« 汽笛はもう… | トップページ | セピア色の牧場 »

2007年7月 6日 (金)

私の変な連想癖

うちの娘はスカートが苦手でいつもズボン パンツだが、
今日おしゃれなズボン パンツを穿いてたので

「いいわね、それ。
イギリスの港で密航しようとしてた子のズボンみたい」

 …… 「お母さん、意味分かんない誉め方なんだけど…」

「だからぁ、よく洋画なんかでそういうズボンを穿いてるじゃないの」と母。

1_92

「前から思ってたけど……
お母さん、ほんと訳分からない連想するよね?」

  ううん、そうかなぁ…、自分ではパッと思いついただけなんだけど。

まあ、確かに先日もおかしな事言って
娘に呆れられたけど…

2_85

かって海外に行った時も 歩きやすい様に
ナイキのぶ厚い黒のスニーカーで出かけて
ご機嫌で写真を撮ったのはいいが、

「この足元は ミッキー・マウス!!」と思った途端、
その写真は門外不出になったし。

家族は気にならないと言ってくれたけど、

         どうよ、この足元?

    3_43

   

    映画好きのせいかどうか、確かにちょっと
    おかしな連想癖があるかも?

↑の性分のせい?でいきなり関係ないイラストが下に。

コメント頂いたmitirin さんから海ほおずきって
どんなでしたっけ?描いてもらえますかと言われたので
いきなり描いてみました。

            ↓

皆さんも(多分ある年令以上の方、ふふふ)、ご存知かしら。

やり方は普通のほおずきと同じで口に入れてから
上手に(だから私には無理)、音を出します。

4_7

    しまった!「売られました」です。
        おまけに、きれいな「貝がら」でした…

なんか段々いい加減な性格がバレてきちゃいましたね(笑)


« 汽笛はもう… | トップページ | セピア色の牧場 »

「雑念」カテゴリの記事

コメント

密航者みたいなズボン→浦島太郎っす→ミッキーマウスです→海ほおずき
売られたました♪→しまった!「売られてました」です。
最初から最後まで笑わせていただきました。
海ほおずきって見てみたいです。

投稿: ぱんだうさぎ | 2007年7月 7日 (土) 01時02分

 すいません ミッキーマウスに笑っちゃいました。
海ほおずきは知りませんでした。
食べられちゃうの? 

投稿: がぱちん | 2007年7月 7日 (土) 02時01分

バルおばさん、おはようございます、
嬉しくて飛んで来ました、リンクも有難うございます、「人絹箱とカボチャと少女」見て、読んで、
ホロリと切なくて、可愛くて、してしまいました、
凄く、心に残りました、
海鬼灯、懐かしい~~、そうそう、こんな感じでした、大人に成って見ませんけど、
そうだそうだ!最近のパンツって!密航者の、履いてる継ぎの入ったパンツに似てる!
スパッツも浦島太郎だわ!私も履いてるから
笑えないけど、可笑しい~、朝から楽しかった~、
もう!バルおばさんの大ファンよ、

投稿: mitirin | 2007年7月 7日 (土) 08時07分

>ぱんだうさぎさま
昔は江ノ島のお土産で何回かもらいましたが、今は
どうでしょう。何も知らずにクチャクチャやってたけど、魚卵の袋だったとは…。

投稿: バルおばさん | 2007年7月 7日 (土) 13時01分

 >がぱちんさま
大分前なので、若い方は知らないと思います。
食べられないのよ、鳴らして遊ぶだけです。

投稿: バルおばさん | 2007年7月 7日 (土) 13時02分

 >mitirinさま
有難うございます。mitirinさまみたいなお上手な
方に誉められるとこそばゆいです…。
昔の思い出した事、日々のオチャラケ等、
感じたまま描いてます。これからもよろしく。

投稿: バルおばさん | 2007年7月 7日 (土) 13時08分

私は全くバルさんと同じ意見。困っています。これではちっとも面白くないし。「何か違うコメントは無いかなぁ」とその辺をウロウロ見渡したりしてもなんせ60才台の家族がガンクビ揃えてヒソヒソ相談、コジャレタ言葉は出てこない(-_-;)
 隣からやはり面白みの無い人が、「でもこの人のブログいつでもシンミリ心温まるデェ」とあまり関係の無い言葉をはいていますが、私に免じて許してください(~_~;)

投稿: コスモス | 2007年7月 7日 (土) 20時04分

>コスモスさま
隣の方とは、も、もしかしてご主人様ですか?
うわ~、ものすごく嬉しいです!酸いも甘いも噛み分けたご夫婦で見ていてくださるなんて感激です。
主人に内緒で(おいおい)、ブログやってる甲斐が
あるもんです。
どうぞご主人様にくれぐれもよろしく。

投稿: バルおばさん | 2007年7月 7日 (土) 21時22分

わっ、海ほおずき♪なんてなつかしい。
江ノ島に行くと必ず買ってもらいました。あときしゃごという巻貝に色をつけたおはじき(?)もよく買ってもらいました。
縁日でも売っていましたね。小さなカゴに何種類か盛り合わせてありました。鳴らせない頃から欲しかったので、鳴らせるようになった時は嬉しかったものです。
密航者ズボン…うふふふ、私もかなりなコトを言いますが、娘も息子も慣れてあきらめているらしく何も言いません。

投稿: まままま | 2007年7月 7日 (土) 21時49分

海ほおずき・・・知ってます・・・でも鳴らせなかった・・・。
連想・想像いいですよねぇ、個性的なほうが!
密航者ズボンに浦島太郎…そのとおりじゃないですかぁ。
言われるまで気づかんやったですね(^▽^)
ミッキーマウスは思いつかんやった~、でも可愛い。

投稿: ねこおばさん | 2007年7月 7日 (土) 22時04分

ほんといつも笑わせて、後しんみり・・・またそこがいいんだよね。
海ほおずき・・・って植物のオレンジ色した・・・のじゃないんだ。
今風のパンツ、スパッツ、パンツの上に短いスカート
よくわからない格好です。
浦島太郎ほんとその通りです。

投稿: pomodoro0208 | 2007年7月 7日 (土) 22時37分

こんばんは。
海無し県の生まれ育ちで「海ほうずき」って知りませんです。
面白い物があるんですねぇ

連想で思い出しましたが私の父は、私がチェックのお洋服を着ていると「布団皮みたいな柄が好きなんだなぁ」と言っていました。綺麗な色の「タータンチェック」だとしてもです(^^ゞ

投稿: グーグー | 2007年7月 7日 (土) 22時41分

>ままままさま
きしゃご貝のおはじき…、う~ん、残念ながら記憶にないです。
あの頃はカゴに盛られた海ほおずきや貝ガラに想像を掻き立てられたものでした。
ままままさんは海ほおずき、鳴らせたんですね、
私はただクチャクチャやってただけで、とうとう
出来ませんでした(悲)。

投稿: バルおばさん | 2007年7月 7日 (土) 23時25分

 >ねこおばさんさま
海ほおずき、鳴らせなかったお仲間ですね、よかった(笑)。
いや、大きな黒いスニーカーでまるでミッキーです。
友達にさえ写真、見せてません。連想でなく
真実でしたわん。

投稿: バルおばさん | 2007年7月 7日 (土) 23時28分

 >pomodoro0208さま
植物のほおずきは誰でも知ってるのに、海ほおずきは知名度、低い!
それに今はどこでも見かけないです。昔は童謡で
「海ほおずきの歌」もあったんですよ。

若い子のファッションは分からないけど、特に
あの浦島スタイルはどうもねぇ…。

投稿: バルおばさん | 2007年7月 7日 (土) 23時33分

 >グーグーさま
お父様のセンス、…分かっちゃう私です。
ひょっとしたら、厚地のコートでも羽織ったら
「牢名主みたいだ」と言われませんか?(ふふ、分からないでしょ?若いグーグーさまには)

投稿: バルおばさん | 2007年7月 7日 (土) 23時36分

バルおばさん こんばんわ 連想癖のお話,軽快のタッチでいいですね。連想は自分自身の経験からくるものと思います。正にバルおばさんの歴史ですね。これからも益々歴史を語ってください。

投稿: kenken | 2007年7月 7日 (土) 23時51分

おはようございます♪

さすが、物事を良く観察されていますね。
全体をみたり、ある部分を注視したりと、変幻自在です。 そして、結びつくことが頭に浮かぶとは、脳内年齢がお若い! それに比べたら、オヤジ情けない。。。

投稿: reev21 | 2007年7月 8日 (日) 08時22分

うふふ…
確かにバルさんの発想は面白いです♪
そう言われてみればそのとおりで…
でもその連想はどこからくるのか
バルさんの頭の中の回転速度を見てみたいですよ(笑)
私の頭の中の引き出しが動きづらくなってます
引き出しを開けるまでに次の話題に…(笑)

海ほうずきは本物は見たことはないような?
多分、ゴムだったような??
アレって魚の卵のう???

投稿: ちゃこママ | 2007年7月 8日 (日) 13時12分

コメントいただいてまして、ありがとうゴザイマシタ

紅葉ちゃん(勝手に名づけたバル子ちゃんのお嬢さん)は、今は若いからクールに母を分析してるけど
きっと、そんなオカアサンが自慢だと思うわ、
なんだかね、、、そんな素敵な発想は逆立ちしても
出来ないヒトには出来ないから・・・財産とおもって
ください。
わか~い頃、太いストライプのダボダボTシャツを
着てたら母に「(サーカスの)玉乗りみたいな格好して!」と小言を頂戴した事思い出した。

投稿: 三日月 | 2007年7月 8日 (日) 13時45分

家の母親などは派手な格好をしていると「曲馬団」といい、重ね着を見ると「西洋こじき」といってました。
母親の年齢も押して知るべし・・・
あぁ・・・私も見たままを素直に口にすると、若い女の子に嫌がられる年齢になりましたわww

