますぜぃ、だんな。

七輪、大阪では「かんてき」と言います。
このかんてきで、よく母は煮炊きものをしていました。
私の子供の頃の家には、釜戸(大阪では「おくどさん」と言う)もありました。

火鉢、使っていましたよ。
なぜか、私は火箸がこわかったです。(なぜ?)
火鉢でお餅を焼いてもらったりするのがうれしくて、火鉢を出してもらったとたん、私は火鉢の周りを走り回り、すべって転んで火鉢に激突し、唇が腫れあがりました。
そのちょっと前に、両手をポケットに入れて歩いていたら、けつまづいて顔面を強打し、唇をケガ。
ようやくなおったところに、火鉢で激突。
ついていませんなぁ。σ('、`)
 
私も、もの凄い寒がりで、ストーブで背中を温めていると・・・
おや?へんなにおいだね・・・
  Σ( ̄□ ̄;)!!!
化繊のパンタロンスーツを着ていた私は、ストーブで背中部分をとかしてしまったのです。
これでは、かちかち山のたぬきです。

ポカポカグッズでかかせないのは、白金カイロ。
白金カイロを祖父に借りて、そのままお腹に当てて寝たものですから、翌朝、お腹にはプックリ水疱が。
ハイ、低音やけどでございます。

練炭、懐かしい響き。
TVの「ゲバゲバ90分」で、ずいずいずっころばしをしていて、1人の子が入れてもらえず、仕方なく練炭を取り出し、1人ずいずいずっころばし、を。
なぜか、この映像が鮮明に頭に残っています。フフ


投稿: ピノコ | 2007年9月25日 (火) 09時06分

おはよう~、懐かしい、割烹着の、お母さんと
火鉢、正月には火鉢で御餅を焼いたわ、
股火鉢で兄がズボン焦がして叱られてたわ、
風呂を沸かした、消し炭をコタツに入れてたわ田舎ですから、
囲炉裏を囲ってご飯でした、ポットが無くて、
火鉢には、何時もチンチン言いながら土瓶のお湯が沸いてたわ、
バルさん、忘れてた懐かしい時代を
思い出させて頂いて感激です、
書き切れない位の懐かしさです、
直ぐに挨拶が寒い~~に変わりますね

投稿: mitirin | 2007年9月25日 (火) 09時12分

 掘りごたつをつぶして 畳を敷いていましたが 板の間にしたい家人が 元に戻したので 足をぶらぶら出来ます。が、孫が落ちたら大変 また ふたをしたままです。 小学校に上がる頃は 元にもどるかな。

投稿: 水戸小紋 | 2007年9月25日 (火) 10時09分

皆さんよりいくぶんヤングなので練炭の記憶がほとんどないのですが・・・
豆炭なら祖母の家で使っておりました。
特に、豆炭あんかは、寒がりの私の愛用品でした。
(今でも足にヤケドのあとがあります)

投稿: よよよ姐サン | 2007年9月25日 (火) 10時28分

リアルタイムでそこにいたわ、私…。
豆炭あんか⇒商品名ネコあんかと言うのがうちにはあって、子供の頃袋の口がほどけて、火傷したことありますよ。今でも後が残ってますもん。
火鉢⇒餅だけでなく、正月のするめ!網にのっけて香ばしい香りとともに縮んでいく様をよだれたらしそうに見ていたわぁ。
掘りごたつ⇒中の足乗せるところに年とった三毛猫がよく座ってて、お腹の毛をこがしてたなぁ。
白い毛の一部がこげてちょっと黄色っぽくなってたのよ。
あぁ、懐かしい。昔話はつきないわ・・・(笑)

投稿: ねこおばさん | 2007年9月25日 (火) 11時51分

ばあちゃんちに大きな練炭があったな~。
コタツもあったけど、練炭のまわりでたまには餅を焼いていたような気がする。
ばあちゃんじいちゃんちには親戚一同集まって子供居間の時代には珍しく結構多い方だからワイワイガヤガヤ楽しかったな~。
毎回おじさん同士でお酒が入ると途中酔っ払いすぎて喧嘩になるのもめんどくさいような笑えるような。

