« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月30日 (日)

映画って素晴らしい!

一人の時間があったので早速映画に行ってきた。

    邦題 「エディット・ピアフ  愛の賛歌」

有名なフランスの歌手、エディット・ピアフの生涯の映画だ。

凄絶な生い立ちや、自由奔放な性格は知られてるし
映画好きな方のブログでも取り上げられているから、
あえて感想を言うこともないが、映画の最後の方の歌に
私はいたく感じいった.
(実は前から知ってた歌だけど
フランス語分からないから、意味も知らなかったの)。

‘いいえ 

 私は何も後悔していない

 私に人がした よいことも わるいことも  

 何もかも 私にとってはどうでもいい

 私は何も後悔していない ’

…なんかすごい深いな
ぐちと後悔ばかりの人間としては。

もっとも、あれほど凄まじい人生を送りたいとは思わないけど。

Photo

しかしほんと映画って素晴らしい!

映画好きな親の影響で学校に上がる前から映画館に連れていってもらい
50年も!変わらず映画が好きだ。
これは親に感謝したい。

いい映画って一生覚えているでしょう?

亡くなった母がよくお料理作りながら
必ず歌ってた鼻歌は
「会議は踊る」の曲と「メリー・ウイドウ」

…ドン引きでしょ? 古すぎて(笑)。

     戦前でっせ…

勿論いくらおばさんの私でさえ「少ししか」知らないわよぉ。

でもね、横浜から群馬に嫁いできた母だけど、
娘時代の瑞々しい感性って誰でも忘れてないでしょ?

無意識に歌ってる時の母はきっと
当時の無垢な自分に戻ってたと思う。

2

 ( ドン引きしてる皆さんを更に遠くに引かせるけど)

   「会議は踊る」の‘ただ一度、二度とない…’というフレーズ、
   メロディーもすごい高揚感があって

          …わたくし、大好きです!!ええ、歌いますとも!
                     
 (母の思い出だしね)

     ええ~い、どうだぁ、みんな 引いただろ~!?

| コメント (41)

2007年9月25日 (火)

早すぎる‘冬の思い出’

この間、秋物の問屋さんが言ってたように
ほんと、昨日から涼しい!

  (結構あてになるわね、あの問屋)

この夏、完全にうだってた身が
ほぉ~と楽になった…が

何か涼しすぎない? というより寒くないかい?

寒さにも弱い私としては
なんか「あ~ぁ、今度は寒い時期が来るのね」と
早くも(ていうか早過ぎるけどね)思っちゃうわ。

1

私が子供の頃の寒さは今の比じゃないほど厳しかったし、
暖房器具もせいぜい石油ストーブくらいで
本当に寒かった。

木枠の窓ガラスは建てつけが悪くて
すきま風もひゅ~ひゅ~入ってきたから寒い、寒い。

2

でも母が火鉢でコトコト何か煮てくれたり、
堀ゴタツにもぐり込み木枯らしの音を聞きながら
本を読んだりして、いつも季節と一体だったわ。

コタツといえば電気ゴタツしか知らない方もいるでしょうが、
私の小さい頃は練炭…、直火ですぜっ?
これが今でいう遠赤外線!だから暖かい、暖かい♪

朝、起こした(着火したとでもいうのかな)練炭は
1日もつんだからエコもいいとこ。

でも毎朝方、皆の起きてくる前にそうやって
オコタツを暖めておいてくれるんだから
昔のお母さんは大変だったね。

私、ほんと当時の母親でなくてよかったわ~。

3

このコンロの下のとこにある口で火力調節するのよ。
少ししか開けなければ、いわゆる弱火?でゆっくり
なる~い温かさなの。

しまった~、また何人かの人を未知の世界へ
連れていこうとしてキョトンとされちゃった。

しかも季節感、ずれまくりの記事だった…、でも
しかたないわ、思い出しちゃったんだからと開き直り(笑)。

| コメント (56)

2007年9月19日 (水)

第2の問屋!

以前、涼しくなったと勘違いして問屋にダメ出しされたが、
今だに暑いぞっ!

暑さにまったく弱い私はもう虫の息で、
うんざりと仕事をしてる。

          すると…

    

   涼やかな声が…?

