2018年9月23日 (日)

過信してました

前回の記事で、軽い風邪を引いたけど日頃から
食事に気をつけてるせいか大した事にはならなかった…と、
息巻いてた私。

           前言撤回です

          えぇ、完全なる前言撤回ですわっ

すっかり「老化と仕事や関白さんの束縛?がなくなった気の緩み」
甘くみてました(泣)。

          A

19日→軽い風邪
20日→ほぼ回復

ここまでは、うん、順調、順調とご機嫌

   ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

21日→あれれ? 朝ご飯が食べられないぞ(汗)   でも一日中茶の間で
ゴロゴロしてたので、夕方にはまぁまぁ食欲も戻り、熱もほぼ平熱。ふ~

22日→まだ少し喉の痛みだけが残るけど、後の症状はほぼ回復♪
午後からはコーラスの練習にも参加出来て、よしよしと一安心。
帰り際に何か左目に違和感があったので「ゴミ?」と思いつつ、
お目目ぐりぐり。

          B

車で家に帰る途中、なぜかすごく左目がみづらい…、なんでかいな?と
不思議に思いつつ、家の鏡を見て

       超、超、びっくり!

ひ、左目が目ヤニであふれてる~!!!(汚らしくてごめんなさい)

私、目だけはいいので今までは目に関するトラブルは無し、
それがいきなりの目ヤニ洪水(驚)

多分、目をこすった時に傷つけたのかな?
そんなにも抵抗力が落ちていたのかとショック。

でも、土曜の午後(しかも3連休初日)で、お医者さんも閉まってるし、
べたべた出てくる目ヤニをふきつつ、
明日、目覚めたら、きっと喉の痛みも、目ヤニも治ってる!と祈りつつ
就寝。

      そして、23日、日曜の朝…。

目覚めたら、想像通り?夜に出てた目ヤニで左目はくっついていて
目が開けられない(苦笑)。

でも、丁寧に洗顔したらくっついてた目も開いて、目ヤニで目の回りが
少し赤いけど、もう殆ど出てないっ!

  (あぁ~、良かったぁ~!!)

と、大声で叫んだつもりが……?

   (ぎょぇ~~、今度は声が出ない~!)

全く踏んだり蹴ったり、弱り目に祟り目ですわ。

まるで声を失った人魚姫のように(おいっ)、お口ぱくぱく。

少ししたら低音なら、かすれかすれでもなんとか声が出ると気付き、
慣らしに話してみたら、まるでカスレ声が面白がられて
テレビに出てる天龍?とかいうプロレスラー並み。

          C

 

 

間の悪いことには、知り合いから電話があり、向こうも
あっという間に切ってくれた。

熱はもう20日から出てないし、喉の痛みも大分治まってきたので、
きっときっと明日こそ、ばっちりアイメイクで甲高い声の
いつもの私に戻れると思う…というか願うわ。

まったくもって今の私ときたら  ↓だから。

           D

          E

…すみません、調子に乗って、お見苦しいものをお見せして(汗)。

お口直しに(笑)、真逆に新鮮な映像を載せましょう。

先週、コブコの娘、つまり私の初孫Mちゃん
我が家で1歳のお誕生日をしました。

一升餅は背負いやすいように二つに分けて風呂敷に包み、
いざ、背中へオン(笑)。

          F

さぁ、どうなるか。コブコの時は大泣きしたし、
まだハイハイなので、きっと嫌がって大泣きだわ…と
思っていたら、意外なことに平気でハイハイで進んでいきました♪
よし、これで一生食べ物には困らないぞ(笑)

          G

                     Mちゃんが指さしてるのは未来?

おばぁちゃん、早く正常な顔?に戻るから
また遊ぼうね。

        Br_banner_risu       よろしかったらクリックを

          コメントありがとうございます。
         ご返事はそちらのブログに伺ってますが、
         URLのない方はここでご返事させてもらってます。

 

| コメント (10)

2018年9月20日 (木)

日頃の蓄積?

こちらは昨日の夜はやけに寒く、早すぎるとは思ったけど、
ついエアコンを入れてしまったくらいです。

夕飯に温かい煮込みうどんを作り、たっぷりキノコを入れ、
卵も落として、さぁ準備万端(笑)  これでホッカホカ♪…の筈が

なぜか「食欲と共に生きる」私が、箸が進まない…?
あれ、おまけにやけに腰とふくらはぎが痛いぞ、
だるいぞ…、更に熱っぽいぞ

            て、風邪引いてるんじゃん!私!!