投稿: すう | 2007年9月25日 (火) 12時07分

ウワ~ッ!
ここに来たらまたタイムスリットや~~。
あっという間に子供に帰ります。

そうそう、母のエプロン姿の傍にピタッとひっついて、ジッと見てたわ。
アンカは必需品、我が家も豆炭だったかな。
種火は朝起きて一番にする仕事でしたね。

今も主人の実家には囲炉裏があります。
兄弟が集まった時など囲炉裏を囲んで、酒盛りが
始まります。火の回りに色んなものを長~い竹串
に刺して焼くんです。

冬はだだっ広い田舎の居間なのに(暖房はこれだけ)
何故かあったかく・・延々と宴は続くのでした。

懐かしい思いにほっとする気持ちです。

投稿: pomodoro0208 | 2007年9月25日 (火) 13時49分

はじめまして。
コメントからとんできました。
楽しい絵と文章のブログですね~~!
練炭。。。未知の世界かも(笑)
火力調整できるんですか!
これ、お芋焼いたりできそうですね。
焼き網がついてたら。
またお邪魔させていただきまーす。

投稿: ひよこ豆 | 2007年9月25日 (火) 17時35分

こんにちは~

「また何人かの人を未知の世界に…」

、のくだりで 受けちゃいました。

直火! は 私も体験したことがないですね~!
でも なんとなく 懐かしい感じ?がしました。

バルおばさんは 信州ですか?
風景が綺麗なところだと 絵心が湧きそうですね

投稿: スノーパンダ | 2007年9月25日 (火) 18時20分

バルさん、今日も懐かし~い記事で(^.^)。
 年をとるという事は「直近の事は忘れる。昔の事は覚えている」らしいのですが、ピンポ~ン~の私です。お仲間入りしたくて、ウズウズ。
 私の家も暖房は練炭一つ。私は、部屋でもハーフコートを着ていました。昔の家は夏向きですよね。
家族4人が練炭火鉢の周りを囲んで、両手を火にかざして。兄と手が触ったとか言って。
 お餅やみかんの皮を焼いたり、貧しくとも平和な時代でしたね。

投稿: コスモス | 2007年9月25日 (火) 18時51分

 こんばんは、望です。
  ふと考えたのですが、「寒さ」と「暑さ」、どちらが思い出を作りやすいのでしょうね?
 バルさまのブログを読んでいると、「寒さ」の方のような気がしてきますね。
 それから自己宣伝で恐縮ですが、再録ですがブログ(倶楽部ジパングの方)更新しましたので、お時間あるときご一読くだされば幸いに思います。 

投稿: 渡辺 | 2007年9月25日 (火) 18時51分

>Mさま
はい、全て分かります(笑)。
七輪でコトコト煮込むオデン、いかにもおいしそう~、よそ様のお味は一層おいしく感じますね。

別に住んでたおじいちゃんのオコタが豆炭でした。
小さいオコタなので四角い箱みたいな物に豆炭1個
入れて1日もちます。
湯たんぽ代わりのアンカ、パカッて両方に開かるヤツですね、知ってます…。

投稿: バルおばさん | 2007年9月25日 (火) 22時32分

バルさん こんばんは
前回のコメントがまたまた消えてしまいました?
問屋さんの…
少し涼しくなったと思ったら掘りごたつ!ですね。
はやっ! 火鉢はありましたねぇ。いつも乗せてあるやかんが恐かったです。
学校から帰ると、こたつのあっちとこっちで一直線になって、妹と母が昼寝をしていて「ふぁ~、あんたらまたかいな~B型人間め~」(pochiは家族でたった一人A型です)となぜか、悠々自適のB型さんをうらめしく思いながら、ふかしたおいもを三時のおやつに食べましたなぁ…
練炭はたつくりを作るのが私の担当だったので使いましたなぁ~。
今思えば、そろばんに習字は習いましたが、昔の子供はよくお手伝いをしたもんです。

投稿: pochi | 2007年9月25日 (火) 22時32分

    >ピノコさま
火鉢、ストーブ、白金カイロ…、災難つながりで
なんとまぁお気の毒。でも結構、低温ヤケドした子って回りに多かったです。今なら大変だわ。
白金カイロは大きなライターみたいな金属製で
ベンジンを入れて芯が燃えてるのよね、すごく
不思議な感じでした。

投稿: バルおばさん | 2007年9月25日 (火) 22時41分

パルさん。衣替えしても、グリーンのパンツと
オレンジのシャツですか。

投稿: スタンリー | 2007年9月25日 (火) 22時46分

    >mitirinさま
あんなお洒落な絵を描くmitirinさんのルーツは
豊かな日本の暮らしの中にあったのですね。
囲炉裏を囲んでの食事…、穏やかだわ。
股火鉢…、男の子は身軽だし、よっぽど寒かったのでしょうね。

投稿: バルおばさん | 2007年9月25日 (火) 22時48分

     >水戸小紋さま
日本人の生活術って見事ですよね!冬は堀ゴタツ、
夏場は塞いで平らな畳の部屋。
ふさいでないと確かに小さい子は中にスポッと
落ちたりしてました(笑)。

投稿: バルおばさん | 2007年9月25日 (火) 22時55分

    >よよよ姐サンさま
‘ヤング’という言葉を使う時点でヤングじゃないかと…。
豆炭アンカのヤケド痕があたい達のお仲間の証。
ふふ、嫌でしょう?

投稿: バルおばさん | 2007年9月25日 (火) 22時59分

     >ねこおばさんさま
おお、ここにもアンカでヤケドした(昔の?)いたいけな少女がっ!ほんと多いわ…。
うちのネコもオコタにもぐり込んでは一酸化炭素中毒で?フラフラになって出てきたわ(笑)。
結構、昔ってデンジャラス。

投稿: バルおばさん | 2007年9月25日 (火) 23時07分

    >すうさま
昔の親戚がわいわい集まってる様子が楽しそう。
よっぱらいのおじさん、どこでもいるわね(笑)。
またかよ~と思いながら、そこはそれ親戚同士
気心の知れた者の楽しさですね。

投稿: バルおばさん | 2007年9月25日 (火) 23時12分

     >pomodoro0208さま
まだ囲炉裏があるなんて希少価値です。
まだまだ日本には良き時代が残ってるんですねぇ、
お孫さん達に見せてあげたら喜ぶのでは。

投稿: バルおばさん | 2007年9月25日 (火) 23時16分

    >ひよこ豆さま
お越し頂き有難うございます。そちらのPCGと
違ってアナログ、しかも今回は練炭系です(笑)。
お芋、焼くのは練炭より炭がいいかも…といっても
分からないですね、お若すぎて(笑)。

投稿: バルおばさん | 2007年9月25日 (火) 23時20分

    >スノーパンダさま
未知の世界へようこそ(笑)。
信州? いえいえ、空っ風のガンガン吹きまくる
群馬です。毎日バタバタ仕事してて情緒のかけらも
ありません。

投稿: バルおばさん | 2007年9月25日 (火) 23時23分

     >コスモスさま
京都の冬はしんしんと寒そうですね。でも群馬も
負けてません?夜なんか空っ風がうなって吹きまくりました。
みかんは母もちょっとあぶってから食べてました。
皮がむき易くなるから?

投稿: バルおばさん | 2007年9月25日 (火) 23時27分

    >望さま
う~ん、どっちでしょうか?なにせ昔は家の外が
すぐ自然だから、一年中思い出は尽きないですね。

ブログ、後で伺って読ませて頂きます。お陰さまで
長文を読むのが以前ほど苦にならなくなりました(笑)

投稿: バルおばさん | 2007年9月25日 (火) 23時31分

     >pochiさま
ごめんね、私もおちゃらけB型なの…。確かに
いつもオコタでグーグー寝てました(笑)。

でもおやつのオイモといい、昔は自然と共存してました、スローライフ?

投稿: バルおばさん | 2007年9月25日 (火) 23時35分

     >スタンリーさま
へへ、お洒落じゃないんです。たまには違う物
着せようかなとは思うのだけど、まっ、いいかなんて
そのままに。
しかし、男性に指摘されるのも恥ずかしいぞ、私。

投稿: バルおばさん | 2007年9月25日 (火) 23時38分

ありましたよ~♪
練炭の掘りごたつや炭の火鉢が…
火鉢って良いですね ゴトク(笑)の上に
網を乗せてお餅とかするめとか焼いて…
家族がいつも一緒の暖かい思い出です~♪

寒かったけど靴下やシャツは薄いのと厚いのと
2枚重ね着の寒さ対策もしてたね
しもやけやひび割れの子もたくさんいてたしね

バルさんのお陰で昔の事を思い出しながら
いろいろ懐かしがってます (*^。^*)

投稿: ちゃこママ | 2007年9月26日 (水) 02時29分

おはようございます。
えー。
直火に布団(コタツの)・・・
コンロインして火事に・・・
(そんなこと言ったらどこの
     街でも火事だらけだわな・・・)
でもでも、火焚いて「煙」は???
「掘りコタツがある家=金も持ちの家
     (もしくは居酒屋)
って連想になってしまう私。。。

投稿: 海 | 2007年9月26日 (水) 08時27分

 昔の母は仕事がたくさんありましたねぇ。
昔の猫はコタツの中で寝てられない?
 練炭なんて危険‥と思ったけど
Mさんの ”隙間風がぴゅーぴゅーだったので一酸化炭素中毒にはならなかったですけど” で 笑っちゃいました
けど 納得 一安心(?)