1

そういうアナタは…?

「秋を扱ってる問屋です」   … ホンマかいな?

「暑さ、寒さも彼岸まで。
もう2,3日の辛抱でございます、
秋を卸させていただきますよ」

よく分かんないけど、秋の問屋?
どうりでサワヤ…

すかさず仰います、この方

2_2 

でもまぁ、確かに朝晩は秋めいてきたわ。

そうなったら、夏物を洗濯しなくちゃ。

私が小さい頃、母は、着物をほどいてきれいに洗い、
長い板にシワにならない様、ピタッと貼って乾かし
またそれを縫い直して着てたわ。

もちろん、私はした事もないけどね
こうやって、昔の生活って消えていくのだわね…

    (イラスト、母を描こうと思って間違って私を描いちゃったっ!
  気にしないでね?)

3

4

これ書いてて一体どれだけの人が
分かってくださるか、考えちゃった。

コスモスさん と チャコママさん は多分OKだわ…多分。

あ、あとは着物だぁ~い好きなさん、sakaeさんもOK。

しまったぁ~! 後の方はどうだろう?
皆さん お若いから……。

まぁ、いつも訳分かんない事を書いてるから、
優しい皆さんは慣れっこでしょう、多分。

| コメント (50)

2007年9月16日 (日)

運動会…、昔のね

昨日の土曜日、うちの市の幾つかの小学校でもう、運動会があった。

ご他聞にもれず少子化や授業時間に差しさわりのないよう
内容も縮小されているし、
児童のケガを心配して少々危険なものは廃止されてるという話だ。

私の小学生の時なんか、なにせ一学年で300人以上いたんだから、
もうもう運動会なんていったら、そりゃぁ一大イベントだった。

行事というのは 昔は学校主導だったし、親もお任せしてた…、
そういう時代だったのよ。

6年女子のダンスは先生も相当気合が入って
放課後も残って練習をやらされた覚えがある。

ダンスには必ず薄い紙で作った(もち自分で)花のついた輪を使って
まるでマスゲーム並みのそれだった。

1_2

    

     男子の演目で私が好きだったのは 棒倒し

なんといってもよかったのは

♪箱根の山は天下の険…♪と歌いながらの入場の時かな。

そろそろ変声期を迎えた声で100人以上が一斉に
足並み揃えて行進してくるのよ。

なんかワクワクしたし、男子もこの時ばかりは
カッコ良く見えたしね。

  多分、母親になった今、真剣な子供達を見ると
  
いじらしくて泣けちゃうかも。

 

両チーム共、熱くなって結構ケガ人も出たけど(笑)。

2

昔は「 醒めてる子」 なんてあまり居なかったと思うし、
今みたいに日曜のたびにあちこち連れていってもらえる事もない。

特に男子なんかただ意味もなく走り回ってるようなもんだから?
運動会はテンション高かったわ。

あの頃は貧しい時代だったけど、多分今の子達より
思い出は多いかもしれない。

| コメント (42)

2007年9月13日 (木)

たいらな心

     今日はなんて爽やかな日だったんだろう。

昨日は雨が降ったり止んだりで、おまけにうっとおしい曇り空。
気分まで滅入るようで、主人のちょっとしたお小言も
心の隅ににひっかかってカサカサ 音がする。

でも今日のこの青空、爽やかな風…
気分までおおらかに広がっていくようだ

1_2 

心のありよう一つで同じ言葉なのに重さが違ってしまうのは、
まだまだ未熟だね、私は…。

いつも平らな心でいられたら (どこぞの芸人並みに)、

嫌な事も悠然と右から左に受け流せるのにね。

2

| コメント (30)

2007年9月10日 (月)

夕食の前の軽い食事?

今晩は友人と最近気に入ってるタイ料理を食べにいく予定だった。

7時半に待ち合わせて、その後 注文→料理だから
実際に口にするのは8時くらいになるだろう。

そこで「お腹のスケジュール調整」だが…、

お昼は夕飯に備えてサンドイッチで軽く済ませた。
万全の臨戦態勢だ♪

3時休みもお菓子を食べなかったので
このままなら1日のカロリー的にも問題はない。

     

    よし、いいぞ!

