« フルーツ選挙 | トップページ | 春の夢 »

2007年4月23日 (月)

焼きとうもろこしと同級生

今日、所用の為通りかかった道は
独身時に勤めていた会社のある場所から
2本奥の割りと静かな道。
相変わらず車もあまり通らず、道に沿って
瀟洒なレストランの塀が続いているそこを歩いていた時、
急にふっと20才になったばかりの頃を思い出した。

夏、だったかなぁ?
会社帰りの私はそこを歩いていた。
真新しいスーツを着た私は若く、
希望にも燃えていた。

すると通りの反対側で「バル~」と呼ぶ声がする。
見ると…なんか露天商風の若い男が道端で
七輪でとうもろこしを焼いて売ってる。

「誰?第一なんでこんな人通りの少ないとこで
商売してるの?」

怪訝に思ってよくよく見ると
中学時代の同級生のA君だった。
少し不良っぽかったが問題も起こさず、皆とも
仲良かったし、あの頃は皆おおらかでちょっと変わった子でも
誰も仲間外れになんかしなかった。

卒業してから会う機会もなかったが、彼は少しユニークな道に
進んでいたのだ。
「食えよ」とA君が差し出した焼きとうもろこしは甘そうで
ちょっと変わった組み合わせの二人を回りがどう見るか
やや気にはなったが、私は素直に頂いた。

しばらく学校時代の事や、とりとめのない事を話したあと、
私はそこを離れ、その後彼を見る事はなかった。

何年かたって同窓会に行った際に彼が交通事故で
若くして亡くなったと聞いた。

今日、この通りを歩きながらすっかり忘れていた彼を思い出し、
そしてなぜこんな通りで商売してたのか
分かったような気がした。

無意識に人通りのすくないここを選んだのかもしれない。

やはり同級生達とは顔を会わせたくなかったのかな…。

でも私と話してたときのA君は中学生の時のA君だったよ。

Photo_13

   人気blogランキングへ   ←ランキング参加してます。
                     少ししんみりさせてすみません。
                   ワンクリックで元気になります(か?)


« フルーツ選挙 | トップページ | 春の夢 »

レトロ系」カテゴリの記事

コメント

ウルウルウル…
同級生って幾つになっても逢ったらその時代に
戻れるのが不思議ですよね
幼馴染って良いですね
今日はいつもと違った感じですが
心温まる 心に残る記事です
(A君は長瀬君似ですね)
A君の心情が解る気がします
A君もこうして記事にしてもらえて喜んでくれていますよ!
また今夜も遅くなってしまいました


投稿: ちゃこママ | 2007年4月23日 (月) 02時17分

同級生って会うとみな昔の顔になりますよねえ。
テキヤの道に進んだA君。なんだか切ないです。
知り合いに会いたくなかったけど 人恋しかったのね。

投稿: M | 2007年4月23日 (月) 07時28分

まず ポチっ!して、ここへ、戻って・
同窓会に行くと、物故者が 増えている・・、なんか、さみしいよ~。

だから、小夏おばさんは、今のうちに おいしいものいっぱい食べておきます。

投稿: 小夏 | 2007年4月23日 (月) 09時09分

七輪で焼いてたんですかぁ~。粋ですねぇ。
こうやって思い出してくれる人が居る
A君は幸せ者です。きっとバルおばさんの
ことも見ていてくれますね。

投稿: がぱちん | 2007年4月23日 (月) 09時13分

今日も笑いを求めてきたのに、淡い青春の思いでを聞かされてシンミリ………。
でも、たまにはこんなもいいですね。これから焼きトウモロコシを食べるたびに思い出しそうです。
ランキング上昇中、いいぞ!

投稿: tkasai | 2007年4月23日 (月) 10時14分

バルさん、今日の記事一番好きですよ。
 やさしいバルさんの一面が見えて。バルさんのブログに会えて良かった。誰にも淡い仄かな思い出が有りますね。思い出は現実に結びつかないから美しい。今、私も優しい気持ちに浸っています。
有難うございます。心から。
 今日はやさしくクリックして、密やかに帰ります(^^)

投稿: コスモス | 2007年4月23日 (月) 12時56分

>ちゃこママさま
A君にも色んな事情があったのでしょうね。

私達はしっかり生きなくては。その為にはお互い
もう少し早く寝なくてはね(笑)…でも出来ない…

投稿: バルおばさん | 2007年4月23日 (月) 16時30分

>Mさま
まさにその通りだと思います。
同級生に会って、ほっとしたのかも。

投稿: バルおばさん | 2007年4月23日 (月) 16時32分

>小夏さま
そうです、悔いのないよう食いましょう?
なんちゃって。

投稿: バルおばさん | 2007年4月23日 (月) 16時33分

>がぱちんさま
粋というか…、そういう時代だったのです(笑)
彼は個性の強い子だったので余計覚えているのかも
しれません。

投稿: バルおばさん | 2007年4月23日 (月) 16時35分

>tkasaiさま
なるべく明るい記事をと心がけてますが、
A君のことを思い出したので書きました。

投稿: バルおばさん | 2007年4月23日 (月) 16時41分

>コスモスさま
優しい コスモスさまに言われると照れてしまいます。
でも誰でも若い頃ってもっと瑞々しい心でしたよね。
毎日の生活に振り回されてない様、気をつけなくては。

投稿: バルおばさん | 2007年4月23日 (月) 16時45分

その男の子の気持ちわかります。バルおばさんは、ずっと優しい人なのですね。

投稿: ひーちゃん | 2007年4月23日 (月) 17時35分

昔から(年のせいではない)涙もろいワタシは、読みながら涙がでてきました。バルおばさんは、生まれも育ちのも今の場所なんでね!
ワタシは子供の頃から、親が全国転々との転勤族だったので、うらやましく思います。
中学も高校の卒業式も、わずか数ヶ月しか在籍しない、あまり思い出のない学校で終えて・・・だから、同窓会のお知らせも来ません(シュン・嫌われてるのかも・でも、クラスの人の名前さえも覚えていません)卒業アルバムもないんです!
なんだか、おセンチになってしまいましたが、バルおばさんのイケメンのお友達!まさか、初恋の君?ではないよね!

投稿: おおかみおばさん | 2007年4月23日 (月) 21時19分

こんばんは、バル様。そうですか、でも思い出して貰えてA君喜んでおられるでしょうね!そんな風に、人の心に残る人で居たいと思うし・・・また、人の事も思い出してあげられる優しい心を持った人でいたいものですね!バル様は、きっとユニークで心の優しい方なんですね!やきとうもろこしを見たり、そこを通られるたびに思いはA君に・・・ですね!

投稿: すずまゆ | 2007年4月23日 (月) 21時23分

はじめまして。あたふたおばさんです。名前の通り、毎日ばたばた落ち着きのない大阪のおばさんです。
でも、生まれは広島の片田舎で育ちました。
毎日、お友達(うどんさん、小夏さん)の所でお会いしてるので、初対面の気がしません。(^。^)
それにしても、イラストお上手ですね。またお邪魔しますね。
お邪魔してよかったです。 気持ちが・・・やさしくなれました。

投稿: あたふたおばさん | 2007年4月23日 (月) 21時35分

>ひーちゃんさま
優しいわけでもないです…焼きとうもろこしを
持った同級生が呼んだからです、すみません。

投稿: バルおばさん | 2007年4月23日 (月) 22時16分

>おおかみおばさんさま
生まれも育ちも嫁ぎ先も同じ市です。
変化がなかった分、思い出もいっぱい(て、歌のタイトルじゃい)。
その同級生は初恋の人ではありません。
私の初恋はいつだったんだろう?

投稿: バルおばさん | 2007年4月23日 (月) 22時22分

>すずまゆさま
皆に謝っちゃっているけど、私優しくもないですよ…
同級生だったし、とうもろこしくれたしだったからで
なんか恥ずかしいですよ。

投稿: バルおばさん | 2007年4月23日 (月) 22時26分

>あたふたおばさんさま
お越し頂き、有難うございます。
私も毎日仕事であたふたして
夜は寝ぼけながらブログで遊んでます。
ぜひまたいらして下さい。

投稿: バルおばさん | 2007年4月23日 (月) 22時30分

 ガハハ、、と笑って、あとからホロリ。
群ようこ氏のエッセイのようです。好きだなあ~
 映像が浮かんでくる。ドラマ化されないかな?

投稿: 三日月 | 2007年4月23日 (月) 23時11分

>三日月さま
有難うございます。
ドラマ化?¥¥¥¥¥¥

投稿: バルおばさん | 2007年4月23日 (月) 23時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/224822/6182893

この記事へのトラックバック一覧です: 焼きとうもろこしと同級生:

« フルーツ選挙 | トップページ | 春の夢 »