投稿: がぱちん | 2007年9月26日 (水) 08時31分

この炬燵に 物が落ちるんですよ~、靴下がないよって 頭突っ込んで探す、こんな光景、よくありました^^ 
ちゃんと 整理整頓してたら、そんなこたあないんでしょうけど。。。
でも、友達は、眠っている間に落ち込んで、あとちょっとで 危ないとこ・なんてこともありましたね~。
また、この七輪の上で お餅を焼くなんてことも、ぷ~~と膨れてお焦げが…、これまた おいしい!
またまた 昭和の懐かしい時代に 運ばれてしまいました~。
楽しい~~~。

投稿: 小夏 | 2007年9月26日 (水) 15時46分

    >ちゃこママさま
そう、あの頃はとにかく寒かったです。下着は薄いメリヤスシャツの上に厚い前開きのシャツ着てました。
パンパンに着ぶくれてました(笑)。

投稿: バルおばさん | 2007年9月26日 (水) 19時38分

    >海さま
コタツは必需品だから、どこの家にもありましたよ。
練炭は炎は出ないの、静かに燃えてる炭?ってイメージかな。
コンロの上には金網があるから危なくはないです。

投稿: バルおばさん | 2007年9月26日 (水) 19時41分

    >がぱちんさま
「隙間風…」はマジそうなのよ!サッシなんてないんだから。
がぱちゃんのお義母さんに聞けばコタツでネコが
フラフラになったというのが分かりますよ(絶対知ってる!)。

投稿: バルおばさん | 2007年9月26日 (水) 19時44分

     >小夏さま
七輪で焼いたオモチがふくれて、そのつぶれたとこに
お醤油が回って…、あれはほんと美味しかった!!!

オコタに落ちた人は寝込んでしまったのね(笑)。

投稿: バルおばさん | 2007年9月26日 (水) 19時47分

バルさま。秋の交通安全週間、どうぞご無事で!

掘りごたつ~!懐かしいです♪祖母宅にありました。残念ながら夏休みしか行かなかったので 暖めてもらった記憶がないのですが(夏は板でフタがしてありました)。夏の話で恐縮ですが お泊りすると玄関から縁側の窓から全ての窓を全開で 蚊帳をつってもらって寝ていました。特別な空間のようでワクワクした思い出が! ちなみに朝起きるとヤモリが枕元にいたり、ムカデが這っていたり・・・そりゃもうお祭り騒ぎでしたね(涙)
あ・TVに4本の足がついていた時代です・もちろん♪

投稿: 母上 | 2007年9月27日 (木) 00時26分

掘りごたつは憧れでしたわ~♪
家にはなかったの・・・
家は豆炭こたつでした。
火鉢も懐かしいわね。
父親の実家では練炭を扱っていたので、当然我が家も練炭の火鉢・・・
子供の頃、その下の穴から覗くと赤い空間が見えて、不思議だったなぁ・・・
なんとなく、秘密めいてて宮殿のようでもあって・・・
私はそこに住むお姫様・・・と、あらぬ妄想を書きたてられたものでした。
あ・・・頭の中身は、今も大して変わってないけど・・・
だって、ニコールだし・・・(自爆

投稿: panco | 2007年9月27日 (木) 01時12分

バルおばさん~
此処奈良も急に本当に急にヨ、すずしくなってね「あぁ~生き返る」っておもったの。そうしたら「主婦の虫」が「衣替え」「衣替え」って鳴くのです。そう来週からは10月衣がえです。
夏の旦那ももうすっかり、帰り支度整えられたそうで・・。

投稿: evecooky | 2007年9月27日 (木) 05時54分

今朝は寒くて目が覚めたわ、
バルさんの絵の様なブル~ブル~の冬が早く来るかも、慌てて羽根布団出しました、囲炉裏に火の入るのも
近いかも

投稿: mitirin | 2007年9月27日 (木) 08時33分

おはようございます♪

オヤジの九州にある実家も、冬はとても寒いです。
青森に住んでいるオヤジが、寒くて目が覚めてしまうくらいです。生前父親が、「寒ければ着ればよか!」と言っていましたが、雪国と九州は違うばい! ですよ。 冬の雪国の家は暖かいゾ♪ 灯油代は出費ですけどね(大汗)。