1_2

だが夕方になったら…、なんたるこったい!
お腹が空いてきた。

8時までにはもたないわ~、どうしよう。

ここで我慢すれば料理も更においしいが、
でも空腹はストレスだ(私の場合はね)。

        う~ん、う~ん、どうしよう。

        何か一口、食べるか、食べざるか、それが問題だ

              う~ん、う~ん

              う~ん、う~ん

              あれっ?!

2_5   

その後、いつも通り の後悔…、ほんと懲りない私。

そしてこの こらえ性のない性格をどうしたもんかと
他力本願にすがる私(これもいつも通り)

3_2 

   

      

       はいはい、分かってます…、

       ダイエットとは日々の積み重ねです…

| コメント (41)

2007年9月 7日 (金)

ど~する!?ワンコ

先日、車の運転中
前の車の助手席からワンコが身を乗り出していた

犬は車酔いを防ぐ為(かな?)、窓から顔を出していると聞くが、
これほど思いっきり乗り出している犬も珍しいわ。

うっかりしたら落ちちゃうぞと心配しながら後ろを走っていたが、

このワンコ、まるで

「見て見て、ボクを見て。可愛い?」とでも言いたいのか(笑)、
信号で止まる度に外をキョロキョロ。

1

       

                と、次の信号あたりに何かがいる…

         うん…?

         あれは…?

       近くの住宅展示場のプラカードを持った…

2_2

 

      ↑着ぐるみ (中にはあんちゃん?おっちゃん?)

      そして赤信号で止まった前の車

       微妙な空気が流れてるのが
       後ろの私にも分かるわ(笑)

3_3

     

       

                 さぁ、どうする?ワンコ

         相手は巨大な犬??だぞ。

     

                   ……………………

           ……………………

           ……………………

そして信号が青になり、走り出す車…、と次の瞬間

4_2

      昨夜からの台風、深夜に群馬を通過して

  ゴ~ゴ~と風がうなっていた(夫 談)らしいけど

  爆睡中の私は全く知りませんでした。

  でも、皆さまからのお気遣い、有難うございました…。

| コメント (46)

2007年9月 6日 (木)

○アを開ければフルーツ?

ボン・ジュールの国に行った娘の こぶこ、
毎日メールで様子を知らせてきてくれるのがとても楽しみ。

先日はフルーツ大好き夫(なにせ、前世はカブトだから?)の為に
市場の写真を送ってきてくれた。

さすが、あふれるような色彩でオシャレ!
おまけに日本と比べて信じられない安さ!(ほんとに安い!!)
味も濃密なんだって。

1_2

じ~とパソコンの画面をみつめてる カブト 夫。

多分、今あなたの頭の中には

アレが浮かんでるんだろうな。

2

    

              

          あれ、よ

  3

     

      そうざんす、あの、ど○でもドア~

      そしたら娘に会うより先ず、
      市場に行くだろうね、あの人は…(苦笑)

| コメント (46)

2007年9月 1日 (土)

夕暮れの子供の声

先週のうだるような暑さから一転して
今週、この地域では肌寒いような曇り日が続き、
夕方になると随分早くから薄暗くなり始める。

この間までは7時くらいまでは明るかったのになぁと思いながら
夕食の支度をしてると、
珍しく窓の外を子供達の遊び声が行き交う。

1_2 

私が嫁いできた20数年前は近所には大勢の子供がいたが、
(うちも含めて)皆、家を離れ
残っているのはいずこも同じ、中高年の夫婦ばかり。

どこの子供達か知らないけど
子供の声はいいなぁ、聞いてて元気が出るわ…

このふだんは静かな通りも子供の声で
何か生気が出たようにさえ思える。

…でも暗くなってきたし、
もうそろそろ帰ったほうがいいのじゃないかな?と思いつつ
鍋の中に最後の材料を入れて
ゆっくりとかき混ぜると、ただようスパイスの香。

そして途端に上がる窓の外の子供達の声

2_2

まもなくいつもの様に静かになった通り。

ふふふ、早くお帰り、気をつけてね。

3

| コメント (44)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »