« 付け焼刃… | トップページ | ジェネレーション・ギャップ »

2007年3月30日 (金)

私は声優

家は小さいながら会社になってるので
毎日いろんなところから怪しげな勧誘の電話がくる。

うちの電話は掛けてきた向こうの番号が表示されるので
出る前から心の準備ができる。


何かうさんくさい相手には 話の通じないパートのおばさんに変身!

これは私の得意ワザだ。自信を持って言える!

     なぜなら…


「おれおれ詐欺」のはしりの頃、
ある日、若い男の子から電話があった。

私  「もしもし?」
相手 「もしもし、(えんえん泣いてる)おばあちゃん?」
私  「はっ?どちらさま?」
相手 「おばあちゃん、おばあちゃん?」



      
あのねぇ…
1_30 

うちにば~さんはいないんだよ!!

まったく息子と同い年くらいの子にば~さん呼ばわりされたわ!

以上のことで私には別人のふりが出来るという
才能があるのが分かったのだ。
(そうか?それを才能と片付けるのか、あんたは?)


     ♪  ♪ ♪

「はい、私はパートで詳しいことは分かりません」

「奥様は海外旅行中です」

「奥様は習い事で忙しいです」

「奥様はドライブです」

「奥様は若いです」

    言いたい放題です(ニコッ)
2_26

   人気blogランキングへ    ←人気blogランキングに参加してます
                        クリックしていただくと
                        芸に磨きがかかります。 


« 付け焼刃… | トップページ | ジェネレーション・ギャップ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

わはは・・・ それわたしもよくやりますよ~。
もっとずうずうしいことに
「奥さん?」といわれたら 
すかさず「母は出かけてます」と娘になりすますことに。
うちには娘はいないんですけど~。
子供だと相手にしないですから 
すぐに退散してくれて助かります。

パートさんになりすますのも妙案ですねー。
すっごくセレブな奥様を作り上げるのもなんだかステキ(笑)

投稿: M | 2007年3月31日 (土) 10時05分

あ~ 私も良くやりますね。

「アナタがおかけになった電話番号は、現在使われて・・・」
を、一語一区漏れず、同じような声色で読むのが得意です^^;

投稿: Chaos | 2007年3月31日 (土) 14時06分

こんにちは、このレトロ絵日記を拝見しますと、いろんな才能に恵まれていることがよーく分かります。俺俺詐欺なんて、眼じゃないですよね。相手もかけただけ、お疲れ様でした。

投稿: ひーちゃん | 2007年3月31日 (土) 14時57分

>Mさま
さすがお若い!
私はどう頑張っても娘の声は出ません…。
試しても多分ニューハーフみたいになっちゃうかも(笑)

投稿: バルおばさん | 2007年3月31日 (土) 16時23分

>Chaosさま
それ、いいですね!
相手に用件しゃべらせないでgood ですね。
ただたった一つ問題が…。私、「正確に」が
大の苦手なんですよ。

投稿: バルおばさん | 2007年3月31日 (土) 16時28分

>ひーちゃんさま
いつも有難うございます!

無芸大食と思ってた私だけど、言われてみれば
団子力といい、なりきり電話?といい
(まともじゃない)才能あるかも。

投稿: バルおばさん | 2007年3月31日 (土) 16時39分

 何でそんなに次から次へと話題が有るのでしょうネ!
私なんて、ブログを一日分作るのにどれだけしんどいか!
 私の亡母は、昼間一人で留守番をしていたのですが、いつも「私は留守番の者どす。奥さんはお出かけで何もわかりまへん」と言っていた事を思い出しました。
そうそう、クリックは任せてくださいね。今の所、手も足も使えます!(^^)!から。

投稿: コスモス | 2007年3月31日 (土) 20時12分

>コスモスさま
何をおっしゃいますか。
私こそコスモスさまの綺麗な写真を載せたり、
音楽をダウンロードしたりの高度なブログに
いつも感心しているのに。
私のは文の足りないとこは絵、絵の足りないとこは文と
お互い助け合ってるだけのブログです。

クリック、いつも有難うございます。

投稿: バルおばさん | 2007年3月31日 (土) 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/224822/5913879

この記事へのトラックバック一覧です: 私は声優:

« 付け焼刃… | トップページ | ジェネレーション・ギャップ »