投稿: reev21 | 2007年9月27日 (木) 09時38分

バル おばさん こんにちわ 冬場の暖房に練炭 練炭は懐かしい言葉ですね。久しぶりに聞きました。私の家の同じ通りに燃料屋があり、練炭・一般の炭・豆炭・薪等が売られておりました。今は燃料屋がありませんものね。それだけ私たちが年をとったのですかね。光陰矢の如しですか。

投稿: kenken | 2007年9月27日 (木) 12時38分

こんにちは、バル様。日常生活は私達の頃に比べてずいぶん便利になったけど...バル様の絵でなんだか今では姿を消してしまっていった生活道具が懐かしく...寂しくもありますね...。
今ではスイッチ一つの操作で、暖房も作動するし...そんなおこたにあたってみたいな..。
確かに練炭起こすのはだるいときもあるけど...これが本当に温かいんですよね!(*^_^*)
覚えてるよ...昔の記憶..(笑い)

投稿: すずまゆ | 2007年9月27日 (木) 15時59分

懐かしい思い出です。練炭なんて知らないでしょうね。「炭をおこす」と言って、娘が「炭、寝てるの?」と言い、大笑いしたことを思い出しました。大変でしたが、風情はありましたよね。

投稿: みかん | 2007年9月27日 (木) 19時34分

 >母上さま(しかし、この私が呼んでいいのか?)
昔は鍵なんかかけないで寝てた家って結構ありました、ちょ~、怖いよ。
田舎のお祖母ちゃんちがあったのですね、羨ましいです。

投稿: バルおばさん | 2007年9月27日 (木) 21時44分

    >pancoさま
練炭の赤い穴宮殿に住むニコール姫…すご過ぎます、
熱過ぎます!さすがpancoさまです。

投稿: バルおばさん | 2007年9月27日 (木) 21時48分

    >evecookyさま
衣替え、最近ではあまり気にしなくなったようで
高校なんかは自由のさせてるそうです。
段々季節感がなくなっていきますね。

投稿: バルおばさん | 2007年9月27日 (木) 21時50分

   >mitirinさま
でもまた明日は暑いそうです。一体いつ秋は来るの?
元気に遊んでるアランくんは
冬は好きなのかしら?

投稿: バルおばさん | 2007年9月27日 (木) 21時55分

    >reev21さま
北国は暖房がしっかりしてるから、以外な事に冬は
温かく過ごせるらしいですね(もち、家の中)。
九州も冬は寒いのですか?驚きです。

投稿: バルおばさん | 2007年9月27日 (木) 21時58分

    >kenkenさま
そうですね、今はすっかり便利になって子供達との
カルチャーショックはすごいもんがあります(笑)。

投稿: バルおばさん | 2007年9月27日 (木) 22時00分

    >すずまゆさま
覚えてらっしゃいますか、もうかすかな記憶でしょうけど。
昔のお母さんはほんと大変でしたね、つくづく当時の
母親でなくて良かったと思いますよ。

投稿: バルおばさん | 2007年9月27日 (木) 22時04分

     >みかんさま
はは、炭をオコス…、なるほど起こすですね。
言葉一つとっても、世代の差があります。

投稿: バルおばさん | 2007年9月27日 (木) 22時06分

私の幼児のころは普通の炭をコタツに入れていました。 
よく靴下に熱で穴を開けました。
炭をガスでおこすときは、火花が飛び散って花火みたいでうれしかったです。

投稿: スタンリーメタボリック | 2007年9月29日 (土) 09時41分

きのうはぺろぺろのワンピ一枚やったのが、今日は
毛糸のカーデガンにマフラー巻いてます。何なの?
これ!  夜になってから、喉がいたくなりそうなので、セータープラスしました。
昔はほんとによく、あんな火鉢ひとつで、冬をすごせましたよね。 もう戻れませんねえ、あの生活には。

豆炭アンカではよく低音やけどしました。

投稿: daikatoti | 2007年9月29日 (土) 19時26分

     >スタンリーメタボリックさま
そうそう!炭っておきる時パチパチ火花が飛ぶんです。
懐かしいわ、火花は小さいけど、結構音はしましたよね。

投稿: バルおばさん | 2007年9月30日 (日) 01時03分

    >daikatotiさま
ここで防備録?みたいに昔の事を書いてるけど、
じゃぁ、もう一度やれと言われたらお断りですよね。
人間、楽を覚えたら元には戻れません。

冷静沈着なtotiさまがアンカでヤケドをしてたとは
意外です。

投稿: バルおばさん | 2007年9月30日 (日) 01時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第2の問屋! | トップページ | 映画って素晴らしい! »