          A

この数年は低体温で36度もないのに、いきなりの  37.9度!
私にしてみれば高温です(笑)。

慌てて買い置きの風邪薬を飲み、お風呂も入らずに寝てしまった。

        そして、翌朝。今日は色々とやる事があるので
        弱ったなと思いつつ、起床。

          あれれ? 朝ご飯が美味しいぞ。
          熱も大分下がってるし、ちょっと意外。

          B

まぁ、軽い風邪だったんだろうけど、今まで風邪らしきものも
めったには引かなかったので、ちょっとショックというか、
怖かったですね。
あぁ、これが一人で暮らしていくって事、
体調が悪くなるって、不安なんだってね。

亡くなった関白さんの持病のお陰で?ずっと食事には
栄養面で配慮してきたので、その蓄積で今回の風邪もあっけなく
直ったのかな。
改めて、やはりきちんきちんと食べることは大切な事と実感。
ただ、ついついお菓子とか食べちゃうので(汗)、カロリーオーバーだけは
気をつけなくちゃね(苦笑)。

               Br_banner_risu    よろしかったらクリックを

         コメントありがとうございます。
         ご返事はそちらのブログに伺ってますが、
         URLのない方はここでご返事させてもらってます。

| コメント (8)

2018年9月10日 (月)

昨夜の夕食にあふれてたもの

おばちゃん同士て、よく物をあげたり、貰ったりしますよね。
私は今は一人なので、おかず等頂いても全部食べ切れなかったりして、
その時は冷凍保存して、必要に応じて解凍して食卓にあげます。

さて、昨夜は色々と忙しかったので、こういう時は、
常備菜や冷凍してた物の出番(笑)。

       用意したら、おばばには  うん、充分、充分。

          A

一人になった私を気遣ってくれて有難いと実感。

そして、亡くなってから8ヶ月が過ぎてるけど、今も時々何かと
気遣ってくれる主人の従兄弟や、友人の方々。

ワンマンだったけど、こうやって守られているのかな…、
雑務は残されたけど、お陰で?忘れられないし(苦笑)。

夜は大分涼しくなってきたこの頃、
関白さんの思い出と一緒に
周りの気遣い、心遣いにあふれた夕食を頂きました。

            Br_banner_risu      よろしかったらクリックを

         コメントありがとうございます。
         ご返事はそちらのブログに伺ってますが、
         URLのない方はここでご返事させてもらってます。

| コメント (8)

2018年9月 8日 (土)

言い訳と連絡事項

子供達への近況報告的意味合いのこのブログ、
来週末帰省するというので、母は一つ報告があります。

昨日、母は友人と二人で、埼玉県に車で出かけました。
帰り道、羽生市にあるさいたま水族館に寄り(中には入らず)、
人っ子一人居ない園内の整備された沼周辺を散策、
ご機嫌で帰路につきました。

いつもの国道じゃなくて、信号さえ無い、広々とした畑の中を
まっすぐに延びてる県道?あるいは市道?を走行中…
不意に、

          A

…な、訳もなく(泣)、旗で示された横道に入ったら…

そうです、ご推察のように、私、スピード違反で捕まったんです(泣)。
そんなに飛ばしてた?とやや茫然。

標識は見えるとこにあったの?と内心思いつつ、
40km制限の道を十数キロオーバーという事で…

            はい! 1点で12,00円

          B_2

       以上、気落ちしてる母からの連絡事項でした。よろしく。

           Br_banner_risu      よろしかったらクリックを

         コメントありがとうございます。
         ご返事はそちらのブログに伺ってますが、
         URLのない方はここでご返事させてもらってます。

| コメント (8)

2018年9月 5日 (水)

魅惑の響き(笑)

私の友人のAさんが参加してるある習い事のサークル仲間の中に、
どうにも鼻持ちならない女性がいると、お茶しながら彼女が愚痴る。

その人は亡くなったご主人がどうやら沢山のお金を残したので、
先生に付け届けをしたりしてサークル内で優位な立場に立って、
Aさんを見下すような態度だと、まぁ怒る、怒る。

          A

          B

それが、「金持ち女」…て、よっぽどの特徴か(笑)

でも、ふと思う

          C

           Br_banner_risu     よろしかったらクリックを

         コメントありがとうございます。
         ご返事はそちらのブログに伺ってますが、
         URLのない方はここでご返事させてもらってます。

| コメント (6)

«年齢と気持ちのギャップ