投稿: panco | 2007年7月 8日 (日) 15時01分

浦島太郎・・・そういえば、そんな感じですね~、スカートの下にズボン、おっと、パンツでしたね。

それに、今の子の腰パン どこがいいのか わかりませんよ、パンツが中から見えてます~。ね~、歩きにくくない?って 聞きたくなりますよね~。

いまどきの若い子は・・・・。
私も 年かな~?^^

投稿: 小夏 | 2007年7月 8日 (日) 16時35分

  >kenkenさま
小さい頃の思い出を皆さんと共有するのは楽しいです。みなさんの方が沢山の思い出を持ってらして
それを教えて頂くのが、また楽しいです。

投稿: バルおばさん | 2007年7月 8日 (日) 20時56分

  >reev21さま
いえいえ、おばさんのイタズラ描きです。
reev21さまの青森の紹介はとても面白いですよ。

投稿: バルおばさん | 2007年7月 8日 (日) 20時59分

  >ちゃこママさま
小さい頃は私も海ほおずきをゴムかなんかと思ってましたが、魚卵の袋とは…ギョッです。
もう大分前から目にしなくなりました。

投稿: バルおばさん | 2007年7月 8日 (日) 21時15分

  >三日月さま
「サーカスの玉のり」…、懐かしい響き(別にサーカスにいた訳じゃないけど)。
自分ではしっかりしてるつもりの私が、実は相当
ヌケた人間だったと最近になって分かりました、
って、だからぬけてるんだわ。

投稿: バルおばさん | 2007年7月 8日 (日) 21時18分

  >pancoさま
曲馬団!? 三日月さんのお母さまの「サーカス」に
匹敵、あるいはもっとユニーク?
こうしてみると母親って結構娘には気を許して、とぼけた事言ってるのね?

投稿: バルおばさん | 2007年7月 8日 (日) 21時24分

  >小夏さま
まだまだお若い子夏さんでも、腰パンは抵抗あるのね。
全然知らない人にパンツ(ほんとのパンツ)、見られてるって心配しちゃうわ。

投稿: バルおばさん | 2007年7月 8日 (日) 21時27分

海ほおずき懐かしいですね。
昔は、「縁日」で売っていましたが、最近見かけなくなりましたね。

浅草寺でほおずき市(7月9日10日)が、行われています。

投稿: utrillo | 2007年7月 9日 (月) 01時01分

こんにちは、バル様。なんだか...私とよく似ていらっしやる感じ...。(^^;)
私も、娘の友人が遊びに来ていて、玄関の先のとがった靴を見たとたん...これってブッチャーの(プロレスラ-)凶器靴?みたい...もしくは魔女の靴のようだ...そう言ったら...子ども達...ブッチャーって誰それ?...そうか世代が違った...。
浦島太郎も...なるほど、うん納得!これからはそう見えそう...(笑い)(*^_^*)

投稿: すずまゆ | 2007年7月 9日 (月) 14時47分

  >utrilloさま
浅草のほおずき市は今日、明日ですか。
いいな、東京は、いつもどこかで何かしらやってますね。

海ほおずき、知ってるのですね、よかった。

投稿: バルおばさん | 2007年7月 9日 (月) 16時50分

  >すずまゆさま
そうそう、とがった靴はブッチャーですよね(笑)。
浦島太郎も娘は服装さえ、知ってませんでした。
日々、年代のギャップを感じてます…。

投稿: バルおばさん | 2007年7月 9日 (月) 16時55分

バルさん、昨日はコメント嬉しかったです、とても。
 ココログのメンテナンスが終ってから、私が眠っている時に来て頂いたようで感謝です。

投稿: コスモス | 2007年7月11日 (水) 15時08分

再コメ、有難うございます。
とても良い記事だったのでコメントしようと思ったのに、ほぼ1日のメンテで書き込み出来ませんでした。
ご丁寧な訪問、恐縮です。

投稿: バルおばさん | 2007年7月11日 (水) 15時41分

>イギリスの港で密航しようとしてた子のズボン

タイタニックですか…?

いやぁ、関係無い話かもしれませんが、ケイト・ウィンザレット嬢やセリーヌ・デュオン嬢には萌えましたねw。 

あとBGMにケルト系の音楽がふんだんに使われていましたから、ケルト民族系の土地であるスコットランドに住んでいる小生にとってもどこか親近感があることを隠せません。


あと、浦島太郎を連想させたサンダルの絵にて、浦島太郎の左側の女性が可愛く描けているところに目が行きました。 この女性は結構小生の好みかもしれません。 ヨーロッパでも夏場はこの手の服装にこの手のサンダルを履いたカワユイオナゴが闊歩しているところを見ると、小生の心が躍りまする…(場違いな能書誠にすみませぬ)。

投稿: おんぎ | 2007年7月11日 (水) 20時48分

  >おんぎさま
映画好きで何十年!!も見てるので色々なものがゴッチャになってます、どの映画という事もありませんね。
ケイトやセリーヌ、サンダルのお嬢さん…、
ごめんね、萌えません、私50過ぎのオバサンだから。

投稿: バルおばさん | 2007年7月12日 (木) 17時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 汽笛はもう… | トップページ | セピア色の牧場 »